素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   7191 Views

純石鹸とはどんな石鹸のこと?洗顔に使える無添加石鹸なの?

純石鹸は、完全無添加石鹸?肌にやさしいって本当?

 

「できるだけ低刺激な洗顔を行いたい!」という方に選ばれているのが純石鹸や無添加石鹸。

ただ、口コミなどをチェックしていると、無添加石鹸と純石鹸を同一に考えている方が非常に多い!です。

 

そこで、ここでは純石鹸について、無添加石鹸とどう違うのか、洗顔に使われている人気の純石鹸を紹介したいと思います。

 

純石鹸とは、どんな石鹸のことをいうの?

純石鹸とは?

 

洗顔石けんの中でも、とくに肌に優しいといわれているのが純石鹸。

純石鹸は、「脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムが98%以上のもの」と規格が定められています。

(残り2%は、製造工程で生まれる不純物です。)

 

一方、界面活性剤、着色料、香料、防腐剤など、一般的に「刺激性が強い」といわれている成分(添加物)がひとつでも配合されていなければ、無添加石鹸といわれています。

 

 

実は、薬機法(旧・薬事法)などの法律で“無添加石鹸”の定義が定められておらず、どのように表記するかはメーカー次第。

極端な例を挙げると、着色料が配合されていなければ、その他の添加物が配合されていても、“無添加石鹸”となのです。

 

ですから、無添加石鹸は「全ての添加物フリー」ということではないと理解して、肌への優しさを考えて避けるべき成分をしっかり確認しておく必要があります。

 

上記の点で考えると、純石鹸は、合成着色料、合成香料、防腐剤、保存料などの添加物が一切使用されていないため、肌の負担の少ない究極の無添加石けんといえるでしょう。

 

 

純石鹸は、界面活性剤不使用ですか?

純石鹸や無添加石鹸にこだわる方は、多くの添加物の中でも、とくに「界面活性剤フリーかどうか?」

を気にされているように思います。

 

界面活性剤は、洗顔剤、シャンプー、ボディソープ、ハンドソープ、洗濯洗剤、食器洗い洗剤など、私たちの生活に欠かせない洗浄剤として使用されているのをご存知ですか?

 

界面活性剤の役割

界面活性剤の働き(イメージ図)

 

では、界面活性剤は、どのように汚れを洗浄するのでしょうか?

 

界面活性剤は、本来混ざり合わない水と油を混ざり合うようにする性質(乳化)を持っており、洗浄剤はこの性質を利用して、水と汚れを一緒に落とせるような仕組みになっています。

 

 


界面活性剤と純石鹸の関係性

純石鹸も界面活性剤の一種です。

 

美容系サイトや無添加を推奨する書籍では、“界面活性剤=悪である”というイメージを強くしていますが、界面活性剤は汚れを落とす上で重要な役割を果たしています。

 

たしかに純石鹸は、界面活性剤を配合していません。

しかし、石けん素地は、脂肪酸(油脂/動物・植物)と水と苛性ソーダを混ぜて化学反応をさせた成分なので、天然の界面活性剤といえるでしょう。

 

 

純石鹸は、脂肪酸+苛性ソーダで作られるナトリウム石鹸と、脂肪酸+苛性カリで作られるものをカリウム石鹸の大きくふたつに分けることができます。

一般的にはカリウム石鹸のほうがナトリウム石鹸よりも低刺激で保湿力も高いとみなされているので、肌が刺激に弱い方や敏感肌の方はカリウム石鹸を選ぶとよいでしょう。

 

界面活性剤配合のデメリット

界面活性剤が肌に及ぼす悪影響とは?

 

界面活性剤を配合するメリットは、消費者側よりも生産者側の方にあるかもしれません。

というのも、合成界面活性剤を洗浄成分として使用することで、コストを抑えた大量生産が可能になるから。

 

しかし、私たち消費者側からは、界面活性剤が肌バリアを破壊して角質層に浸透していき、肌内部の水分を逃してしまうデメリットは見逃せません

 

食器を洗うときに台所用洗剤で手がバリバリに荒れてしまったり、念入りにシャンプーしてもフケやかゆみを起こしてしまうことは、界面活性剤の代表的なデメリット例でイメージしやすいのではないでしょうか。

 

このように洗浄剤を使用して、知らずに肌にダメージを与えるのが合成界面活性剤の恐ろしさで、嫌う方が多い理由でしょう。

 

界面活性剤の選び方

肌にやさしい界面活性剤例

 

石けん素地も天然の界面活性剤であるということは「界面活性剤と純石鹸の関係性」でお伝えしています。

大切なのは、界面活性剤には「天然系」「合成系」の2種類があり、さらに天然系でも「天然系」「天然合成系」に分かれているのを知ること。

 

界面活性剤を洗浄成分として添加している洗顔石鹸を使用する場合は、天然系の界面活性剤を選ぶこと、肌への負担を少なくできるでしょう。

 

たとえば、代表的なものが卵の黄身に含まれているレシチンという天然系界面活性剤。

レシチンは天然の乳化剤、通常では混ざり合わない原材料を混ぜ合わせるので、マヨネーズ(酢と油)やマーガリン(バターと油)作りに使用されます。

 

また、サポニンカゼインも天然系界面活性剤でよくスキンケアアイテムに使用されている成分。

 

サポニンは多くの植物に含まれている成分で、水にも油にもなじむ特徴をもち、さらに抗酸化作用があるため主に食品添加物(防腐剤)に使用されています。

 

カゼインは牛乳に含まれるたんぱく質で、牛乳が分離しないのはカゼインの働きによるもの。

ただカゼインは乳化作用が弱く、実際には界面活性剤というより乳化安定剤として使用されることが多いです。

 

なお、天然系の合成界面活性剤の代表的なものにはラウリン酸Naや、アミノ酸系のココイルなどが挙げられます。

 

これら天然系の界面活性剤なら、洗顔石鹸に配合されていても低刺激で安全性も高いので、肌への負担を最小限に抑えられるでしょう。

 

 

純石鹸での洗顔は肌を乾燥させる?

アルカリ石けんの働き

 

純石鹸の口コミや美容ブログで情報を集めると、純石鹸の洗浄力や保湿力に疑問を抱いている声も少なくありません

 

いくら肌に優しいとはいっても、洗顔の用途である以上洗浄力や保湿力は不可欠、「純石鹸が洗顔に向かない」のかを見極める必要があります。

 

アルカリ石鹸が原因のつっぱり肌

アルカリ中和能力

 

洗顔後に多少のツッパリ感があるは、純石鹸の特徴のひとつ。

このツッパリ感から、世間では「純石鹸は乾燥しやすく洗顔には向いていない」と囁かれているのです。

 

「スーパーやドラッグストアに大量に流通している洗顔フォームの方が、洗い上がりがしっとりして肌が乾燥しにくい。」と思っている方も多いですが、それは大きな間違い。

純石鹸が汚れを落とす仕組みを考えると、純石鹸で洗顔した後のツッパリ感の理由がわかります。

 

純石鹸はアルカリ性で、そのアルカリ成分が肌表面に残っている汚れた皮脂や角質を溶かしていく仕組み

 

そして、石鹸が付着した皮脂と肌の表面にあるカルシウムが化学反応を起こし“カルシウム膜”へと変化。

このカルシウム膜は肌表面を覆うようにコーティングし、肌の潤いを守ってくれるのですが、それならなぜ肌のツッパリ感が出てくるのでしょうか?

(浴室などの皮脂汚れにアルカリ性洗剤が使用されることからも、アルカリ成分の洗浄力は疑いようがないですね。)

 

純石鹸を使った後に肌のツッパリ感は、アルカリ成分によって肌が活性化されている証拠

 

肌を覆っているカルシウム膜は時間をかけて分泌される皮脂によって溶けていき、アルカリ性を中和して肌本来の弱酸性に戻っていきますが、それがツッパリ感となって表れるのです。

(お肌がアルカリ性から弱酸性に戻るまで、30分から3時間ほど時間がかかると言われています。)

 

 

ただし、純石鹸の中には、石けん素地の原料に洗浄力の高い脂肪酸を使用している可能性も否めません。

もし、洗顔後に保湿ケア(化粧水や美容液)を行ってから時間と共に肌が乾燥(つっぱり感)するのなら、それは肌に対しての洗浄力が、強すぎる可能性があります。

 

保湿成分グリセリンの影響かも?

グリセリンを残す石けん製造方法

 

グリセリンは周り(空気中)の水分を取り込む吸収性に優れた成分で、石けん素地を作る工程(製造方法)によっては、保湿成分として残すことができます。

もし、純石鹸で洗顔をして乾燥肌に傾いたなら、グリセリンを残した純石鹸選びがおすすめ

(純石鹸に含むことができる、唯一の保湿成分といっても過言ではないでしょう。)

 

石けん成分にグリセリンを残した純石鹸を選ぶには、釜炊きけん化法(油脂を釜の中で加熱しながら苛性ソーダを加えて作る製法)や、コールドプロセス(加熱せず自然熱で作る製法)で作られているか確認すること。

どちらの製法も石鹸が完成するまで丁寧に手間暇をかけるため、素材に含まれる天然成分や有効成分を破壊せずそのまま残すことができるので、美容効果を高めた洗顔石鹸にも採用されています。

 

 

純石鹸はクレンジングの代用になる?

純石鹸でのクレンジングはおすすめしません。

 

最近では「ダブル洗顔不要」と謳われている洗顔料やクレンジング剤もよく見かけますが、純石鹸でメイクは落とせるのでしょうか?

 

本来洗顔は水性の汚れを落とし、クレンジングは油性(メイク)の汚れを落とすのが目的

もしも石鹸であらゆるメイクも落とせるようなことがあれば、この世の中にはメイク落としなんて存在しませんよね?

 

結論から言いますと、純石鹸でメイクの汚れは落とせないと考えたほうが、お肌に優しいスキンケアができるでしょう。

なぜなら、落ちにくいメイクを落とすために純石鹸でゴシゴシ洗顔してしまったら、その摩擦によって肌は傷つき、小じわや乾燥の原因になってしまうからです。

 

油分を使用していないパウダーファンデーションなど、一部のメイクアップ用品の汚れなら、純石鹸でも落とすことができます。

 

 

純石鹸にはデメリットがないの?

「天然せっけんで万能」と思われがちな純石鹸ですが、デメリットはあるのでしょうか?

 

ここでは、純石鹸を洗顔石鹸として使うことを想定した場合のデメリットについて考えてみましょう。

 

洗浄力が強すぎる、弱すぎる

何も添加していない純石鹸の洗浄力は、石けん素地のみ。

つまり、純石鹸は原材料として使用される脂肪酸のもつ洗浄力で、肌の汚れを落とすことになります。

 

問題なのは、肌に使用(浴用)する純石鹸のほとんどが、洗顔専用ではなく体(ボディ洗い)を想定しているということ。

 

体と顔の皮膚の違い

 

「顔を含めた全身の皮膚は、ひとつの石けん(洗浄力)で洗っても大丈夫なの?」という疑問が湧いてくる方もいるのではないでしょうか?

 

その答えは、上記の皮膚の厚みをみればおのずと見えてくると思います。

浴用石鹸は、基本的には皮膚の厚い、体、手、足の汚れを落とすことができる洗浄力を備えているので、顔のデリケートな皮膚への使用を考えると強すぎると考えられるでしょう。

 

当サイトでは、洗顔には純石鹸よりも洗顔石鹸を使うべきだと考えています。
その理由をさらに詳しく知りたい方はこちらをお読みください。

 


洗顔可能!洗顔用純石鹸人気ランキング

残念ながら当サイトでは「洗顔後の肌乾燥を防ぐには純石鹸より洗顔石鹸がよい」というスタンスなので、純石鹸で洗顔を行い、検証したわけではありません。

 

ですので、口コミや他の美容系ブログで「洗顔におすすめ」と、話題になっている人気の純石鹸をランキング形式で紹介しています。

 

ミヨシ 無添加 白いせっけん

ミヨシ 無添加 白いせっけん

 

成分:石ケン素地

希望小売価格:150円

容量:108g

 

“ピュアな無添加”にこだわりを持ったミヨシ石鹸、その代表格なのが無添加 白いせっけん

食用グレードの天然油脂を、時間をかけゆっくりと熟成して作っています。

 

天然成分(グリセリン)を閉じ込めた石鹸なので、洗い上がりのキシキシ感がないというのが高評価です。

また、少しこすっただけでもモコモコする泡立ちのよさで、洗顔中も気持ちいいと評判。

 

もちろん無添加せっけんで、敏感肌用石けんやベビーせっけんとしても安心して使えると人気を集めています。

 

ねば塾 化粧石鹸 やさしいせおと

ねば塾 化粧石鹸 やさしいせおと

 

成分:石ケン素地、水

希望小売価格:263円

容量:100g

 

お餅のように丸い形がキュートな化粧石鹸 やさしいせおと

 

石けん成分は、大豆油、菜種油、バーム油の純石鹸なので、オレイン酸やリノール酸を豊富に含んでおり、水溶性に優れているので、冷たい水にもすぐに溶けて洗浄力を発揮します。

 

それでいて肌に優しい使用感も人気の理由ですが、溶け崩れも少なく、ひび割れもしにくいので最後の最後まで使い切ることができると好評。

 

「丸い形をしていてツルっと滑ってしまう。」という意見もあるので、泡立てるには石鹸ネットが必需品になりそうです。

 

玉の肌 SAPE(セープ)

玉の肌 SAPE(セープ)

 

成分:石ケン素地

希望小売価格:380円

内容量:90g

 

創業110年以上に及ぶ老舗の石鹸専業メーカー・玉の肌が販売しているSAPEは、玉の肌石鹸のスタンダードな石鹸だといえるでしょう。

 

敏感肌のことを一番に考えて作られたSAPEは、工場の近隣から取り寄せた牛脂を使用していることからも素材にこだわりがあるのだとわかります。

また徹底的な品質管理と梱包時に丁寧な検品が行われていることから、安全性も高く評価されているようです。

 

肌のうるおいを守るなめらかな使用感、昔から受け継がれた老舗ブランドのSAPEは、人の肌に寄り添った純石鹸ということで、肌のトラブルに悩んでいる多くの方に愛用されています。

 

牛乳石鹸カウブランド 無添加せっけん

牛乳石鹸カウブランド 無添加せっけん

 

成分:石ケン素地

希望小売価格:157円

内容量:100g

 

釜だき製法で時間をかけ丁寧に作られた“カウブランド 無添加せっけん”

この釜だきの過程で自然に生まれる保湿成分・グリセリンの働きで、お肌のうるおいを守ってくれる純石鹸です。

 

カウブランド 無添加せっけんは、作る過程でアレルギーの原因となるアレルゲンを一切含まず、皮膚アレルギーテスト済みなので敏感肌の方も安心して使用されているという口コミが多数。

顔を含めた全身に使用できること、赤ちゃんなど敏感な肌にも安心して使えるので人気を集めています。

 

また、口コミでは通院中の皮膚科医推奨の純石鹸であることも報告されているので、あらゆる肌質の方に使用できそうです。

 

 

シャボン玉石けん(浴用)

シャボン玉石けん(浴用)

 

成分:石ケン素地

希望小売価格:130円

内容量:100g

 

昭和24年の創業以来、肌に優しい無添加で40年以上の歴史を紡いできた“シャボン玉石けん”。

昔ながらの釜だき製法(けん化法)で1週間~10日間かけて作り上げ、香料や色素、エデト酸塩などの化学物質を一切排除した、肌と環境への優しさが人気の商品です。

 

シャボン玉石けんは“純石鹸成分99%”をアピールしている純石鹸で、石鹸素地には肌に低刺激な牛脂と無農薬のパーム(パーム格油)を使用。

徹底した品質で、アトピーや敏感肌、ニキビ肌の方が愛用しているとの口コミも多く、皮膚科の専門医からもすすめられたことがあるという情報も確認できました。

 

今回人気ランキングで紹介した純石鹸は、どれも無添加の安心素材。

無添加せっけんは泡立ちにくいことが多いですが、泡立ちもよく使用感も抜群と評判です。

 

当サイトでは、純石鹸に負けず劣らずの、肌にやさしい洗顔石鹸をおすすめしています。

「皮膚科医がすすめる純石鹸よりも、本当に洗顔石鹸のほうが肌にやさしいの?」

そんな疑問(興味)が湧いたかたは、ぜひ、以下の記事を読んでみてください!

スキンケアアドバイザー目線で、純石鹸と洗顔石鹸を比較しています。

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

  • A.H より:

    ①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
    ニキビ、頬の毛穴の開き、小鼻の黒ずみ、顔の赤らみ

    ②目標(いつまでに、どうなりたい)
    できるだけはやく、毛穴の目立たない白い素肌になりたい。

    ③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
    中学生の時に、紫外線の強い地方に出かけた際、強い日焼け止めを使用し、きちんと汚れを落としきれず、ニキビ、毛穴の黒ずみに。
    いろいろな化粧品を試して10年ほどになるが、あまり効果はない。

    ④ポイントメイク落とし
     使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
    ポイントメイクはしていない

    ⑤クレンジング方法
     使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
    シーランマグマ洗顔粉 やさしく 

    ⑥洗顔方法
     使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
    同上

    ⑦化粧水
     使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
    bs-cosme アプシエ子粉を同社しっとり化粧水100mlに混ぜ使用
    ハンドプレス

    ⑧美容液・乳液・クリーム
     使用している商品、量
    しようしていない

    ⑨日焼け止め
     使用している商品、SPF、PA、量
    ヴァントルテミネラルファンデーション

    ⑩朝と夜のスキンケア
     朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
    なし

    ⑪ライフスタイル
     ・睡眠
    8時間以上
     ・ストレス有無
    あり
     ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など
    家の中が乾燥している

    ・水分補給
    仕事の時以外は、のどが渇くたびにお茶か水を飲む

     ・便通
    良好

     ・嗜好品(お酒や喫煙など)
    なし

     ・外での活動時間
    通勤30分、休日の散歩程度

     ・病歴
    拒食症、双極性障害、てんかん

    • 松本美香 より:

      A.H様、質問ありがとうございます!

      ニキビや顔の赤みも気になるとのことですが、それらの肌トラブルも毛穴のつまりによって引き起こされている可能性が高いですね。

      中学の頃から毛穴のつまりが気になりはじめたとのこと。
      たしかに日焼け止めは思っている以上に毛穴に入り込みやすく、クレンジングを使って落としたほうがよい商品がほとんどです。
      ですが今はきちんと洗顔をされているということなので、大丈夫でしょう。

      私自身はA.H様が愛用されているシーランマグマ洗顔粉を使用したことがないので、はっきりということはできません。
      ですが配合成分と水分・油分のバランスを整えてくれるというキャッチコピーから推測するに、混合肌や脂性肌の人に適している洗顔料でしょう。

      ただしシーランマグマ洗顔粉には、残念ながらA.H様が改善したいと考えている毛穴つまりを改善する効果は薄いと思います。

      毛穴を塞いでいる古い角質(角栓)は、ただ洗顔をするだけでは取り除くことができません。
      AHA洗顔料(ピーリング石鹸)や酵素洗顔料といった、タンパク質(角栓)を分解するような効果のあるアイテムで積極的にケアしていかなければなりません!

      ただA.H様は現在、ニキビと赤み(炎症?)も気になると挙げておられるので、AHA洗顔料よりは酵素洗顔料をおすすめしたいです。
      酵素洗顔料なら「いつかの石けん(itsukano sekken)」を提案いたします。
      実際に使用した体験談レビューも紹介しているので、ぜひ、ご検討ください。

      また「いつかの石けん」はドラッグストアで販売されていますが、はじめて購入するのなら公式サイトでの購入をおすすめします。
      その理由は、実際に使用して効果がなければ、使用後も返品できる全額返金保証がついているからです!
      >>公式サイトはこちら<<

      加えてA.H様にもう1点、スキンケアを見直してほしいことがあります。
      それは、基礎化粧品によるスキンケアでは化粧水のみの利用とのことですが、可能なら美容液は乳液、またはクリームは使用して欲しいです。
      なぜなら美容液には美白・保湿・皮脂の分泌抑制など肌トラブルを改善するための美容成分の補給ができますし、乳液やクリームは皮膚の保湿と柔軟性を高め、また閉塞効果により肌内部の水分蒸発を防ぐことができるから。
      もし「コスパを抑えたい!」「手間が増えるのが嫌!」ならオールインワンゲル化粧品へシフトされてはいかがでしょうか?

      それにより肌の保湿力を高めることができれば、毛穴つまりの原因が皮脂の過剰分泌だった場合、症状を改善することができるかもしれません。
      また皮脂の分泌抑制が期待できる、ビタミンC誘導体配合の美容液やオールインワンゲル化粧品は毛穴つまり改善におすすめです。

  • お気軽にコメントをどうぞ。

    関連記事


    皮膚科が薦める純石鹸。でも美肌作りは化粧石鹸を選びたい!

      純石鹸というと、「肌に優しい」「皮膚科医も推奨する優秀な石鹸」というイメージをもつ人が多いでしょう。 しかし、純石鹸では私たちの望む美肌作りをすることはできないと知っていましたか?   美肌作りに役立つのは、やっぱり洗顔石鹸。しかし、純石鹸のお肌への優しさも捨てがたい…。 ここでは純石鹸について詳しく説明し、洗顔石鹸の方がスキンケアに向いている理由、そして、純…

    ≫続きを読む


    然よかせっけんで明るい透明肌になれるか徹底検証します!

      然よかせっけんは、ニキビ有効成分配合の医薬部外品として人気の洗顔石鹸。 口コミをチェックしても毛穴の黒ずみやニキビ、肌荒れが改善したというコメントが目立ちますが、実は「肌が明るくなった」「肌に透明感がでてきた」というコメントもかなりの数寄せられているのをご存知ですか? [toc]   よか石けんで肌の明るさを実感した声が多数!   然よか…

    ≫続きを読む


    無添加石鹸は、弱酸性ではなく弱アルカリ性石けんを選ぼう

      無添加石鹸を選ぶ時に、その洗浄成分が弱酸性か弱アルカリ性かで選んでいる方は、少ないのではないでしょうか?   肌に優しい弱酸性の洗顔フォームが人気を集めましたが、無添加石鹸にこだわるなら弱アルカリ性石けんを選ぶのが正解です。   弱酸性石鹸が肌に優しいと言われる理由や、それぞれの洗浄成分の違いを調べてみると、無添加タイプの弱アルカリ石鹸が正しい意味が…

    ≫続きを読む


    シンプルな洗顔石鹸ミヨシの特徴と口コミ、人気商品を調査!

      無添加タイプの洗顔石鹸を探しているなら「ミヨシ」というブランドの商品を知っていますか?   無添加石鹸を展開している「MIYOSHI」というブランド・メーカーは、ミヨシ石鹸株式会社という企業名でまさに「せっけんのミヨシ」として歴史ある会社。   古くから無添加石鹸の製造から販売まで一貫体制が整っているため、もしかしたら「あの石鹸が?!」と驚く方もいる…

    ≫続きを読む


    ロクシタンで販売されている商品は、全部無添加石鹸なの?

    「ロクシタン(L’OCCITANE)」は毎日使うフェイスケアやボディケア、入浴アイテムとしてはもちろん、貰って嬉しいギフトとしても人気のシリーズ。 優れた保湿力のシアバター配合入りのハンドクリームや石鹸、ハーブを使ったボタニカルなシャンプーなど、オーガニックでリッチなシリーズが揃った海外ブランド製品となっています。 それでは、ロクシタンで販売されている商品は、どれも無添加石鹸なのでしょうか? ロク…

    ≫続きを読む


    LUSHで販売されている商品は、全部無添加石鹸なの?

    有名なせっけんブランド名を聞かれたら「LUSH(ラッシュ)」と答える女性は多いのではないでしょうか?   専門店から丸井、ルミネ、イオンモールのテナント店舗でも展開している海外メーカーのLUSHは、ナチュラルでオーガニックテイストの自然派化粧品としてアイコン的存在。   それでは、LUSHで販売されている商品は、どれも無添加石鹸なのでしょうか?   LUSHのブランドコンセプトから添加物の有無、さ…

    ≫続きを読む


    無添加石鹸の使い方~衛生的な方法で保管をするのが大切です

    無添加石鹸を選んで使う人は、少しでも肌への刺激を防ぐ洗顔に取り組みたいと思っているのではないでしょうか?   使い終わった洗顔用石鹸を衛生的に保管するのも、肌のことを考えた大切な行動のひとつです。   無添加石鹸の特徴を知ると、添加物がないからこそ気をつけたい保存方法の注意点が見えてきました。     無添加石鹸だから危険なこと肌に…

    ≫続きを読む


    枠練り製法の洗顔石鹸で保湿ケア「グリセリン」に注目しよう

      洗顔石鹸を探していると「グリセリン配合となっている商品が意外に多い」と感じたことはありませんか?   実は洗顔石鹸にとって、グリセリンがいちばんの保湿成分なのです!   グリセリン配合だから期待できる美肌効果やメリット、デメリット、それ以外にもグリセリンとはどのような成分なのかを知ることは、洗顔石鹸選びに役立つのではないでしょうか?  …

    ≫続きを読む


    洗顔フォームも安心して使える“無添加商品”ってあるの?

    美容系ブログや情報サイトを調べると「界面活性剤をたくさん配合している洗顔フォームは肌に良くない」と紹介されていることが多いです。しかし、洗顔石鹸の人気ランキングをチェックすると洗顔フォームも多くランクインしていて「洗顔フォームはお肌に悪いのでは?」という疑問が湧いてきますよね?       合成界面活性剤の洗浄パワーが肌をボロボロに! &nb…

    ≫続きを読む


    無添加石鹸は合成界面活性剤が無添加の石けんを指すの?

    「無添加石鹸は、合成界面活性剤が使われていない肌に優しく&安全」と思っている人は要注意!   合成界面活性剤を避けたい人はもちろん、肌負担を抑えた石鹸選びをしたいなら、消費者が無添加石鹸で誤解のない正しい知識を持つのが大切です。   添加物を避けるだけでは安心とも言えず、無添加石鹸にもメリットだけでなくデメリットもあります。     &nb…

    ≫続きを読む


    ページの先頭へ

    PAGETOP

    close