素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   2378 Views

ダブル洗顔不要の洗顔料で、本当にメイクを落とせるの?

洗顔石鹸のパッケートを見ていると“ダブル洗顔不要”、“クレンジングもこの1本”というキャッチコピーを見かけることがあります。
ダブル洗顔とは、通常はクレンジング剤と洗顔料の2回でメイクの汚れと表皮の汚れを落とすのを、洗顔のワンステップ完了できるという洗顔方法。
しかし、本当にワンステップで2種類の汚れを落とすことができるのでしょうか?

 


今、オイルクレンジングでメイクを落としてから、洗顔石鹸で洗顔を行っています。
1つの洗顔料でメイク落としも洗顔もできるなら、コスパも助かるし、時短ケアにも繋がるので切り替えたいと思うのですが、お肌のことを考えると止めた方がいいですか?

 


“ダブル洗顔がお肌を痛めてしまうのでW洗顔不要の洗顔料”もありますが、その逆で“ダブル洗顔をしないと汚れを落とせない洗顔料”もあります。
ですので、使用している洗顔料に合わせた洗顔方法を行いましょう

 

 

クレンジングと洗顔料では、落としたい汚れが違っていました。

まず、クレンジング剤と洗顔料では落とせる汚れの種類が違うことを知っていますか?

 

クレンジングで落としたい汚れは、下地化粧、UVケアアイテム、ファンデーションなどのメイクアイテムの汚れ。
これらは油性の汚れとなり、最近はウォータープルーフ化粧品や粒子の小さなファンデーションといったように肌への密着度が高く、メイク崩れもしにくいが落ちにくいとオフにするにも一筋縄ではいきません。
クレンジング剤は油性や乳化剤といった混ぜ合わされやすい成分が配合されているので、油性の汚れをお肌から浮かして洗い流すことができるようになっています。

 

一方、洗顔料は外に出たときに皮膚に付着したほこりや花粉、汗といった水性の汚れを洗い流します。
ですので、水性の汚れを落とす洗顔料が油性の汚れを落とせるのかという疑問はもっともで、通常なら「洗顔料にはクレンジングの役割はない。」とお答えします。
ただ、最近増えてきた“ダブル洗顔不要”の洗顔料は、油性の汚れも水性の汚れも洗い流せるアイテムとなっているようです。

 

 

ダブル洗顔不要の洗顔料で、メイクを落とすことはできるのか?

ダブル洗顔不要かどうかは、洗顔料に配合されている成分で油性と水性の汚れを落とす力があるかがポイント
メイクの汚れ(油性)は油で洗い流すことができるので、洗顔料にオイル成分が配合されていればメイクの汚れを落とすことも可能になります。
(配合されていたら必ずメイクが落とせるということはなく、配合されている量によっては落とせないこともあります。)

洗顔料、クレンジングともに配合されているオイル成分(一例)

 

ホホバオイル、スクワラン、グレープシード、アプリコットカーネル、サンフラワー

 

とはいえ、洗顔料の配合成分だけでメイクの汚れが落ちるかは判断しにくいですよね?
そこでおすすめなのが、その洗顔料で実際にメイクを落とせているかを確認すること。

 

W洗顔不要の洗顔料でメイクが落とせているか確認する方法

 

いつも通りの洗顔を行ってみたあとにクレンジング剤をしみこませたコットンなどで頬などを拭き取ってみましょう。
メイク汚れの洗い残しがあれば、コットンにメイクの汚れがついているはずです。

 

また、洗浄力が高ければメイクの汚れも皮脂の汚れも落とせるかもしれません。
ただし、洗浄力が高ければお肌に与えるダメージも大きくなるので、その見極めが大切になりますね。

 

 

ダブル洗顔不要の洗顔料にメリットやデメリットはあるの?

ダブル洗顔不要の洗顔料の人気が高まってきたのは、それだけの魅力やメリットがあるからです。
では、ダブル洗顔不要の洗顔料で得ることができるメリットとは何でしょうか?

・クレンジング剤が不要なので、クレンジング剤にかけるコストを抑えることができる。

 

・1ステップでクレンジングと洗顔を完了できるので、お肌に与える摩擦ダメージを軽減できる。

 

・クレンジングにかける手間がなくなるので、時短ケアに繋がる。

 

一方、ダブル洗顔を行うことで考えられるデメリットもあります。
(もちろん以下のデメリットは、使用する洗顔料によるもので“必ず”ではありません。)

 

・メイクの汚れが全て洗い流せていない。

 

・洗浄力が高すぎて、お肌にダメージを与えてしまう。

 

 

このように、「ダブル洗顔が優れている」ということ、「ダブル洗顔不要の洗顔料でメイクの汚れは必ず落ちる」と断言するのは難しいことのが判りました。
大切なのは、自分の肌質にはどちらの洗顔方法が優れているのかを考えた上で、ダブル洗顔不要のスキンケアを行う場合は、メイクの汚れを全て洗い流してくれる洗顔料選びが大切になります。


この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


赤ちゃんのようなしっとり肌を手に入れる洗顔石鹸の選び方

  手に触れるとしっとり吸い付くような肌は、女性なら誰でも憧れますよね? でも自分なりに毎日ケアしているのに「なかなか理想の状態にならない!」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。   何も知識なく、自己流でケアしていてもそれはなかなか結果につながらないはず。 洗顔石鹸選びはもちろん、正しい洗顔方法や毎日の生活スタイルを身につければ、しっとりする理想肌を作り…

≫続きを読む


洗顔石鹸の選び方~子供の洗顔には洗顔石鹸は必要ですか?

  子供の洗顔に洗顔料を使っている家庭は少ないかもしれません。 実は大人とは違う子供の肌の特徴を知ると、ぬるま湯で顔を洗っても問題ない理由が見えてきます。 とは言え、洗顔料を使って顔を洗った方がよい時もあるため、しっかりタイミングを見極めていきましょう。 [toc]   基本的に子供の洗顔は水洗顔?!   赤ちゃんの頃はガー…

≫続きを読む


クレンジングフォームと洗顔フォームの違い、洗顔は必要?

「いちご鼻も改善できる洗顔料不要」、「メイク汚れも肌の汚れも落とせる」なんてクレンジング剤の広告やCMを目にすることが増えてきました。   メイク汚れと肌汚れ、ふたつは全く性質が違いますが、本当にクレンジングだけで落とせるのでしょうか?   クレンジングのみで洗顔をしなくても、本当に美肌つくりはできるのか気になりますよね?     …

≫続きを読む

洗顔石鹸の選び方~肌に優しいのは天然成分の洗顔石鹸?

  毎日行う美肌メソッド(スキンケア)のファーストステップとも言える洗顔、朝と夜の2回行うからこそ「肌に優しい洗顔を。」と考える方も多いでしょう。   ただ「天然成分配合だから肌にやさしい」という考えは正しくないかもしれません。   肌に優しい洗顔石鹸とは? 肌に優しい洗顔石鹸とは、どのような洗顔石鹸なのでしょうか。   「ピリピリし…

≫続きを読む


洗顔石鹸の固形と洗顔フォームの違い!どちらが優秀なの?

  固形洗顔石けんと洗顔フォームを比べると、固形石鹸が良いという声が圧倒的に多いです。   その理由は、合成界面活性剤が使われた洗顔フォームとは違い、無添加タイプや自然由来成分の石けんで、肌への刺激を抑えながら肌本来の力を高める洗顔に取り組めるため。   「固形石鹸は肌によい」「洗顔フォームは肌に悪い」という情報は、すでに口コミやネットで多く発信され、広…

≫続きを読む

洗顔石鹸の選び方~洗顔石鹸の洗浄力は弱いほうが肌にいい?

洗顔石鹸の選び方について調べると、「肌に優しい洗浄力の弱いもの」をおすすめする方がいれば、逆の「肌汚れは肌トラブルの元、しっかりと洗い流せる洗浄力のもの」をおすすめする方もいます。   結局のところ、洗顔石鹸の洗浄力は肌質(肌状態)に左右されるので、これはどちらも正解ですし、間違いとも言えるでしょう。   そこで、肌質別で洗浄力にポイントを置いた洗顔石鹸の選び方を見てい…

≫続きを読む

洗顔石鹸は肌荒れを起こす?治す?!一体どっちが正しいの?

洗顔石鹸は肌についた汚れを落とすのが一番の目的で、美肌づくりに欠かせないファーストステップと言えるでしょう。   ですが中には、肌ケアに洗顔料の使用をおすすめしない美容専門家もいて「洗顔石鹸で肌が荒れる」なんて声もチラホラ…。   洗顔石鹸で肌が荒れる理由と、洗顔石鹸を使って働きかける肌荒れ改善の仕組みについて調べてみると、自分にとっての見極めるヒントが手に入りました。…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~パラベン(防腐剤)

洗顔料もお肌に使用するアイテム、その品質には気をつけなければなりません。洗顔料は食べ物とは違い、変な臭いがしたり、腐ってドロドロに溶けたり、虫が湧くことはありません。しかし、洗顔料も時間が経つほど品質は劣化し、その効果を最大限に生かせなくなりますし、時にはお肌を傷つけてしまうことも…。   そして、洗顔料の品質維持の手助けをしてくれるのが防腐剤で、その中でもよく使用されるのがパラ…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~界面活性剤

洗顔石鹸でも「合成界面活性剤不使用」「石油系界面活性剤配合なし」など、肌への刺激を抑えた無添加石鹸の人気が高まっていますが、本当に界面活性剤は洗顔石鹸成分に不要なのでしょうか?   そこで、界面活性剤は洗顔石鹸に不要な成分なのか、肌への影響(美容効果・安全性・危険性・種類)についてみていきましょう。   界面活性剤の役割   水をコップに注いだ…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~グリコール酸

今では、ピーリングタイプの洗顔料も増えており、週に1度のスペシャルケアから毎日使える洗顔石鹸でも、ピーリング成分配合の種類があります。ピーリング効果をもつ洗顔石鹸ではグリコール酸が配合されていることが多いですが、その美容効果と安全性はどうなのでしょうか?グリコール酸がもたらすピーリング作用や期待できる美容効果、覚えておきたい注意点を調べました。   肌のごわつきが気になるので、毎…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close