素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   6063 Views

弱酸性の洗顔石鹸と弱アルカリ性の洗顔石鹸、どちらがいい?

洗顔料選びをしていると固形石鹸や洗顔フォームといった形、無添加タイプや◯◯成分配合など成分以外にも、弱酸性と弱アルカリ性の違いで迷う方も多いのではないでしょうか。

 

テレビCMでお馴染み「肌に優しい弱酸性」という言葉もある通り、弱酸性タイプが低刺激な洗顔料だとしたら反対に、弱アルカリ性は刺激の強い洗顔料なのでしょうか?

 

それでは、わざわざ弱アルカリ性石鹸を選ぶ人はいないイメージ…。

 

弱酸性と弱アルカリ性タイプの洗顔料を比較して、それぞれの特徴やメリットとデメリットを調べてみると、自分が使っている洗顔料の見極め方や、相性の良いタイプの選び方に役立つヒントが見えてきました

肌に優しい弱酸性?刺激が強いアルカリ性?

弱酸性は良くて、アルカリ性はダメ?

 

洗浄効果のある洗剤や石鹸、洗顔フォームに含まれる水に溶かした液体は酸性から中性、そしてアルカリ性の3種類に分類されます。

 

また、水溶液の性質を示す単位に「pH」というのがありますが、これも同じく酸性やアルカリ性の度合いを意味し、水や飲み物、人の身体もpH値によって酸性タイプ、アルカリ性タイプといった分け方をすることができます。

 

最近では「弱酸性の洗顔料」「お肌に優しい弱酸性タイプ」という宣伝フレーズがありますが、これは人の肌のpH値に注目してみると、その意味が見えてきます。

 

人の肌は弱酸性のため、同じ弱酸性の洗顔料で汚れを落とせば、肌への負担も少ないという考えなのです。

 

すると「アルカリ性の洗顔料は肌への負担が大きいのでは?」と思ってしまいますが、実は違います。
アルカリ性の洗顔料の場合、肌の弱酸性と混ざることで中和され、お肌のコンディションが整えられるのです。

 

一概に「弱酸性の洗顔料だから良い!」「アルカリ性の石鹸だから使ってはダメ!」とは言い切れません。

 

それぞれの特徴を知り、自分の肌質との相性を見極めながら決めるのが良い選び方となっています。

 

肌が弱酸性の理由

肌は弱酸性が良い訳

 

私たちの皮膚には1兆個もの常駐菌が存在しています。

 

ニキビの原因となるアクネ菌のように、言葉だけ聞くと「菌がいるなんて、良くない肌状態」「菌がいるのは不衛生」なんて感じてしまいますが、実は悪い菌だけではなく良い働きをしてくれる菌もあるのです。

 

例えるなら、腸内環境を整えるのにバランスが重要とされる善玉菌と悪玉菌、日和見菌のようなイメージが近いでしょう。

 

肌に存在する常駐菌の中でも「表皮ブドウ球菌」は、分泌される皮脂や汗を食べて肌を酸性に保ち、他の悪い菌やウイルスの侵入や増殖を防いでくれます。

 

また表皮ブドウ球菌は代謝物として脂肪酸を作り出すので、肌のバリア機能にも役立つ“天然のクリーム”にも有効で、かつ弱酸性の状態でないと育たない特徴も。

 

肌が弱酸性に保たれているのは肌が良い状態というのに加え、体全体を通した健康面でも良いバランスが整っていると言えます。

 

 

弱酸性石鹸の特徴

弱酸性は界面活性剤の証?!

 

弱酸性石鹸は2005年頃、弱酸性の合成界面活性剤成分を作れるグルタミン酸ソーダの特許が切れた頃から商品の種類が増え、流行り始めました。

 

小麦やサトウキビといった植物由来の他、石油からも作れるグルタミン酸ソーダは、安価で大量生産ができる合成界面活性剤とも言えますが「肌に優しい弱酸性」というインパクトのあるキャッチコピーもあいまって、ブームではなく定番アイテムとして現在も人気の洗顔料です。

 

弱酸性石鹸のメリット・デメリット

刺激が少なくても、肌トラブルの恐れが!

 

肌と同じph値タイプの弱酸性石鹸は、洗顔料による肌バランスの乱れが起こらないため、刺激を抑えた洗顔に取り組めるのが大きなメリットとなっています。

 

敏感肌やアレルギー肌、乾燥肌の方は洗顔自体が刺激となる場合もあるので、特に低刺激な洗顔をしたいなら弱アルカリ性よりも弱酸性石鹸で顔を洗うのが良いでしょう。

 

ただし、この弱酸性石鹸のメリットである洗浄力の弱さが、デメリットとなる場合もあるのです。

 

肌と同じ弱酸性は適度な皮脂やホコリ、チリといった汚れを落とせる反面、古い角質を落としたり角質を柔らかくするほどの洗浄力はありません。

 

そのため、古い角質の蓄積による肌のごわつきや、皮膚硬化による毛穴の黒ずみ、大人ニキビといったトラブル肌に発展する恐れも気になるところです。

 

また、弱酸性の洗顔料を作り上げるには、グルタミン酸ソーダやアシルメチルタウリン塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル(AE)といった合成界面活性剤が必須。

 

中には洗顔としては強すぎる洗浄効果のため、保湿成分を配合しさらに効果や品質を維持するために添加物を加えている商品もあるくらいです。

 

特に、成分による化粧かぶれの経験がある方なら、合成界面活性剤や添加物、配合成分を見極めないと肌トラブルを引き起こす可能性もあるのはデメリットと言えるでしょう。

 

 

弱アルカリ性石鹸の特徴

固形石鹸こそ弱アルカリ性?!

 

植物や動物由来の脂肪酸を原料にして作られた“石鹸素地”という界面活性剤が配合された固形石鹸こそ、弱アルカリ性石鹸の特徴。

 

紀元前3000年頃から存在していた石鹸は、8世紀頃から本格的な製造が始まったと言われていますが、この時から脂肪酸を原料として作られています。

 

今でこそ、一般的な固形石けんは安価でリーズナブルというイメージがありますが、日本で石鹸が使われるようになった明治時代、初の国産ブランド石鹸として発売された花王の石鹸は当時、非常に高価なアイテムでした。

 

弱アルカリ性石鹸のメリット・デメリット

洗浄効果が強いけれど、肌本来の力を育てる!

 

弱アルカリ性石鹸の特徴と言えば、弱酸性の肌を洗顔によって一時的にアルカリ性に傾けることで働く中和能力です。

 

アルカリ性に傾いた肌は、時間が経てば再び弱酸性の状態に戻りますが、この時に皮脂膜が張られるため肌本来のバリア機能を促進するアプローチができます。

 

もちろん化粧水や乳液、美容液といったスキンケア用品での保湿ケアも必要ですが、天然のクリームにより健やかな肌作りにも役立つ存在と言えるでしょう。

 

また、汚れ落としの洗浄能力として優れた脱脂効果をもった弱アルカリ性石鹸は、肌汚れに加え古い角質も落とせるパワーがあるため、弱酸性石鹸よりも優れた洗浄効果が魅力的。

 

弱アルカリ性は脂肪酸を原料とした界面活性剤なので、わずかに肌に残った状態だとしても分解され、界面活性剤の効果が長時間続かないのは、弱酸性とは違う刺激を抑えた洗顔ケアとなっています。

 

ただし、弱酸性に比べると優れた洗浄効果やアルカリ中和能のアプローチが、肌への刺激に繋がることも…。

 

現在、赤ニキビが目立つ炎症中のニキビ肌の方や、バリア機能が低下している敏感肌状態の方には、洗顔自体がダメージと感じる恐れがあります。

 

そして一時的に肌バランスが乱れた状態になるので、丁寧な保湿ケアをしなければより肌は潤い不足となりバリア機能の低下やターンオーバーの乱れを引き起こす可能性も、弱酸性石鹸よりは高くなっています。

 

 

この洗顔料は弱酸性?弱アルカリ性?

脂肪酸カリウム、脂肪酸ナトリウム、石鹸素地が、弱アルカリ性の特徴

 

手持ちの洗顔料や、これから買おうとしている洗顔石鹸が弱酸性かアルカリ性か見極めたい方も多いのではないでしょうか?

 

大雑把に言ってしまうと「合成界面活性剤が使われているのは弱酸性、石鹸素地が使われているのは弱アルカリ性」として判断できます。

 

脂肪酸カリウムや脂肪酸ナトリウムが原料で作られた石鹸素地以外は、たとえ植物由来や自然由来といった天然成分が原料であってもそれ以外の合成界面活性剤となるので、2つの種類から選ぶのが簡単な見極め方です。

 

また「クエン酸」や「クエン酸Na」配合の石鹸も、ph値を調整する成分なので弱酸性が一般的。

 

それぞれメリットとデメリットがあるため「弱酸性の洗顔料」「弱アルカリ性の石鹸」と宣伝文句に使っている商品も多いですが、わからない場合は成分一覧表から特徴を掴んでいきましょう。

 

ただし、石鹸の形から弱酸性か弱アルカリ性かを見極めている方は注意が必要です。

 

固形石鹸=石鹸素地というイメージが強いですが、液体タイプや洗顔フォームはすべて合成界面活性剤とは言い切れません。

 

脂肪酸カリウムを原料として作られた石鹸素地の場合は、液体の弱アルカリ性石鹸となっています。

 

成分一覧表を確認すれば間違いを防げますが、思い込みで弱酸性と弱アルカリ性の判断を間違えないように気をつけましょう。

 

 

自分の肌は、どちらの洗顔料を選ぶべき?

肌悩みや肌質、洗顔の目的など選び方別でどちらが良いか?!

 

自分の肌の場合、弱酸性と弱アルカリ性のどちらの洗顔料を使うべきか悩む人も少なくありません。

 

それぞれ長所と短所があるのに加え、個人差の影響も大きいですが参考までに、洗顔料を選ぶポイントから弱酸性と弱アルカリ性のどちらがおすすめか、口コミや成分、特徴を元に気をつけたい注意点も一緒にまとめてみました。

 

選び方別おすすめポイント

 

洗浄効果で選ぶなら

脱脂能力が優れている「弱アルカリ性石鹸」がオススメです。

 

ただし一時的に必要以上の潤いも洗い落とすことになるので、きちんと保湿を重視したスキンケア法でお手入れをしましょう。

 

美肌効果で選ぶなら

洗顔料に配合された美容成分に期待するなら「弱酸性石鹸」の方が選択肢の幅は広がります。

 

ただし、美容効果を高めるため添加物や直接、肌に必要ではない成分の配合量も増えるため注意が必要。

 

肌本来の機能を高めていく根本的な美肌効果を期待するなら、中和能力を活用できる「弱アルカリ性石鹸」がおすすめです。

 

肌質で選ぶなら

ひどい炎症や乾燥、敏感状態でない場合は「弱アルカリ性石鹸」を使う洗顔が良いでしょう。

 

洗顔の目的である肌の汚れを丁寧に落とし、清潔な状態に保つならより優れた洗浄力のある洗顔料がベターです。

 

洗顔自体が刺激になるほど肌荒れ中の方なら「弱酸性石鹸」もしくは一時的に洗顔料を使わない「ぬるま湯洗顔」が良いでしょう

 

無添加タイプで選ぶなら

洗顔料は無添加石鹸派という方は「弱アルカリ性石鹸」一択でしょう。

 

弱酸性石鹸は合成界面活性剤で作り上げるため、完全無添加タイプの弱酸性石鹸は存在しません。

 

シンプルな界面活性剤である石けん素地が弱アルカリ性の特徴でもあるので、無添加石けんを選びたいなら必然的に弱アルカリ性石鹸となります。
ミヨシ石鹸やシャボン玉石けんといった化粧石鹸、浴用石鹸は完全無添加タイプとなっています。

 

肌への刺激で考えるなら

洗浄成分だけで考えた肌への刺激なら「弱酸性石鹸」の方が低刺激と言えます。

 

肌の中和反応なども起こらず、適度に皮脂汚れを洗い落とす洗浄作用なので、弱アルカリ性石鹸よりも肌への負担を抑えることができます。

 

ただし、洗浄成分以外の配合成分が刺激となる可能性があるのに加え、すすぎ残しにより成分が肌の上に残ると刺激成分となる恐れもあるため、注意が必要です。

 

 

自分なりの“こだわり“が大事!

宣伝文句だけでない選び方

 

弱酸性と弱アルカリ性の洗顔料の特徴を知ると、一概に「◯◯だから良い」「◯◯はダメ」という選び方ができないため、選び方の難しさが見えてきました。

 

とは言え、一番大切なのは洗顔の目的である洗浄効果と、自分との肌との相性です。

 

洗顔料自体で肌トラブルが起きたり悪化するのは当然NGですが、泡立ちや使用感、洗い上がり、コスパ、モチベなど幅広い見方で考えれば、合成界面活性剤や無添加でない石鹸であっても問題ありません。

 

逆に「弱酸性が良いと聞いたから」「実は弱アルカリ性の方が良いみたい」と、偏った情報だけでどちらか見極めてしまう方が、デメリットばかり目についてしまうことも…。

 

「どちらが良い」ではなく「私は~だから」という自分なりの”こだわり”を持って、弱酸性と弱アルカリ性石鹸を選んで行くのが良いでしょう。

 

弱酸性の洗顔せっけんは低刺激なイメージでしたが、肌の状態を知ると実は、弱アルカリ性も肌への刺激を抑えるアプローチには役立ってくれます。
シャンプーやボディソープ同様、洗顔料も弱酸性タイプの人気は続いていますが、今ではアルカリ中和能の作用や無添加タイプに注目し、弱アルカリ性タイプの洗顔料を選ぶ人は多いです。

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

  • さくら より:

    ①悩んでいる肌トラブル
    顔に常に赤みがあります。痛みとか痒みがあるわけではないです。ただ赤いだけです。目の真下は普通の肌なのですが、少し下に行くと赤いのが広がっています。頬骨のあたりを中心に頬全体に広がっています。人にあまり見られたくなくて会話とかをよく避けてしまって人に悪い印象を与えてしまっているように感じるので悩んでいます。
    ②目標
    本当は今すぐにでも治したいですけど、多分時間がかかると思うので治ってくれればそれでいいです。
    ③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
    何が原因とは特定できていないのですが、それらしき原因はあります。私の家は全館空調で24時間一年中冷房・暖房がついており、空気が循環しています。冬場は加湿器をつけても湿度が40%を超えることはありません。ひどい時は湿度が低すぎてLOWと表示されるほどです。2年前に引っ越したばかりで、それから1年ほど経ってからふと鏡を見たら気になるようになり、それからは毎日気にしっぱなしです。。。
    ④ポイントメイク落とし
     化粧は何一つしません。
    ⑤クレンジング方法
     使っていないです
    ⑥洗顔方法
    アルカリ性の石鹸や弱酸性の洗顔料をうろうろしています(洗顔料の成分が変われば多少は改善できるかもと思って色々試してはいるのですが、イマイチどれも効果なしです。。)
    使う時はちゃんとよく泡立てて、手が顔に触れないように泡で洗っています。
    お風呂に入る際に頭➝体➝顔の順番で洗っています。
    ⑦化粧水
    ライスフォースというものを使っています。
    量はこの商品の会社が推奨する量をきちんと守って使用しています。コットンは使いません。すべて手で極力優しくやっています。
    ⑧美容液・乳液・クリーム
     化粧水と同じくライスフォースです。
    美容液と保湿クリームのみです。乳液は使っていません。
    ⑨日焼け止め
    気が向いた時などにしかやらないのですが、キュレルの日焼け止めを使っています。SPF30のものを顔・体に使っています。量は特に気にしていないですが、少なめにはしていないつもりです。
    ⑩朝と夜のスキンケア
     朝はバタバタとしているので何もしていません。夜だけ洗顔や化粧水などの手入れをしています。
    ⑪ライフスタイル
     ・睡眠:翌日が休みだったりすると3:00とか4:00まで起きてたりします。そうでない日は1:00や2:00に寝るのが多いです
     ・ストレスの有無:もちろんありますが、時間が経てば無くなりますし、イライラしたりなどの気分の上下はほとんどないです
     ・生活環境:最初の方でお話した通りの空調環境です。あまり外に出るタイプではないので必要に迫られない限り外に出ません。窓際での活動は今のところないです。
     ・水分補給:あまり水分は摂らないタイプです。1日500mlのペットボトルがあれば充分なくらい摂取しない体質です。(運動をすれば少しは増えますがさほど変わらないです)
     ・便通:2,3日に1回ほどです
     ・嗜好品(お酒や喫煙など):数週間に1度くらいで500ml程度の飲酒をします
     ・外での活動時間:外での運動は一切しません。
     ・病歴:特に大きなことは起きてません。

    • 松本美香 より:

      さくら様

      お返事が遅くなり申し訳ありません。
      さくら様の症状を聞いて思い当たったのは脂性皮膚炎による赤ら顔、皮膚が薄くなったための赤ら顔のいずれかなと思いました。
      コメント欄だけでは説明しにくいので、さくら様への質問の回答となるページを1ページ作成させていただきますね!
      もうしばらくお待ちくださいませ。

  • お気軽にコメントをどうぞ。

    関連記事


    赤ちゃんのようなしっとり肌を手に入れる洗顔石鹸の選び方

      手に触れるとしっとり吸い付くような肌は、女性なら誰でも憧れますよね? でも自分なりに毎日ケアしているのに「なかなか理想の状態にならない!」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。   何も知識なく、自己流でケアしていてもそれはなかなか結果につながらないはず。 洗顔石鹸選びはもちろん、正しい洗顔方法や毎日の生活スタイルを身につければ、しっとりする理想肌を作り…

    ≫続きを読む


    洗顔石鹸の選び方~子供の洗顔には洗顔石鹸は必要ですか?

      子供の洗顔に洗顔料を使っている家庭は少ないかもしれません。 実は大人とは違う子供の肌の特徴を知ると、ぬるま湯で顔を洗っても問題ない理由が見えてきます。 とは言え、洗顔料を使って顔を洗った方がよい時もあるため、しっかりタイミングを見極めていきましょう。 [toc]   基本的に子供の洗顔は水洗顔?!   赤ちゃんの頃はガー…

    ≫続きを読む


    クレンジングフォームと洗顔フォームの違い、洗顔は必要?

    「いちご鼻も改善できる洗顔料不要」、「メイク汚れも肌の汚れも落とせる」なんてクレンジング剤の広告やCMを目にすることが増えてきました。   メイク汚れと肌汚れ、ふたつは全く性質が違いますが、本当にクレンジングだけで落とせるのでしょうか?   クレンジングのみで洗顔をしなくても、本当に美肌つくりはできるのか気になりますよね?     …

    ≫続きを読む

    洗顔石鹸の選び方~肌に優しいのは天然成分の洗顔石鹸?

      毎日行う美肌メソッド(スキンケア)のファーストステップとも言える洗顔、朝と夜の2回行うからこそ「肌に優しい洗顔を。」と考える方も多いでしょう。   ただ「天然成分配合だから肌にやさしい」という考えは正しくないかもしれません。   肌に優しい洗顔石鹸とは? 肌に優しい洗顔石鹸とは、どのような洗顔石鹸なのでしょうか。   「ピリピリし…

    ≫続きを読む


    洗顔石鹸の固形と洗顔フォームの違い!どちらが優秀なの?

      固形洗顔石けんと洗顔フォームを比べると、固形石鹸が良いという声が圧倒的に多いです。   その理由は、合成界面活性剤が使われた洗顔フォームとは違い、無添加タイプや自然由来成分の石けんで、肌への刺激を抑えながら肌本来の力を高める洗顔に取り組めるため。   「固形石鹸は肌によい」「洗顔フォームは肌に悪い」という情報は、すでに口コミやネットで多く発信され、広…

    ≫続きを読む

    洗顔石鹸の選び方~洗顔石鹸の洗浄力は弱いほうが肌にいい?

    洗顔石鹸の選び方について調べると、「肌に優しい洗浄力の弱いもの」をおすすめする方がいれば、逆の「肌汚れは肌トラブルの元、しっかりと洗い流せる洗浄力のもの」をおすすめする方もいます。   結局のところ、洗顔石鹸の洗浄力は肌質(肌状態)に左右されるので、これはどちらも正解ですし、間違いとも言えるでしょう。   そこで、肌質別で洗浄力にポイントを置いた洗顔石鹸の選び方を見てい…

    ≫続きを読む

    洗顔石鹸は肌荒れを起こす?治す?!一体どっちが正しいの?

    洗顔石鹸は肌についた汚れを落とすのが一番の目的で、美肌づくりに欠かせないファーストステップと言えるでしょう。   ですが中には、肌ケアに洗顔料の使用をおすすめしない美容専門家もいて「洗顔石鹸で肌が荒れる」なんて声もチラホラ…。   洗顔石鹸で肌が荒れる理由と、洗顔石鹸を使って働きかける肌荒れ改善の仕組みについて調べてみると、自分にとっての見極めるヒントが手に入りました。…

    ≫続きを読む

    洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~パラベン(防腐剤)

    洗顔料もお肌に使用するアイテム、その品質には気をつけなければなりません。洗顔料は食べ物とは違い、変な臭いがしたり、腐ってドロドロに溶けたり、虫が湧くことはありません。しかし、洗顔料も時間が経つほど品質は劣化し、その効果を最大限に生かせなくなりますし、時にはお肌を傷つけてしまうことも…。   そして、洗顔料の品質維持の手助けをしてくれるのが防腐剤で、その中でもよく使用されるのがパラ…

    ≫続きを読む

    洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~界面活性剤

    洗顔石鹸でも「合成界面活性剤不使用」「石油系界面活性剤配合なし」など、肌への刺激を抑えた無添加石鹸の人気が高まっていますが、本当に界面活性剤は洗顔石鹸成分に不要なのでしょうか?   そこで、界面活性剤は洗顔石鹸に不要な成分なのか、肌への影響(美容効果・安全性・危険性・種類)についてみていきましょう。   界面活性剤の役割   水をコップに注いだ…

    ≫続きを読む

    洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~グリコール酸

    今では、ピーリングタイプの洗顔料も増えており、週に1度のスペシャルケアから毎日使える洗顔石鹸でも、ピーリング成分配合の種類があります。ピーリング効果をもつ洗顔石鹸ではグリコール酸が配合されていることが多いですが、その美容効果と安全性はどうなのでしょうか?グリコール酸がもたらすピーリング作用や期待できる美容効果、覚えておきたい注意点を調べました。   肌のごわつきが気になるので、毎…

    ≫続きを読む


    ページの先頭へ

    PAGETOP

    close