洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較
洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較

ニキビ肌におすすめの洗顔石鹸人気ランキング

にきびは洗顔で改善・予防できる!

 

洗顔石鹸での洗顔は、ニキビの改善と予防には欠かせないスキンケアポイント。

 

ニキビ肌の場合は①吸着力、②保湿力、③低刺激の3つのポイントを抑えた洗顔石鹸選びをしましょう。

 

ニキビケアに適した洗顔石鹸で正しい洗顔を行っていけばニキビ悩みは解消できます。

 

公式サイトはこちら

 

ニキビ肌向け洗顔料の選び方

洗顔石けんでにきびが改善した事例画像

 

ニキビ肌向け洗顔石鹸選びは、①吸着力、②保湿力、③低刺激の3つにポイントをおきましょう。

 

ニキビ肌向けの洗顔石鹸を選び、正しい洗顔方法を身につければニキビ薬や皮膚科に頼ることなくニキビを改善に導けますし、ニキビ予防にもつながります。

 

どうして上記の3つがニキビケアにおすすめなのかを見ていきましょう。

 

▼先におすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

吸着力

思春期にきびと大人にきびの特徴

 

思春期ニキビや大人ニキビに関わらず、ニキビの根本的な原因は“毛穴つまり”です。

(ただし、毛穴つまりを起こす要因は思春期ニキビと大人ニキビでは異なります)

 

思春期ニキビの要因

・成長ホルモンの泌の影響による皮脂の過剰分泌

 

大人ニキビの要因

・ストレスや生活習慣の乱れによるホルモンバランスの崩れ、年齢肌トラブルによる肌のターンオーバーの遅れや乾燥による皮脂の過剰分泌

・洗い残しが原因で古い角質を蓄積(角質肥厚・角化)

・生理(月経)

 

毛穴つまりを起こす角栓は、表皮に残る古い角質と余分な皮脂が混ざり合って作られます

角栓によって毛穴の入り口が塞がれてしまうと皮脂が毛穴に溜まり、それをエサにアクネ菌が増殖してニキビになってしまうのです。

 

洗顔石けんの選び方 吸着力

 

ですから表皮の余分な皮脂や角質はもちろんのこと、毛穴汚れを残さない洗顔はニキビ予防・改善には欠かせません

ただしスクラブ洗顔のように、肌汚れを“はがす”“けずる”洗顔を行うのはNG行為。

それでは、ただでさえニキビでダメージを受けている肌にさらなる負担をかけてしまいます。

 

肌に負担をかけずに肌汚れを取り除くには、濃密でキメ細かく弾力のある泡で肌汚れを吸着することが最良です。

濃密でキメの細かい泡は毛穴の中まで入り込みますし、弾力泡は摩擦ダメージを最小限にしてくれるでしょう。

 

肌汚れを吸着する?

肌の汚れはプラス因子なのでマイナス因子のクレイ系の洗浄成分などであれば肌の汚れを吸着してくれます。

(磁石を近づけると砂鉄が吸いつくようなイメージ)

 

▼先におすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

保湿力

洗顔石けんの選び方 保湿力

 

乾燥肌の方に話を聞くと「皮脂分泌が不十分だ」と認識されていますが、実は乾燥肌の方ほど皮脂の分泌が活発だったりします。

というのも、乾燥している肌は角質層で水分をキープすることができずに肌バリア機能が低下している状態なので、肌はいつもより余分に皮脂を出して肌のうるおいを保護しようとはたらきかけるから。

その結果、皮脂の過剰分泌になってしまいニキビになりやすい肌になってしまいます。

 

洗顔をするとどうしても皮脂を洗い流すので、一時的に肌が乾燥してしまいます。

少しでも肌を乾燥から守るために(皮脂の過剰分泌を防ぐために)、保湿成分が配合された洗顔料を選びましょう。

 

保湿成分は必要最小限でもOK!

洗顔後は化粧水や美容液などを使用したスキンケアを行うため、洗顔でがっつり保湿する必要はありません。

逆に油分たっぷりの保湿成分だと、スキンケア成分の浸透を妨げる可能性もあるため見極めが必要です。

 

おすすめ保湿成分

グリセリン(天然保湿成分)、ヒアルロン酸やコラーゲンなど元々肌に存在する保湿成分

 

▼先におすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

低刺激

洗顔石けんの選び方 低刺激

 

基本的にニキビ肌は、肌バリア機能が弱まっているので炎症を起こしやすく傷つきやすい肌質。

使用する洗顔石鹸によってはニキビに刺激を与えて悪化させる原因となるので、低刺激なものを選ぶ必要があります。

 

だからといって洗浄力の弱い洗顔石鹸を選んでしまうと、肌汚れを洗い残してニキビを悪化につながる可能性があるため、低刺激と洗浄力のバランスを見極める必要があるでしょう。

 

まずは刺激性と洗浄力の高い石油系合成界面活性剤を洗浄成分にする洗顔石鹸は避け、あとは実際に使用して肌への負担は軽く、けれど肌の汚れは残さない洗顔が実現できる洗顔石鹸を探していくしかありません。

 

ワンポイントアドバイス

洗顔石鹸も肌質も千差万別、自分の肌質に合った洗顔石鹸を見つけるには数をこなすしかありません。

そのために全額返金保証やサンプル品などを活用していくのはよい方法ですが、どれだけ安くなっても最低購入回数が定められている定期コースを利用するのは避けるが無難です。

(まずは単品購入して肌質や洗顔石鹸の性能に満足してから定期コースに切り替えましょう)

 

 

ニキビ肌おすすめ洗顔石鹸ランキング

然(しかり)よかせっけん

ニキビ肌におすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第1位 然(しかり)よかせっけん(旧:つかってみんしゃいよかせっけん)

 

ニキビ有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合の医薬部外品石けん
超微細シリカパウダーが毛穴まで入り込みニキビの原因を取り除く
通常価格 1,800円 の低コスパ!定期コースなら最大10%OFF

 

公式サイトはこちら

 

 

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

ニキビ肌におすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第2位 どろ豆乳石鹸 どろあわわ

 

2種類の美容泥がニキビの原因をしっかり除去、ニキビを作らせません
ターンオーバーを整える洗顔でニキビレス肌に導きます
初回半額、美白美容乳液 薬用とろり液プレゼント!

 

公式サイトはこちら

 

 

NonA(ノンエー)

ニキビ肌におすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第3位 NonA(ノンエー)

 

ニキビ有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合の薬用ニキビ専用洗顔石鹸
ピーリング成分を配合していないのでお肌を傷めません
初回購入限定 10日間全額返金保証付き

 

公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

ニキビ有効成分とは?

ニキビをいち早く改善するには、ニキビ有効成分が配合された洗顔石鹸を選ぶのもひとつの改善法

皮膚科での処方でしか入手できないニキビ治療薬もありますが、最近ではニキビ有効成分が配合された洗顔石鹸(医薬部外品)も数多く発売されているので簡単に購入できます。

 

ただし気をつけたいのが、そのニキビ有効成分がどのように作用するのか。

ニキビ有効成分配合の洗顔石鹸を購入する前に、ニキビ有効成分の効果や副作用についても知っておきましょう

 

サリチル酸

抗菌作用と殺菌作用によるニキビ改善・予防

 

薬局やドラッグストアなど、市販品で比較的手に入りやすいニキビ化粧品に配合されている成分。

 

高い抗菌作用と殺菌作用を持ち、ニキビケア以外にも防腐剤目的で配合されることもあります。

 

サリチル酸配合の商品を使うと、肌表面の余分な雑菌を取り除くのでニキビ改善とニキビ予防につながるでしょう。

 

強力なパワーで肌荒れやかゆみを引き起こす可能性もあるので、肌が敏感な方は最初にパッチテストなどをしてからの使用をおすすめします。

 

▲おすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

グリチルリチン酸ジカリウム

天然由来成分で、優れた抗炎症作用

 

もともと甘草の根や茎から抽出した天然由来成分で、漢方の原料にもなる肌に低刺激なニキビ有効成分。

優れた抗炎症作用が特徴で、副作用の可能性が少ないため洗顔料以外にもヘアケア商品や風邪薬など幅広く配合されています。

(とくに雑菌が繁殖しやすい脂性肌(オイリー肌)にはおすすめの成分です)

 

成分の基本構造がステロイドと似ていて、過剰摂取すると“偽性アルドステロン症”という倦怠感や吐き気を催す可能性もあります。

このような症状が出た場合はすぐに使用を中止してください。

 

▲おすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

グリチルレチン酸ステアリル

油溶性成分なので皮脂腺までしっかり浸透

 

グリチルリチン酸ジカリウムと同様、こちらも甘草の根や茎から抽出したニキビ有効成分。

グリチルリチン酸ジカリウムと似て間違えそうですが、水に溶けにくく油と相性のよい“油溶性成分”という性質に違いがあります。

 

油に馴染みやすいので過剰な皮脂分泌の状態の肌でもきちんと有効成分が皮脂腺に届き、持ち前の抗炎症作用でニキビにアプローチしてくれるでしょう。

 

グリチルリチン酸ジカリウム同様に、基本構造がステロイドと似ている上、そのパワーはグリチルリチン酸ジカリウムよりも強力とされているので、過剰使用は控えた方がよいでしょう。

 

▲おすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

イソフラボン

男性ホルモンの作用を抑制し、皮脂の過剰分泌を予防

 

ソフラボンは皮脂の分泌を促す男性ホルモンを抑えるはたらきをもつので、結果的に毛穴の皮脂つまりを改善しニキビ予防のアプローチにつながります。

 

過剰摂取することにより月経周期の遅れや、逆にホルモンバランスが乱れてしまうという報告もあるので、サプリメントなどと併用する場合は含有量に問題がないか化粧品メーカーに問い合わせをすると安心できます。

 

▲おすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

ニキビ肌におすすめの洗顔方法

正しい洗顔こそがニキビ改善の近道です!

 

ニキビの予防・改善には肌を清潔に保つことが大前提なので、洗顔は朝と夜の2回行うようにしましょう。

 

【洗顔の前準備】

手に付着している雑菌が顔に移るのを予防するために、洗顔前は必ず手をきれいに洗いましょう。

 

【洗顔の手順】

1.使用する洗顔料をしっかり泡立てましょう。

キメの細かい泡が、毛穴の奥底の汚れまで吸着してくれます。

泡立ちの悪い洗顔石鹸は、専用泡立てネットを使うことでもっちり弾力泡が作りやすくなるでしょう。

 

2.皮脂量の多いTゾーンから少ないUゾーンの順に洗顔する。

皮脂の多い部位から泡をのせることで皮脂の汚れを取り除き、肌の乾燥を防ぎます。

 

3.きれいなタオルでタオルを優しく押し当て水分を拭き取る。

一度使用したタオルはニキビの原因菌(アクネ菌)が付着している可能性があるので、毎回タオルを変えて清潔さを保ちましょう。

 

【洗顔後】

化粧水・美容液・乳液といった基礎化粧品で保湿ケアを行う。

どんなに肌に優しい洗顔をしても、少なからず皮脂を洗い流すのでいつもより肌が乾燥しています。

肌の乾燥はトラブルの原因になるので、しっかり保湿ケアをして洗顔のフォローをしてください。

 

しっかりとニキビケアをしているのになかなか改善しない場合は、ノンコメドスキンケアアイテムを使用して積極的にニキビにアプローチするのもよいニキビ改善法になります。

(ノンコメドスキンケアアイテムとは、ニキビケアを目的に開発された化粧品のこと)

 

▲おすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

ニキビケアのよくあるQ&A

「自分のニキビケアは合っているの?」そんな不安を感じたことはありませんか?

ニキビケアに関してのよくある質問にお答えします。

 

ニキビ肌にピーリングは悪?善?

ニキビの炎症がないときに、週に1回から肌様子を見て行う

 

ピーリングとは肌表面に蓄積されてしまった古い角質層を除去し、肌のターンオーバーを正常化させるための角質ケアのひとつ

 

エステサロンや美容皮膚科などではケミカルピーリングという比較的強いピーリング剤を使用した施術を行いますが、最近ではピーリング石鹸や酵素洗顔料で簡単にホームケアできます。

 

古い角質は皮脂と混ざり合い角栓を作って毛穴をつまらせるので、ピーリングケアで肌表面の古い角質を取り除くことはニキビ予防に効果的なアプローチとなるでしょう。

 

ただし、ピーリングケアは肌表面の老廃物を物理的に削り取る(剥がす・溶かす)ので、赤ニキビなど炎症を起こしているときや、極度に肌が弱まっているときは控えるべきです。

また炎症はなくても肌トラブルを抱えているときは週に1回まで、肌状態のよいときでも週に2回までのピーリングケアにとどめるのが無難でしょう。

 

とはいえ、最近はソフトピーリング石鹸といった効果のゆるいアイテムを購入することができるので、まずは隔週に1回、週に1回、週に2回…と肌の様子をみて使用回数を増やし、自分にベストな使用回数を見極めることをおすすめします。

(ピーリング効果で洗い上がりはすべすべ素肌になりますが、使用頻度が早ければ肌のターンオーバーが早まり、未熟な皮膚が表皮に押し出されて肌バリア機能が弱い肌状態になります)

 

ピーリングを行うタイミング

・肌がゴワゴワしてきた。

・肌のくすみが気になりだした。

 

▲おすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

ニキビには固形石けんがいいの?

ニキビには洗顔石鹸がおすすめ

 

ニキビ肌におすすめの洗顔石鹸の記事を読んでいると、どうも“洗顔石鹸”と“固形石けん”の区別ができていないような気がします。

美意識が高く洗顔石鹸選びにこだわりを持っている方の多くは“洗顔石鹸”を愛用しており、洗顔石鹸の多くが固形石けんタイプなので、そのような話になっているのかもしれません。

 

「ニキビには固形石けんがいいの?」という問いを「ニキビには洗顔石鹸がいいの?」に置き換えたなら応えは「Yes」です。

なぜかというと洗顔石鹸はただひとつ、石けん素地を洗浄成分にした洗顔料なので合成界面活性剤を配合せずに作られているから。

(洗浄成分に合成界面活性剤を使用している洗顔料は洗顔フォームに分類されます)

 

もちろん“MADE IN JAPAN”の化粧品には肌に害を与えないとされる合成界面活性剤しか使用できませんが、それでも合成界面活性剤のもつ洗浄力はニキビトラブルを抱えている肌には負担を与える可能性が高くなるでしょう。

 

洗顔石鹸は絶対に肌に優しいというわけではない!

洗顔石鹸の中には石けん素地以外の洗浄成分に合成界面活性剤を加えたり、使い心地をよくしたり、製造コストを下げるために刺激性の高い成分を配合している商品もあります。

 

▲おすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

純石鹸はニキビの救世主になるか?

ニキビには純石鹸という選択肢もあり

 

「皮膚科で純石鹸をすすめられました」と報告をしているブログをいくつか読みました。

純石鹸とは“成分が石けん素地のみ”という石けんのことで、その定義は「脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが98%以上」と定められています。

 

純石鹸は肌に不要な成分を与えなることのない洗顔が行えるので、弱すぎず強すぎず、肌にちょうどよい洗浄力であればニキビ肌にも問題なく使用できます。

ただし純石鹸で洗顔を行う場合は、肌に泡をのせる時間は長くても15秒程度、できれば10秒以内ぐらいが肌を乾燥させる心配がありません。

(純石鹸は他に美容成分が加えられていないので、洗浄力が強く短時間でも肌汚れを落とすことができます)

 

純石鹸でニキビケアを行うメリット

・余分な成分が配合されていないので肌には低刺激で、洗顔後のスキンケアを妨げる心配がない。

・弱アルカリ性の純石鹸で洗顔すれば、アルカリ性に傾いた肌を弱酸性に戻そうと肌が活性化する。

 

純石鹸でニキビケアを行うデメリット

・製造方法によっては一切の保湿成分(グリセリン)が残らないので、急速に肌を乾燥させる可能性があり。

 

また、純石鹸でも製造方法が異なるとその性能は全くことなってきます。

とくに注目したいのは石けん素地の製造工程で、天然保湿成分のグリセリンが残るかどうか。

グリセリンを含んだ洗顔石鹸は、釜炊き製法やコールドプロセス製法など手間暇作られた商品を選びましょう

逆に中和法や鹸化塩析法といった低コスト・大量生産された商品はおすすめできません

 

 

日本石鹸洗剤工業会の公開しているデータから見た洗浄力の強さの関係性は、(洗浄力が強い)ステアリン酸>ミリスチン酸=パルミチン酸=オレイン酸>ラウリン酸(洗浄力が弱い)となります。

 

▲おすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

洗顔後のスキンケアはどうするの?

ニキビを悪化させない基礎化粧品でしっかり保湿ケア

 

ニキビ肌の場合も、通常通り化粧水・美容液・乳液によるスキンケアが必要です。

ただし、刺激性のある成分や油分が多く配合されている基礎化粧品は使わないほうがよいでしょう。

とはいえ「どの基礎化粧品なら大丈夫なのか?」と決めることができない方は、ノンコメドジェニックコスメ(ニキビ用化粧品)がおすすめ

 

一般的に、基礎化粧品には少なからず油分が配合されています。

もちろん、ノンコメドジェニックコスメも例外ではありませんが、ノンコメドジェニックコスメに配合されている油分はアクネ菌の栄養になりにくいものが選ばれているのでニキビの悪化を防ぐことができるのです。

 

またノンコメドジェニックコスメでなくとも、グリチルレチン酸ステアリルやグリチルリチン酸ジカリウムといったニキビ有効成分が配合されている基礎化粧品を選べば炎症を抑えたり、アクネ菌の繁殖を防げる効果が期待できます。

 

あとはニキビが繁殖しやすい乾燥した肌状態を作らないように、しっかり保湿ケアをしていきましょう。

 

▲おすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

ニキビの肌悩みを抱えているなら、まずはニキビの原因を知り生活習慣や洗顔石鹸、肌のお手入れ方法を見直してみることが改善につながるのではないでしょうか。

ニキビの原因・症状段階・洗顔以外のニキビ対策については「ニキビ肌のおすすめ洗顔方法 ~肌質改善の予防と対策」をお読みください。

 

▲おすすめ洗顔石鹸ランキングを見る

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

関連記事

【夏におすすめ】さっぱり感おすすめ洗顔石鹸人気ランキング

汗をかきやすい夏は“さっぱりできる洗顔石鹸”の人気が高まります。 しかし、“さっぱり仕上がる”洗顔料には、実は肌にダメージを与える成分が配合されていることも…。 そこで、肌に優しいけれど、さっぱり洗い心地の洗顔石鹸の選び方とおすすめランキングを当ページで紹介。     さっぱり仕上がる洗顔石鹸の選び方 肌に負担をかけずに、さっぱりとした仕上がり感を楽しめる洗…

≫続きを読む

【シミシワの対策】30代におすすめ洗顔石鹸人気ランキング

20代の頃には気にならなかったくすみ、シワ、たるみなどの肌トラブルが表面化しやすい30代の肌。 30代の洗顔石鹸は、ターンオーバーの促進をサポートし、お肌を乾燥させない商品がおすすめ。 そこで今回は、30代の肌向けだと口コミで人気の洗顔石鹸ランキングの中から私が実際に使用してシミシワが軽減し美容効果を実感できた商品を、洗顔選びのポイントと一緒に紹介します。   【シミシワの対策】30代におすすめ…

≫続きを読む

【お肌の曲がり角】20代におすすめ洗顔石鹸人気ランキング

10代の頃とは違い、皮脂分泌が過剰になってニキビ肌になったり、毛穴が開いてしまうなどの肌トラブルが増えだす20代の肌。 そんな肌には、過剰な皮脂をさっぱり洗い流し、かつ、うるおいを残すための洗顔料をおすすめします。 良い洗顔石鹸を使用した手入れで皮脂コントロールを行い、肌の再生力を高めましょう。   【お肌の曲がり角】20代におすすめ洗顔石鹸人気ランキング 然(しかり)…

≫続きを読む

10代肌悩み思春期ニキビにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

コンプレックスの中でも思春期ニキビトラブルで悩んでいる人は、目立つニキビをとにかく早く治したいと思うはず。 10代の思春期ニキビは、大人のように美肌成分たっぷりの洗顔石鹸を選ぶ必要はなく、ニキビに重点を置いた洗顔石鹸を選び、ニキビを予防する洗顔方法を行うだけで改善へのアプローチが可能です! ⇒思春期ニキビに適した洗顔石鹸の選び方を知りたい方は、こちらをお読みください。 …

≫続きを読む

大人ニキビにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

しつこい大人にきびは治りにくいだけでなく、にきび跡になると消えなくて大変です。   そんな厄介な大人にきびの予防に役立ち、現在進行中の大人ニキビの改善にも一役買ってくれる洗顔方法や洗顔石鹸を紹介していきます。   ⇒大人ニキビにおすすめ洗顔石鹸ランキング ⇒大人ニキビを治す、洗顔石鹸の選び方 ⇒大人ニキビを作らない…

≫続きを読む

美白・透明感のある肌を目指すビタミン洗顔人気ランキング

輝くような美肌を目指すならビタミンがおすすめ! 詳しいことはわからなくても、ビタミンのパワーがシミケアなど、美白に勤しむ女性に人気があることはご存知の方も多いはず。 ビタミン類には様々な種類があり、各々で肌に働きかける効能も違います。 今回はビタミンが配合されている洗顔石鹸をご紹介するので、自分の肌にとって有効な成分をきちんと理解して、洗顔から美肌美人を目指しませんか?   …

≫続きを読む

保湿力が高くトラブル肌改善におすすめ洗顔人気ランキング

“保湿”というと洗顔後のケアをイメージするかもしれませんが、実は保湿ケアは洗顔から始まっています。 むしろ、保湿に適した洗顔料を選ぶことこそ、悩ましい年齢肌や肌トラブルを改善する近道と言っても過言ではないので、実際に私が使用して肌の乾燥トラブルが改善できた、保湿力の高いおすすめ洗顔料をランキング形式で紹介します。   保湿力が高くトラブル肌改善におすすめ洗顔人気ランキング …

≫続きを読む

しわ・たるみにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

悲しいことに、加齢とともに抗えないのが肌老化、気になる肌のしわやたるみを改善しようと思ったら一両日中にできないのはご存知の通りですが、洗顔石鹸である程度の効果を出すことは可能です。 しわ・たるみにアタックしてくれる美容成分や、肌の潤いをキープしてくれる保湿成分をたっぷり配合した商品なら、進行する年齢肌の悩みに“待った”をかけてくれるかもしれません。   しわ・たるみにおすすめ洗…

≫続きを読む

アンチエイジングにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

歳を重ねるごとに気になってくるのが“肌老化”。 「あの頃の肌に戻りたい…。」そんな風に考えている方も多いと思いますが、洗顔石鹸を見直すことでエイジングケアできる可能性が高いことをご存知ですか? 配合される美容成分が肌老化に待ったをかけ、肌の水分量を調整して若々しさをキープ! 次に永遠の美肌を目指してアンチエイジングできるおすすめ洗顔石鹸をランキング形式で紹介し、その理由をそれ以降でお伝えして…

≫続きを読む

くすみ改善・美白ケアにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

“憧れの白い肌”。女性の多くの憧れですが、いつまでも抜けるような透明肌をキープするには自分自身が丹念に育てなければなりません。 年齢とともに進む肌のくすみは、古い角質や毛穴汚れ(化粧汚れ)の溜まりや、さらにそこからくるターンオーバーの低下など様々な原因があります。 しかし“お肌のくすみ”は、洗顔を見直すことで改善できる可能性が高く、そのための洗顔石鹸選びに大切なのはくすみの原因を取り除くことに…

≫続きを読む


シミ・そばかすを消すのにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  シミを消したい方の多くが美白化粧品を愛用されているかもしれませんが、いち早く改善したいならシミを意識した洗顔を行うことで、より効果的なシミ対策を行えるかもしれません。     [toc]   シミ・そばかすを消す石鹸の選び方 シミやそばかすを消す方法としては、美白成分配合化粧品でのシミ取りスキンケアも大切ですが、肌の汚れや角栓を残さ…

≫続きを読む

いちご鼻改善におすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  毛穴の黒ずみや角栓トラブルの中でも、鼻を触るとざらつき、外見もいちごの種が小鼻に植え付けられているかのような“いちご鼻”は、なかなか改善しない肌悩みのひとつ。 そんないちご鼻を効率よく改善できるスキンケア方法やおすすめのアイテムを紹介します。   ⇒いちご鼻を治す洗顔石鹸ランキング ⇒いちご鼻を治す洗顔方法 ⇒…

≫続きを読む

毛穴の開き・引き締めにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

毛穴の開きを引き締めるための対策は、スキンケアの中でも洗顔が最も重要となってきます。 そこで、毛穴を引き締めるポイントをしっかり押さえた、おすすめの洗顔料をおすすめランキングを作成しました。 加えて、毛穴が開いてしまう原因や間違ったお手入れ方法を知れば、より効果的な毛穴の改善ケアに取り組めますよ!   毛穴を引き締める洗顔料の選び方   毛穴の開きが気に…

≫続きを読む

毛穴の黒ずみ・毛穴の角栓におすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  毛穴の黒ずみや角栓(いちご鼻)といった毛穴つまりの肌トラブルは、肌のざらつきやニキビといった肌悩みの原因になります。 そんな毛穴つまりを改善するには、洗顔こそが最善の改善策・予防策になることをご存知ですか? 毛穴の黒ずみ・角栓 洗顔石鹸ランキング 毛穴の黒ずみ・角栓 洗顔石鹸の選び方 毛穴の黒ずみ・角栓を改善する洗顔方法 …

≫続きを読む

アレルギー肌におすすめ洗顔石鹸人気ランキング

アレルギー肌の人が使う洗顔せっけんは、肌バリア機能や代謝といった肌の働きをサポートするのに大切ですが、慎重に洗顔料選びをしなければいけません。 体験談やクチコミ評価、人気の商品から、私自身が役に立ったアレルギー肌におすすめの洗顔石鹸3種類をご紹介します。 自分の肌に合うかどうか?洗顔料選びのポイントを当てはめながら、相性を見極めてみてください!   アレルギー肌におすすめ洗顔…

≫続きを読む

アトピー肌におすすめ洗顔石鹸、洗顔料人気ランキング

アトピー肌の方は、ちょっとした刺激物でも症状が悪化することもあるので、洗顔石鹸選びには気をつけていることでしょう。 アトピー肌の改善には、まずは肌本来の力を取り戻す洗顔石鹸を選ぶ必要があります。 さらに、アトピーを悪化させない肌に優しい配合成分であること、肌バリア機能を高める保湿成分が配合されていること、上記3点をポイントにしたアトピー肌におすすめ洗顔石鹸のランキングを紹介します。 &n…

≫続きを読む


ニキビ肌におすすめの洗顔石鹸人気ランキング

  洗顔石鹸での洗顔は、ニキビの改善と予防には欠かせないスキンケアポイント。   ニキビ肌の場合は①吸着力、②保湿力、③低刺激の3つのポイントを抑えた洗顔石鹸選びをしましょう。   ニキビケアに適した洗顔石鹸で正しい洗顔を行っていけばニキビ悩みは解消できます。     ニキビ肌向け洗顔料の選び方   ニキビ…

≫続きを読む

混合肌におすすめの洗顔石鹸人気ランキング

混合肌の人が使う洗顔石鹸は、カサつきやベタつきといった場所を改善するだけでなく、状態の良いコンディション部分をキープしていくお手入れも必要です。 また、混合肌は色々な肌質が混ざった状態なので、肌トラブルや肌ケアを意識した洗顔料選びが大切! そこで、体験談や口コミでの評価、人気の商品特徴から、混合肌におすすめの洗顔石鹸ベスト3をピックアップしました。   [toc]  …

≫続きを読む

脂性肌(オイリー肌)におすすめ洗顔石鹸人気ランキング

脂性肌の方はいちご鼻や毛穴の黒ずみ、頬の毛穴の開きといった、毛穴トラブルに悩むことが多いです。 なぜなら皮脂腺が活発な毛穴は、皮脂量の過剰な分泌により毛穴が開いてしまい、目立ちやすいのも特徴だから。 毛穴汚れ対策やごわついた角質ケアのスペシャルケアに、スクラブ洗顔やピーリングをたまに使うのは良いですが、肌表面の外側から毛穴を押し開くことなく汚れを吸着するのは、毎日の洗顔! そ…

≫続きを読む

乾燥肌におすすめの洗顔石鹸人気ランキング

乾燥肌はきちんと手入れをしないと肌の乾燥が原因でニキビやくすみ、シワといったトラブルの原因になってしまいます。   できるなら肌のカサつきの悪化を防ぐだけでなく、肌に潤いを取り戻す洗顔料選びを行いたいところ。   そこで乾燥肌向けで、かつ乾燥による肌トラブルを改善するおすすめ洗顔石鹸を紹介します。   ⇒先に乾燥肌におすすめ洗顔石鹸人気ランキン…

≫続きを読む


敏感肌におすすめの洗顔石鹸人気ランキング

  敏感肌の方に人気のある洗顔石鹸は、泡立ちや洗い上がりよりも、皮膚へのダメージを予防する低刺激タイプが人気。   ですが、それだけでは不十分。 その後のスキンケアまで考えた洗顔石鹸選びをしないと、いつまでも敏感肌に悩むことになるかもしれません…。   「脱・敏感肌!を目指すための洗顔石鹸選びに迷っているなら、ぜひこの記事を役立ててください。 &nb…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close