素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト

【夏におすすめ】さっぱり感おすすめ洗顔石鹸人気ランキング

汗をかきやすい夏は“さっぱりできる洗顔石鹸”の人気が高まります。
しかし、“さっぱり仕上がる”洗顔料には、実は肌にダメージを与える成分が配合されていることも…
そこで、肌に優しいけれど、さっぱり洗い心地の洗顔石鹸の選び方とおすすめランキングを当ページで紹介。

 

 

さっぱり仕上がる洗顔石鹸の選び方

肌に負担をかけずに、さっぱりとした仕上がり感を楽しめる洗顔石鹸の選び方は、①濃密弾力泡、②洗顔石けん(固形タイプ)、③洗浄成分の3つがポイント。

 

濃密弾力泡

濃密弾力泡は肌の汚れをしっかりと吸着します。

 

生クリームのようなキメ細やかで弾力のある泡は、肌に負担をかけることなく毛穴の奥に入り込み皮脂や肌の汚れをしっかり吸着、洗い残しがないのでさっぱりとした洗い上がりになります。

 

特に、カリ含有石けん素地を使用している洗顔料は、一般的な石けん素地に比べて泡立ちが約4倍もあると言われているので、同じような洗顔石鹸でどちらを購入するか悩んでいるなら成分表の石けん成分を確認して“カリ含有石けん”を選ぶのも良いでしょう。

 

また、洗顔石鹸を泡立てるときは、できるなら洗顔ネットの使用をしましょう。
最近では手で泡立てることができる商品も販売されていますが、手のひらで泡を作ろうとしてしまうと泡立てた泡の気泡が潰れてしまい、泡立ちが悪くなってしまいます。
石けんを洗顔ネットでしっかり泡立てて、モコモコの濃密弾力肌を作ってくださいね。
(使用する洗顔ネットは、ネットの網目が崩れはじめる1か月を目安に交換することをおすすめします。)

 

洗顔“石けん”を選ぶ

合成界面活性剤の影響

 

肌のべたつく季節になると、“さっぱり系洗顔フォーム”の特設コーナーを設ける化粧品販売店舗が増えていることからも洗顔フォームの需要が高まるからだと予想できます。

 

一般的に洗顔フォームは固形石けんに比べて合成界面活性剤の配合量が多いので、高い洗浄力でさっぱりとした洗い上がりになり、それが好まれるのでしょう。

 

しかし、合成界面活性剤は肌バリア機能を破壊してしまうため、肌内部の水分と油分が逃げてしまい肌の乾燥を引き起こす可能性があります。

 

確かに洗顔後はさっぱりとするかもしれませんが、肌の状態を考えると固形タイプを選びたいですね。
(もちろん、上記は一般論で、肌バリア機能を傷つけない優れた洗顔フォームも存在します。)

 

 

天然洗浄成分がおすすめ

天然洗浄成分は、洗浄力だけでなく美肌効果も期待できる

 

“洗浄成分”と聞くと、どうしても界面活性剤を思い浮かべてしまうのではないでしょうか?

 

しかし、火山灰シラスなど合成しなくても洗浄力を備える天然成分もあるので、敏感肌、アトピー肌、ニキビ肌など肌バリア機能が弱まっている肌質は、そちらを選ぶ方が低刺激で肌トラブルを悪化させる心配はないでしょう。

 

また、界面活性剤だと洗浄力以外の効果は期待できませんが、天然成分は肌悩みを改善する美肌効果も備えているのも魅力です。
(原料によってはアレルゲンとなることがあるので、アレルギー肌の方は成分表の確認をしましょう。)

 

【天然洗浄成分(一例)】
火山灰シラス、アロエ、栃の実、黒砂糖、緑茶、ぬか、あずきの粉、うぐいすの粉、クレイ

 

【夏におすすめ】さっぱり感おすすめ洗顔石鹸人気ランキング

然よかせっけん(よか石けん)

【夏におすすめ】さっぱり感おすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第1位 然よかせっけん(よか石けん)

 

毛穴より小さい天然洗浄成分火山灰シラスが、毛穴の汚れもごっそり吸着します!
練り石けんだから実現できた美肌成分60%!
単品通常価格1,800円(税別)の低コスパ!さらに定期コースで最大10%OFF

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

【夏におすすめ】さっぱり感おすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第2位 どろ豆乳石鹸 どろあわわ

 

毛穴の汚れもしっかり吸着!すっきり毛穴になれると話題の毛穴ケア洗顔料!
へたれない濃密泡が肌表面の汚れを残さず取り除き、すっきり仕上がります!
初回半額、美白美容乳液 薬用とろり液プレゼント!

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

VCOマイルドソープ

【夏におすすめ】さっぱり感おすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第3位 VCOマイルドソープ

 

ラウリン酸の濃密弾力泡が肌の汚れをごっそり吸着してすっきり!
VCOとヒアルロン酸が、“さっぱり”でもしっかり保湿
初回半額、15日間安心返金保証付き

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

 

洗顔石鹸“さっぱりタイプ”は肌が乾燥する?

さっぱりタイプは肌が乾燥する?

 

「洗い上がりがさっぱりしている洗顔石鹸は、肌が乾燥する」と言われているのは、合成界面活性剤による強力な洗浄力が肌に必要な皮脂を落としていることが多いから。

 

肌表面には、“肌の潤いヴェール”と呼ばれる皮脂膜があり、肌内部の潤いを閉じ込めて守る機能を持っています。

 

この皮脂膜は汗と皮脂が混ざり合ったもので、私たちの肌に必要不可欠な存在。
しかし、合成界面活性剤の洗浄力は肌に必要な皮脂をも奪ってしまうので、皮脂膜を作ることができなくなって肌の水分が逃げ、肌が乾燥してしまうのです。

 

さらに、皮脂膜が不十分だと、洗顔をした際に角質層のうるおい成分“セラミド”まで洗い流してしまう危険性があります。
セラミドが不足してしまうと、肌バリア機能はますます停滞してしまい、肌は“潤い不足”、“刺激に敏感”と肌状態は最悪に…。

 

このような症状を経験した方が「洗顔石鹸“さっぱりタイプ”は肌が乾燥する」と評価して、一般論になっているのかもしれませんね?

 

アルコールは乾燥肌の元になります

 

また、洗浄力の強さは関係なく“さっぱり清涼感”を演出する成分が肌を乾燥させることがあります。
その成分は清涼感を感じさせるアルコールで、瞬発性が高いため肌内部の水分を抱えて蒸発してしまい、肌は水分不足になってしまいます。

 

確かに使用感は気持ちいいかもしれませんが、アルコール成分の配合量が多い洗顔石鹸は止めたほうが良いでしょう。
(成分表を見て、アルコール成分が下位層以外に記載されている洗顔石鹸は避けましょう。)

 

 

 

夏におすすめ、さっぱりする洗顔方法

私たちは、春夏秋冬で服装を変えますが、スキンケア方法は1年間ずっと同じという方も多いのではないでしょうか?
もちろん、何の肌トラブルもなく満足しているのであれば問題ありませんが、「夏なのに乾燥する」「夏肌くすみが気になる」「肌がゴワつく」というのであれば、夏の肌状態を知り、洗顔石鹸や洗顔方法を見直してみましょう。

 

 

夏は汚れやすく、肌ダメージを受けやすい季節

紫外線A波・紫外線B波

 

夏のような高温多湿の環境だと、毛穴が開いて皮脂が過剰分泌されてしまうため、肌のべたつきや毛穴の黒ずみといった肌悩みが増えてきます。

 

さらに紫外線が強いため、UV対策が十分に行われていなければ角質層が破壊されて、しわやたるみの原因になったり、メラニンが過剰に生成されてシミやそばかすを増やしてしまうでしょう。

 

また、紫外線対策をしっかりと行っている方や、長時間室内にいる方も油断はできません。
なぜなら、冷房をしている部屋の湿度は20%以下になっていることが多く、その環境に居続けると肌はどんどん乾燥してしまうからです。

 

冷房、紫外線、高温多湿…。
これらの外的要因は、毛穴汚れ、皮脂の過剰分泌、ニキビ、シミ・そばかす、たるみ、シワ、乾燥と様々な肌トラブルを引き起こしやすいので、夏場は肌のダメージを軽減させるスキンケアをおすすめします。

 

 

 

夏の洗顔ポイント

洗い過ぎない、洗顔料は1日2回(朝・帰宅後)がおすすめ

インナードライ肌になるメカニズム

 

肌に必要な皮脂を残し、肌バリア機能低下させないためにも、“洗い過ぎない洗顔”が夏洗顔のポイント

 

ただし、皮脂は時間が経過すると酸化してしまうため、毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒ずみになったり、汗に雑菌が繁殖することは避けたいですよね。

 

もし、スポーツの後など大量に汗をかいた場合は、清潔なタオルで汗をそっと拭き取るのがおすすめ
どうしても洗顔をしてスッキリしたいというのであれば、洗顔料を使用しない水洗顔にしましょう。

 

また、帰宅後すぐに洗顔を行なって肌の汚れ(メイクや汗etc)を洗い流すことで、肌ダメージを和らげることができます。
(入浴時や就寝前に再び洗顔を行うのなら、水洗顔にしましょう。)

 

肌のベタつくTゾーンからの洗顔

洗顔はTゾーンからUゾーンへ

 

一言で「顔」と言っても、部位によって分泌される皮脂量や皮膚の薄さは異なります。

 

洗顔時の基本として、まずは皮脂量の多いTゾーンから洗い、乾燥しやすい頬まわりのUゾーン、デリケートな目元・口元は最後に洗顔すると、皮脂の洗い流し過ぎを防ぐことができます。

 

 

 

 

夏こそ乾燥肌対策の保湿ケアをしましょう

その肌インナードライかも!

 

夏になると紫外線や冷房のダメージで、肌表面はべたついているけれど肌内部の水分量は低下して乾燥している“インナードライ肌”に傾きがち・・・。

 

・肌がくすんでトーンダウンしている。
・肌はべたついているのに、目元や口元はつっぱる。
・メイク後しばらくたつと粉を吹いてしまう。

 

このような症状を感じたなら、もしかするとインナードライ肌になっているのかもしれません。

 

インナードライ肌は、一見肌が潤っている(べたついている)ので、保湿ケアを控えめにしがちですが、肌内部は水分不足。
ですから、洗顔後は基礎化粧品でしっかりと保湿ケアをしなければなりません。

 

おすすめの保湿美容成分

ヒト型セラミド(セラミド1、セラミド2、セラミド3)

もともと体内にある成分なので低刺激、かつ、高い保湿力で肌バリア機能を高めます。

 

コラーゲン

コラーゲンは真皮層を形成している成分で、肌のハリに欠かせない成分。
基礎化粧品のコラーゲンは分子が大きいので表皮に留まることがほとんどですが、持ち前の高い保湿力で肌表面に潤いを与えてくれます。
(角質層まで浸透するように加工された、ナノコラーゲンもあります。)

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、ムコ多糖類の一種で形状はゼリーに似ていて、すぐれた保水力を備えているため、長時間潤いをキープするのに役立つでしょう。

 

 

夏の肌はベタつきやすいので、さっぱりした洗顔料が魅力的に感じるかもしれません。
実際に需要があるので、夏になると季節限定で清涼感を感じる洗顔料やヘアケアアイテムが登場します。

 

しかし、さっぱりと清涼感のある使用感の裏には、肌の急激な乾燥を招く危険性があると知っておいてくださいね。
季節に応じた洗顔方法やスキンケア方法を実践し、ダメージに負けない健やかな肌作りをおこないましょう。

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


ノンエーの効果を最大限引き出すニキビ対策~3つのポイント

  ニキビ専用の薬用石鹸として人気を誇るプライマリー社のノンエーは、思春期ニキビはもちろん、大人ニキビ悩む人にも高評価を得ています。   ですが、ネット上には実際に使用した人による悪い口コミや評判もいくつか見られ、こうなるといい口コミばかり載せているサイトも怪しく思えてきますよね。   そこで今回は、ノンエーの本当の効果と、その効果を最大限引き出すための…

≫続きを読む


ノンエー石鹸だけがニキビに効果的なの?選ばれる理由とは

  プライマリーから発売されているNonA(ノンエー)は、ニキビに悩んでいる人から選ばれている、人気の薬用ニキビ専用洗顔石けんです。   そこで、含まれている成分や効果的な使い方、続けやすい購入方法など、ノンエー石鹸がニキビケアに選ばれる理由を徹底解析していきます。   ニキビケアで今まで何をやっても効果が得られなかった人や、石鹸選びのポイントがわからな…

≫続きを読む


ノンエーは市販で購入できる?amazonより安く買う方法

  通常石鹸の4倍の弾力泡を誇り、ニキビ肌のケアに抜群の効果を発揮するといわれている薬用石鹸のノンエー。   実際に使用した人の口コミ評価も高く、ニキビに悩んでいる人ならその効果の程や購入に関する細かい情報が気になりますよね。   そこで、今回はノンエーがほかの洗顔石鹸と比べて優れている点や、どんな人たちが愛用しているのか、購入できる場所や価格についてお…

≫続きを読む


ノンエーでニキビは治った?増えた?口コミから効き目を調査

  気になるニキビの予防と改善に効果があるとして注目されている、薬用ニキビ専用洗顔石鹸「Non A.」以下ノンエー)。   しかし、ネット上にはノンエーに対するネガティブな口コミもいくつか見られ、購入を躊躇してしまう人もいるでしょう。   そこで今回は、ノンエーがニキビにどのように作用するのか、本当にニキビ対策に効果的なのか、悪い口コミは真実なのかといっ…

≫続きを読む


衝撃!友人がすすめる「最先端の美肌つくり」の方法は・・・

こんにちは、にーちです![no_toc] お肌の曲がり角なんて言葉をよく聞きますが、実際何歳くらいが曲がり角なんでしょうか。 調べると早いと20歳だとか、もうそれから歳をとるごとに世代別曲がり角が訪れるだとか、いろんな説を見かけました。 でも女性なら誰でもなるべく美肌でいたいと思うもの。。。(多分。。。) というわけで、手っ取り早く美肌を作る方法を聞いてみました。   &…

≫続きを読む


危険な洗顔!?やりすぎ注意なその失敗談とは。。。

こんにちは!にーちです。[no_toc] みなさんは洗顔するときになにか専用の道具を使いますか?   世の中には洗顔用ブラシ、ミトン、パフなどいろいろな道具がありますよね。 中には電動歯ブラシのような、電動洗顔用ブラシなんてのも。。。!   わたしはと言うと、何も使っていません。 強いて言えば、泡立て用のネットは使うのですが、顔を洗うのは素手でやっています。 な…

≫続きを読む


スキンケアアドバイザーが選ぶ、おすすめDHCの洗顔石鹸

  ドラッグストアだけでなくコンビニ、そして大型の百貨店まで、どこでも手に取ることができるDHC商品。 ラインナップも豊富で、逆にはじめて聞く商品もあるかもしれませんが、隠された“マイナー商品”に、実は優れモノがあるかも…?!   そこで今回は、DHC洗顔料のラインナップをわかりやすい特徴とともにどどーんっとご紹介! 最後に当サイトで一押しの洗顔料もご紹介するので…

≫続きを読む


ポンプ式の洗顔石鹸!人気アイテムのメリット・デメリット

  最近にわかにその数を増やしているポンプ式洗顔料ですが、固形の洗顔石鹸と比べるといったいどちらが優れているのでしょうか?   今回は、ポンプ式洗顔料のメリットとデメリット、そしておすすめの商品について紹介した上で、ポンプ式にはない固形石鹸の優位性についてもお話します。   最終的にどちらを選ぶかは人それぞれですが、ぜひあなたの洗顔石鹸選びに役立ててくだ…

≫続きを読む


ダヴの洗顔石鹸、格安でも低刺激で保湿力も抜群ってホント?

  プチプラで種類も多く、CMなどでよく知られていることから常に一定の人気を誇るユニリーバのDove(ダヴ)シリーズ。 今回はそんなダヴの洗顔料に着目し、それぞれの特徴や肌タイプ別の口コミを紹介します。   「ダヴははたして本当に優れた洗顔料なのか?」、「本当に肌のためになる洗顔料とはなんなのか?」ということをみていきましょう。   [toc] &n…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close