素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   192 Views

洗顔フォームおすすめ人気ランキングでチェックするポイント

洗顔フォームを選ぶ時にチェックしているポイントは、泡立ちや洗い上がり、成分、商品パッケージなど人によって様々かもしれません。

 

とは言え、今ではランキングサイトや口コミレビューも多く、満足度を調べるのにはぴったりなツール。

 

そこで、より自分にあった洗顔フォーム選びをするために、人気ランキングで押さえておきたいポイントをまとめてみました

 

新しい洗顔フォームを探していて、ネットで売れ筋ランキングや口コミサイトなど見てまわっていますが、どれも1位の商品が違っていて選ぶのに悪戦苦闘しています。

私の肌質は敏感肌~乾燥肌で、大きな肌トラブルは今のところないですが、たまにニキビや肌荒れ、毛穴詰まりが目立ったりします。

ランキング形式で洗顔フォームを選ぶ場合、チェックしておいた方が良いポイントを教えてください。

 

まず基本としては、ボディ用のボディソープを選ぶのと同じように、顔の皮脂汚れやメイク汚れの残りを落とすため洗浄効果に注目して選ぶのがおすすめです。

とは言え、露出部分の多い顔周りの洗顔料なので、一歩進んだ基礎化粧品スキンケア用品のようなお手入れも意識するのが良いでしょう。

洗顔フォームの選び方では、チェックしたいポイントを3つに絞って見極めてみてはいかがでしょうか?

 

洗顔フォームの選び方は、何と言っても「洗浄力」が一番大事!

何と言っても洗顔フォームで一番大事にしたいポイントは、洗浄成分で、まずは自分の肌状態にあった洗浄力を選ぶようにしましょう。

 

特に、固形石鹸や無添加石鹸と違い、合成界面活性剤や石油系界面活性剤が使われていることもあります。

 

以前、洗浄成分によりニキビや肌荒れを引き起こした経験がある人は避けた方が良いですが、直接化学成分や石油原料が肌内部に浸透することはありません

 

界面活性剤が配合されている洗顔料は弾力泡が作りやすく泡もちの良い洗顔向けの泡を簡単に作れる、使いやすさの面がメリットになるので、自分の肌と相談しながら洗浄成分を選んでいくのがおすすめです。

ニキビ肌やアトピー肌、敏感肌の人は、オーガニックやチューブタイプのクリーム状石けんといった、肌に優しい洗浄成分に加え、香料や着色料といった防腐剤が配合されていないのが良いでしょう。

 

そして、脂性肌(別称:オイリー肌)の人なら吸着力に優れた洗浄成分が、肌の状態を整えるのに役立ちます。

 

また、炭酸成分が配合された炭酸泡洗顔や炭酸泡パック、また、泥成分を使ったクレイ洗顔料などもスペシャルケアとしては有効です。

 

ですが、美白効果やアンチエイジング対策といった美容成分を意識しすぎるのはおすすめできません

 

洗顔料はきれいに洗い流すので、あくまでもスキンケア前の一時的なケア効果や肌表面の潤い感、長期的なスパンで考えた美容ケアとして使用できるものです。

 

そのため「美容成分を意識しすぎた結果、洗浄剤の本分をまったく気にしていなかった。」というのは防ぎたいですね?

 

 

毎日使うものだからこそ、洗顔フォームの「コスパ」もしっかりチェック!

化粧水や乳液、美容液と同じく、洗顔フォームも毎日使う欠かせないスキンケア用品。

 

だからこそ、洗顔料の価格やコストパフォーマンスを調べる選び方も大切なポイントとなってきます。

 

固形石けんに比べ、美容成分の配合をしやすい洗顔フォームは本来、手頃な値段で購入できるはずなのに、成分によって値段が高くなってしまう場合もあります。

 

洗浄力と同じように、美白ケアといった美容効果のアプローチに頼りすぎない選び方をすると、コスパもグンと良くなるでしょう。

 

また、適量を使いしっかり泡立てていくのも、洗顔料を使い切る期間に影響してくるため、丁寧な泡立てを心がけるのがおすすめです。

 

洗顔料の内容量ばかりを気にしすぎても、泡タイプが悪ければ1個あたりのコスパは悪くなってしまいます

 

最近のネット通販では、リピーター向けのサービスに定期購入による商品割引、初回購入に限った限定価格のアイテムも多いので、活用していくのも良いですね?

 

 

スキンケアとして洗顔を考える ~保湿力に優れた洗顔フォーム選びを

洗浄力、コスパから自分にあう洗顔フォームを選んでいき、最後に決め手となるのは美容成分です。

 

洗顔フォームでは数ある美容成分の種類でも、保湿力にポイントを絞って選ぶようにしていきましょう

 

乾燥肌や混合肌の人はもちろん、脂性肌の人も洗顔後はツッパリ感を抱くことが多いのではないでしょうか?

 

洗顔後は肌表面や毛穴汚れを落とし切きったすっぴん状態なので、刺激やダメージに弱い状態でもあります。

 

その後、丁寧なスキンケアをしていくことで、バリア機能の強化やターンオーバーの調整、透明感や化粧のりUPといった肌作りに繋がっていきます。

 

そのため、スキンケアによるお手入れ前の肌を整えるのに、洗顔フォームの保湿作用は効果的となってきます。

 

中でも、肌にも存在しているヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどは長期的に使い続け、肌に浸透しても、まったく問題ない美容成分なので肌タイプ問わず安心して使えます。

 

また、クレンジングでダブル洗顔をしている人や、毛穴つまりお肌で毛穴クリアタイプの洗顔剤を使う人にも、保湿作用配合の洗顔フォームなら肌への負担を抑えることが可能です。

 

洗浄力とコスパをしっかり選んでから、美容成分に注目していく…だけでなく、保湿作用に絞って選んでいくのが、肌への負担と美容効果を意識したケアにおすすめです。

 

 

つい有名メーカー名や可愛いパッケージ、お手頃な値段や大容量で洗顔フォームを選びがち…。

ですが、洗浄成分とコスパ、そして保湿成分という3ステップでの選び方をするだけで、自分の肌に相性が良く、長く使い続けられる洗顔料が見えてきます

数あるランキングや口コミの中で、洗顔フォームの選び方に迷った時は、この3ステップの選び方を参考にしてみてください。

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

  • 西光ななみ より:

    中学校の女の子、市販の、洗顔フォーム、どこのがいいの、

    • 松本美香 より:

      中学生が市販でも買える洗顔フォームだと、実際に私も試したビオレの洗顔料が人気です。
      種類も豊富ですが、なんといってもお手頃価格。お小遣いで買えちゃいます。

      ですが、リーズナブルなぶん肌に負担をかける恐れのある成分も配合されているのでもし、ニキビや肌荒れに悩んでいるようならノンエーの洗顔石鹸もおすすめです。
      ニキビ向けのアイテムで、抗炎症作用のある有効成分も配合されています。

      ネットの通販限定ですが、今なら返金保証も付いているし、代引きやコンビニ後払いも用意されているので、お母さんに相談もしやすいかと思います。

      ちなみにローヤルゼリーやヒアルロン酸も入っているので、お母さんの世代でも使っている人が多いです。
      一緒に使うアイテムとして、頼んでみるのもおすすめですよ!

  • お気軽にコメントをどうぞ。

    関連記事


    ダヴの洗顔石鹸、格安でも低刺激で保湿力も抜群ってホント?

      プチプラで種類も多く、CMなどでよく知られていることから常に一定の人気を誇るユニリーバのDove(ダヴ)シリーズ。 今回はそんなダヴの洗顔料に着目し、それぞれの特徴や肌タイプ別の口コミを紹介します。   「ダヴははたして本当に優れた洗顔料なのか?」、「本当に肌のためになる洗顔料とはなんなのか?」ということをみていきましょう。 [toc] &nbs…

    ≫続きを読む


    値段が安いビオレの洗顔料!でも肌への効果は良くないの?

      花王の「ビオレ」シリーズはドラッグストアやスーパーでも見かけますし、CMも頻繁に流れているため、この名前を知らない人はなかなかいないでしょう。   そこでビオレの洗顔料について、どのような種類や特徴があるのか、加えて気になる悪い口コミや使用にあたって気になる点などにも着目し徹底調査しました! [toc]   ビオレの洗顔料 &…

    ≫続きを読む


    弱酸性洗顔フォームは肌に悪い?やさしい?本当はどっち?

      スキンケアアイテムの購入をするとき、「弱酸性は肌にやさしい」と弱酸性のスキンケアアイテムを選ばれている方が多いですが、それはどうしてでしょうか?   ここでは、弱酸性の洗顔フォームと弱アルカリ性の洗顔石鹸のメリット、デメリット、肌質によってどちらを選ぶべきかを紹介します。 [toc]   洗顔フォームと洗顔石鹸の違い &nbs…

    ≫続きを読む

    洗顔フォームが洗顔石鹸よりも優れている点やメリットは何?

    今では洗顔料も数多くの種類がりますが「洗顔フォームvs洗顔石鹸」や「固形石鹸vsボディソープ」といった比較記事では、余計な成分が入っておらず低刺激な石鹸タイプに軍配があがることが多いです。 それでは、洗顔フォームが洗顔石鹸よりも優れている部分やメリットなどは存在しないのでしょうか? 実は、開発技術が進歩した今、洗顔フォームも洗顔石鹸にはない魅力がたくさん詰まっています。 雑誌…

    ≫続きを読む

    洗顔フォームのニキビケアがおすすめできない理由とは?

      「洗顔フォームでニキビケアはおすすめしない」という話もありますが、ニキビ肌向けの洗顔フォームもたくさんの種類が販売されています。   ですが、ニキビができる原因や変化について調べてみると、洗顔フォーム選びの難しさがあったのです。 テレビCMやネット、雑誌で有名なニキビ用洗顔フォームも、肌状態によってはおすすめできない場合があります。   …

    ≫続きを読む

    洗顔フォームを泡立てネットではなく手で泡立てるポイント

    洗顔フォームは、石けんと比べ泡立ちが良く洗い上がりもすっきりなのが特徴的ですが、手で泡を立てるのは少し難しく感じてしまいませんか? 人によっては、便利な洗顔ネットを活用するよりも丁寧に手で泡を立てる方が、美肌ケアに役立つ場合もあるのです。 また、洗顔料フォームの中には手で泡立てる専用タイプの商品もあります。 そこで、手で泡を立てる魅力や覚えておきたいコツ、そして、モチモチ泡だからこそでき…

    ≫続きを読む

    洗顔フォームを泡立てネットで上手に泡立てるポイントは?

    洗顔フォームや固形石鹸を使った洗顔は、たっぷりの泡で毛穴に詰まった汚れを掻き出して、肌表面を清潔にするだけでなく、その後のスキンケア浸透力を高めるのも大切な目的です。 そこで、濃密泡の洗顔がお肌に良い理由や洗顔ネットを使った泡立て方のコツ、そして、覚えておきたい洗顔ネットの選び方など徹底調査しました。 洗顔剤を使って洗顔泡を作るなら、手orネットだと断然「洗顔ネットが良い」と洗…

    ≫続きを読む


    ページの先頭へ

    PAGETOP

    close