素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   179 Views

洗顔フォームのニキビケアがおすすめできない理由とは?

洗顔フォームはニキビケアには不向きなの?

 

「洗顔フォームでニキビケアはおすすめしない」という話もありますが、ニキビ肌向けの洗顔フォームもたくさんの種類が販売されています。

 

ですが、ニキビができる原因や変化について調べてみると、洗顔フォーム選びの難しさがあったのです。

テレビCMやネット、雑誌で有名なニキビ用洗顔フォームも、肌状態によってはおすすめできない場合があります。

 

ニキビ肌におすすめの洗顔石鹸人気ランキング

 

洗顔フォームがニキビケアにおすすめできない?

「洗顔フォームはニキビケアにおすすめできない」「ニキビケアをするなら固形石鹸」と言われます。

 

その理由について調べてみると、洗浄成分や配合成分、肌やニキビの状態によって効果がでないどころか、ニキビが悪化する恐れもあるというのがわかりました。

 

洗浄成分

合成界面活性剤の洗顔フォーム

 

洗顔フォームと言えばチューブタイプの洗顔料をイメージしますが、正式には“石鹸素地で作られた石けん以外”を意味します。

 

少し回りくどい言い方ですが、これは見た目が固形石鹸でも配合成分で“石けん”にあたらない商品があるためです。

 

石鹸素地で作られた石けん以外は、自然由来または石油由来の合成界面活性剤が使われています。

 

合成界面活性剤は少量でもしっかり泡立ち、優れた洗浄効果を発揮できるのが魅力的ですが、石鹸素地と比べると洗浄力が弱かったり肌に洗浄成分が残ったりする…など、肌に負担となる恐れも。

 

「洗顔フォームを使えば必ずニキビが悪化する」とは言えませんが、固形石鹸に比べると刺激を与える可能性は高いと言えるでしょう。

 

石鹸素地で作られた固形石鹸の場合、合成界面活性剤を使用していないため肌に負担をかけない洗顔ができますが、洗浄力自体は洗顔フォームより強いという特徴もあります。

 

配合成分

シンプルな配合の固形石鹸とは違い、洗顔フォームはニキビケアに役立つ成分が配合されているのが魅力的です。

 

今あるニキビを改善したりニキビ予防に役立つ成分が含まれているのは、合成界面活性剤や添加物を使っていない完全無添加石鹸、純石鹸にはない特徴と言えるでしょう。

 

とは言えニキビの種類や状態によって、洗顔フォームの効果的なニキビケア成分や避けたい成分も違ってきます。

 

ニキビの種類

思春期ニキビ・大人ニキビ

 

ニキビとは毛穴に皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖して炎症となる症状のこと。

ですが、その皮脂が詰まる原因によってニキビの種類も分かれます。

 

思春期ニキビと言われる10代中頃に発生するニキビは、皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まった状態

成長過程として女性ホルモンだけでなく男性ホルモンも活発に分泌されるため、ホルモンバランスの乱れにより皮脂量が増え毛穴詰まりを起こしてしまうのです。

 

 

そのため、皮脂汚れをしっかり落とせるヤシ油やパーブ核油が原材料の「ラウリン酸」、ヤシ油や牛脂、ココナッツオイルが原料の「ミリスチン酸」などの洗浄成分がおすすめです。

ただし、ラウリン酸やミリスチン酸は皮脂だけでなく肌を護る細胞間脂質も落とす洗浄効果があるので、洗いすぎに気を付け、洗顔後はしっかりとスキンケアで潤いケアもしてあげましょう。

 

ラウリン酸やミリスチン酸に加え、保湿成分も配合されている洗顔料なら、洗顔後のツッパリ感や乾燥を抑えるアプローチに有効です。

 

一方、20代以降では水分、油分の肌バランスが崩れることで乾燥や肌のごわつき、皮膚硬化を引き起こし、毛穴が詰まりやすくなった大人ニキビ

皮膚の防衛反応から、乾燥を防ごうと油分が分泌されるため皮脂量も増えることがありますが、根本的な原因は保湿不足と言えます。

 

潤い成分の細胞間脂質でなく、皮脂汚れだけを落とせる米ぬか油や馬油が原料の「パルミチン酸」や、シアバター、ココアバターが原料の「ステアリン酸」といった洗浄成分を活用するのがおすすめ。

 

ですが、パルミチン酸やステアリン酸の洗浄力を発揮するのは50度以上の高温になるため、あえて本来の効果を抑えた洗顔となります。

汚れが肌に残り毛穴が詰まるのは本末転倒なので、丁寧な洗顔できちんと汚れを落とすように気をつけましょう。

 

これらの洗浄成分は、洗顔フォームに限らず固形石鹸でも使われていますが、シンプルな洗浄成分の石鹸と比べると、見極める力が必要となってきます。

 

ニキビの状態

炎症前の白ニキビ・黒ニキビ・炎症中の赤ニキビ・黄ニキビ

 

皮脂が詰まってアクネ菌が繁殖し、炎症を起こす…といった段階によってニキビの状態も変化してきます。

 

初期段階は、皮脂が溜まり毛穴に詰まった「白ニキビ」と言われる状態で、白く盛り上がっているものの炎症はしておらず、溜まった皮脂が酸化すれば「黒ニキビ」に。

その後、アクネ菌が皮脂をエサに増殖し炎症状態となっているのが「赤ニキビ」、さらに炎症が酷くなり、膿が溜まっているのが「黄ニキビ」です。

 

初期段階の白ニキビや黒ニキビでは、まだ炎症していないものの皮脂汚れで毛穴が詰まっている状態。

そのため、毛穴の奥に入り込んで汚れを落とす洗浄成分にこだわった洗顔料を選ぶのが、よいでしょう。

 

炎症状態となった赤ニキビや黄ニキビでは、抗炎症作用や消炎効果の「グリチルリチン酸ジカリウム」や、接近成分の「サリチル酸」配合の洗顔料がニキビケアにぴったりです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムやサリチル酸は厚生労働省から認可を受けた有効成分なので、医薬部外品の薬用タイプとなります。

ただし、ニキビはクレーターや色素沈着などニキビ跡として残ってしまう恐れもあるため、優しい洗顔ケアが必須です。

 

合成界面活性剤や防腐剤、保存料、品質維持成分といった添加物が肌に負担となる成分を避けるため、洗顔フォームでのニキビケアは成分選びに注意が必要。

とくに、サリチル酸は肌を柔らかくするピーリング作用もあるため、敏感肌の状態なら避けた方がよいでしょう。

 

固形石鹸の場合サリチル酸配合はピーリング石鹸がほとんどですが、洗顔フォームではニキビケア商品に含まれていることがあります。

 

 

おすすめできないニキビ向け洗顔フォーム商品

ニキビ向けの基礎化粧品も増えていますが、洗顔フォームも同じように色々な商品が発売されています。

 

有名だったり、オススメの人気アイテムもにきびの状態によってはおすすめできない場合もあるので、その理由をご紹介します。

 

プロアクティブ+

プロアクティブ+

 

芸能人が出演するテレビCMでもお馴染みのプロアクティブプラスは、まさにニキビ向け洗顔フォームの代表的。

 

ですが、あくまでも洗顔料は毛穴の汚れ落としとニキビ予防となっている、サリチル酸配合の薬用洗顔フォームです。

 

殺菌作用の有効成分がニキビの原因となるアクネ菌の抑制に役立ちますが、乾燥肌や敏感肌の人にはサリチル酸のピーリング作用が刺激に感じる場合も…。

 

ちなみに、同シリーズの薬用美容液や薬用クリームを含め、すべての有効成分にサリチル酸が含まれています。

 

アクネス

アクネス

 

ロート製薬から発売されているアクネスは、泡洗顔や粒つぶ入りのスクラブ洗顔、クリーム洗顔、メイクも落とせるクレンジング兼用の洗顔料など種類が豊富で、いずれのアクネスもニキビ肌向けの薬用タイプとなっています。

 

メイクも落とせる洗顔料は、殺菌作用に加えピーリング効果もあるサリチル酸が有効成分となっているので、刺激に感じる場合も。

 

また、残りの3種類では102種類の旧表示指定成分に該当する「イソプロピルメチルフェノール」が殺菌成分として含まれています。

 

102種類の旧表示指定成分は、厚生労働省が「アレルギーの恐れがある成分」として指定していたもので、現在はこの制度がなくなり全成分の表示義務となっています。

 

「必ずアレルギーになる」とは言えませんが、少しでもリスクを回避するなら避けた方がよい成分と言えるでしょう。

 

クレアラシル

クレアラシル

 

薬用クリームで有名なニキビケア用品クレアラシルも、洗顔フォームや泡タイプの商品が販売され、どちらのタイプも10Xとマイルドタイプの2種類が用意されています。

 

いずれのクレアラシル商品も、サリチル酸やAHA(グリコール酸)といったピーリング作用のある成分が多く含まれているため、乾燥肌や大人ニキビのケアよりも、脂性肌や思春期ニキビ向け。

 

同シリーズの基礎化粧品では、収れん作用や引き締め成分として旧表示指定成分のイソプロピルテチルフェノールも含まれているため、とくに炎症が酷いニキビや敏感肌の人には避けた方がよい製品と言えるでしょう。

 

 

ニキビケアのおすすめ商品は洗顔石鹸だけなのか?

人気のニキビケア用洗顔フォームも、ニキビの種類や状態、肌質によってはおすすめできない場合があります。

 

それなら「ニキビ向けの洗顔石鹸なら安心」と思いがちですが、石鹸ならどれでもOKとは言い切れません。

 

洗顔フォームに比べて刺激が少ないとされる石鹸でも、配合成分によってはおすすめできません。

 

ロゼット洗顔パスタ

ロゼット洗顔パスタ

 

1,000円以下とリーズナブルな値段で買えるロゼット洗顔パスタは、17種類もの商品展開がある洗顔料でチューブタイプの洗顔フォームから、練り石鹸など肌質やテクスチャーが分かれています。

 

ですが、洗浄成分にはイオウが含まれているので皮脂を洗い流す作用は強め。

 

乾燥が原因の大人ニキビでは、よりカサつきが悪化するかもしれないため、ニキビの種類によってはおすすめできません。

 

中でも、グリチルレテイン酸ステアリルの有効成分が配合された「アクネクリア」はニキビ向けの洗顔フォームですが、グリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症作用がさらに強い成分となっています。

 

牛乳石鹸

牛乳石鹸

 

赤箱・青箱でお馴染みの牛乳石鹸は、ミルクバターの牛脂が含まれている洗顔石鹸で、保湿作用のあるスクワラン配合の赤箱が108円(内容量100g)、スクワランのない青箱が86円(85g)とコスパ抜群。

 

洗浄成分は刺激が少なくニキビに負担をかけない石鹸素地ですが、石油系合成防腐剤のエデト酸が含まれているため、口コミでは「ニキビができてしまった」という声もあります。

 

牛乳石鹸のカウブランドでは100%石鹸素地の無添加せっけんも販売されていますが、こちらは純石鹸のため有効成分の配合もナシ。

 

肌の状態がよい時や、ニキビ予防として使える固形石鹸ですが、直接的にニキビを改善する効果は期待できません。

 

 

ニキビケアの洗顔料でおすすめ商品とは?

実際に私が試したおすすめニキビ向け石鹸

 

洗顔フォームだけでなく洗顔石鹸の商品情報や成分配合、薬用成分などを調べてみると、実は「洗顔フォームだからダメ」「石けんなら安心」とは言えないことがわかりました。

 

ですが、本当におすすめできるニキビケア向けの洗顔料もあります。

 

然よかせっけんやどろあわわ、NonA石鹸(ノンエー石鹸)といった洗顔石鹸なら、思春期ニキビや大人ニキビなど、ニキビの種類や肌質問わずケアに最適と言えるでしょう。

 

いずれも石鹸素地の洗浄成分を活用しているので、石油由来の合成界面活性剤など避けたい人にはぴったりの洗顔石鹸です。

 

然よかせっけんやノンエーには、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムが有効成分として配合。

 

さらに泡立ちや使用感、洗い上がりも良く、コスパや価格面でも継続して使うのにおすすめとなっています。

 

加えて、いずれの石鹸も植物由来の保湿成分や肌にも存在する潤い成分などが含まれているため、思春期ニキビや大人ニキビ、ニキビの状態問わず洗顔ケアに取り組めます。

(詳しくは「ニキビ肌におすすめの洗顔石鹸人気ランキング」をご覧ください。

 

ニキビ向け洗顔料としてファーストクラッシュも当サイトでおすすめしていますが、少量のサリチル酸が含まれているので、肌やニキビの状態で見極めるのがよいでしょう。

 

ただし、どの洗顔石鹸であっても「必ずニキビが治る」とは言い切れないため、ニキビ跡を防ぐためにも繰り返し酷いニキビができるようなら、皮膚科を受診するのも選択肢のひとつです。

 

皮膚科では医師の処方による医薬品のクリームや漢方を使った、洗顔以外のニキビ治療が受けられます。

 

洗顔フォームでもニキビケアは可能ですが、悪化させる恐れがある…というのを考えると、やはり洗顔石鹸でお手入れをしていくのが安心です。

ですが、石鹸の種類問わず洗浄成分や配合成分も確認し、パッチテストを行いながら「合う・合わない」を見極めていくのが、ニキビを治す大事なチェックポイントとなってきます!

 

ニキビ肌におすすめの洗顔石鹸人気ランキング

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


ダヴの洗顔石鹸、格安でも低刺激で保湿力も抜群ってホント?

  プチプラで種類も多く、CMなどでよく知られていることから常に一定の人気を誇るユニリーバのDove(ダヴ)シリーズ。 今回はそんなダヴの洗顔料に着目し、それぞれの特徴や肌タイプ別の口コミを紹介します。   「ダヴははたして本当に優れた洗顔料なのか?」、「本当に肌のためになる洗顔料とはなんなのか?」ということをみていきましょう。 [toc] &nbs…

≫続きを読む


値段が安いビオレの洗顔料!でも肌への効果は良くないの?

  花王の「ビオレ」シリーズはドラッグストアやスーパーでも見かけますし、CMも頻繁に流れているため、この名前を知らない人はなかなかいないでしょう。   そこでビオレの洗顔料について、どのような種類や特徴があるのか、加えて気になる悪い口コミや使用にあたって気になる点などにも着目し徹底調査しました! [toc]   ビオレの洗顔料 &…

≫続きを読む


弱酸性洗顔フォームは肌に悪い?やさしい?本当はどっち?

  スキンケアアイテムの購入をするとき、「弱酸性は肌にやさしい」と弱酸性のスキンケアアイテムを選ばれている方が多いですが、それはどうしてでしょうか?   ここでは、弱酸性の洗顔フォームと弱アルカリ性の洗顔石鹸のメリット、デメリット、肌質によってどちらを選ぶべきかを紹介します。 [toc]   洗顔フォームと洗顔石鹸の違い &nbs…

≫続きを読む

洗顔フォームが洗顔石鹸よりも優れている点やメリットは何?

今では洗顔料も数多くの種類がりますが「洗顔フォームvs洗顔石鹸」や「固形石鹸vsボディソープ」といった比較記事では、余計な成分が入っておらず低刺激な石鹸タイプに軍配があがることが多いです。 それでは、洗顔フォームが洗顔石鹸よりも優れている部分やメリットなどは存在しないのでしょうか? 実は、開発技術が進歩した今、洗顔フォームも洗顔石鹸にはない魅力がたくさん詰まっています。 雑誌…

≫続きを読む

洗顔フォームおすすめ人気ランキングでチェックするポイント

洗顔フォームを選ぶ時にチェックしているポイントは、泡立ちや洗い上がり、成分、商品パッケージなど人によって様々かもしれません。   とは言え、今ではランキングサイトや口コミレビューも多く、満足度を調べるのにはぴったりなツール。   そこで、より自分にあった洗顔フォーム選びをするために、人気ランキングで押さえておきたいポイントをまとめてみました。   …

≫続きを読む

洗顔フォームを泡立てネットではなく手で泡立てるポイント

洗顔フォームは、石けんと比べ泡立ちが良く洗い上がりもすっきりなのが特徴的ですが、手で泡を立てるのは少し難しく感じてしまいませんか? 人によっては、便利な洗顔ネットを活用するよりも丁寧に手で泡を立てる方が、美肌ケアに役立つ場合もあるのです。 また、洗顔料フォームの中には手で泡立てる専用タイプの商品もあります。 そこで、手で泡を立てる魅力や覚えておきたいコツ、そして、モチモチ泡だからこそでき…

≫続きを読む

洗顔フォームを泡立てネットで上手に泡立てるポイントは?

洗顔フォームや固形石鹸を使った洗顔は、たっぷりの泡で毛穴に詰まった汚れを掻き出して、肌表面を清潔にするだけでなく、その後のスキンケア浸透力を高めるのも大切な目的です。 そこで、濃密泡の洗顔がお肌に良い理由や洗顔ネットを使った泡立て方のコツ、そして、覚えておきたい洗顔ネットの選び方など徹底調査しました。 洗顔剤を使って洗顔泡を作るなら、手orネットだと断然「洗顔ネットが良い」と洗…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close