洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較
洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較

美白・透明感のある肌を目指すビタミン洗顔人気ランキング

輝くような美肌を目指すならビタミンがおすすめ!
詳しいことはわからなくても、ビタミンのパワーがシミケアなど、美白に勤しむ女性に人気があることはご存知の方も多いはず。
ビタミン類には様々な種類があり、各々で肌に働きかける効能も違います。
今回はビタミンが配合されている洗顔石鹸をご紹介するので、自分の肌にとって有効な成分をきちんと理解して、洗顔から美肌美人を目指しませんか?

 

美白・透明感のある肌を目指すビタミン洗顔人気ランキング

然(しかり)よかせっけん

美白・透明感のある肌を目指すビタミン洗顔人気ランキング 第1位 然(しかり)よかせっけん (旧:つかってみんしゃいよか石けん)

 

ローヤルゼリーに含まれる豊富なビタミンが美肌にアプローチ!
古い角質や皮脂汚れによる肌のくすみをクリアにして透明肌へ
単品通常価格1,800円(税別)の低コスパ!さらに定期コースで最大10%OFF

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

美白・透明感のある肌を目指すビタミン洗顔人気ランキング 第2位 どろ豆乳石鹸 どろあわわ

 

ビタミンB6(豆乳成分)はお肌の代謝をサポート
ビタミンE(豆乳成分)の抗酸化作用がエイジングケアをしっかりサポート
初回半額、美白美容乳液 薬用とろり液プレゼント!

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

VCOマイルドソープ

美白・透明感のある肌を目指すビタミン洗顔人気ランキング 第3位 VCOマイルドソープ

 

VCOにはエイジングケア作用のあるビタミンEを配合
母乳と同じ成分ラウリン酸がお肌の老化を抑止します
初回半額・15日間安心返金保証でビタミンの力をお試しできます

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

 

美白ケア・透明感のあるお肌にビタミンCがおすすめ

シミができる仕組み

 

私たちが身体を動かす上でエネルギー源となる、たんぱく質や糖質の働きをサポートしてくれる大事な栄養素がビタミンです。
その中でビタミンCが特に美肌を叶える美白成分として人気があるのは、紫外線の影響で発生する活性酸素によってトラブル肌になるのを防ぐ抗酸化作用があるから。

 

どんなに紫外線対策をしても、完璧に紫外線を遮断することはできません。
しかし、ビタミンCをうまく活用することができれば抗酸化作用によってメラニン生成の活発化やそれに伴う肌の色素沈着を防いでくれるので、肌を光老化から守ってくれる救世主になるでしょう。

 

ビタミンCの美白効果

 

さらに、ビタミンCはコラーゲンの生成を助けて肌の再生化をサポートしたり、大人ニキビの炎症を和らげてくれるためニキビ跡の改善にもアプローチすることができる優秀な栄養素なのです。

 

 

 

洗い流す洗顔石鹸にビタミンCを配合していて美肌効果はあるの?

ビタミンCとビタミンC誘導体の違い

 

そもそもビタミンCは粒子が大きく直接肌につけてもすぐに酸化してしまうので、以前は洗顔石鹸でビタミンCを配合した商品はあまりありませんでした。
ですが最近は、ビタミンCに関連成分を結合させて肌への浸透を促すビタミンC誘導体が誕生し、さらに“APPS”といって浸透力が優れているビタミンC成分が開発され、肌に効果的な美肌成分として進化を遂げ人気を集めています。

 

洗顔石鹸の美肌成分は必要

 

これら美容成分を配合した洗顔石鹸を使っても、「どうせ洗い流してしまって効果がないから意味がないのでは?」という意見もありますが、粒子が小さくて濃度が高ければ肌の内側まで届けるという研究結果もアメリカの皮膚学会で発表されているようです。

 

加齢が進むとただでさえ肌に必要な皮脂や水分が減少してきますから、ビタミンCが成分配合された商品のほうが洗顔後もつっぱらず、肌本来の健やかさを保ってくれると言えるでしょうか。

 

 

 

ビタミンC以外の美白効果のあるビタミン類

種類豊富なビタミンですが、その中でいくつか美白効果があるとされるものをご紹介します。

 

 

ビタミンA

ビタミンAの美肌効果

 

ビタミンAは“レチノール”という別名でよくスキンケア商品などの美容成分として配合されており、粘膜や肌を滑らかにして健やかにしてくれるもの。
古く硬くなった角質ケアを行うことでターンオーバーを整え、乾燥などの肌トラブルを予防してくれます。
ただし、刺激を感じる方もいらっしゃるので、敏感肌の方はパッチテストを行うほうが良いでしょう。

 

 

ビタミンB類

ビタミンB類の美肌効果

 

肌トラブルやニキビ予防対策に欠かせず、また皮脂を正常に分泌してくれる働きを持つと言われています。
代表的な成分として、ビタミンB2は別名“美容のビタミン”と呼ばれ、新陳代謝を促し肌質の改善をサポートする役割があります。
ビタミンB6はビタミンB2の働きをサポートしつつ、皮脂の分解や分泌を抑制するので脂性肌のケアに一役買ってくれるでしょう。

 

 

ビタミンE

ビタミンEの美肌効果

 

女性ホルモンのバランスを保ち、肌のサビを防いでシミをできにくくしてくれるため積極的に摂りたい成分。
新陳代謝を活性化させターンオーバーを促して肌本来の健やかさを高めてくれるのもうれしいポイントです。

 

 

 

ビタミンC以外の美白効果を持つ成分

ビタミンC以外にも美白有効成分として知られるものは、医薬部外品指定・無指定合わせてかなりの数があります。
皆さんもよく耳にするような代表的な配合成分をご紹介していきます。

 

 

プラセンタ

プラセンタの美肌効果

 

若々しい肌に作用することで美白美容液など多くの美白化粧品に配合されているプラセンタ。
しみの原因となるメラニン色素を抑制し、肌老化をブロックしてくれる働きがあります。
加えて、プラセンタは肌代謝を活発にするので、沈着したメラニン色素を排泄して肌を再生してくれるでしょう。

 

 

アルブチン

アルブチンの美肌効果

 

美白化粧品に配合される成分としてよく聞くアルブチンは、漂白効果の高いハイドロキノンと似ている構造を持つのが特徴。
しみやそばかすの原因となるメラニン色素に変換されるチロシナーゼという酵素を抑制する働きがあるため肌老化に待ったをかけてくれます。

 

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンの美肌効果

 

ダイエット食品として人気が高い大豆食品からも摂取できる大豆イソフラボン。
大豆イソフラボンに含まれるゲニステインという成分がメラニン生成の元となる酵素を抑制するという、アルブチンに似た働きをしてくれます。
また、大豆にはビタミンB群が豊富に含まれているので、肌トラブルの改善やニキビ予防効果が期待できます。

 

 

カモミラエキス

カモミラエキスの美肌効果

 

カモミール(カミツレ)というハーブから抽出されたエキスで、化粧品メーカーでも大手の花王の独自開発技術により生まれた美白成分です。
というのも、メラニンの生成の要因となるのが“エンドセリン”などの情報伝達物質なのですが、この物質が分泌されるのは肌が紫外線を浴びることがきっかけになります。
しかし、カモミラエキスはその情報伝達を阻止してメラニン色素を抑制することで、シミができる構造に働きかけるのです。

 

 

ウドエキス

ウドエキスの美肌効果

 

多年草植物であるウドの根元から抽出したエキスで、有害性がなく除菌効果や抗酸化作用があるため石鹸成分としても良く使用される成分です。
長年の研究の結果、ウドには酵素のチロシナーゼを抑制してくれる働きがあり、メラニンの活性化を防いでくれるのでシミ対策が可能になるとわかりました。

 

 

フラーレン

フラーレンの美肌効果

 

1996年にノーベル賞を受賞した実績ある美白成分ですが、化粧品に使用され出したのはまだ10年ほどしか経っていません。
特徴はハイドロキノンに劣らない美白効果とも言われ、抗酸化力はビタミンCの約125倍
こうしてみると肌への負担が大きいのではと思うかもしれませんが、低刺激な点も注目されているポイント。
肌にダメージを与えることなく活性酸素を自身に吸収して除去する、今美白スキンケア業界でも注目の成分です。

 

 

 

美肌効果を高める、洗顔方法のポイント

スキンケアの基本が洗顔なのは言うまでもありませんが、意識して見直すことで美肌への効果を高めることができます。
特に美白を目指すために押さえておきたい洗顔方法のポイントをご紹介します。

 

 

洗顔前に毛穴を開く

洗顔前に毛穴を開くメリット

 

有効な美白成分を肌の奥まで届けさせるには、洗顔前のちょっとしたひと手間が大切。
水やぬるま湯で簡単に肌の汚れを落としたら、蒸しタオルを軽く肌にのせて温めましょう。
毛穴が開いて血行が促進され、肌深部まで有効成分のめぐりを良くしてくれます

 

 

ゴシゴシ肌を擦らない

刺激を与えない洗顔

 

美白効果を意識するなら特に肌への刺激に気を付けたいもの。
なぜならしみやそばかすの元凶であるメラニン色素は、肌に刺激を与えることで活性化されて生産量が増えてしまう可能性があるからです。
また、擦ることで肌バリア機能が低下し本来肌が必要としている潤い成分や皮脂も逃げてしまうので要注意です。

 

 

水の温度に気を付ける

洗顔に適した水温

 

洗顔の際、水の温度をどのくらいにするかは様々な意見がありますが、一般的に毛穴から分泌される皮脂が溶け出すのが32℃前後とされています。
そのことを考えると乾燥肌なら皮脂の過剰な分泌をなるべく避けたほうが良いので32℃前後が適温かもしれません。
それ以外の普通肌や脂性肌なら35℃~38℃前後を目安に。
特に固形石鹸の場合、あまり温すぎると濃密泡が作りづらくなり、さらに熱すぎると肌への刺激になりかねません。

 

 

美白成分配合のスキンケアアイテムはたくさんありますが、何となく使っていては望ましい美白効果が現れません。
自分の肌質に合った配合成分を選び、なおかつ浸透させるための肌状態を作っておくことも大切
正しいポイントを抑えてもっと透き通るような肌作りを楽しみませんか?

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事

画像PC、スマホ切り替えテスト

classを指定することでPC、スマホで画像の切り替えができます。 PCのみ表示させたい場合・・・class="display" スマホのみ表示させたい場合・・・class="display_s" …

≫続きを読む


ダヴの洗顔石鹸、格安でも低刺激で保湿力も抜群ってホント?

  プチプラで種類も多く、CMなどでよく知られていることから常に一定の人気を誇るユニリーバのDove(ダヴ)シリーズ。 今回はそんなダヴの洗顔料に着目し、それぞれの特徴や肌タイプ別の口コミを紹介します。   「ダヴははたして本当に優れた洗顔料なのか?」、「本当に肌のためになる洗顔料とはなんなのか?」ということをみていきましょう。   [toc] &n…

≫続きを読む


【夜用のどろ豆乳石鹸】くろあわわ

毛穴やくすみ、ゴワつきを一掃してくれるとして人気の洗顔料どろあわわ。   どろあわわの新商品として、洗浄力がパワーアップした、夜用洗顔料「くろあわわ」誕生しました。     [toc]   くろあわわの体験談レビュー   くろあわわはこうして届く!   くろあわわを公式サイトのネット注文で購入したら、1週…

≫続きを読む


赤ちゃんのようなしっとり肌を手に入れる洗顔石鹸の選び方

  手に触れるとしっとり吸い付くような肌は、女性なら誰でも憧れますよね? でも自分なりに毎日ケアしているのに「なかなか理想の状態にならない!」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。   何も知識なく、自己流でケアしていてもそれはなかなか結果につながらないはず。 洗顔石鹸選びはもちろん、正しい洗顔方法や毎日の生活スタイルを身につければ、しっとりする理想肌を作り…

≫続きを読む


「何もしてないわよ」は絶対ウソ!美肌とお金は正比例する!

こんにちは(^▽^)/ 皆様は「基礎化粧品」ってどんなものを使っていますか? わたしはズボラ~なのでここ数年はいわゆる「オールインワン」タイプのジェルクリームをメインに使っています。   しかし若かった頃はあんまりお金がなかったので薬局で安~い化粧水ばかり使っていたんですね! でも20代半ばになってくるとだんだんお肌トラブルに見舞われる頻度が高くなり、まともな基礎化粧品を探しに…

≫続きを読む


「毛穴キレイ」になれない、わが家の哀しい事情(涙)

めっきり朝晩寒くなってきましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか? 冬場はお肌が乾燥しやすくなるため、季節に合わせたお手入れが必要になってきますよね。 お肌の健康を保つにはまず洗顔をきっちりと正しい方法ですることが基本になってくると思うんですが、今回は冬場につきもの!?の哀しいエピソードです。。。   わたしだけかしら?(^p^) [no_toc]   こうい…

≫続きを読む


値段が安いビオレの洗顔料!でも肌への効果は良くないの?

  花王の「ビオレ」シリーズはドラッグストアやスーパーでも見かけますし、CMも頻繁に流れているため、この名前を知らない人はなかなかいないでしょう。   そこでビオレの洗顔料について、どのような種類や特徴があるのか、加えて気になる悪い口コミや使用にあたって気になる点などにも着目し徹底調査しました!   [toc]   ビオレの洗顔料 &…

≫続きを読む


【ファイッ】若手OL「大人ニキビ」VSお局様「吹き出物」

こんにちは(^▽^)/   皆さんは大人になってからの「ニキビ」ってできたことありますか?   [toc]   わたしのニキビピークは高校生のころ。 ほんのりお化粧をし始めたころでもあったし、 なぜか毎朝顔がベタベタしてた時期でもあったので、よくニキビができて悩んでました。 お肌が弱めだったので真っ赤になって目立つし恥ずかしかったなぁ。゚( ゚´Д`…

≫続きを読む


洗顔石鹸の泡を飲み込んだ!洗顔料を飲んだ場合の対処法

  洗顔をしている際、誤って洗顔泡やすすいだ水が口に入ってしまった!ということってありませんか?   これは多くの場合“うっかり”“誤って”かもしれませんが、家族の中の誰かが、そんな危険と隣り合わせの立場にいるかもしれないのです。   もしそうなってしまったら、慌てず、落ち着いて対処することが肝心。   今回はその対処法や、少しでも安全・安…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close