洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較
洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較

シミ・そばかすを消すのにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

シミとソバカス正しい洗顔で消せるんです!

 

シミを消したい方の多くが美白化粧品を愛用されているかもしれませんが、いち早く改善したいならシミを意識した洗顔を行うことで、より効果的なシミ対策を行えるかもしれません。

 

先にシミ・そばかすにおすすめの洗顔石鹸ランキングを見る

 

 

シミ・そばかすを消す石鹸の選び方

シミやそばかすを消す方法としては、美白成分配合化粧品でのシミ取りスキンケアも大切ですが、肌の汚れや角栓を残さない洗顔法で、シミの排出や肌力を高めることも大切。

 

そうすれば、ターンオーバーが正常化すればシミが消えていき、美白成分を角質層に浸透しやすい肌環境作りができるでしょう。

 

シミやそばかすを消したい方におすすめの洗顔石鹸選びのポイントは以下の3つ。

 

1.シミやそばかすが予防できる

 

2.できたシミやそばかすを消す

 

3.ターンオーバーで肌力を高める

 

シミやそばかすが予防できる

シミができるメカニズム

 

シミやそばかすができるのはメラニン色素が色素沈着によって作られるため、メラニン色素を阻害することができればシミが増えたりそばかすが濃く目立つことはありません

 

そして、それを実現してくれる美白成分には次の3タイプに分類できます。

 

メラニン生成を阻害する成分

紫外線を浴びると肌を守るために身体はメラニンを作り出します。

 

その命令を行う情報伝達物質の分泌の働きを阻害することでシミやそばかすの色素沈着を予防します。

 

美白成分(一例)
カミツレエキス、トラネキサム酸、オルセリン酸エチル

 

チロシナーゼを抑制する成分

メラニン色素はメラノサイトに存在する“チロシナーゼ”が変化して作られる成分なので、その働きを抑制することで、シミやそばかすを予防できるでしょう。

 

美白成分(一例)
アルブチン、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、マグノリグナン、コウジ酸

 

チロシナーゼを減らす成分

メラニン色素にされる前にチロシナーゼの数を減らすことも、シミやそばかすの予防につながります。

 

美白成分(一例)
油溶性甘草エキス、リノール酸

 

できたシミやそばかすを消す

ターンオーバーの仕組み

 

すでに色素沈着してしまったシミやそばかすを薄くするには、ターンオーバーを繰り返して垢やフケとして体外へ排出します。
(皮膚の入れ替わり(肌代謝)を何度か繰り返してから、ようやく「シミが薄くなった。」「シミが消えた。」と実感していきます。)

 

ただしターンオーバーが正しいサイクルで行われるには、肌の再生能力が正常に機能している必要があります。

 

もしターンオーバーが遅延していると、肌は古い角質が表皮に溜まるので肌のゴワつきを感じるでしょう。
そのような肌状態ならピーリング効果のある洗顔石鹸で角質ケアを行うのも効果的なアプローチになります。

 

角質ケア成分(一例)
フルーツ酸(AHA)、酵素、スクラブ(泡立てるタイプ)、サリチル酸(BHA)

 

また、血行促進により肌を活性化することも効果的です。

 

肌活性化成分(一例)
ビタミンE、プラセンタエキス

 

ターンオーバーで肌力を高める

健康な肌とターンオーバーが遅延している肌

 

ターンオーバーが乱れると“角質肥厚”や“肌の乾燥”などの肌悩みを生み出します。

 

角質肥厚は肌のくすみやゴワつきだけでなく、基礎化粧品(化粧水や美容液)の美容成分が角質層の奥まで浸透しにくくなるでしょう。

 

さらに肌の乾燥がすすむと角質層の水分が不足して皮膚バリアを低下させるので、外的刺激を防ぐことができない肌状態になって、乾燥肌や敏感肌に傾く危険性もあります。

 

肌のターンオーバーを正常化するには、先にお伝えした「できたシミやそばかすを消す」で紹介した成分がおすすめです。

 

気泡の大きさと吸着力の違い

 

それ以外では、洗顔泡ができるようにキメの細かい弾力泡が作れる洗顔石けんを選びましょう。

 

なぜなら、キメの細かい濃密泡の方が肌の汚れの吸着面が広く、より多くキャッチして洗い流すことができるから。

 

また、気泡が小さいので毛穴の汚れもしっかり吸着しますし、柔らかくて弾力があるので洗顔時の摩擦ダメージを減らして肌負担を減らすでしょう。

 

 

シミ・そばかすを予防する洗顔方法

洗顔はできるだけ肌に刺激を与えないように。

 

シミやそばかすの色を濃くする色素沈着は、お肌を刺激することが原因のひとつになります。

 

ですから、洗顔を行う場合は弾力泡で洗顔する、肌に負担をかけない水温ですすぐ、柔らかいタオルで拭き取るなど、できるだけ肌に刺激を与えない洗顔を心がけましょう。
(シミの状況によっては、洗顔ブラシなどの道具も肌への負担になることがあります。)

 

そして、シミやそばかす対策は、紫外線が多い時期だけすれば良いということはありません

 

しみ・そばかすを消せると人気の高い洗顔石鹸の口コミ特集

 

一年中通して、シミやそばかすを予防することを考えて洗顔を行うことをおすすめします。

 

 

シミ・そばかすを消す洗顔石鹸

然(しかり)よかせっけん

シミ・そばかすを消す洗顔石鹸ランキング 第1位 然(しかり)よかせっけん (旧:つかってみんしゃいよか石けん)

 

美肌成分60%以上!しみ・そばかすにアプローチして明るい自慢の素肌へ
超微細天然シラスパウダーが毛穴黒ずみ&皮脂汚れもすっきり吸着
単品通常価格1,800円(税別)の低コスパ!さらに定期コースで最大10%OFF

 

 

公式サイトはこちら

 

然よか石鹸でしみ・そばかすは消せる?検証特集

 

 

いつかの石けん

シミ・そばかすを消す洗顔石鹸ランキング 第2位 いつかの石鹸(itsukano sekken)

 

酵素に含まれるプロテアーゼがシミやくすみの原因となるタンパク質を分解
毛穴汚れ(黒ずみ)の分解・除去で黒ずみによるくすみも改善
公式通販特別価格&60日以内全額返金保証

 

 

いつかの石鹸公式サイトはこちら

 

 

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

シミ・そばかすを消す洗顔石鹸ランキング 第3位 どろ豆乳石鹸 どろあわわ

 

豆乳発酵液で、しっとりなめらか肌にアプローチ
厳選された保湿成分がうるおいのあるもっちり肌へ導く
初回半額、美白美容乳液 薬用とろり液プレゼント!

 

 

公式サイトはこちら

 

 

しみ・そばかすを消せると人気の高い洗顔石鹸の口コミ特集

 

洗顔にプラス!集中ケアにおすすめ

シミやそばかすの肌悩みをいち早く解消したいと思うなら、シミ消しクリームやそばかすケアクリームがおすすめ

洗顔だと肌のターンオーバーをサポートする改善方法となるので少しずつ薄くしていくケアしかできませんが、シミ取り(そばかす取り)クリームは直接シミやそばかすに作用してくれるからです。

 

医学雑誌で紹介!本格的シミ対策ジェル

シミ対策・美白マッサージジェルとして今いちばん注目されているのがシミウス(正式名称:ホワイトニングリフトケアジェル)です。

 

シミウス(正式名称:ホワイトニングリフトケアジェル)

 

美容美白成分がメラニンを抑制
コラーゲン、シコンエキスでうるおい素肌へ
マッサージに適した2層のジェルで粘弾性UP!

 

たった3分間の簡単マッサージをしながら美肌成分をお肌に届ければ、シミ対策ケア完了!

 

その効果から、本格的なシミ対策ができると医学雑誌(医学と薬学)に掲載されました。

 

シミウス公式サイトはこちら

 

体験談レビューはこちら

 

体の中からシミを消すおすすめの医薬品

キミエホワイトプラス

 

以前、シミをどうしても消したくてドラッグストアで販売されていた某シミ消し医薬品を3か月試しましたが効果はなし・・・。

そんなときに見てしまったのがキミエホワイトのテレビコマーシャル。

 

 

それから気になって、ネットでキミエホワイトの口コミを調査したのですが悪い口コミが目立っていたので購買意欲はしぼんでしまいました。

しかしその後、キミエホワイトプラス”に生まれ変わってシミ取りの効果があったと口コミで報告され、最近の評価は上々です。

 

体験談レビューで紹介されていた、キミエホワイトプラスによる肌変化画像を見るとその違いは一目瞭然。

近いうちに検証してみようと思っている商品のひとつです!

 

公式サイトはこちら

 

シミそばかすにおすすめのクリーム

フレキュレル

シミ取りクリームの種類は豊富ですが、実はそばかすに対応した商品は数少ないです。

 

また、そばかすの肌悩みを抱えている方の中には、「そばかすは遺伝的な要因が強く、シミよりも紫外線の影響が表われやすくてすぐ濃くなるので消すことはできない」と感じている方もいるのではないでしょうか。

 

そばかすに悩む肌

 

実は私自身も小学生の頃からそばかすに悩まされていました。

そこで、洗顔でシミ取りをしながら、その後のスキンケアでそばかすを消すことができると口コミでも話題になっているフレキュレルで「シミとそばかすを消すことができるか?」検証してみたいと思います

(後日、検証した結果を特集ページで紹介したいと思いますので、もうしばらくお待ちください。)

 

公式サイトはこちら

 

 

シミ・そばかすは洗顔で消える?

しみ・そばかす・肝斑(かんぱん)は洗顔で改善できない?

 

意外と「シミは、本当に消えるの?」と多くの方が考えていると、赤坂ビューティークリニックのアンケート結果からわかりました。

 

「自己治療では限界だ!と感じた肌トラブルは?」と100名に質問したところ、シミが31名、そばかす16名、肝斑(かんぱん)4名と半数の人がシミやそばかすについてスキンケアでの対応に限界を感じているようです。

 

たしかに美容外科(形成外科)でレーザー治療をすると早い段階でシミやそばかすを消すことができますが、決して「スキンケアだけでは無理」ということはありません。

 

シミができるメカニズム

しみができるメカニズム

 

紫外線やスキンケア時の摩擦といったダメージが表皮細胞(ケラチノサイト)に伝わると、シミの原因となるメラノサイトをプラスミンという物質が活性化させてしまいます。

 

メラノサイトが活性化されると、アミノ酸の一種“チロシン”(無色)が酸化酵素“チロシナーゼ”に働きかけドーパキノンが生成。

 

化学反応を起こしやすい性質を持つドーパキノンは、皮膚内部のシステインと合成して黒色メラニンに変化し、シミとなって表れるのです。

 

本来、メラニンは紫外線が真皮層に届くのを妨げるための防衛反応のひとつなのでなくてはならないものですし、それ以外にも私たちの肌色を形成するには欠かすことができません。

 

メラニンの種類

 

メラニンには、比率により黒色人種(ユーメラニン)、黄色人種(ユーメラニン+フェオメラニン)、白色人種(フェオメラニン)を決める、ユーメラニン(黒色)とフェオメラニン(赤黄色)の2種類が存在していることからも、私たちの健康な若々しい肌色を維持するにはメラニンは欠かせないというがわかります。

 

しかし、最近は紫外線やストレスなど心身負担が強くなったことで過剰にメラニン生成が行われるので、“シミ”という肌トラブルが増えているのです。

 

シミが消えるメカニズム

しみが消えていくメカニズム

 

シミやそばかすを消すには、シミやそばかすがどのように消えていくのかのメカニズムを知ると効果的なアプローチを行えるとでしょう。

 

私たちの肌はターンオーバーにより新しい皮膚が作られ、古い皮膚は体外に垢やフケとなって排出されていきます。

 

ターンオーバーの周期

 

ただし、ピーリング洗顔石鹸やスクラブ洗顔料を使用して古くなった角質を落としてターンオーバーを促す美容法を短い期間で何度も繰り返してしまうと、基底層で作られる細胞が十分に発達しない状態で角質細胞に押し出されてしまうことになるので、自分のターンオーバーの期間を見極め、正しいターンオーバーサイクルを行う肌作りが大切です。

 

 

石けんの美白成分は洗い流される?

洗い流すから洗顔石鹸の美容成分は意味がないのでは?

 

洗顔石鹸の泡は洗い流すので、「洗顔石鹸にシミやそばかすに効く美容成分を配合していても意味がないでしょ?」という疑問、私自身も洗顔石鹸マニアになる前は同じように考えていました。

 

しかし、洗顔石鹸の配合成分により洗顔後のお肌の乾燥具合が違うことを実感している方も多いのではないでしょうか?

 

洗顔石鹸の保湿成分検証結果画像

 

そこで、保湿力が優れていると評判の高い洗顔石鹸(然よかせっけん)と、保湿成分が配合されていない某固形石鹸の2つの洗顔石鹸をそれぞれ泡立てて、そこにお餅を30秒程度浸し、その後ぬるま湯で泡を洗い流して30分間放置して違いを検証してみました。

 

写真の通り30分後に某固形石鹸で洗ったお餅はヒビ割れてきたのに、保湿成分配合の洗顔石鹸で洗ったお餅はヒビ割れていないことが確認できます。
(つまり洗顔石鹸に保湿成分が配合されているのと、いないのでは洗顔後のお肌の潤いは確実に差がでる。)

 

洗顔石鹸は洗い流すけれど、間違いなく配合されているシミに効く美肌成分は肌に触れることになります。

 

例えば樹液に触れただけで肌が赤く腫れることがあるように、洗顔石鹸の泡で洗顔をしている間に美肌成分の幾分かはお肌に浸透しているのではないでしょうか?

 

 

シミ・そばかすは紫外線対策が大切

気付かないうちに紫外線を浴びている可能性があります

 

「雨だから大丈夫。」「外出しないから…。」と油断して、UVケアを怠ってしまうとシミを作ることにつながります

 

雨でも紫外線は射していますし、外出しなくても窓の近くで作業していたり洗濯物を干したりしているうちに肌は紫外線を吸収しています。

 

ですから、天気などに油断せずに日頃からきちんと紫外線対策を行うようにしましょう。

 

できてしまったシミを消すよりも、紫外線対策をしっかりと行うほうがずっと簡単なので、「これぐらいなら大丈夫。」と考えるのではなく、常に紫外線を意識して予防するようにすることがシミのない肌作りにつながります。

 

 

シミの種類(原因・特徴・対処法)

一言で「シミ」や「そばかす」と言っても、実はシミの種類は複数存在しているので、自分のシミがどのタイプかを知ることができれば、効果的な改善方法も見えてくるでしょう。

 

【どの種類のシミ?シミチェック表】

部位
形状
起こしやすい体質など
炎症性色素沈着 顔を含む全身
茶・こげ茶
ニキビや肌荒れを起こしやすい方
老人性色素斑 顔を含む全身
茶・こげ茶、1cmぐらいの歪な丸形
紫外線を浴びることが多い方
そばかす(雀卵斑) 頬や鼻のあたり
茶・こげ茶、5mm以下のものが散らばる
家族と同じ症状のいる方、5歳ぐらいから症状が出た方
肝斑(かんぱん) 目の下に散らばる
茶・こげ茶、左右対称
妊娠中やピルを服用している方
脂漏性角化症 顔を含む全身
黒子(ほくろ)やイボに似ている
高齢な方、良性腫瘍の可能性も有り
花弁状色素斑 両肩から上背部
うす茶~こげ茶、花びらが散ったような形
集中して紫外線を浴びた方、色白の方

 

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着

 

炎症性色素沈着の原因

ニキビ跡やカミソリによる自己処理脱毛、肌荒れなど紫外線以外のダメージが原因で、メラニン色素が生成されてできるシミ。

 

炎症性色素沈着の特徴

炎症性色素沈着の特徴は顔だけではなく、ニキビや肌荒れなどの症状があればどの部位にできてもおかしくありません。

 

加齢とともにターンオーバー(肌代謝)が悪くなっているので、炎症性色素沈着によるシミが増えてきます。

 

炎症性色素沈着の改善方法

炎症性色素沈着が起きるということは、肌バリア機能が低下して刺激を受けやすい、ターンオーバーが正常な期間で行われていない肌状態

 

ただし、この2点をクリアすれば炎症性色素沈着した皮膚細胞はターンオーバーによって体外へ排出され薄くなっていくでしょう。

 

おすすめの美白成分は、メラニン生成の原因となる活性酸素の働きを阻害するフラーレンメラニンの働き抑制に優れている美白剤のハイドロキノンです。

 

老人生色素斑

老人生色素斑(ろうじんせいしきそはん)

 

老人生色素斑の原因

最も一般的なシミでもある老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)は、今まで浴びた紫外線蓄積して時間の経過とともに現れたシミです。

 

老人生色素斑の特徴

老人生色素斑が表れるのは40代前後ですが、外で作業をするなど紫外線の浴びる量が多い場合は20代後半に表れることも…。

 

また、老人生色素斑は薄い茶色で輪郭がはっきりした楕円形になるので、他のシミとは違い目立つでしょう。

 

老人生色素斑の改善方法

残念ながら老人生色素斑は若いころからの蓄積したものが表に表れたものなので、自分ですぐに改善するというのは厳しいと言われています。

 

比較的早い段階でこのシミを消したいのであれば、レーザーや光治療で色素沈着したメラニン細胞を破壊して強制的に剥がしていく処置が有効でしょう。

 

また老人生色素斑は、改善よりも日頃からUVケアをするなどの紫外線対策をする予防対策が効果的です。

 

スキンケアの面では、メラニンの合成を抑制するハイドロキノンや、ターンオーバーを高めてメラニンを排出させるレチノインを取り入れるスキンケアがおすすめです。

 

そばかす

ソバカス

 

そばかす(雀卵斑)の原因

そばかす(雀卵斑)には先天性と後天性の2つがあり、ひとつは家族からの遺伝でそばかすができやすい体質であること(先天性)、もうひとつは紫外線によるメラニン色素増殖や洗顔方法、ストレス、ビタミン、ミネラル不足、睡眠不足による肌トラブルが大きく影響します(後天性)。

 

そばかす(雀卵斑)の特徴

そばかす(雀卵斑)は、鼻や頬の周りを中心に顔全体に小さなシミが散らばるのが特徴。

 

大きくても5mmぐらいで、紫外線を浴びることにより色濃くなりますが加齢と共に薄くなることもあります。

 

そばかす(雀卵斑)の改善方法

そばかす(雀卵斑)は、遺伝的な要素が強いので“完全に消す”ではなく“濃くしない”ことを目的にしたスキンケアを心がけましょう。

 

そばかすは紫外線や肌への刺激で色が濃くなるので、日頃から紫外線対策をしっかりと行いメラニンを抑制するスキンケアをしていきます。

 

特にビタミン類は、メラニンを抑制しターンオーバーを整える作用があるので、シミケアのスキンケアに取り入れていきたいです美肌成分です。

 

肝斑

肝斑(かんぱん)

 

肝斑(かんぱん)の原因

特に30代から40代の女性に表れることが多く、経口避妊薬(ピル)を服用した方や妊娠中の人ほど肝斑(かんぱん)の症状が出やすく、閉経後は消えていくため女性ホルモンが深く影響していると考えられています。

 

肝斑(かんぱん)の特徴

 

頬骨付近にモヤモヤとした、左右対称のシミでメイクでも隠しきれず肝斑の輪郭がうっすらとメイク後も表れてしまうことも…。

 

肝斑(かんぱん)の改善方法

肝斑(かんぱん)は、紫外線ではなく女性ホルモンの影響でシミに似た症状の色素沈着を起こします。

 

美白スキンケアやレーザー治療といった通常のシミケアでは、肝斑の症状を改善するどころか悪化させることも…。

 

さらに見ただけでは肝斑と通常のシミとの違いが見分けにくいため、自分がどちらのシミなのか判断がつかない場合は皮膚科などの専門機関を受診して適切な改善方法をアドバイス・実施していく必要があります。

 

脂漏性角化症

脂漏性角化症

 

脂漏性角化症の原因

体外に排出されなかったシミが蓄積されて角化が進み、イボのように皮膚が盛上がる症状のシミで、顔だけでなく手にできることがあります。

 

脂漏性角化症の特徴

別称老人イボとも言われるシミで、最初は老人性のシミがだんだん厚ぼったくなり、イボのようになっていきます。

 

60代ぐらいから発症し、80代になると100%もの人に脂漏性角化症が見られるようになります。

 

脂漏性角化症の改善方法

一度できてしまうと、炭酸ガスレーザーなど美容外科や皮膚科で脂漏性角化症を取り除く必要があります。

 

脂漏性角化症はできないような予防が大切になってくるので、日頃から紫外線対策を行い、肌バリアを高めるスキンケアを行いましょう。

 

花弁状色素斑

花弁状色素斑

 

花弁状色素斑の原因

強烈な日光(紫外線)に当たったときに起こるシミで、海などでの日焼け後にできるシミ。

 

花弁状色素斑の特徴

海水浴など長時間紫外線を浴びて、忘れた頃1から3か月後に顔・肩・背中にできる褐色のシミ(強烈日焼けシミ)が花弁状色素斑です。

 

花弁状色素斑は日焼けすると肌の色が黒くなる肌質の人には発症しにくいのが特徴。

 

花弁状色素斑の改善方法

花弁状色素斑はUVケアなど紫外線対策をしっかりとして予防することが一番効果的です。

 

スキンケアとしては、紫外線を浴びた肌に負担をかけないように弾力泡で洗顔を行い、新しいシミを作らないように意識して行いましょう。

 

おすすめの美白成分は、メラニン成分を分解してシミを予防するビタミンC誘導体肌代謝を促進して保湿力も高いプラセンタです。

 

シミやそばかすをメイクで隠すことはできますが、やはりシミを作らないスキンケアを取り入れていくことをおすすめします。
シミの問題は30代から悩む人が増えてきますが、シミのない肌を目標にするなら20代からシミを意識したスキンケアをしていくと良いでしょう。

 

close

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事

画像PC、スマホ切り替えテスト

classを指定することでPC、スマホで画像の切り替えができます。 PCのみ表示させたい場合・・・class="display" スマホのみ表示させたい場合・・・class="display_s" …

≫続きを読む


ダヴの洗顔石鹸、格安でも低刺激で保湿力も抜群ってホント?

  プチプラで種類も多く、CMなどでよく知られていることから常に一定の人気を誇るユニリーバのDove(ダヴ)シリーズ。 今回はそんなダヴの洗顔料に着目し、それぞれの特徴や肌タイプ別の口コミを紹介します。   「ダヴははたして本当に優れた洗顔料なのか?」、「本当に肌のためになる洗顔料とはなんなのか?」ということをみていきましょう。   [toc] &n…

≫続きを読む


【夜用のどろ豆乳石鹸】くろあわわ

毛穴やくすみ、ゴワつきを一掃してくれるとして人気の洗顔料どろあわわ。   どろあわわの新商品として、洗浄力がパワーアップした、夜用洗顔料「くろあわわ」誕生しました。     [toc]   くろあわわの体験談レビュー   くろあわわはこうして届く!   くろあわわを公式サイトのネット注文で購入したら、1週…

≫続きを読む


赤ちゃんのようなしっとり肌を手に入れる洗顔石鹸の選び方

  手に触れるとしっとり吸い付くような肌は、女性なら誰でも憧れますよね? でも自分なりに毎日ケアしているのに「なかなか理想の状態にならない!」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。   何も知識なく、自己流でケアしていてもそれはなかなか結果につながらないはず。 洗顔石鹸選びはもちろん、正しい洗顔方法や毎日の生活スタイルを身につければ、しっとりする理想肌を作り…

≫続きを読む


「何もしてないわよ」は絶対ウソ!美肌とお金は正比例する!

こんにちは(^▽^)/ 皆様は「基礎化粧品」ってどんなものを使っていますか? わたしはズボラ~なのでここ数年はいわゆる「オールインワン」タイプのジェルクリームをメインに使っています。   しかし若かった頃はあんまりお金がなかったので薬局で安~い化粧水ばかり使っていたんですね! でも20代半ばになってくるとだんだんお肌トラブルに見舞われる頻度が高くなり、まともな基礎化粧品を探しに…

≫続きを読む


「毛穴キレイ」になれない、わが家の哀しい事情(涙)

めっきり朝晩寒くなってきましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか? 冬場はお肌が乾燥しやすくなるため、季節に合わせたお手入れが必要になってきますよね。 お肌の健康を保つにはまず洗顔をきっちりと正しい方法ですることが基本になってくると思うんですが、今回は冬場につきもの!?の哀しいエピソードです。。。   わたしだけかしら?(^p^) [no_toc]   こうい…

≫続きを読む


値段が安いビオレの洗顔料!でも肌への効果は良くないの?

  花王の「ビオレ」シリーズはドラッグストアやスーパーでも見かけますし、CMも頻繁に流れているため、この名前を知らない人はなかなかいないでしょう。   そこでビオレの洗顔料について、どのような種類や特徴があるのか、加えて気になる悪い口コミや使用にあたって気になる点などにも着目し徹底調査しました!   [toc]   ビオレの洗顔料 &…

≫続きを読む


【ファイッ】若手OL「大人ニキビ」VSお局様「吹き出物」

こんにちは(^▽^)/   皆さんは大人になってからの「ニキビ」ってできたことありますか?   [toc]   わたしのニキビピークは高校生のころ。 ほんのりお化粧をし始めたころでもあったし、 なぜか毎朝顔がベタベタしてた時期でもあったので、よくニキビができて悩んでました。 お肌が弱めだったので真っ赤になって目立つし恥ずかしかったなぁ。゚( ゚´Д`…

≫続きを読む


洗顔石鹸の泡を飲み込んだ!洗顔料を飲んだ場合の対処法

  洗顔をしている際、誤って洗顔泡やすすいだ水が口に入ってしまった!ということってありませんか?   これは多くの場合“うっかり”“誤って”かもしれませんが、家族の中の誰かが、そんな危険と隣り合わせの立場にいるかもしれないのです。   もしそうなってしまったら、慌てず、落ち着いて対処することが肝心。   今回はその対処法や、少しでも安全・安…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close