素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   1064 Views

洗顔石鹸の選び方~洗顔石鹸の洗浄力は弱いほうが肌にいい?

洗顔石鹸の選び方について調べると、「肌に優しい洗浄力の弱いもの」をおすすめする方がいれば、逆の「肌汚れは肌トラブルの元、しっかりと洗い流せる洗浄力のもの」をおすすめする方もいます。

 

結局のところ、洗顔石鹸の洗浄力は肌質(肌状態)に左右されるので、これはどちらも正解ですし、間違いとも言えるでしょう。

 

そこで、肌質別で洗浄力にポイントを置いた洗顔石鹸の選び方を見ていきましょう。

 

界面活性剤配合は洗浄力が強い?

界面活性剤はたんぱく質を変質させる?

 

まず「界面活性剤=悪いイメージ」を持っている方が多いと思いますが、すべての界面活性剤が肌に影響を及ぼすものではありません。

 

界面活性剤の役割は、本来なら分離してしまう水と油を混ぜ合わせるもので、その働きを利用して頑固な汚れを落としたり、品質を安定させたり洗顔石鹸や乳液をはじめ一般的な化粧品に使用されています。

 

ただ、界面活性剤は非常に多く何千種類も存在すると言われ、その一部が肌に悪影響を及ぼすのはたしか

 

洗顔石鹸やシャンプー、ボディソープといった商品には汚れをしっかり落とすための洗浄剤として界面活性剤が配合されていることが多いのですが、その洗浄剤のパワーが強すぎて肌にダメージを与えてしまうのです。

 

特に洗顔石鹸の場合、界面活性剤の影響で本来肌に必要な皮脂まで根こそぎ取り除かれてしまい、肌を守っているバリア機能が破壊されてしまうことも…。

 

さらに一部の界面活性剤にはタンパク質を変性させる作用があるため、乾燥を招いたりシミや皮膚障害を起こしたりする恐れも報告されています。

 

もちろん洗顔石鹸も油脂と苛性ソーダ・苛性カリを入れて作られるので界面活性剤の一種ですが、界面活性剤には人工的に合体させてつくられる合成界面活性剤と、牛脂などの動物成分やヤシ油などの植物成分といった天然由来の自然素材で作られる天然界面活性剤があり、洗顔石鹸も天然の界面活性剤を使用した洗顔料に含まれます。

 

天然界面活性剤のほうが肌に安心なのは一目瞭然ですよね。

 

汚れがしっかり落ちるという触書きだけの商品はリスクを伴うかもしれないということを理解し、肌への優しさを考えた界面活性剤という視点で商品を見極めたいものです。

 

敏感肌、乾燥肌、アレルギー肌など、肌バリア機能が低下している状態は、洗浄力が強い合成界面活性剤は避けた方が無難でしょう。

 

 

肌がつっぱるのは洗浄力が強いから?

弱アルカリ性が肌汚れを落とす

 

口コミをチェックすると、よく洗顔石鹸を使った後、肌のつっぱり感を覚えて「洗浄力が強すぎる?」と感じている方がいます。

 

その可能性もたしかにありますが、それは洗顔石鹸が弱アルカリ性だからかも。

 

通常、石鹸素地として使用される脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムは、弱アルカリの性質を持つため肌汚れを落とすことができます。
(アルカリ性が汚れを落とす効果は、掃除の汚れ落としでアルカリ電解水が用いられることからも伺えます。)

 

そして私たちの皮膚は弱酸性なので、肌が石鹸によって弱アルカリ性に傾くとつっぱりを感じるからで「洗浄力が強すぎる」ことが原因とは限らないのです。

 

ただ、健やかな肌の場合、30分程度で自ら弱酸性に戻ると言われ、これを「アルカリ中和能」と呼んでいます。

 

肌に何らかのトラブルを抱えている場合、「アルカリ中和能」にもう少し時間がかかるかもしれませんが、逆にいつまでもつっぱり感が残る場合は、本当に洗浄能力が高すぎる可能性を考えましょう。

 

 

洗浄力が強いとニキビになりやすい?

確かに肌汚れだけでなく皮脂も洗い流す強い洗浄力はニキビの原因になり得る。

 

大人になってからも悩まされることが多いニキビ。

 

ニキビになる原因は皮脂がきちんと毛穴から排出されない“毛穴詰まり”で、皮脂が過剰分泌される要因はホルモンバランスの乱れやアンバランスな食生活など様々です。

 

この余分な皮脂を落とすため、あるいは皮脂を溜め込まないようにするための方法として、美容系情報サイトを見てみると「ニキビの方はしっかりと汚れを落とす洗浄力の高いものを。」という意見と、「強い洗浄力が皮脂をごっそり落として肌が乾燥してニキビの原因になる。」と、相反する意見が見てとれます。

 

一体どうすればニキビ予防法として良いのか悩ましいところですが、肌トラブルのポイントには以下の通り。

 

皮脂の取り過ぎは皮脂の過剰分泌を生む 

 

皮脂の取り過ぎは表皮の潤い(水分)を奪う

 

上記2つはどちらも肌の乾燥につながるものであり、当サイトでは洗浄力の強い洗顔料で洗顔し過ぎると肌の水分・油分のバランスが保てなくなってニキビの発生率が高くなると考えます。

 

もちろん、毛穴詰まりを防ぐために日頃から肌を清潔に保っておくこともニキビ対策のひとつと言えるでしょう。

 

しっかり汚れは落とすのに潤いは落とし過ぎない…この微妙なさじ加減が難しいと感じるかもしれませんが、自分の肌状態に合わせて洗顔石鹸を選んでいくことがニキビをはじめ肌トラブルを防ぐカギになることは間違いありません

 

 

泡立ちが悪い石鹸は洗浄力が弱い?

泡立ちと洗浄力の関係

 

洗顔石鹸は泡立ちが悪いから…もしくは、泡立てるのが面倒くさい…このように感じている方もいるでしょう。

 

泡立ちと洗浄力には直接関係が無いという意見もありますが、界面活性剤の働きの一つに“起泡”という作用があって、これは液体と気体の間の界面で起きる現象です。

 

ちょっと難しいですが、泡は薄い膜の外側と内側が気体と液体の境界になっていて、ここに洗浄成分が詰まっていると思ってください。

 

つまり、泡立てていない状態より泡立てているほうが洗浄力はたくさん詰まっているほうが、洗浄力が優れていると言えるのではないでしょうか。

 

もともと泡には汚れを吸着する働きがあり、しかも石鹸を泡立てることによって肌に触れる面積(=汚れを落とす面積)は広がるのです。

 

さらに洗顔石鹸の場合、濃密な泡を使って洗顔するほうが直接手で肌を擦り上げる負担も軽減されるため一石二鳥。

 

泡立ち具合が洗浄力の目安になること、そして肌への優しさを考えても、しっかり泡立ちする洗顔石鹸のほうが良いのです。

 

 

肌質で選ぶ石けん素地素材(洗浄力)

石けん成分で特にこだわりたいのが石けん素地、なぜなら石けん成分の洗浄力となる核の部分だからです。
とはいえ、自分の肌質に合った石けん素地を選ぼうにも、ピンとこない方もいるかもしれません。
そんな方は、以下の情報を元に洗顔石鹸を選んでみてはいかがでしょうか。

 

ラウリン酸の洗浄力がおすすめの肌質

洗浄力が優れている洗浄成分。ただし保湿をしっかりとしましょう。

 

石鹸は油とアルカリ(苛性ソーダ、苛性カリ)で作られますが、油を構成している脂肪酸の種類は豊富で、その油によって異なるタイプの石鹸ができ上がります。

 

ラウリン酸はその脂肪酸の1種で、ココナッツオイルやアーモンドオイルなどに多く含まれているもの。

 

メリットとしては、何といっても起泡性が大きいため濃密な弾力泡がつくれる元になること。

 

そのため、洗浄力が高い石鹸となり、水でもさっと溶けやすいためゴシゴシ肌を擦らずに洗顔できるでしょう。

 

デメリットとしては多少皮膚刺激を感じる場合があり、洗浄力の高さゆえに肌が乾燥しやすくなること。

 

ただ、健やかな肌の状態であれば先にご紹介した「アルカリ中和能」ですぐに乾燥がおさまるはずで、石鹸成分としては安定性がある成分と言えます。

 

どのような肌質でも使用できる洗浄剤と言えますが、洗浄力の強さをカバーするために保湿成分配合の洗顔石鹸を選びましょう。
(純石鹸を希望するなら、グリセリンが残っている洗顔石鹸をおすすめします。)

 

ステアリン酸の洗浄力がおすすめの肌質

ラウリン酸よりも洗浄力が弱めだが、肌の保湿を損なわない洗顔が可能です。

 

パーム油や牛脂に多く含まれる脂肪酸、ステアリン酸のメリットは、皮脂を構成するスクワレンを洗い落とすのが得意なこと。

 

さらにもうひとつ、コレステロールを洗い流し過ぎないことも挙げられます。

 

コレステロールは細胞間脂質の主成分であり、細胞間脂質が正常に整っていれば肌に必要な水分が逃げないように保たれるため、過剰に洗い流さないステアリン酸なら肌の保湿を損なわない洗顔ができるでしょう。

 

デメリットは泡立ちにくく、ラウリン酸に比べて洗浄力が低くなる可能性がありますが、専用の泡立てネットを使用するなど洗顔の際に工夫で対応できます。

 

過剰な皮脂分泌をきれいに洗い流し、肌の水分バランスを整えてくれるので脂性肌やニキビ肌におすすめの洗浄剤と言えるでしょう。
(ステアリン酸の代わりに、同じ性質のパルミチン酸を選ぶのも良いでしょう。)

 

オレイン酸の洗浄力がおすすめの肌質

肌に必要な皮脂を落とさない洗顔が可能です。

 

オリーブオイルや米ぬか、深海鮫に多く含まれているのがオレイン酸です。

 

特徴としては皮脂の成分であるスクワレンを落とし過ぎないため、さっぱり洗いたい方には物足りなさを感じるかもしれませんが、肌に本来必要な皮脂を大切にしたい方にはおすすめ

 

ただし、コレステロールを落としやすい成分のため、洗顔の回数を重ねると肌の水分が保てなくなる場合があるので注意が必要です。

 

基本的には乾燥肌におすすめですが、洗顔後に物足りないからと言って何度も洗うと皮脂の過剰分泌からますます乾燥を招くことになるので、オレイン酸の特徴をよく理解して使用しましょう。

 

近年は洗顔石鹸の商品数も非常にバラエティに富んでいます。
やみくもに選ぶと失敗しそうですが、石鹸を構成する基本成分や、配合されている成分を少しでも理解していれば、その中から自分の肌質に合ったものを選べるはず。

 

少しずついいので石鹸に関すること、理解を深めてみませんか?

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


赤ちゃんのようなしっとり肌を手に入れる洗顔石鹸の選び方

  手に触れるとしっとり吸い付くような肌は、女性なら誰でも憧れますよね? でも自分なりに毎日ケアしているのに「なかなか理想の状態にならない!」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。   何も知識なく、自己流でケアしていてもそれはなかなか結果につながらないはず。 洗顔石鹸選びはもちろん、正しい洗顔方法や毎日の生活スタイルを身につければ、しっとりする理想肌を作り…

≫続きを読む


洗顔石鹸の選び方~子供の洗顔には洗顔石鹸は必要ですか?

  子供の洗顔に洗顔料を使っている家庭は少ないかもしれません。 実は大人とは違う子供の肌の特徴を知ると、ぬるま湯で顔を洗っても問題ない理由が見えてきます。 とは言え、洗顔料を使って顔を洗った方がよい時もあるため、しっかりタイミングを見極めていきましょう。 [toc]   基本的に子供の洗顔は水洗顔?!   赤ちゃんの頃はガー…

≫続きを読む


クレンジングフォームと洗顔フォームの違い、洗顔は必要?

「いちご鼻も改善できる洗顔料不要」、「メイク汚れも肌の汚れも落とせる」なんてクレンジング剤の広告やCMを目にすることが増えてきました。   メイク汚れと肌汚れ、ふたつは全く性質が違いますが、本当にクレンジングだけで落とせるのでしょうか?   クレンジングのみで洗顔をしなくても、本当に美肌つくりはできるのか気になりますよね?     …

≫続きを読む

洗顔石鹸の選び方~肌に優しいのは天然成分の洗顔石鹸?

  毎日行う美肌メソッド(スキンケア)のファーストステップとも言える洗顔、朝と夜の2回行うからこそ「肌に優しい洗顔を。」と考える方も多いでしょう。   ただ「天然成分配合だから肌にやさしい」という考えは正しくないかもしれません。   肌に優しい洗顔石鹸とは? 肌に優しい洗顔石鹸とは、どのような洗顔石鹸なのでしょうか。   「ピリピリし…

≫続きを読む


洗顔石鹸の固形と洗顔フォームの違い!どちらが優秀なの?

  固形洗顔石けんと洗顔フォームを比べると、固形石鹸が良いという声が圧倒的に多いです。   その理由は、合成界面活性剤が使われた洗顔フォームとは違い、無添加タイプや自然由来成分の石けんで、肌への刺激を抑えながら肌本来の力を高める洗顔に取り組めるため。   「固形石鹸は肌によい」「洗顔フォームは肌に悪い」という情報は、すでに口コミやネットで多く発信され、広…

≫続きを読む

洗顔石鹸は肌荒れを起こす?治す?!一体どっちが正しいの?

洗顔石鹸は肌についた汚れを落とすのが一番の目的で、美肌づくりに欠かせないファーストステップと言えるでしょう。   ですが中には、肌ケアに洗顔料の使用をおすすめしない美容専門家もいて「洗顔石鹸で肌が荒れる」なんて声もチラホラ…。   洗顔石鹸で肌が荒れる理由と、洗顔石鹸を使って働きかける肌荒れ改善の仕組みについて調べてみると、自分にとっての見極めるヒントが手に入りました。…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~パラベン(防腐剤)

洗顔料もお肌に使用するアイテム、その品質には気をつけなければなりません。洗顔料は食べ物とは違い、変な臭いがしたり、腐ってドロドロに溶けたり、虫が湧くことはありません。しかし、洗顔料も時間が経つほど品質は劣化し、その効果を最大限に生かせなくなりますし、時にはお肌を傷つけてしまうことも…。   そして、洗顔料の品質維持の手助けをしてくれるのが防腐剤で、その中でもよく使用されるのがパラ…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~界面活性剤

洗顔石鹸でも「合成界面活性剤不使用」「石油系界面活性剤配合なし」など、肌への刺激を抑えた無添加石鹸の人気が高まっていますが、本当に界面活性剤は洗顔石鹸成分に不要なのでしょうか?   そこで、界面活性剤は洗顔石鹸に不要な成分なのか、肌への影響(美容効果・安全性・危険性・種類)についてみていきましょう。   界面活性剤の役割   水をコップに注いだ…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~グリコール酸

今では、ピーリングタイプの洗顔料も増えており、週に1度のスペシャルケアから毎日使える洗顔石鹸でも、ピーリング成分配合の種類があります。ピーリング効果をもつ洗顔石鹸ではグリコール酸が配合されていることが多いですが、その美容効果と安全性はどうなのでしょうか?グリコール酸がもたらすピーリング作用や期待できる美容効果、覚えておきたい注意点を調べました。   肌のごわつきが気になるので、毎…

≫続きを読む

弱酸性の洗顔石鹸と弱アルカリ性の洗顔石鹸、どちらがいい?

洗顔料選びをしていると固形石鹸や洗顔フォームといった形、無添加タイプや◯◯成分配合など成分以外にも、弱酸性と弱アルカリ性の違いで迷う方も多いのではないでしょうか。   テレビCMでお馴染み「肌に優しい弱酸性」という言葉もある通り、弱酸性タイプが低刺激な洗顔料だとしたら反対に、弱アルカリ性は刺激の強い洗顔料なのでしょうか?   それでは、わざわざ弱アルカリ性石鹸を選ぶ人は…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close