素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   1442 Views

重曹洗顔石鹸のピーリング効果と美白効果で透明肌になれる?

テレビ番組やSNS、口コミなどで何度か話題になっている洗顔方法のひとつが、重曹洗顔です。
重曹洗顔は、ピーリング効果により毛穴の黒ずみやくすみ改善といった美白効果に役立つ美容法として、今も実践している女性が多いですが、重曹洗顔には美容効果のメリットだけではなく、肌トラブルを引き起こすデメリットもあることをご存知ですか?


重曹洗顔とは?

手持ちアイテムのちょい足しが人気!

重曹洗顔とは、水回りの掃除で使う洗剤や膨らまし粉の食用まで、幅広い活用術がある“重曹”を使った洗顔方法です。

重曹が配合された洗顔料や固形石鹸もありますが、手持ちの洗顔料に重曹を混ぜてできる活用方法も人気の理由。
スクラブ洗顔として毛穴ケアやピーリング、くすみ解消の美白ケアアイテムとして使われています。

混ぜて使う場合は、より粒子の細かい食用タイプの重曹やベーキングパウダーがおすすめで、100円ショップで販売しておりスーパーでも300円前後で購入できます。
(“重層”ではなく“重曹”が正しい表記となるので、当サイトでは重曹で統一しています。)


本当に重曹洗顔で毛穴ケアや美白ケアができるの?

重曹の美白アプローチ術とは?

重曹は水に溶けるとアルカリ性になる性質を持っていて、タンパク質成分である毛穴に詰まった皮脂や古い角質、汗や角栓などが中和されるため、角質を柔らかくして優しく取り除けます。

また、重曹がもつ研磨効果は角質を取り除くピーリング効果もあり、角質肥厚によるくすみ解消ケアができるため、内側から透明感のあるクリア肌を取り戻すアプローチが可能です。

そして、重曹には微細な粒子があり「研磨力」によって汚れを落とすため、スクラブ効果によって毛穴に詰まった汚れをかき出して掃除してくれる効果も得られます。
加えて、重曹は掃除用の洗剤として活用されているイメージですが、ベーキングパウダーなど食品材料としても使用されているため、成分自体の安全性も魅力のひとつ。
洗剤との違いは粒子の差だけなので、重曹洗顔でも油汚れを分解する作用はもっています。

重曹に直接、シミやそばかす、くすみを消し去る有効成分は配合されていませんが、黒ずみケアや角質ケアでツヤツヤ肌を取り戻すことで、新しい肌細胞の生まれ変わりをサポートできます。
肌代謝を高めることで毛穴対策や美白対策はもちろん、シワなどの年齢肌対策にも重曹洗顔が役立ってくれるのです。


重曹洗顔のやり方

重曹洗顔の5ステップ!

ここでは、いま愛用中の洗顔料に重曹を加える「重曹洗顔」の方法をご紹介します。

配合成分によって使えない洗顔料…などはありませんが、固形石鹸よりも混ぜやすくて水分を含まなくても溶けやすいフォームタイプの洗顔料がおすすめです。
また、重曹は水に溶けやすいので洗顔をはじめる前に、小皿に使う分を出しておくかスプーンなどを用意しておきましょう。

1.洗顔料を泡立てる

はじめに手と顔をしっかりぬるま湯で濡らし、通常の洗顔と同じように洗顔料を泡立てましょう。

2.重曹を投入して混ぜる

洗顔料が泡立ったら、重曹をひとつまみ程度追加して泡全体に混ぜていきましょう。
空気の気泡を潰す程度の力加減で、泡自体をへたらせないように優しく混ぜます。

3.洗顔をする

おでこやや小鼻周り、頬、あごなど毛穴が気になる部分やごわついている部分を中心に、スクラブ作用をいかして優しくマッサージするように洗います。
通常の洗顔料と比べると重曹の粒子は大きいので、指で摩擦を起こして肌を傷つけよう、いつも以上に丁寧に洗を洗いましょう。

4.洗い流す

生え際や耳周り、フェイスラインを含めて、すすぎ残しがないように、しっかり洗い流しましょう。
洗顔料の成分はもちろんですが、重曹が肌に残るとその後のスキンケアが刺激になってしまいます。

5.水分を取る

洗顔後はタオルドライで顔についた水気を取り除きますが、ゴシゴシこすらずタオルを押し当てるようにしましょう。
角栓ケアもできてつい指で触ってしまいがちですが、肌は敏感状態なのでスキンケアでまずは保湿ケアをしましょう。


重曹パックのやり方

重曹パックの5ステップ!

重曹はスクラブ洗顔として使うのも人気ですが、洗顔料に混ぜず重曹と水だけを使った「重曹パック」の活用法は、より洗浄効果が高くなります。
肌のごわつきやザラつきを感じる場合でも、1~2週間に1回程度のスペシャルケアとして利用するのがおすすめです。

1.重曹と水を混ぜる

重曹パックの作り方は、重曹が大さじ2に対し水大さじ1~2程度の割合で混ぜてペースト状にします。
顔に塗って垂れ落ちない程度の粘度になるように調整しましょう。

2.顔に塗る

黒ずみや肌のごわつき、くすみが気になる部分に塗っていきます。
ノーマル肌やカサつく部位にはパックが刺激となる恐れもあるため、顔全体ではなく気になる部位にだけ塗りましょう。

3.時間をおく

季節や湿度にもよりますが、10~15分程度時間をおきます。
時間をかければ美容効果が高まるわけではなく、逆にピーリング作用が肌への負担になってしまうので時間のかけすぎには注意が必要です。

4.洗い流す

パックをした部分はもちろんですが、パックをしていない部分にも洗い流して成分が付着するので、顔全体をきちんとすすいでいきましょう。

5.水分を拭き取る

重曹パック後は、ピーリング化粧品のように非常に肌表面が敏感になっているので、優しく拭き取りスキンケアでしっかり水分と油分の潤い補給をしていきましょう。


重曹洗顔が向かない人や注意点とは?

ピーリング効果と美白効果で透明肌を目指せる重曹洗顔ですが、その洗浄効果は強く注意点もあります。
特に、肌質や肌悩みによっては重曹洗顔がおすすめできない場合もあるので覚えておきましょう。

肌質タイプ(乾燥肌・敏感肌)

乾燥肌や敏感肌の人は注意!

乾燥肌や敏感肌の人は、肌の水分と油分のバランスが崩れてバリア機能も低下している状態です。
重曹はアルカリ性のため、弱酸性の洗顔料に比べると脱脂力も強く、肌に必要な皮脂まで奪ってしまう可能性があります。

バリア機能には皮脂も欠かせないため、油分が失われればさらに外からの刺激に弱い肌状態となる恐れもあり、保護機能の役割も果たす皮脂膜がなくなれば、より水分蒸発もしやすい肌環境に…。

さらに、重曹がもつピーリング効果は研磨作用もあるため、バリア機能の低下で角質層が薄くなっていれば、肌表面に直接的な負担を与えてしまいます。
乾燥による肌のごわつき対策には有効ですが、特にピリピリとした痛みやかゆみを感じるような乾燥、敏感状態なら、重曹洗顔は控えるようにしましょう。

肌悩み(赤ニキビ・アトピーなど)

炎症中の肌だと、重曹で色素沈着に?!

炎症している赤ニキビ状態のニキビ肌やアトピー肌タイプの人も、必要な皮脂が奪われやすい強い脱脂力の重曹は向きません。
研磨作用によって肌が摩擦を起こしてしまい、ニキビや肌荒れ部分をより悪化させる恐れがあるのです。

また、研磨作用による摩擦は肌が弱い状態の場合、大きなダメージとなるため色素沈着や黒ずみの原因にもなってしまいます。
これは、炎症悪化による色素沈着や、肌が外からの刺激を防ごうとメラニンが生成されるため。
肌代謝を高めてシミ消しアプローチができる重曹石鹸ですが、摩擦によってくすみ発生のきっかけになるため注意が必要です。

そして、ニキビができている状態で重曹洗顔をすると、摩擦でニキビが潰れてしまう恐れあり、毛穴が傷ついてにきび跡やニキビの悪化にもつながります。

しつこいニキビ跡や色素沈着は、一度できてしまうとなかなか解消できないため気をつけたいところ。
肌のざらつきやごわつきが気になり重曹洗顔をしたい場合は、粒子が細かく加工されていたり保湿成分も配合されている重曹が入った洗顔料商品を使うようにしましょう。


重曹洗顔を行うなら、保湿ケアもしっかりと

肌タイプ問わず、保湿ケアは大切です!

重曹洗顔料を使った後は、肌が極度に乾燥状態になっている場合がありますが、逆に考えれば毛穴も綺麗になっている状態。
化粧水などのスキンケア化粧品の浸透力に期待ができるタイミングなので、洗顔後は時間を空けずに保湿ケアをしっかりおこないましょう。

とはいえ、角層に浸透する水分量は決まっているため、パンパンと叩き込むようなパッティングに浸透効果はないどころか、かえって皮膚が傷ついてしまいます。
また、化粧水や油分の多い保湿クリームの過度な重ねづけも、毛穴詰まりを起こしてしまうので注意が必要です。

理想としては保湿力のある美容成分を配合した化粧水と、みずみずしい乳液などの美容アイテムを使うのが良いでしょう。
中でも、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、エラスチンなどの美容成分は、肌にも存在している潤い成分がおすすめ!
嫌なベタつきはなく、水分チャージや保水力といった保湿ケアができるので、脂性肌や混合肌の人にも使いやすい成分です。
加えて、肌本来の潤い成分はバリア機能の強化や肌代謝のサポートにも役立つので、シミやくすみが気になる美白ケアや乾燥肌対策にも有効な化粧品選びとなっています。

 

ネットでも自己流の重曹洗顔や肌パックの方法が公開されていますが、ただ使い方を真似するだけでは、赤ちゃん肌を目指すはずが肌トラブルの原因になることも…。
毛穴用洗顔料では重曹パウダーが配合されている商品も多くあるので、オリジナルにこだわらず成分や粒子も意識して重曹を使いこなしましょう!


この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


プリオールの洗顔石鹸の魅力とは?レビューと口コミで確認!

  資生堂プリオールのブランドコンセプトは、大人ならではの肌悩みにアプローチし、手軽に美肌を目指すというもの。   2種類ある洗顔料はどちらも年齢肌のケアに向いていますが、おすすめなのは「プリオール オールクリア石鹸」。   「2つのうちどちらを買おうかな?」「オールクリア石鹸ってどうなの?」「私の肌に合うかな……」   そんな人のために、…

≫続きを読む


洗顔石鹸は手洗いやシャンプー、ボディソープに使えるの?

  石鹸選びをしていると、洗顔石鹸や手洗い石鹸など、用途別にさまざまな種類の石鹸が販売されていることに気がつきます。   「どれも石鹸なのだからひとつにまとめて使いたい」と考えたことがある人もいるのではないでしょうか。   そこで今回は、石鹸の基本知識や選び方から、洗顔石鹸は手洗いやシャンプー、ボディソープにも使えるのかどうかについて徹底解説していきます…

≫続きを読む


スキンケアアドバイザーが選ぶ、おすすめDHCの洗顔石鹸

  ドラッグストアだけでなくコンビニ、そして大型の百貨店まで、どこでも手に取ることができるDHC商品。 ラインナップも豊富で、逆にはじめて聞く商品もあるかもしれませんが、隠された“マイナー商品”に、実は優れモノがあるかも…?!   そこで今回は、DHC洗顔料のラインナップをわかりやすい特徴とともにどどーんっとご紹介! 最後に当サイトで一押しの洗顔料もご紹介するので…

≫続きを読む


ポンプ式の洗顔石鹸!人気アイテムのメリット・デメリット

  最近にわかにその数を増やしているポンプ式洗顔料ですが、固形の洗顔石鹸と比べるといったいどちらが優れているのでしょうか?   今回は、ポンプ式洗顔料のメリットとデメリット、そしておすすめの商品について紹介した上で、ポンプ式にはない固形石鹸の優位性についてもお話します。   最終的にどちらを選ぶかは人それぞれですが、ぜひあなたの洗顔石鹸選びに役立ててくだ…

≫続きを読む


洗顔石鹸の泡を飲み込んだ!洗顔料を飲んだ場合の対処法

  洗顔をしている際、誤って洗顔泡やすすいだ水が口に入ってしまった!ということってありませんか?   これは多くの場合“うっかり”“誤って”かもしれませんが、家族の中の誰かが、そんな危険と隣り合わせの立場にいるかもしれないのです。   もしそうなってしまったら、慌てず、落ち着いて対処することが肝心。   今回はその対処法や、少しでも安全・安…

≫続きを読む

乾燥・毛穴の黒ずみにおすすめオリーブオイル石鹸洗顔の効果

ダイエット効果が注目されてオリーブオイルを特集したレシピ本が発売されていますが、実は美肌効果も見逃せません!   洗顔石鹸にもおすすめのオリーブオイル、どのような美肌効果があるのかを見ていきましょう。   優れた洗浄力を備えるオリーブオイル   洗顔の一番の目的は、毛穴の黒ずみや角栓トラブルにつながる肌汚れを落とすこと。   です…

≫続きを読む

炭洗顔石鹸はニキビや毛穴の黒ずみ、消臭にまで効果がある?

炭洗顔石鹸が今、肌トラブルの改善やデオドラント対策など色々な悩み解消に役立つとして、注目を集めています。   それでは、炭が含まれた洗顔料は一体どのような働きかけで、アプローチをしていくのでしょうか?   炭洗顔石鹸の特徴を調べていくと、おすすめの人から向かないタイプの人まで、炭ならではのメリットやデメリットが見えてきました。   炭洗顔石鹸とは …

≫続きを読む


乾燥肌にはグリセリン豊富な手作り石けんがいいって本当?

  「乾燥肌にはグリセリン豊富な手作り石けんがいいらしいよ!」と聞いたことはありませんか?   「肌にやさしい石けん」ということで無添加石鹸が人気を集める中、「手作りした石けんが一番」と石けん作りを楽しむ方が増えているそうです。   このページでは手作り石けんのメリットとデメリットをお伝えした上で、人気の高いアロマソープの作り方(レシピ)を紹介します…

≫続きを読む

鼻の黒ずみや角栓が気になる?それなら酵素洗顔料がおすすめ

鼻の黒ずみや角栓を取り除くケアに、酵素洗顔料が人気ですが、ファスティング(酵素断食)や置き換えダイエッで耳にする酵素と同じ種類でしょうか?酵素洗顔料が肌にもたらす洗浄力や美容効果について調べてみると、肌の透明感アップに役立つアイテムというのが見えてきました。酵素洗顔料は優れた効果が発揮できるものの、正しい使い方や合う肌質を知るのも大切なポイントです。   肌が綺麗な友達が、天…

≫続きを読む

天然素材でシミ・しわを改善するなら米ぬか洗顔料がおすすめ

人気洗顔石鹸ランキングサイトでは、売れ筋の商品が数多く紹介されていますが、実は洗顔石鹸だけでなく食材を洗顔料として使えるのを知っていましたか?中でも、米ぬかを使った洗顔はシミやしわを改善するのに優れた効果を発揮できるのに加え、安心の天然素材なので肌質を問わず人気を集めています。米ぬか洗顔料がもたらす美肌効果や洗顔方法について調べてみると、気をつけたい注意点も見えてきました。   …

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close