素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   229 Views

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~パラベン(防腐剤)

洗顔料もお肌に使用するアイテム、その品質には気をつけなければなりません。
洗顔料は食べ物とは違い、変な臭いがしたり、腐ってドロドロに溶けたり、虫が湧くことはありません。
しかし、洗顔料も時間が経つほど品質は劣化し、その効果を最大限に生かせなくなりますし、時にはお肌を傷つけてしまうことも…。

 

そして、洗顔料の品質維持の手助けをしてくれるのが防腐剤で、その中でもよく使用されるのがパラベン類となります。

 

 


洗顔料のほとんどにパラベンやフェノキシエタノールが防腐剤として配合されていますが、人によってはお肌にダメージを与える成分だから使うべきではないと言っています。
パラベン配合の商品は使わないほうが良いのですか?

 


最近のパラベンはお肌に低刺激な成分だと医学的にも証明されていますし、食品に使用されている洗顔料の品質を維持するにはとても役立つ成分です。

 

 

パラベンの役割について

パラベンとは、パラオキシン安息香酸エステル類の略で防腐剤の役割を担っています。
菌の繁殖を抑える殺菌作用の効果を持っているので、化粧品だけでなく食品の品質維持にも活用される食品添加物のひとつでもあります。

 

パラベンの種類について

ベンジルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、メチルパラベン、プロピルパラベンの5種類あり、その中でも洗顔料によく使用されているのは、エチルパラベン、メチルパラベン、プロピルパラベンとなっています。

 

カビ、酵母、細菌を対象に実験したところ、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベンの順で抗菌作用が高いという結果が出ています。
多くの化粧品メーカーがこれらの種類の違うパラベンを混ぜ合わせることで抗菌性を高め、そして配合量を最小にできるように配合量を調整しているのです。

 

 

パラベンの危険性について

化粧品における「旧指定成分」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
現在は化粧品には必ず全成分が表示されていますが、2001年以前は厚労省から指定された102種類の指定成分のみ表示が義務付けられていました。
パラベンも旧指定成分のひとつで、アレルギーなど皮膚障害の恐れをもつ成分でもあります。
本来、体内に存在していない物質であるパラベンは、肌からわずかに吸収され蓄積していくことで、発がんや皮膚障害など毒性の可能性をもっていると言われています。

 

このように、「パラベンが配合されていれば、誰でも必ず皮膚障害を起こす」という意味ではないものの、人によっては「パラベンの成分がダメージに繋がる恐れ」を秘めていることがわかりました。

 

とはいえ、化粧品基準ではパラベン類を配合するのは1.0%以下と定められており、化粧品メーカーのほとんどが0.5%以下にパラベンの使用に留まっていることからも、パラベンが体内に悪影響を及ぼす危険性はほとんどないと言えるでしょう。

 

 

パラベンの安全性について

上記でも紹介したとおり、国内製造の化粧品類ではパラベンの配合量が決められているので安全性については問題無いというのか各種関係機関の研究で判ってきました。
また、少し見方を変えてパラベンの効果で、スキンケア成分の品質が維持や使い勝手が良くなっているのは見逃せないポイントとして評価されています。

スキンケア用品の美容成分効果を最大限引き出せる

 

冷蔵庫や冷暗所など、保管方法に細い気遣いをしなくて良い

 

水切りと風通しに気をつければ洗面所などカビなどが発生しやすい場所でも保管できます。

 

といった、効果や使い心地を実感できるのもパラベンのおかげと言えます。
もちろん過去にパラベンによる肌トラブルや化粧かぶれの経験がある方なら避けるべき成分ですが、今までパラベンによる肌トラブルを感じたことがない肌質の方なら、使い勝手や美容効果、安全性の面からみても役に立つ成分となるでしょう。

 

 

「安全性が高い」「品質保持のためには必要」とはいえ、やはりお肌に悪影響だという意見ため、「やはりパラベンフリーの方が安心できる。」という方もいるでしょう。
そんな方には、パラベンや界面活性剤が無添加の無添加洗顔石鹸を選ぶのがおすすめです。


 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


赤ちゃんのようなしっとり肌を手に入れる洗顔石鹸の選び方

  手に触れるとしっとり吸い付くような肌は、女性なら誰でも憧れますよね? でも自分なりに毎日ケアしているのに「なかなか理想の状態にならない!」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。   何も知識なく、自己流でケアしていてもそれはなかなか結果につながらないはず。 洗顔石鹸選びはもちろん、正しい洗顔方法や毎日の生活スタイルを身につければ、しっとりする理想肌を作り…

≫続きを読む


洗顔石鹸の選び方~子供の洗顔には洗顔石鹸は必要ですか?

  子供の洗顔に洗顔料を使っている家庭は少ないかもしれません。 実は大人とは違う子供の肌の特徴を知ると、ぬるま湯で顔を洗っても問題ない理由が見えてきます。 とは言え、洗顔料を使って顔を洗った方がよい時もあるため、しっかりタイミングを見極めていきましょう。 [toc]   基本的に子供の洗顔は水洗顔?!   赤ちゃんの頃はガー…

≫続きを読む


クレンジングフォームと洗顔フォームの違い、洗顔は必要?

「いちご鼻も改善できる洗顔料不要」、「メイク汚れも肌の汚れも落とせる」なんてクレンジング剤の広告やCMを目にすることが増えてきました。   メイク汚れと肌汚れ、ふたつは全く性質が違いますが、本当にクレンジングだけで落とせるのでしょうか?   クレンジングのみで洗顔をしなくても、本当に美肌つくりはできるのか気になりますよね?     …

≫続きを読む

洗顔石鹸の選び方~肌に優しいのは天然成分の洗顔石鹸?

  毎日行う美肌メソッド(スキンケア)のファーストステップとも言える洗顔、朝と夜の2回行うからこそ「肌に優しい洗顔を。」と考える方も多いでしょう。   ただ「天然成分配合だから肌にやさしい」という考えは正しくないかもしれません。   肌に優しい洗顔石鹸とは? 肌に優しい洗顔石鹸とは、どのような洗顔石鹸なのでしょうか。   「ピリピリし…

≫続きを読む


洗顔石鹸の固形と洗顔フォームの違い!どちらが優秀なの?

  固形洗顔石けんと洗顔フォームを比べると、固形石鹸が良いという声が圧倒的に多いです。   その理由は、合成界面活性剤が使われた洗顔フォームとは違い、無添加タイプや自然由来成分の石けんで、肌への刺激を抑えながら肌本来の力を高める洗顔に取り組めるため。   「固形石鹸は肌によい」「洗顔フォームは肌に悪い」という情報は、すでに口コミやネットで多く発信され、広…

≫続きを読む

洗顔石鹸の選び方~洗顔石鹸の洗浄力は弱いほうが肌にいい?

洗顔石鹸の選び方について調べると、「肌に優しい洗浄力の弱いもの」をおすすめする方がいれば、逆の「肌汚れは肌トラブルの元、しっかりと洗い流せる洗浄力のもの」をおすすめする方もいます。   結局のところ、洗顔石鹸の洗浄力は肌質(肌状態)に左右されるので、これはどちらも正解ですし、間違いとも言えるでしょう。   そこで、肌質別で洗浄力にポイントを置いた洗顔石鹸の選び方を見てい…

≫続きを読む

洗顔石鹸は肌荒れを起こす?治す?!一体どっちが正しいの?

洗顔石鹸は肌についた汚れを落とすのが一番の目的で、美肌づくりに欠かせないファーストステップと言えるでしょう。   ですが中には、肌ケアに洗顔料の使用をおすすめしない美容専門家もいて「洗顔石鹸で肌が荒れる」なんて声もチラホラ…。   洗顔石鹸で肌が荒れる理由と、洗顔石鹸を使って働きかける肌荒れ改善の仕組みについて調べてみると、自分にとっての見極めるヒントが手に入りました。…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~界面活性剤

洗顔石鹸でも「合成界面活性剤不使用」「石油系界面活性剤配合なし」など、肌への刺激を抑えた無添加石鹸の人気が高まっていますが、本当に界面活性剤は洗顔石鹸成分に不要なのでしょうか?   そこで、界面活性剤は洗顔石鹸に不要な成分なのか、肌への影響(美容効果・安全性・危険性・種類)についてみていきましょう。   界面活性剤の役割   水をコップに注いだ…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~グリコール酸

今では、ピーリングタイプの洗顔料も増えており、週に1度のスペシャルケアから毎日使える洗顔石鹸でも、ピーリング成分配合の種類があります。ピーリング効果をもつ洗顔石鹸ではグリコール酸が配合されていることが多いですが、その美容効果と安全性はどうなのでしょうか?グリコール酸がもたらすピーリング作用や期待できる美容効果、覚えておきたい注意点を調べました。   肌のごわつきが気になるので、毎…

≫続きを読む

弱酸性の洗顔石鹸と弱アルカリ性の洗顔石鹸、どちらがいい?

洗顔料選びをしていると固形石鹸や洗顔フォームといった形、無添加タイプや◯◯成分配合など成分以外にも、弱酸性と弱アルカリ性の違いで迷う方も多いのではないでしょうか。   テレビCMでお馴染み「肌に優しい弱酸性」という言葉もある通り、弱酸性タイプが低刺激な洗顔料だとしたら反対に、弱アルカリ性は刺激の強い洗顔料なのでしょうか?   それでは、わざわざ弱アルカリ性石鹸を選ぶ人は…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close