素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   1940 Views

洗顔石鹸は肌荒れを起こす?治す?!一体どっちが正しいの?

洗顔石鹸は肌についた汚れを落とすのが一番の目的で、美肌づくりに欠かせないファーストステップと言えるでしょう。
 
ですが中には、肌ケアに洗顔料の使用をおすすめしない美容専門家もいて「洗顔石鹸で肌が荒れる」なんて声もチラホラ…。
 
洗顔石鹸で肌が荒れる理由と、洗顔石鹸を使って働きかける肌荒れ改善の仕組みについて調べてみると、自分にとっての見極めるヒントが手に入りました。
 
 

肌荒れが起こる?治る?意見は真っ二つ

肌荒れが起きるかは、結局は洗顔料次第です。

 
基本的に「肌に優しく汚れを落とす」効果が期待できる洗顔石鹸。
 
効果は確かなものと言えますが、その過程において様々な意見があるのも事実です。
 
ひとつは「洗顔石鹸の性質上、肌荒れが起こりやすい」というもの。
 
特に純石鹸と呼ばれるような石けん素地だけで構成される商品は洗浄パワーが強いため肌が乾燥に傾き、肌には刺激が強すぎるという見方があります。
 
確かに、乾燥が肌荒れを引き起こすのはスキンケアではもはや常識なので、一理あると言えるでしょう。
 
一方その反対に、石けん成分以外、肌にとって不必要なものが何も入っていないからこそ「洗顔石鹸は肌荒れを改善するのにおすすめ」という意見もあります。
 
これは純石鹸に限ったことではなく、無添加洗顔石鹸など合成界面活性剤など添加物を配合しておらず、肌に優しい成分だけで構成されている商品では肌荒れは起きないというのも定説のひとつ
 
これでは、いったい何の商品を買えば良いのか混乱してしまうのも無理はありませんね?
 
一口で“洗顔石鹸”と言っても種類はたくさんありますし、配合成分も商品によって千差万別。
 
それらすべてを逐一把握することは到底できないと思いますが、少なくとも、自分の肌質に合ったものを見極める術を心得ておくことが肌荒れを起こさない洗顔料選びのポイントと言えそうです。
 
 

洗顔石鹸による肌荒れについて

それでは、洗顔石鹸を使った洗顔でどのような肌荒れを起こす可能性があるのでしょうか?
 
肌荒れの原因や、なってしまった場合の対処法を考えていきましょう。
 

洗顔石鹸で肌が荒れる原因

洗顔料が原因の肌荒れ

 
肌の乾燥は、美肌の一番の大敵(肌トラブルの原因)と言っても過言ではありません。
 
純石鹸といった石鹸素地しか使っていない洗顔料でも洗浄力が強く、状態にとっては肌トラブルに感じることも。
 
また、石鹸などの洗顔料はほとんど弱アルカリ性で、弱酸性である肌はもともとアルカリ性には弱いもの。
 
健やかな肌であれば、洗顔後は自然と弱酸性に戻っていきますが、肌が弱った状態だと回復力(中和能力)が遅れて弱酸性の肌に戻りにくく、肌荒れを引き起こしやすくなると言われています。
 
さらに、洗顔石鹸の配合成分に関していえば、角質層に浸透して破壊する合成界面活性剤を洗浄剤として配合していると肌に負担を与えがち。
 
ですが、安全と言われている自然由来や植物由来とされている天然の有効成分でさえも、アレルギー体質の方にとっては敏感に反応してしまう可能性があるという点です。
 
結局、一概にどの洗顔石鹸なら安心ということではなく、個人の肌状態によって肌荒れを引き起こす可能性を含んでいることを理解しておいたほうが良いでしょう。
 

肌荒れが起きた際の対処法

使用している洗顔料をSTOPして様子をみましょう。

 
洗顔中にピリピリとした刺激を感じたり、肌に赤みや痒みが増したときは、肌のバリア機能が弱くなっている証拠。
 
その場合は、ひとまず洗顔石鹸の使用をやめてぬるま湯のみの洗顔にするか、もしくは不安が大きければ皮膚科医に診てもらうようにしましょう。
 
肌荒れが起きるのは間違った洗顔方法によることもありますが、もしかしたら洗顔石鹸の配合成分が自分の肌に合わないといったことも考えられるので、商品パッケージに記載されている成分表をチェックすることも大切です。
(はじめて使う洗顔石鹸は、パッチテストを行うことで使用成分による肌荒れを予防することができます。)
 

洗顔石鹸の肌荒れ改善について

次に、洗顔石鹸で肌荒れを改善できる可能性を紐解いてみましょう。
悩ましい肌荒れがたった1個の洗顔石鹸で美肌に導かれるならうれしいですよね。
 

肌荒れが改善するメカニズム

洗顔による基礎化粧品の浸透の違い

 
皆さんおわかりだと思いますが、一般的な洗顔石鹸には薬用成分が配合されていないので、使ってすぐに肌荒れが治るなどということはあり得ません
 
優れた洗顔石鹸で洗顔すると、必要以上に肌の皮脂が取り除かれることがないので肌の水分と油分のバランスが良くなり肌本来の力を際立たせてくれます。
 
そして、洗顔石鹸ですすいだ後の肌は何も余分なものが残らないため、その後のスキンケアの浸透率が良くなり、従って効率の良い美肌ケアへとつながっていくわけです。
(ただし大量生産安価な洗顔石鹸は石けんカスが肌に残り、化粧水など基礎化粧品の浸透を妨げます。)
 
これを根気よく続ければ、肌のターンオーバーも正常に整って健やかな肌が育つでしょう。
 
また、ブログなどを見てみると、今まで刺激成分が配合されているのを知らずに使っていた洗顔料から無添加タイプの石鹸に切り替えたところ、肌質がいい方向に変化し、それを肌荒れ改善と感じる方が多いことからも肌荒れと洗顔石鹸には大きな関係性があることが伺えます。
 

効果を改善が期待できる肌状態

洗顔で水分・油分のバランスを整えることが美肌への近道

 
肌へ負担がかかる成分をできる限り取り除いている洗顔石鹸は、大人ニキビや思春期ニキビといった吹き出物に悩んでいる方にはおすすめできます。
 
なぜならニキビ肌は、皮脂の過剰分泌や乾燥肌で悩んでいる場合が多く、洗顔石鹸は肌の水分と油分のバランスを保つ役割があるから
 
その他、油分のバランスを整えてくれることで角栓ができにくいなど毛穴詰まりの予防にもなり、従って肌のゴワつきや黒ずみなどの肌悩み改善にもつながるでしょう。
 
ただし、いずれも洗顔石鹸での洗顔行為が肌に刺激にならないことが大前提
 
ニキビが炎症していたり、かなり進行した敏感肌状態のときは、洗顔石鹸の使用を控えて水洗顔を取り入れるのも肌に優しい美容法です。
 
 

洗顔が肌に良いか?悪いか?見極めるタイミング

では実際に、自分の肌は洗顔石鹸を使ったほうが良いのか…?
 
洗顔石鹸の選び方に不安を感じた方は、洗顔石鹸の使用前・使用後に見極める方法があるので試してみてください。
 
1回だけでなく、日をおいて何回かやってみると安心かもしれません。
 

パッチテスト

パッチテストは洗顔石鹸が原因の肌トラブルを予防します。

 
「パッチテスト」という言葉を聞いたことがある方は多いではないでしょうか。
 
よく化粧品でもアレルギーのある方はおすすめされる用法ですが、洗顔石鹸にも誰でもできるパッチテストがあるので試してみましょう。
 

洗顔石鹸のパッチテストのやり方
STEP1
まず指を水で濡らし、濡らした指で石鹸を触って指先に少し石鹸水を作りましょう。
 
STEP2
その石鹸水を腕の裏側につけて絆創膏をしっかり貼り、そのままの状態で半日くらいおきましょう。
 
STEP3
その間、絆創膏を貼った部分がかゆくなったり、剥がしたときに赤くなったりしていたらそれは自分に合わない商品なので使用は中止すること。
 
STEP4
パッチテストをした部分はきれいに水で洗い流すようにしてください。
※パッチテストのやり方は諸説あります。

 

洗顔後の肌チェック

洗顔後のつっぱりは問題なし?ピリピリ不快感があるときは要注意!

 
洗顔石鹸した後の肌状態チェックでも、洗顔石鹸があなたの肌に合っているかどうかがわかります
 
よく、つっぱり感が出るから肌に合わないという方がいますが、それはアルカリ性の石鹸で洗っているからつっぱるだけなので本来は問題ありません
 
問題は、石鹸のアルカリ性に耐えられないほど肌が弱っている場合なのです。
 
肌が弱っているとアルカリ性が刺激になり、ピリピリした軽い痛みや赤みが出てしまい、肌荒れにつながる場合があるので使用を中止しましょう
 
なお、洗顔石鹸で洗顔した後に乾燥し肌荒れにつながるのではと心配する方がいますが、単純に洗い過ぎている可能性もあります。
 
洗顔石鹸の泡を長時間肌につけたままにすると、肌に必要な皮脂が根こそぎ取られてしまうので、短めの洗顔を心掛けることで解決するかもしれませんよ。
 
 

突然、合わなくなることも?

同じ洗顔方法を実施しても季節・体調・洗顔料の状態で効果は変わります。

 
いつも使っている洗顔石鹸なのに、突然ニキビができたり肌がカサカサするなど合わなくなってしまうことも。
 
これは、季節の変わり目で肌がいわゆる“ゆらぎ肌”になって敏感に傾いたり、その時の体調の変化で肌が洗顔石鹸に対して弱くなっていることが要因のひとつかもしれません。
 
また、女性は生理前や生理後にホルモンバランスの影響で肌の状態が変わりやすく、洗顔石鹸が刺激に感じられることも。
 
さらには、洗顔石鹸を不衛生にしておくと雑菌が繁殖し、これも肌への刺激になる可能性が。
 
このように、自分の体調変化や洗顔石鹸の間違った取り扱いで今まで何でもなかった洗顔が合わなくなってしまうことがあるものです。
 
もちろん、間違った洗顔方法も肌荒れを引き起こす要因になるので、正しい洗顔方法を心がけましょう。
(正しい洗顔方法については「肌質別のおすすめ洗顔方法」をご覧ください)
 
 

好転反応の判断について

肌断食も、結局は肌質で向き・不向きが決まる!

 
最近、“肌断食”という言葉をよく見かけるようになりました。
 
これは、ある医師が提案した新しいスキンケア方法で、簡単に言うと今まで使っていたメイクアイテムや基礎化粧品によるスキンケアを全て止めてしまい、肌の状態をリセットして自然に美肌を目指そうというもの。
 
今までやっていたスキンケアなどを一切やめるため肌は乾燥していくしシワなどももちろん目立ってきます。
 
こうなってくると、せっかく始めたのに不安になってしまい、肌断食で肌が荒れた!と勘違いしてしまいそうですが、これは新しい皮膚バリア機能が回復し肌再生するまでの好転反応だという考え方になります。
 
この時期を乗り越えれば、肌の状態が落ち着いてくる方がいることも事実なのです。
 
ただこの場合、荒れた時期が好転反応なのか、単に肌断食が合わなかったのかは、個人差がありますので何とも言えません。
 
肌断食そのものに関しても賛否両輪あり、スキンケアを放棄するなんて美を放棄するのと一緒!などという意見もあったりします。
 
要は、自分の肌に合ったものは自分で見極めるしかないのだということです。
 
洗顔石鹸の使用もこれと同じで、良かれと思って普段の洗顔料から変え、好転反応だと信じて使い続けて肌荒れを悪化させてしまっては本末転倒。
 
「何か違うかな?」と肌に危険サインを感じたら、皮膚科医に相談してみてください。
 
肌への優しさを考えれば、肌に負担のかからないものを最低限使い、余計なことをしないスキンケアが一番良いのだと思います。
 

その点、合成界面活性剤を配合していない上質な洗顔石鹸は、本来肌にとって良いもののはず。ただ、商品によって合う・合わないがあるだけなのです。
 
見極める目を磨いて自分の肌にベストなモノを選んでくださいね。

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


赤ちゃんのようなしっとり肌を手に入れる洗顔石鹸の選び方

  手に触れるとしっとり吸い付くような肌は、女性なら誰でも憧れますよね? でも自分なりに毎日ケアしているのに「なかなか理想の状態にならない!」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。   何も知識なく、自己流でケアしていてもそれはなかなか結果につながらないはず。 洗顔石鹸選びはもちろん、正しい洗顔方法や毎日の生活スタイルを身につければ、しっとりする理想肌を作り…

≫続きを読む


洗顔石鹸の選び方~子供の洗顔には洗顔石鹸は必要ですか?

  子供の洗顔に洗顔料を使っている家庭は少ないかもしれません。 実は大人とは違う子供の肌の特徴を知ると、ぬるま湯で顔を洗っても問題ない理由が見えてきます。 とは言え、洗顔料を使って顔を洗った方がよい時もあるため、しっかりタイミングを見極めていきましょう。 [toc]   基本的に子供の洗顔は水洗顔?!   赤ちゃんの頃はガー…

≫続きを読む


クレンジングフォームと洗顔フォームの違い、洗顔は必要?

「いちご鼻も改善できる洗顔料不要」、「メイク汚れも肌の汚れも落とせる」なんてクレンジング剤の広告やCMを目にすることが増えてきました。   メイク汚れと肌汚れ、ふたつは全く性質が違いますが、本当にクレンジングだけで落とせるのでしょうか?   クレンジングのみで洗顔をしなくても、本当に美肌つくりはできるのか気になりますよね?     …

≫続きを読む

洗顔石鹸の選び方~肌に優しいのは天然成分の洗顔石鹸?

  毎日行う美肌メソッド(スキンケア)のファーストステップとも言える洗顔、朝と夜の2回行うからこそ「肌に優しい洗顔を。」と考える方も多いでしょう。   ただ「天然成分配合だから肌にやさしい」という考えは正しくないかもしれません。   肌に優しい洗顔石鹸とは? 肌に優しい洗顔石鹸とは、どのような洗顔石鹸なのでしょうか。   「ピリピリし…

≫続きを読む


洗顔石鹸の固形と洗顔フォームの違い!どちらが優秀なの?

  固形洗顔石けんと洗顔フォームを比べると、固形石鹸が良いという声が圧倒的に多いです。   その理由は、合成界面活性剤が使われた洗顔フォームとは違い、無添加タイプや自然由来成分の石けんで、肌への刺激を抑えながら肌本来の力を高める洗顔に取り組めるため。   「固形石鹸は肌によい」「洗顔フォームは肌に悪い」という情報は、すでに口コミやネットで多く発信され、広…

≫続きを読む

洗顔石鹸の選び方~洗顔石鹸の洗浄力は弱いほうが肌にいい?

洗顔石鹸の選び方について調べると、「肌に優しい洗浄力の弱いもの」をおすすめする方がいれば、逆の「肌汚れは肌トラブルの元、しっかりと洗い流せる洗浄力のもの」をおすすめする方もいます。   結局のところ、洗顔石鹸の洗浄力は肌質(肌状態)に左右されるので、これはどちらも正解ですし、間違いとも言えるでしょう。   そこで、肌質別で洗浄力にポイントを置いた洗顔石鹸の選び方を見てい…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~パラベン(防腐剤)

洗顔料もお肌に使用するアイテム、その品質には気をつけなければなりません。洗顔料は食べ物とは違い、変な臭いがしたり、腐ってドロドロに溶けたり、虫が湧くことはありません。しかし、洗顔料も時間が経つほど品質は劣化し、その効果を最大限に生かせなくなりますし、時にはお肌を傷つけてしまうことも…。   そして、洗顔料の品質維持の手助けをしてくれるのが防腐剤で、その中でもよく使用されるのがパラ…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~界面活性剤

洗顔石鹸でも「合成界面活性剤不使用」「石油系界面活性剤配合なし」など、肌への刺激を抑えた無添加石鹸の人気が高まっていますが、本当に界面活性剤は洗顔石鹸成分に不要なのでしょうか?   そこで、界面活性剤は洗顔石鹸に不要な成分なのか、肌への影響(美容効果・安全性・危険性・種類)についてみていきましょう。   界面活性剤の役割   水をコップに注いだ…

≫続きを読む

洗顔石鹸の配合成分 美容効果と安全性~グリコール酸

今では、ピーリングタイプの洗顔料も増えており、週に1度のスペシャルケアから毎日使える洗顔石鹸でも、ピーリング成分配合の種類があります。ピーリング効果をもつ洗顔石鹸ではグリコール酸が配合されていることが多いですが、その美容効果と安全性はどうなのでしょうか?グリコール酸がもたらすピーリング作用や期待できる美容効果、覚えておきたい注意点を調べました。   肌のごわつきが気になるので、毎…

≫続きを読む

弱酸性の洗顔石鹸と弱アルカリ性の洗顔石鹸、どちらがいい?

洗顔料選びをしていると固形石鹸や洗顔フォームといった形、無添加タイプや◯◯成分配合など成分以外にも、弱酸性と弱アルカリ性の違いで迷う方も多いのではないでしょうか。   テレビCMでお馴染み「肌に優しい弱酸性」という言葉もある通り、弱酸性タイプが低刺激な洗顔料だとしたら反対に、弱アルカリ性は刺激の強い洗顔料なのでしょうか?   それでは、わざわざ弱アルカリ性石鹸を選ぶ人は…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close