素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   229 Views

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~グリコール酸

今では、ピーリングタイプの洗顔料も増えており、週に1度のスペシャルケアから毎日使える洗顔石鹸でも、ピーリング成分配合の種類があります。
ピーリング効果をもつ洗顔石鹸ではグリコール酸が配合されていることが多いですが、その美容効果と安全性はどうなのでしょうか?
グリコール酸がもたらすピーリング作用や期待できる美容効果、覚えておきたい注意点を調べました。

 


肌のごわつきが気になるので、毎日使えるピーリング効果をもつ洗顔石鹸の購入を考えています。
グリコール酸という成分がピーリング効果をもっているみたいですが、本当に毎日使っても大丈夫なのでしょうか?

 


グリコール酸を使ったピーリングは皮膚科やクリニックでも使われている施術で、肌表面で効果が発揮されるため低刺激なタイプとなっています。
そのため、毎日使う洗顔石鹸でグリコール酸が配合されていても、肌への危険性は少ないと言えるでしょう。
ただ、種類の違うサリチル酸とは効果も注意点も変わってくるため、きちんと成分特徴を掴むのが大切です。

 

 

ケミカルピーリングでお馴染みの、グリコール酸について

ケミカルピーリングとは、皮膚の表面を酸で溶かしていく治療方法を意味しますが「皮膚を溶かす。」と言われると、驚く人も多いかもしれませんね?

 

ただ、皮膚の表面を不用意に剥がすのではなく、ケミカルピーリングは本来、肌の代謝で排出されるべき古い角質や皮脂詰まり、角栓を除去するのが目的です。

 

皮膚に必要となる健康的な角質はそのままで、不要な角質を除去していくため、セルフケアの美容術としても一般的になっています。

 

中でもグリコール酸は、身体の中にも存在している成分で、ピーリング作用としては肌の表面である表皮部分にアプローチをしていきます。
低刺激な成分で、負担の少ないピーリング方法のため、毎日使う洗顔石鹸でも配合されていることが多く、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使うことができます。

 

 

グリコール酸のピーリング効果でもたらされる美容効果とは?

グリコール酸配合のピーリング石鹸では、不要な角質や角栓を排除できるため、毛穴の詰まりや開き、黒ずみ、ニキビケアの改善に役立ちます。

 

加えて、ターンオーバーをサポートする作用をもつため、肌がワントーン明るくなりくすみ改善の効果も期待できます。

 

一般的に、ベタつきが気になる脂性肌やニキビ跡に悩むニキビ肌向けのアイテムのイメージですが、実は乾燥肌や敏感肌の人にも有効なアイテム。
乾燥による肌のごわつきや、バリア機能低下によるターンオーバーの乱れを整えることができるため、肌質を問わず役立つ美容効果あります。

 

ただし、グリコール酸ピーリングは低刺激ながらも皮膚を溶かす働きがあるので、炎症を起こしているニキビ肌の人や、アトピーに近い肌荒れを起こしている敏感肌の人、洗顔前から痛みを感じるほどの乾燥肌の人は避けた方が良いでしょう。

 

 

グリコール酸の注意点やデメリットとは? ~サリチル酸系ピーリングとの違い

ピーリング効果のある洗顔石鹸の使用中は、グリコール酸が古い角質を溶かしているのでピリピリとした刺激を感じます。
ですが、洗顔後に丁寧に保湿をしてあげれば、肌のコンディションも整えられるため、危険性はありません。

 

ただし、成分も安全性に優れている反面、肌の表面である表皮部分にのみ働きかけるタイプとなります。

 

そのため、1回使って絶大な効果を実感できることはなく、時間をかけた取り組みが必要になるのがデメリットと言えるでしょう。

 

代わりに、表皮部分だけでなく毛穴にもピーリング効果をもつサリチル酸成分もありますが、グリコール酸とは違い、刺激が非常に強く、一般的な皮膚科ではサリチル酸ピーリング後12時間は洗顔、化粧といった肌ケアは禁止されています。

 

セルフケアで洗顔ピーリングをする場合は、グリコール酸とサリチル酸の違いを知り、それぞれ正しい使い方や回数を守っていくのが大切です。

 

 

 

毎日使う洗顔石鹸でピーリング効果のあるものは、肌への負担が気になっていましたが、グリコール酸のピーリング剤なら安心ですね?
効果を実感するのには時間がかかるかもしれませんが、個人的にはサリチル酸よりも刺激が弱く安全性に優れた商品なので、グリコール酸ピーリングがおすすめです。


この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


赤ちゃんのようなしっとり肌を手に入れる洗顔石鹸の選び方

  手に触れるとしっとり吸い付くような肌は、女性なら誰でも憧れますよね? でも自分なりに毎日ケアしているのに「なかなか理想の状態にならない!」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。   何も知識なく、自己流でケアしていてもそれはなかなか結果につながらないはず。 洗顔石鹸選びはもちろん、正しい洗顔方法や毎日の生活スタイルを身につければ、しっとりする理想肌を作り…

≫続きを読む


洗顔石鹸の選び方~子供の洗顔には洗顔石鹸は必要ですか?

  子供の洗顔に洗顔料を使っている家庭は少ないかもしれません。 実は大人とは違う子供の肌の特徴を知ると、ぬるま湯で顔を洗っても問題ない理由が見えてきます。 とは言え、洗顔料を使って顔を洗った方がよい時もあるため、しっかりタイミングを見極めていきましょう。 [toc]   基本的に子供の洗顔は水洗顔?!   赤ちゃんの頃はガー…

≫続きを読む


クレンジングフォームと洗顔フォームの違い、洗顔は必要?

「いちご鼻も改善できる洗顔料不要」、「メイク汚れも肌の汚れも落とせる」なんてクレンジング剤の広告やCMを目にすることが増えてきました。   メイク汚れと肌汚れ、ふたつは全く性質が違いますが、本当にクレンジングだけで落とせるのでしょうか?   クレンジングのみで洗顔をしなくても、本当に美肌つくりはできるのか気になりますよね?     …

≫続きを読む

洗顔石鹸の選び方~肌に優しいのは天然成分の洗顔石鹸?

  毎日行う美肌メソッド(スキンケア)のファーストステップとも言える洗顔、朝と夜の2回行うからこそ「肌に優しい洗顔を。」と考える方も多いでしょう。   ただ「天然成分配合だから肌にやさしい」という考えは正しくないかもしれません。   肌に優しい洗顔石鹸とは? 肌に優しい洗顔石鹸とは、どのような洗顔石鹸なのでしょうか。   「ピリピリし…

≫続きを読む


洗顔石鹸の固形と洗顔フォームの違い!どちらが優秀なの?

  固形洗顔石けんと洗顔フォームを比べると、固形石鹸が良いという声が圧倒的に多いです。   その理由は、合成界面活性剤が使われた洗顔フォームとは違い、無添加タイプや自然由来成分の石けんで、肌への刺激を抑えながら肌本来の力を高める洗顔に取り組めるため。   「固形石鹸は肌によい」「洗顔フォームは肌に悪い」という情報は、すでに口コミやネットで多く発信され、広…

≫続きを読む

洗顔石鹸の選び方~洗顔石鹸の洗浄力は弱いほうが肌にいい?

洗顔石鹸の選び方について調べると、「肌に優しい洗浄力の弱いもの」をおすすめする方がいれば、逆の「肌汚れは肌トラブルの元、しっかりと洗い流せる洗浄力のもの」をおすすめする方もいます。   結局のところ、洗顔石鹸の洗浄力は肌質(肌状態)に左右されるので、これはどちらも正解ですし、間違いとも言えるでしょう。   そこで、肌質別で洗浄力にポイントを置いた洗顔石鹸の選び方を見てい…

≫続きを読む

洗顔石鹸は肌荒れを起こす?治す?!一体どっちが正しいの?

洗顔石鹸は肌についた汚れを落とすのが一番の目的で、美肌づくりに欠かせないファーストステップと言えるでしょう。   ですが中には、肌ケアに洗顔料の使用をおすすめしない美容専門家もいて「洗顔石鹸で肌が荒れる」なんて声もチラホラ…。   洗顔石鹸で肌が荒れる理由と、洗顔石鹸を使って働きかける肌荒れ改善の仕組みについて調べてみると、自分にとっての見極めるヒントが手に入りました。…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~パラベン(防腐剤)

洗顔料もお肌に使用するアイテム、その品質には気をつけなければなりません。洗顔料は食べ物とは違い、変な臭いがしたり、腐ってドロドロに溶けたり、虫が湧くことはありません。しかし、洗顔料も時間が経つほど品質は劣化し、その効果を最大限に生かせなくなりますし、時にはお肌を傷つけてしまうことも…。   そして、洗顔料の品質維持の手助けをしてくれるのが防腐剤で、その中でもよく使用されるのがパラ…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~界面活性剤

洗顔石鹸でも「合成界面活性剤不使用」「石油系界面活性剤配合なし」など、肌への刺激を抑えた無添加石鹸の人気が高まっていますが、本当に界面活性剤は洗顔石鹸成分に不要なのでしょうか?   そこで、界面活性剤は洗顔石鹸に不要な成分なのか、肌への影響(美容効果・安全性・危険性・種類)についてみていきましょう。   界面活性剤の役割   水をコップに注いだ…

≫続きを読む

弱酸性の洗顔石鹸と弱アルカリ性の洗顔石鹸、どちらがいい?

洗顔料選びをしていると固形石鹸や洗顔フォームといった形、無添加タイプや◯◯成分配合など成分以外にも、弱酸性と弱アルカリ性の違いで迷う方も多いのではないでしょうか。   テレビCMでお馴染み「肌に優しい弱酸性」という言葉もある通り、弱酸性タイプが低刺激な洗顔料だとしたら反対に、弱アルカリ性は刺激の強い洗顔料なのでしょうか?   それでは、わざわざ弱アルカリ性石鹸を選ぶ人は…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close