素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   165 Views

毛穴がきれいなつるつる肌にはスクラブ洗顔料がおすすめ

以前は「肌を痛める」「乾燥してしまう」など否定的な意見も多かったスクラブ洗顔ですが、最近は自然由来の肌に優しい成分が配合されたスクラブ洗顔料も多くなっています。
毛穴黒ずみケアに適したスクラブ洗顔の正しい洗顔方法のポイントを知り、女性の求めるつるつる美肌を手に入れませんか。

 


スクラブ洗顔とは?~すべすべ肌になるその理由

スクラブ洗顔とは?

 

スクラブ洗顔の“スクラブ(scrub)”とは“こすって磨く”という意味であるように、スクラブ洗顔料の中に微粒子の研磨剤が入っていて、この研磨剤で文字通り肌を摩擦して肌表面の古い角質を除去し、肌をなめらかにしてくれるものです。

 

微粒子の正体はスクラブ洗顔料に配合されている成分によって様々ですが、優しく洗い上げる洗顔料では落としきれない汚れを取り除いてくれるという働きは同じ。
高い洗浄力が特徴なので肌への刺激が強過ぎるのではと思われがちですが、正しいく使用すれば美容効果が叶うスキンケア方法になるでしょう。

 

特に、「皮脂が気になって何度も洗顔し、肌がつっぱる!」といった悩みを持つ脂性肌・オイリー肌の人にはスクラブ洗顔が問題の解消方法になるかもしれません。
古い角質を除去するだけでなく、皮脂や毛穴の奥の汚れまで微粒子が入り込んで根こそぎ落としてくれるので、すごくさっぱりした洗い上がりを実感できるでしょう。

 

 


スクラブ洗顔の美肌効果

高い洗浄力を持つスクラブ洗顔ですが、特に効果を発揮する肌の状態をご紹介します。

 


毛穴トラブル改善

毛穴トラブル

 

 

どの年齢層を見ても、鼻や顎の毛穴の黒ずみや毛穴開きは、肌悩みランキングのTOPに選ばれています。
毛穴トラブルは、過剰な皮脂分泌で角質や汚れが角栓になったり、その詰まった老廃物が酸化することで黒ずんでしまうことが原因。
スクラブ洗顔料の微粒子は皮脂や角質を取り除いてくれるので、悪化する前に毛穴汚れを解消できるでしょう。

 


ニキビ予防・ニキビ跡改善

毛穴つまりによるニキビ

 

ニキビの一番の原因は、ストレスや年齢トラブルが影響してホルモンバランスが崩れたり、バランスの悪い食事から皮脂が過剰分泌され、その皮脂が毛穴からスムーズに排出されずに毛穴詰まりを起こしてしまうこと
スクラブ洗顔料の微粒子は毛穴の中まで入り込み、優れた吸着力で余分な皮脂を取り去るのでニキビ予防にはぴったりです。

 

また、せっかくニキビ肌が落ち着いてきたのに、炎症して茶色や赤紫色に肌が変色してニキビ跡に悩んでいる方もいるでしょう。
そんなとき、スクラブ洗顔料を使えば色素沈着している古い角質を除去できるので毛穴の黒ずみ解消につながります。

 


ターンオーバー促進

ターンオーバーとは

 

ターンオーバーとは皮膚が新しく生まれ変わることを指しますが、この周期が乱れてしまうと自然に落ちるはずの老廃物がいつまでも肌に残り、角質層が詰まって肌トラブルの原因や肌老化を引き起こす原因になります。
スクラブ洗顔でしっかり老廃物を取り除くことでターンオーバーを促進し、肌のサビを防ぐことにつながります。

 


メイクの仕上がりが違う

メイクの仕上がりが違う

 

ターンオーバーが正常に行われ老廃物が蓄積していない肌はワントーン透明感が増しているはず。
しかもスクラブ洗顔した後は肌表面に凹凸がないつるつる肌になっているので、スキンケアの浸透も良くなるので普段よりメイクのノリが良いと感じられるでしょう。

 

 


スクラブ洗顔は肌にダメージを与えないの?

しっかりと泡立てれば大丈夫

 

スクラブ洗顔は、配合されている研磨剤が肌をこすって古い角質を除去していく洗顔料です。
もちろん、角質を取り除くこと自体は悪いことではありませんが、通常の洗顔石鹸と比較すれば肌への刺激は強いのがデメリットと言えるでしょう。

 

スクラブ洗顔で実際に洗顔するときは、肌に押し付けてゴシゴシこすらない洗顔方法がおすすめです。
ただ最近は、クリーム状で泡立つテクスチャーのスクラブ洗顔料も登場しているので、たっぷりの弾力泡で肌を優しく洗い上げればスクラブから受ける肌への負荷も軽減できます。
泡立てるタイプのスクラブ洗顔料を選べばスクラブ洗顔の効果は十分得られますし、デメリットと言える肌の刺激も最小限に抑えることができるでしょう。

 


スクラブ洗顔を避けるべき肌質

どんなに注意して洗っても高い洗浄力のスクラブ洗顔は避けたほうが良い肌質があります。
無理して使い続けた結果、肌トラブルを起こしてしまわないように注意が必要です。

 


乾燥肌

乾燥肌

 

肌の乾燥は、肌を刺激し角質を傷つけることで肌の保水力が低下して引き起こされます。
肌の水分保持力は細胞間脂質・天然の保湿因子・皮脂の一定のバランスで担っていますが、必要なこれら保水成分が体外へ排出されると水分保湿力が激減し、紫外線など外的ダメージにさらされて肌に大きな負荷がかかってしまいます。

 

スクラブ洗顔は、普通の洗顔料よりも洗浄効果が強く、肌にとって必要な皮脂や天然保湿成分まで洗い流してしまう可能性があるため、より肌の乾燥を起こしやすい状態になることがあるため、元々のお肌が乾燥肌に傾いている場合にはおすすめできません。

 


敏感肌

敏感肌

 

敏感肌は、角質が荒れて肌のバリア機能が低下し、紫外線やホコリなどの外的ダメージが肌内部まで届きやすくなっている状態
異物が侵入した肌は赤く炎症したり、かゆみなどの症状を引き起こしてしまうことも…。
もともと角質が荒れて薄くなっているところに、スクラブ洗顔の角質を除去する強い洗浄力が加えられると、余計に肌荒れを増長させてしまう可能性があります。

 


アトピー肌

アトピー肌

 

アトピー肌とは、基本的に通常の肌よりもセラミドという角質層の細胞間脂質の主成分が少なくなってしまっている状態を指します。
セラミドの役割は、角質の奥まで浸透して肌のバリア機能を正常に維持すること。
バリア機能が壊れた肌は外的ダメージが通過しやすくなって肌荒れを起こすとともに、水分が蒸発しやすく極端に乾燥し、炎症しやすい状態になっています。
アトピー肌に必要なのはしっかりした保湿なので、さっぱりと洗い上げるスクラブ洗顔はやはり不向きと言えるでしょう。

 


おすすめスクラブ洗顔の選び方

スクラブ洗顔料には様々な種類があり、配合されている微粒子や成分によって使用感や効果が変わってきます
最近は、安価に作れるからか鉱物やサンゴを採用しているものもあり、粒子が粗いものほど角質の洗浄力が強いわけですが、肌への刺激を軽減するためには粒子が細かくて柔らかいマイクロビーズなどがおすすめ。
美容方法として多くの人に愛用されている代表的なスクラブ(原料)をご紹介しましょう。

 


米ぬか

米ぬかスクラブ

 

玄米を精米するときに出る胚芽や種皮が、いわゆる“米ぬか”。
米ぬかのスクラブは粒子が細かいため、即効性はあまり感じられないものの肌への刺激が小さくて済むのがメリット
また、米ぬかに含まれるビタミンB群やビタミンA、アミノ酸が美肌効果に作用するため、使った後はツルツルで弾力のある肌を実感できると口コミやランキングでの人気が広がっているようです。

 


海草

海藻スクラブ

 

海草に含まれるたっぷりのミネラルが角質にはたらきかけて汚れを浮かせてくれるのが特徴
保湿効果に優れているので、他のスクラブ洗顔料と比較すると洗い上がりはみずみずしい肌を叶えてくれるでしょう。

 


植物の種皮

植物スクラブ

 

従来多かったスクラブ洗顔料の主流が、植物の種皮などを粉砕した素材を配合した商品でオートミールやアプリコットの種子や繊維などをベースにしています。
自然由来の植物性な上、肌に必要なものは落とさずに不要な角質だけを落としてくれるので洗い上がりも潤いを保ち、透明感のある肌を実感できるでしょう。

 


塩スクラブ

 

今、主流といっても過言でないのが塩スクラブによる洗顔です。
ハリウッド女優のアマンダ・セイフライドも塩洗顔を実践していると語ってマスコミを賑わせていました。
特徴は塩に含まれる2つの成分で、マグネシウムは毛穴の奥底までの汚れをかき出し、カリウムは肌をキュッと引き締める働きがあります。
塩の洗浄力の高さで肌の老廃物をすっかり落とし、洗い上がりはつるつる肌を楽しめるでしょう。
毛穴の汚れ除去に加え、毛穴の引き締め効果があるのでニキビや吹き出もの予防にもアプローチしていけます。

 


重曹

重曹スクラブ

 

もともと台所用の洗剤などに含まれるものだけに洗浄成分が高く、即効性はもっともあるスクラブです。
重曹のパワーで毛穴に詰まった角栓を根こそぎ浮かせ、肌表面を覆ってしまった古いカチカチ角質ごとすっきりオフできるので、毛穴トラブルの改善には効果を発揮するでしょう。
メンソール成分と合せて爽快感を得られる商品として男性用洗顔料にもよく用いられています。

 


スクラブ洗顔の使い方と注意点

スクラブ洗顔の一番のポイントは、ゴシゴシこすらず優しく洗い上げることです。
間違ったスクラブ洗顔はお肌にダメージを与えるので、正しい使用法をしっかり確認してから始めましょう。

 

スクラブ洗顔のやり方

スクラブ洗顔のやり方

 

まず、ぬるま湯で軽く肌を湿らせて毛穴を開くことで汚れを落ちやすくできるので、湯気で同効果を得られる入浴中でもいいかもしれません。
それから洗顔料の規定どおりの使用法(泡立てる・溶かす、など)のとおりに、小鼻やTゾーンなど皮脂や老廃物が気になる部分を中心に、優しく指でなでるように汚れを拭っていきましょう。
すすぎは、洗顔料の洗い残しがないように念入りに洗い流すのがポイント。
スクラブ洗顔後は、皮脂が洗い流されることでお肌が乾燥に傾いているので、日頃のスキンケア(化粧水や保湿クリーム)でしっかり肌に保湿を与えてあげましょう。

 

スクラブ洗顔の使い方と注意点

スクラブ洗顔はスペシャルケア

 

洗顔料によって使用頻度は変わりますが、肌への負担を考えるとスクラブ洗顔をデイリーケアにするのは控えたほうが良いでしょう。
なぜなら、必要以上におこなうと角質がはがれ過ぎ、ターンオーバーの周期が早まり過ぎてしまうからです。

 

つまり、ターンオーバーが起こっても新たな肌を作り出す細胞が成熟しておらず、未熟な細胞が肌の表皮になることに…。
結果的に、紫外線などの外的ダメージの影響を受けやすく、乾燥しやすい肌になってしまう可能性があります。
間違った洗顔方法を続けていると、肌老化が加速してしまう恐れがあることを忘れないでください。
(もちろん、スクラブ洗顔料によってはデイリーケア用の低刺激の商品もありますが、まずは週に1回から肌の様子を見ながら回数を増やしていきましょう。)

 


おまけ~スクラブ洗顔料とAHA洗顔料(フルーツ酸)の違い

AHA洗顔とスクラブ洗顔の違い

 

同じ角質ケアで、スクラブ洗顔と並んでAHA洗顔というのを目にしたことはありませんか?
古い角質を取り除く洗顔という意味では同じですが、その方法に違いがあります。

 

AHAとは“アルファヒドロキシ酸”のことで、ターンオーバーを促すためのケミカルピーリングにも使用される成分
(AHAは柑橘系のフルーツに含まれていることが多い成分なので“フルーツ酸”とも呼ばれています。)

 

AHA洗顔料に配合されるこのフルーツ酸が古い角質を柔らかくして剥離させるとともに、コラーゲンなどの生成を促進するので高いエイジングケアが期待できます。
基本的にはピーリング効果と同じですから敏感肌の場合は刺激を感じることもあるかもしれませんが、肌の奥底へのうるおいも補給してくれるため、洗い上がりの肌はしっとりつるつるに仕上がるでしょう。

 

一方スクラブ洗顔は配合されている微粒子によって肌を研磨し角質を取り除くので、原理は垢すりと同じ。肌への摩擦が気になる方もいるかもしれませんが、先にお伝えしたようにスクラブには様々な種類があり、より肌に優しい自然由来のものや粒子が小さいもの、さらにナッツなど保湿採用のあるマイルドタイプや敏感肌用のスクラブも登場しています。
AHA洗顔料とは違い、物理的に研磨するのでつるつる肌を即時実感できるのがメリットです。

 

 

 

スクラブ洗顔は角質ケアの代表的なもので、洗顔料の種類も豊富。
通常の洗顔では落としきれない汚れを取り去ってくれますから、正しい方法でおこなえば美肌への切符を手に入れることができるスペシャルケアと言えます。
ですが、一歩間違えば肌荒れとも隣り合わせ。自分の肌質と洗顔料の使用方法を確認しながら購入し、美肌生活に取り入れてみませんか?


この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


無添加オールインワンで肌トラブルケア~おすすめランキング

  肌荒れや敏感肌、アトピー性皮膚炎などの肌悩みで、無添加オールインワン化粧品を選ぶのなら、正しい選び方を知るのが重要です!   でも、無添加オールインワン化粧品を選び始めてみると、多くの無添加アイテムに出会い、どれが自分にあっているのか判断するのは至難の業…   それに、間違った選び方をしてしまうと、避けていたはずの成分を避けきれない可能性もでてきます…

≫続きを読む


あらゆる世代に効果的なエイジングケアができる化粧品とは?

  年齢とともに気になり始めるシミやしわ、たるみ、肌の疲れといったエイジングのサイン。   本格的にケアしたい人はもちろん、将来に備えて今からケアを始めようと思っている人にとっても気になるのは、何が一番効果的か、ですよね。   そこで、今回はエイジングケアのポイントをお話しつつ、効果的な化粧品について考えていきたいと思います。   エイジン…

≫続きを読む


【ハリが復活!?】フィトリフト体験談レビュー

  ハリの再生力がプラセンタ以上の実力と絶賛されるフィトリフトは、エイジングな肌悩みに徹底アプローチしてくれるオールインワン化粧品。   他とは違うフィトリフトの特徴や、実際に使ってみてわかった成分効果と肌の変化を自腹購入でレビューしてみました!   たるみや毛穴の開き、さらには若い頃と比べて衰えてきたハリ、弾力を取り戻したい人は要チェック! &nbs…

≫続きを読む


そばかすケアに効果的な化粧品とは?オススメの成分も紹介

  女性を悩ませる厄介な肌悩みのひとつといえば、見た目年齢を大きく左右してしまうシミ。   なかでもそばかすは肌の明るさに影響するし、ポイントケアも難しく、通常のシミとはひと味もふた味も違う、まさにくせ者です。   そこで、今回はそんなそばかすケアの方法のひとつとして、オールインワンタイプの化粧品を提案します。   「そばかすをなんとかした…

≫続きを読む


泥・クレイ配合のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  成人女性トップ3に入る肌の悩みは、「毛穴トラブル」「乾燥」「くすみ」です。 これら肌悩みを抱える女性の多くが「泥洗顔料」に注目しているワケをご存じでしょうか?   泥は、古来より傷や肌のお手入れに重宝された鉱物(ミネラル)で、現代でも美容や医療分野にかかせないアイテムとして活用されています。   魅力がいっぱいの「泥洗顔料」について知ることは、美し…

≫続きを読む

しわ・たるみに悩む50 代にオールインワンランキング

  トラブルが多くなる50代の肌におすすめしたいのが、“オールインワンゲル化粧品”です。   オールインワンゲル化粧品と聞くと、どうしても「物足りないんじゃないの?」というイメージがありますよね?   ですが、オールインワンの研究は日々進み、今ではライン使いに機能も劣らないオールインワン商品が続々と発売されています。   50代で悩みがちな…

≫続きを読む


乾燥肌におすすめ保湿オールインワンゲル化粧品ランキング

  シミやシワと違って、「肌が乾燥しているような…」とぼんやりした肌悩みになりがちの乾燥肌。   そのせいか、「スキンケアをしっかりと行っていたら、いつかは治る」と考えていませんか?   乾燥肌は、シワやニキビといったその他の肌トラブルの原因になってしまう可能性が高いので、しっかりとした保湿ケアをしていくことが大切です!   ここでは乾燥肌…

≫続きを読む


ニキビ肌のオールインワンはここに注目~おすすめランキング

  洗顔石鹸や基礎化粧品など、さまざまな種類のニキビケアアイテムを試してきたのに、「全然よくならないしニキビ跡やクレーターは増える一方」という人は、お手入れの仕方が間違っているのかもしれません!   そこでお伝えしたいのが、オールインワン化粧品なら「正しいニキビケア」や「ニキビ悩みからの卒業」への近道ができるということ。   でも、オールインワン化粧品っ…

≫続きを読む


肌バリアを高める敏感肌におすすめオールインワンランキング

  スキンケアアドバイザーをしていると、自分は敏感肌なんですと以下のような悩みについて相談されることが多いです。   ・敏感肌用の化粧品を使ってもピリピリ刺激がある…。 ・基礎化粧品で保湿ケアをしても、数分後には肌のツッパリを感じる…。 ・どんな基礎化粧品を選べばいいのか…。   ニキビやシミ、しわに関しては、それらの悩みに特化した医薬部外品…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close