素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   168 Views

洗顔石鹸の選び方、人気ランキングサイトのチェックポイント

今では色々な種類の洗顔石鹸が発売されていて、一体どれが良いのか選ぶのも困ってしまいますよね?
そんな時に役立つのが人気ランキングサイトですが、自分の肌にぴったりな洗顔石鹸の選びのために、覚えておきたいポイントをまとめました

 

 


洗顔石鹸の特徴を知ろう!

一番の違いは洗浄成分

 

洗顔石鹸といえば固形石鹸を思い出す人が多いですが、どろあわわのようにペースト状の練り石鹸もあるため、一概に【洗顔石鹸=固形石鹸】とは言い切れません。
ただ洗顔フォームとは大きく違う洗顔石鹸の洗浄成分は、一番の特徴と言えるでしょう。

 

洗顔石鹸は、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムといった天然由来成分、また火山灰シラス、アロエといった自然由来成分が主な洗浄成分。
そのため、洗顔石鹸の洗浄成分は弱アルカリ性タイプとなっています。
かたや洗顔フォームは、化学由来の合成界面活性剤を使った中性や弱酸性タイプの洗浄成分が一般的。
洗顔フォームの方が弱酸性の肌と相性が良さそうですが、アルカリ性よりも汚れ落としの効果が弱いため、合成界面活性剤で泡立ちや洗浄効果を高めているのです。

 

もちろん「誰でも必ず合成界面活性剤で肌が荒れる。」とは言えませんが、肌の汚れを落とすのが洗顔石鹸の目的です。
肌への負担を抑えてシンプルな洗顔ケアを心がける女性には、この洗浄成分の特徴が好まれています。

 


偽石鹸に注意?!

配合成分の確認が大切です。

 

洗顔石鹸でも固形やクリーム状石けんがあるように、固形石鹸でも実は洗顔フォームの場合があります。
「固形石鹸が洗顔フォーム?形が全然違うのに…。」「固形だから無添加石鹸でしょう?」と思った女性は要注目!

 

実は、固形石鹸でも中性や弱酸性タイプとして合成界面活性剤が使われている場合や香料、防腐剤、保存料といった添加物が配合されているタイプもあるのです。

 

偽物と言われると使うのが嫌になってしまいますが、化学由来成分や添加物が配合されていることで、安価な値段や品質維持、使い勝手、香りや着色料による見た目の良さというメリットもあります。
「完全無添加の純石鹸以外は絶対ダメ。」とまで言えませんが、成分による肌荒れや肌トラブル、アレルギーの経験がある人は、偽石鹸に注意しましょう。

 

 


洗顔石鹸の成分をチェックする

洗顔石鹸は大きくわけて3つ

 

洗顔石鹸の選び方として決して手抜きしてはいけないことが、洗顔石鹸の配合成分をチェックすることです。

 


洗浄成分

純石鹸とも言われる最もシンプルな洗浄成分が「石鹸素地」で「脂肪酸カリウム」や「脂肪酸ナトリウム」と成分表に記載されている場合もあります。
メーカーやブランドによって原材料に違いはあるものの、植物油脂や動物油脂が使われており天然の洗浄成分としても有名です。
自然由来成分のため肌質を問わず、安心して使える洗浄成分と言えるでしょう。

 

また、ミネラルやクレイ、酵素といった汚れを吸着したり溶かしたりする自然由来成分を配合している洗顔石鹸も多く、これが洗顔石鹸ごとに違いが大きく出る魅力のひとつ。
中には、クレンジング機能を兼ね備えたダブル洗顔不要の洗顔石鹸もあるくらいです。
原料は低刺激な天然由来の自然洗浄成分が多いですが、食物&植物アレルギー体質の人は注意が必要です。

 


美容成分

洗顔石鹸は汚れを落とすのが目的ですが、美肌や肌悩みの改善、肌トラブルの解消のために洗顔石鹸選びをする女性も多いのでは?

 

最後は洗い流す洗顔でも、肌表面の一時的なケアやわずかに浸透される美容成分を活用して、プラスアルファのお手入れが可能です。

 

一昔前は、洗顔石鹸に色々な美容成分を追加するのが難しく、結果として化学由来成分や添加物も足すことになり、あまりおすすめされていませんでした。
ですが今では、製造技術も進歩して保湿や美白、毛穴ケア、ニキビケアといったアプローチに有効な美容成分を配合した無添加タイプの洗顔石鹸も数多くあります。

 


その他の成分

直接、肌の汚れ落としや美肌ケアに役立つ成分ではないものの、泡立ちや泡切れの良さといった使い心地、成分同士の相乗効果、劣化を防ぐ品質維持のために使われる成分も配合されています。

 

中にはここで、わずかに化学由来成分や添加物が使われている商品もありますが、過去に成分で肌荒れや肌トラブルの経験がない人なら、過度に心配する必要はないでしょう。
一般的には、使う人にとって便利さや成分効果の発揮などメリットが大きいので「入っていなければ良いけど、入っているからと言って絶対ダメとは限らない。」というのが正直なところです。
気になる成分がある場合は、メリットとデメリットのそれぞれを確認するようにしましょう。

 

 


洗顔石鹸の泡立ちや使い心地の口コミやレビューを読む

使う人で感想は大きくかわる

 

洗顔石鹸選びには配合成分も大切ですが、すぐに目に見える効果を判断するのは難しいと言えます。
そのため、実際に毎日使い続けることを意識して、泡立ちや使い心地の良さを確認するのも大切!
公式サイトの商品紹介も良いですが、ぜひ愛用者の口コミや体験談レビューを読んでみてください。

 

公式サイトの紹介文「大きめサイズの石鹸だから、たっぷり使えてコスパ抜群!」
Aさん「大きすぎて置き場所に困ってしまった…。」
Bさん「手が小さい私には持ちづらくて、扱いにくかった。」
Cさん「今までの石鹸より長持ちするし、泡立ちも良くて優秀!」
公式サイトの紹介文「この洗顔石鹸なら、たっぷり濃密な泡が簡単に作れる!」
Aさん「洗顔ネットを使ったら簡単にモコモコ泡ができた!」
Bさん「泡立て方がダメなのか、思ったより濃密泡じゃなかった。」
Cさん「手で簡単にたっぷりの泡が立ってスゴい!」
公式サイトの紹介文「さっぱりした洗い上がりで、しっかり汚れを落とす!」
Aさん「肌がさっぱりして、本当に良い使い心地!」
Bさん「洗い終わった瞬間に肌がつっぱるから、慌ててスキンケアしないと…。」
Cさん「洗浄成分が強いのか、洗顔後は肌がピリピリする。」

 

いかがですか?同じ洗顔石鹸でも年齢や肌質、実際に使う人によって感想も違います。
また、今まで使ってきた化粧品との組み合わせ効果や類似商品との比較も、宣伝をかねた公式サイトで調べるのは至難の業…。

 

自分にとって石けんが合うかどうか見極めるのに、口コミやレビューはとても有益な情報となってくれます。

 

 


自分の肌質タイプから洗顔石鹸を選んでいく

いくら効果や使い心地に優れた人気の洗顔石鹸だとしても、自分の肌に合わなければ意味がありません。
自分の肌質から石鹸との相性を見極めるのも大切です。特に、お手入れが必要な肌質をまとめてみました。

 


脂性肌

毛穴を意識した保湿ケア

 

肌のベタつきが気になるオイリー肌の人は余分な油分を落とすために、さっぱりとした洗い心地を求める人が多いはず。
ですが、過剰に皮脂が分泌して毛穴も開きがちな状態なので、優しく丁寧な洗顔が大切です。
洗顔石鹸の中でも脂分の含有量が少ない固形石鹸が良いですが、基本的に正しい使い方をすれば、どの市販品でも肌表面のベタつきは十分に落とせます。
デイリー使いの洗顔に粒子の洗いスクラブや皮脂吸収剤といった、過度なオイリーケアを取り入れると逆に肌の負担なるので注意が必要です。

 

また、ベタつく肌表面とは違い肌内部は乾燥状態なこともあり、実は、これが皮脂分泌の原因になっている場合も…。
毛穴汚れや皮脂コントロールのために、保湿成分を意識した洗顔石鹸選びがおすすめです。

 


乾燥肌

保水力もポイント

 

洗顔後は慌てて化粧水や乳液をつけ始めるような乾燥肌タイプの人は、やはり保湿成分を中心に洗顔を選ぶ人が多いでしょう。

 

ですが、洗顔の本来の目的である洗浄力も乾燥肌には見逃せないポイントです。
カサつきを気にして弱い洗浄成分の洗顔を続けていると、古い角質や老廃物の蓄積、肌のごわつきなどを引き起こし、ターンオーバーの乱れへと発展する恐れがあります。
硬くなりがちな乾燥肌の人なら、しっかりと洗顔で汚れを落としてスキンケアの浸透力を高める準備をしなければいけません。

 

また、石鹸に含まれている保湿成分は潤いを与えるだけでなく、それを維持する保水力に注目するのも良い方法。
いくら潤いを与えても蒸発しては、より肌は乾燥状態に傾いてしまいます。
水分不足を改善するためにも、洗浄成分と保水力に注目した洗顔石鹸選びをしてみましょう。

 


敏感肌

肌状態を見極めた洗顔石鹸選びが大切

 

最も洗顔石鹸の選び方が難しいのが、刺激に弱い敏感肌タイプの人ではないでしょうか?
実は、シンプルで肌に一番優しいと言われる100%石鹸素地の純石鹸が、敏感肌だとおすすめできない場合があるのです。
それは「脂肪酸カリウム」や「脂肪酸ナトリウム」の洗浄力が強すぎて、敏感肌の人には刺激となる恐れがあるため。
牛脂やオリーブ油、バーム油など色々な原料で石鹸素地が作られているので、刺激を感じない石鹸選びが必要となってきます。

 

あまりに炎症が酷い場合は、一時的に「洗顔石鹸を使わない」というぬるま湯洗顔も良いアイデアです。
ただし、皮脂汚れや毛穴汚れ、古い角質を落とすまではできないので、肌が落ち着いたら相性の良い洗顔石鹸を使うのが良いでしょう。
まずは無添加や低刺激タイプ、そして保湿やバリア機能強化の美容成分が配合されている洗顔石鹸から選ぶのがおすすめです。

 


肌悩みや肌トラブルへの美肌効果も確認

洗顔の目的は汚れを落として清潔な肌に保つことですが、トラブル肌を改善するために、化粧水や乳液、クリームを選ぶ人も多いですよね?
洗顔石鹸も同じように、気になる肌の悩みにアプローチできる美肌効果を持つ洗顔石鹸を選ぶことができます。

 


大人ニキビ

ニキビの状態を確認

 

皮脂分泌による毛穴詰まりが原因の思春期ニキビとは違い、乾燥が影響した皮膚硬化が毛穴詰まりとなった大人ニキビ。
毛穴が詰まり塞がれた白ニキビ、皮脂酸化で変化した黒ニキビ、炎症している赤ニキビ…と、ニキビの種類で肌状態は大きく変わっています。

 

特に、白ニキビや黒ニキビの段階では、洗顔による毛穴ケアは炎症を防ぐのに役立つお手入れ方法です。
保湿成分や洗浄作用に優れた洗顔石鹸で、汚れを落とし毛穴を引き締めるケアをしていきましょう。
そして、すでに炎症を起こしている赤ニキビの場合は、刺激を抑えた成分から石鹸を選んでいきます。
赤ニキビがニキビ跡にならないよう、刺激の強い洗顔石鹸は避けるようにしましょう。

 

ニキビ肌の人は、まず今あるニキビが落ち着かせてから、ニキビ予防を意識したケアにシフトさせていきましょう。

 


シミ・くすみ

美白よりこだわりたい部分とは?

 

表皮の奥にある基底層から生成されたメラニンが原因のシミ、そして水分不足や肌荒れで透明感が消えるくすみ。
それぞれ原因やメカニズムは違うものの、ターンオーバーの乱れを改善するだけで効果的なアプローチとなってくれます。
それは、ターンオーバーの代謝により古い角質やメラニンが排出されるのに加えて、新たな細胞の活性が促進されるため。

 

肌の水分と油分のコンディションを整えて肌代謝を高めるのは、強く健やかな肌作りには欠かせません。
そして、これがターンオーバーを正常に働かせる方法でもあります。
化粧品とは違い洗顔石鹸は最後に洗い流すので、美白成分よりも保湿や保水、代謝を整える美容成分に注目するようにしましょう。

 


肌荒れ

肌質よりも肌の状態を見よう

 

肌質を問わず肌荒れを引き起こすものですが、ひどい肌荒れに悩んでいる時は、敏感肌や無添加、オーガニック商品の人気ランキングをチェックしてみましょう。
特に、肌荒れ中は普段では刺激にならないものが肌へのダメージに繋がりやすい時期となっています。
植物由来や天然成分にこだわった低刺激タイプの洗顔石鹸なら、余計な肌への負担をかける心配はありません。
そのため、まずは美容成分よりも洗浄成分、肌に直接関係のないその他の成分に注目して洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。

 

そして痛みやかゆみがある程度落ち着いてきたら、ヒアルロン酸やコラーゲンなど肌にも存在している保湿成分、またグリチルリチン酸といった抗炎症作用をもつ有効成分配合の石鹸がおすすめです。
肌にある程度強さが戻ってから、スキンケア成分の美容作用でアプローチしていきましょう。

 


洗顔石鹸の価格やコスパも見逃せない部分

お得に購入するのも大切

 

洗顔石鹸の選び方は配合されている成分やその効果、泡立ちや使い心地などを、自分に合うかどうか見極めていくのが大切です。
ですが、いくら相性の良い石鹸を見つけても「高かったからもったいない…。」「特別な時にだけ使おう。」なんて、毎日使えない洗顔石鹸はいけません。

 

毎日使い続けてこそ効果を発揮するため、石鹸の価格やコスパも大切な選び方のひとつなのです。

 

洗顔石鹸は商品値段の他にも、ネット通販での購入なら送料や梱包料、支払いにかかる振り込み手数料などあり、消費税込みか否かでもトータルの値段は変わってきます。
また公式サイトによっては、まとめ買いや定期購入で商品割引や無料プレゼント、ポイントサービスなど用意している場合もあります。

 

良い洗顔石鹸を長く使い続けるためにも、お得なサービスはしっかりチェックするようにしましょう。

 

 


良い洗顔石鹸の見極めポイントを掴めば人気ランキングからの石鹸選びも変わる!

ランキングサイトはあくまでツール

 

洗顔石鹸の成分や使い心地、実際に使った人の口コミから自分の肌質や悩みを照らしあわせていくと、数ある人気ランキングの中でも、気になる石鹸の数はグッと減るのではないでしょうか?

 

あくまでも人気ランキングサイトの結果は、自分の相性を確かめるのに役立つ「参考」です。
「1位の石鹸なら安心。」「圏外の商品だから効果がない。」とランキング結果だけで決めないようにしましょう。
ランキングサイトは簡単に成分や効果、特徴を知るのに役立ち、知らなかった商品を発見できるなどメリットも大きいです。
洗顔石鹸の種類も増えてきた分ランキングサイトの数もたくさんありますが、洗顔石鹸の選び方に役立つポイントさえ掴んでおけば相性の良い石鹸を選ぶのも楽なので、ぜひ上手にランキングサイトを活用していきましょう!

 

 

 

洗顔石鹸の選び方は、自分で1から調べるのはとても大変です。
商品の特徴や体験談など情報量が人気のランキングサイトを活用して、効率よく自分にあう洗顔石鹸を選んでいきましょう!

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


赤ちゃんのようなしっとり肌を手に入れる洗顔石鹸の選び方

  手に触れるとしっとり吸い付くような肌は、女性なら誰でも憧れますよね? でも自分なりに毎日ケアしているのに「なかなか理想の状態にならない!」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。   何も知識なく、自己流でケアしていてもそれはなかなか結果につながらないはず。 洗顔石鹸選びはもちろん、正しい洗顔方法や毎日の生活スタイルを身につければ、しっとりする理想肌を作り…

≫続きを読む


洗顔石鹸の選び方~子供の洗顔には洗顔石鹸は必要ですか?

  子供の洗顔に洗顔料を使っている家庭は少ないかもしれません。 実は大人とは違う子供の肌の特徴を知ると、ぬるま湯で顔を洗っても問題ない理由が見えてきます。 とは言え、洗顔料を使って顔を洗った方がよい時もあるため、しっかりタイミングを見極めていきましょう。 [toc]   基本的に子供の洗顔は水洗顔?!   赤ちゃんの頃はガー…

≫続きを読む


クレンジングフォームと洗顔フォームの違い、洗顔は必要?

「いちご鼻も改善できる洗顔料不要」、「メイク汚れも肌の汚れも落とせる」なんてクレンジング剤の広告やCMを目にすることが増えてきました。   メイク汚れと肌汚れ、ふたつは全く性質が違いますが、本当にクレンジングだけで落とせるのでしょうか?   クレンジングのみで洗顔をしなくても、本当に美肌つくりはできるのか気になりますよね?     …

≫続きを読む

洗顔石鹸の選び方~肌に優しいのは天然成分の洗顔石鹸?

  毎日行う美肌メソッド(スキンケア)のファーストステップとも言える洗顔、朝と夜の2回行うからこそ「肌に優しい洗顔を。」と考える方も多いでしょう。   ただ「天然成分配合だから肌にやさしい」という考えは正しくないかもしれません。   肌に優しい洗顔石鹸とは? 肌に優しい洗顔石鹸とは、どのような洗顔石鹸なのでしょうか。   「ピリピリし…

≫続きを読む


洗顔石鹸の固形と洗顔フォームの違い!どちらが優秀なの?

  固形洗顔石けんと洗顔フォームを比べると、固形石鹸が良いという声が圧倒的に多いです。   その理由は、合成界面活性剤が使われた洗顔フォームとは違い、無添加タイプや自然由来成分の石けんで、肌への刺激を抑えながら肌本来の力を高める洗顔に取り組めるため。   「固形石鹸は肌によい」「洗顔フォームは肌に悪い」という情報は、すでに口コミやネットで多く発信され、広…

≫続きを読む

洗顔石鹸の選び方~洗顔石鹸の洗浄力は弱いほうが肌にいい?

洗顔石鹸の選び方について調べると、「肌に優しい洗浄力の弱いもの」をおすすめする方がいれば、逆の「肌汚れは肌トラブルの元、しっかりと洗い流せる洗浄力のもの」をおすすめする方もいます。   結局のところ、洗顔石鹸の洗浄力は肌質(肌状態)に左右されるので、これはどちらも正解ですし、間違いとも言えるでしょう。   そこで、肌質別で洗浄力にポイントを置いた洗顔石鹸の選び方を見てい…

≫続きを読む

洗顔石鹸は肌荒れを起こす?治す?!一体どっちが正しいの?

洗顔石鹸は肌についた汚れを落とすのが一番の目的で、美肌づくりに欠かせないファーストステップと言えるでしょう。   ですが中には、肌ケアに洗顔料の使用をおすすめしない美容専門家もいて「洗顔石鹸で肌が荒れる」なんて声もチラホラ…。   洗顔石鹸で肌が荒れる理由と、洗顔石鹸を使って働きかける肌荒れ改善の仕組みについて調べてみると、自分にとっての見極めるヒントが手に入りました。…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~パラベン(防腐剤)

洗顔料もお肌に使用するアイテム、その品質には気をつけなければなりません。洗顔料は食べ物とは違い、変な臭いがしたり、腐ってドロドロに溶けたり、虫が湧くことはありません。しかし、洗顔料も時間が経つほど品質は劣化し、その効果を最大限に生かせなくなりますし、時にはお肌を傷つけてしまうことも…。   そして、洗顔料の品質維持の手助けをしてくれるのが防腐剤で、その中でもよく使用されるのがパラ…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~界面活性剤

洗顔石鹸でも「合成界面活性剤不使用」「石油系界面活性剤配合なし」など、肌への刺激を抑えた無添加石鹸の人気が高まっていますが、本当に界面活性剤は洗顔石鹸成分に不要なのでしょうか?   そこで、界面活性剤は洗顔石鹸に不要な成分なのか、肌への影響(美容効果・安全性・危険性・種類)についてみていきましょう。   界面活性剤の役割   水をコップに注いだ…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~グリコール酸

今では、ピーリングタイプの洗顔料も増えており、週に1度のスペシャルケアから毎日使える洗顔石鹸でも、ピーリング成分配合の種類があります。ピーリング効果をもつ洗顔石鹸ではグリコール酸が配合されていることが多いですが、その美容効果と安全性はどうなのでしょうか?グリコール酸がもたらすピーリング作用や期待できる美容効果、覚えておきたい注意点を調べました。   肌のごわつきが気になるので、毎…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close