素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   37 Views

どろあわわはアレルゲンを含む?アトピー肌でも大丈夫なの?

最もお肌のケアが難しいと言われているアトピー肌の人は、化粧品やスキンケア成分にアレルゲンが含まれていると、肌質改善どころか化粧かぶれ、肌荒れといった悪化を引き起こしてしまいます。
アレルギー肌やアトピー肌におすすめの洗顔石鹸ランキングをチェックすると、どろあわわはが上位に選ばれていますが、アトピー肌の人でも使えるようにアレルゲンは含まれていない商品なのでしょうか?

 


私はアトピー肌で、スキンケア用品によってはアレルギー反応を起こして、肌荒れをしてしまいます。
どろあわわは普通肌や脂性肌の人向けで、アレルゲンを含む洗顔石鹸でしょうか?

 


どろあわわは自然由来の洗浄力と、人にも存在している潤い成分が配合された無添加タイプの洗顔石鹸です。
ですが、アレルギーを引き起こす原因は個人により違うため、絶対にどろあわわにはアレルゲンが入っていないとは言い切れません。
とはいえ、どろあわわは天然成分で作られたお肌に優しい洗顔料なので、アトピー向け洗顔石鹸として人気を集めています。

 

 

アトピー肌はアレルギーが原因?お肌ケアはどうしたらいいの?

私たちは日常的に、クレンジング剤、洗顔料、ボディソープ、洗髪剤、基礎化粧品、メイクアップ化粧品に触れており、それらには様々な合成化学物質(ケミカル成分)が添加されていて、肌質によってはお肌の刺激になることがあります。
また、合成化学物質以外にも、紫外線、空気の乾燥、空気中のホコリ、花粉、ダニなどの死骸、花粉、自分の汗や垢といった、避けては過ごせない刺激物が身近にたくさん存在しますね?

 

これらの刺激物に触れても、お肌のバリア機能が正常であれば肌トラブルにはならないはず。
しかしアトピー肌は、バリア機能が低下している状態なのでアレルギー反応を起こし、痒みを感じてしまうのです。

 

そして、アトピー肌は酷い痒みに悩まされるため、我慢できずに手や爪で掻きむしってしまうこともあります。
お肌を掻きむしると肌表面が傷づくので、お肌の乾燥や肌バリア低下の原因となってアトピーの症状はどんどん重度に傾いてしまいます

 

このような悪循環を繰り返さないために、アトピー肌を改善するためのスキンケアを行うことが大切。
洗顔の場合は、正しい洗顔方法でアレルギー反応の元となるアレルゲンを毛穴と肌表面に残さないことがアトピー肌改善に役立つでしょう。

 

また、アトピー肌の場合は合成界面活性剤配合の洗顔料は避けるのがポイント
なぜなら、合成界面活性剤は泡立ちが良いのでお肌にダメージを少ない洗顔泡を作ることができる反面、天然由来成分の洗浄成分と比較すると洗浄力強く、必要な皮脂まで洗い流しお肌を乾燥させる原因になるからです。
お肌の乾燥はアトピー肌には大敵となるので、“お肌を乾燥させない”洗顔に重点を置いてバリア機能を高めていきたいですね?

 

またスキンケア以外にも、紫外線からお肌を守る、空気清浄器でホコリやダニの死骸などを増やさない、汗をかいたらすぐに優しくふき取る、お風呂やシャワーでお肌を清潔に保つ、寝具や部屋を清潔に保つ、など、ほんの少し日常生活で気をつけていくことが早くアトピー改善することに繋がっていきます。

 

 

どろあわわはアレルゲンを含む?

アレルゲンは体質により反応物質が異なるため、どろあわわだけではなく安全性が高いとされる完全無添加石鹸にもアレルゲンが含まれている可能性はあります。

 

どろあわわの場合は、”豆乳発酵液”がアレルゲンになるのではと、多くの方が不安を抱えていることが購入を検討している方の質問(知恵袋などへの投稿)から読み取れます。
そこで、豆乳発酵液がアレルゲンになる危険性を備えているのかを調べました。

 

豆乳発酵液

どろあわわが乾燥肌や敏感肌の人から支持されている理由の1つは“保湿力”で、それはヒアルロン酸、コラーゲンといった洗顔料によく配合されている保湿成分に加え、“豆乳発酵液”による効果でしょう。

 

豆乳発酵液には“イソフラボン”が豊富に含まれており、肌の保水成分“ヒアルロン酸”と“コラーゲン”の生成を促進するのでお肌に潤いを与えるだけでなく、肌バリア機能を向上させる効果が期待できます。

 

また、抗酸化作用があるので紫外線や外からの刺激によるシミ予防効果やニキビ対策、アンチエイジングにも効果があるとされています。

 

 

このように高い美容効果を備える大豆発酵液ですが、原材料は大豆なので、大豆アレルギーの方はどろあわわを使用することはできません
それはどろあわわ公式サイトにも明記されていますし、私自身健康コーポレーションに電話で問い合わせをして確認しました。

 

その他にも豆乳成分に調べてみると、ネットには「アトピーは豆乳で悪化する」という意見もあれば、「豆乳にはアトピー湿疹を改善する効果がある」「アトピーの赤みが豆乳で消すことができた」という意見もあり、豆乳発酵液がアトピーにどのような影響を与えるかは“体質や肌質による”としか今は伝えることができません。
とはいえ、否定的な意見の多い2chでどろあわわの体験レビューを探したり、消費者センターのアレルギー発生事例や報告をチェックしましたが、どろあわわを使用してアトピーを発症したり、悪化させたという報告はありませんでした。

 

※公的機関からはイソフラボンの1日75mgと摂取上限値が食品安全委員会で定められていますが、どろあわわを使用してもこの数値を超えることはありませんので、ご安心ください。

 

※洗顔石鹸で小麦アレルギーを発症させる原因となった事件がありましたが、どろあわわにはその原因となった加水分解コムギは配合されていません。

 

 

どろあわわで期待できるメリットと注意したいデメリットについて

アトピー肌の方がどろあわわを使用するメリットは、その洗浄力のメカニズムにあります。
どろあわわの主成分である“マリンシルト”と“ベントナイト”は美容泥として多くの泥石鹸に配合されています。

 

マリンシルトは沖縄では美容泥として昔から多くの女性に愛用されており、ベントナイトは火山灰が風化して生成された泥で多くのクレイ系洗顔料に使用されています。
これら2種類の泥はマイナスイオンを帯びており、肌表面や毛穴の汚れ(プラスイオン)を磁石のように吸い寄せる吸着力を持ちます。

 

ですから、きめ細かい泡が毛穴に入り込み、お肌に負担なく汚れを洗い流すことができる どろあわわは、刺激をNGとするアトピー肌向け商品といえるでしょう。

 

ここまで、どろあわわがアトピー肌にもたらすメリットを挙げてきました。
では逆に、アトピー肌の人のデメリットとなる点はあるのかと、どろああわわの悪い面を探りましたが、原材料に大豆が使用されているので“大豆アレルギーの人は使うことができない“ことぐらいしか見つけることができませんでした。
今後、アトピー肌でどろあわわを使用する上でデメリットになりそうなことがあれば、そのときに記事を更新したいと思います。

 

 

アトピー肌の状態やどろあわわの成分を考えると、アトピー肌の人にもどろあわわはおすすめしたい洗顔料ということがわかりました。
素肌力を高めることで、アトピーを改善しながら黒ずみ・美白効果できると評判のどろあわわですが、まずは自分の肌で問題ないかどうか、どろあわわの初回半額キャンペーン(※)なども活用してパッチテストなどから見極めてはどうでしょうか?


※どろあわわの初回半額キャンペーンは、定期購入にシフトされますが、「お肌に合わなかった」「期待していた口コミ効果を実感できなかった」「洗い上がりに満足できない」といった理由で1回目から解約できますし、解約をしてからの強引な勧誘の電話がかかってくることもありません。

 

どろあわわ 体験談レビュー

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事

毛穴の開きの解消法は?適した化粧品で適したケアを

  ヤーマンが2015年に20~50代の女性を対象に行った調査によると、【毛穴の開き】は各世代の女性の肌悩みにおいて常にトップ5に食い込んでおり、普遍の悩みであるとわかります。   そこで今回は、気になる毛穴の開きの改善方法について、適したケアや効果を望める化粧品について考えてみましょう。   毛穴の開きの種類やオールインワンによるケアの提案、スキンケア…

≫続きを読む

美肌の土台を作る20代におすすめオールインワンランキング

  女性がいちばん美しい年代は、“30代”と言われていることをご存じですか? 30代は華の20代を過ぎて、人としての深みと肌の美しさが兼ね揃うからだそうです。   美しい30代を迎えることができるかは、20代のスキンケア次第!   なのに「どんどんニキビや黒ズミが酷くなる…」と、どんなスキンケアをするべきか試行錯誤している20代の人が意外に多いです。 …

≫続きを読む

ニキビ・肌荒れ対策 メンズ向けオールインワンランキング

  メンズスキンケアでおすすめしたいのが、スキンケア初心者でも簡単に出来る、オールインワンゲルです。   男性の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、オールインワンゲルは時短でケアができてコスパに優れているにもかかわらず、男性の肌に必要な成分が十分に配合されています。   そんなオールインワンゲルがどうして男性に必要なのかを、使用するメリットや肌悩み…

≫続きを読む


無添加オールインワンで肌トラブルケア~おすすめランキング

  肌荒れや敏感肌、アトピー性皮膚炎などの肌悩みで、無添加オールインワン化粧品を選ぶのなら、正しい選び方を知るのが重要です!   でも、無添加オールインワン化粧品を選び始めてみると、多くの無添加アイテムに出会い、どれが自分にあっているのか判断するのは至難の業…   それに、間違った選び方をしてしまうと、避けていたはずの成分を避けきれない可能性もでてきます…

≫続きを読む


あらゆる世代に効果的なエイジングケアができる化粧品とは?

  年齢とともに気になり始めるシミやしわ、たるみ、肌の疲れといったエイジングのサイン。   本格的にケアしたい人はもちろん、将来に備えて今からケアを始めようと思っている人にとっても気になるのは、何が一番効果的か、ですよね。   そこで、今回はエイジングケアのポイントをお話しつつ、効果的な化粧品について考えていきたいと思います。   エイジン…

≫続きを読む


【ハリが復活!?】フィトリフト体験談レビュー

  ハリの再生力がプラセンタ以上の実力と絶賛されるフィトリフトは、エイジングな肌悩みに徹底アプローチしてくれるオールインワン化粧品。   他とは違うフィトリフトの特徴や、実際に使ってみてわかった成分効果と肌の変化を自腹購入でレビューしてみました!   たるみや毛穴の開き、さらには若い頃と比べて衰えてきたハリ、弾力を取り戻したい人は要チェック! &nbs…

≫続きを読む


そばかすケアに効果的な化粧品とは?オススメの成分も紹介

  女性を悩ませる厄介な肌悩みのひとつといえば、見た目年齢を大きく左右してしまうシミ。   なかでもそばかすは肌の明るさに影響するし、ポイントケアも難しく、通常のシミとはひと味もふた味も違う、まさにくせ者です。   そこで、今回はそんなそばかすケアの方法のひとつとして、オールインワンタイプの化粧品を提案します。   「そばかすをなんとかした…

≫続きを読む


泥・クレイ配合のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  成人女性トップ3に入る肌の悩みは、「毛穴トラブル」「乾燥」「くすみ」です。 これら肌悩みを抱える女性の多くが「泥洗顔料」に注目しているワケをご存じでしょうか?   泥は、古来より傷や肌のお手入れに重宝された鉱物(ミネラル)で、現代でも美容や医療分野にかかせないアイテムとして活用されています。   魅力がいっぱいの「泥洗顔料」について知ることは、美し…

≫続きを読む


しわ・たるみに悩む50 代にオールインワンランキング

  トラブルが多くなる50代の肌におすすめしたいのが、“オールインワンゲル化粧品”です。   オールインワンゲル化粧品と聞くと、どうしても「物足りないんじゃないの?」というイメージがありますよね?   ですが、オールインワンの研究は日々進み、今ではライン使いに機能も劣らないオールインワン商品が続々と発売されています。   50代で悩みがちな…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close