洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較
洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較

ニキビ肌におすすめの洗顔石鹸人気ランキング

にきびは洗顔で改善・予防できる!

 

洗顔石鹸での洗顔は、ニキビの改善と予防には欠かせないスキンケアポイント。

 

ニキビ肌の場合は①吸着力、②保湿力、③低刺激の3つのポイントを抑えた洗顔石鹸選びをしましょう。

 

ニキビケアに適した洗顔石鹸で正しい洗顔を行っていけばニキビ悩みは解消できます。

 

にきびにおすすめの洗顔石鹸を見る

 

 

ニキビ肌おすすめ洗顔石鹸ランキング

NonA(ノンエー)

にきび肌におすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第1位 NonA(ノンエー)

 

ニキビ有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合の薬用ニキビ専用洗顔石鹸
ピーリング成分を配合していないのでニキビで弱っている肌を傷めません
初回購入限定 10日間全額返金保証付き

 

NonAの公式サイトはこちら

 

 

然(しかり)よかせっけん

にきび肌におすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第2位 然(しかり)よかせっけん(旧:つかってみんしゃいよかせっけん)

 

ニキビ有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合の医薬部外品石けん
超微細シリカパウダーが毛穴まで入り込みニキビの原因を取り除く
単品通常価格1,800円(税別)の低コスパ!さらに定期コースで最大10%OFF

 

然よか石けんで思春期にきびは治せる?検証・特集ページはこちら

 

 

ファーストクラッシュ

にきび肌におすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第3位 ファーストクラッシュ(FIRST CLUSH)

 

洗顔×化粧水×乳液が1本に!トータルケアで洗うだけのニキビ予防
思春期ニキビに悩むお子様のために、保護者が選ぶニキビ洗顔料
効果をじっくり試せる60日間全額返金保証付き

 

ファーストクラッシュ(FIRST CLUSH)の公式サイトはこちら

 

 

思春期にきびにおすすめの洗顔石鹸ランキングはこちら

 

大人にきびにおすすめの洗顔石鹸ランキングはこちら

 

ニキビ肌向け洗顔料の選び方

洗顔石けんでにきびが改善した事例画像

 

ニキビ肌向け洗顔石鹸選びは、①吸着力、②保湿力、③低刺激の3つにポイントをおきましょう。

 

ニキビ肌向けの洗顔石鹸を選び、正しい洗顔方法を身につければニキビ薬や皮膚科に頼ることなくニキビを改善に導けますし、ニキビ予防にもつながります。

 

どうして上記の3つがニキビケアにおすすめなのかを見ていきましょう。

 

吸着力

思春期にきびと大人にきびの特徴

 

思春期ニキビや大人ニキビに関わらず、ニキビの根本的な原因は“毛穴つまり”です。

(ただし、毛穴つまりを起こす要因は思春期ニキビと大人ニキビでは異なります)

 

思春期ニキビの要因

・成長ホルモンの泌の影響による皮脂の過剰分泌

 

大人ニキビの要因

・ストレスや生活習慣の乱れによるホルモンバランスの崩れ、年齢肌トラブルによる肌のターンオーバーの遅れや乾燥による皮脂の過剰分泌

・洗い残しが原因で古い角質を蓄積(角質肥厚・角化)

・生理(月経)

 

毛穴つまりを起こす角栓は、表皮に残る古い角質と余分な皮脂が混ざり合って作られます

角栓によって毛穴の入り口が塞がれてしまうと皮脂が毛穴に溜まり、それをエサにアクネ菌が増殖してニキビになってしまうのです。

 

洗顔石けんの選び方 吸着力

 

ですから表皮の余分な皮脂や角質はもちろんのこと、毛穴汚れを残さない洗顔はニキビ予防・改善には欠かせません

ただしスクラブ洗顔のように、肌汚れを“はがす”“けずる”洗顔を行うのはNG行為。

それでは、ただでさえニキビでダメージを受けている肌にさらなる負担をかけてしまいます。

 

肌に負担をかけずに肌汚れを取り除くには、濃密でキメ細かく弾力のある泡で肌汚れを吸着することが最良です。

濃密でキメの細かい泡は毛穴の中まで入り込みますし、弾力泡は摩擦ダメージを最小限にしてくれるでしょう。

 

肌汚れを吸着する?

肌の汚れはプラス因子なのでマイナス因子のクレイ系の洗浄成分などであれば肌の汚れを吸着してくれます。

(磁石を近づけると砂鉄が吸いつくようなイメージ)

 

保湿力

洗顔石けんの選び方 保湿力

 

乾燥肌の方に話を聞くと「皮脂分泌が不十分だ」と認識されていますが、実は乾燥肌の方ほど皮脂の分泌が活発だったりします。

というのも、乾燥している肌は角質層で水分をキープすることができずに肌バリア機能が低下している状態なので、肌はいつもより余分に皮脂を出して肌のうるおいを保護しようとはたらきかけるから。

その結果、皮脂の過剰分泌になってしまいニキビになりやすい肌になるでしょう

 

洗顔をするとどうしても皮脂を洗い流すので、一時的に肌が乾燥してしまいます。

少しでも肌を乾燥から守るために(皮脂の過剰分泌を防ぐために)、保湿成分が配合された洗顔料を選びましょう。

 

保湿成分は必要最小限でもOK!

洗顔後は化粧水や美容液などを使用したスキンケアを行うため、洗顔でがっつり保湿する必要はありません。

逆に油分たっぷりの保湿成分だと、スキンケア成分の浸透を妨げる可能性もあるため見極めが必要です。

 

おすすめ保湿成分

グリセリン(天然保湿成分)、ヒアルロン酸やコラーゲンなど元々肌に存在する保湿成分

 

低刺激

洗顔石けんの選び方 低刺激

 

基本的にニキビ肌は、肌バリア機能が弱まっているので炎症を起こしやすく傷つきやすい肌質。

使用する洗顔石鹸によってはニキビに刺激を与えて悪化させる原因となるので、低刺激なものを選ぶ必要があります。

 

だからといって洗浄力の弱い洗顔石鹸を選んでしまうと、肌汚れを洗い残してニキビを悪化につながる可能性があるため、低刺激と洗浄力のバランスを見極める必要があるでしょう。

 

まずは刺激性と洗浄力の高い石油系合成界面活性剤を洗浄成分にする洗顔石鹸は避け、あとは実際に使用して肌への負担は軽く、けれど肌の汚れは残さない洗顔が実現できる洗顔石鹸を探していくしかありません。

 

ワンポイントアドバイス

洗顔石鹸も肌質も千差万別、自分の肌質に合った洗顔石鹸を見つけるには数をこなすしかありません。

そのために全額返金保証やサンプル品などを活用していくのはよい方法ですが、どれだけ安くなっても最低購入回数が定められている定期コースを利用するのは避けるが無難です。

(まずは単品購入して肌質や洗顔石鹸の性能に満足してから定期コースに切り替えましょう)

 

 

ニキビ有効成分とは?

ニキビをいち早く改善するには、ニキビ有効成分が配合された洗顔石鹸を選ぶのもひとつの改善法

皮膚科での処方でしか入手できないニキビ治療薬もありますが、最近ではニキビ有効成分が配合された洗顔石鹸(医薬部外品)も数多く発売されているので簡単に購入できます。

 

ただし気をつけたいのが、そのニキビ有効成分がどのように作用するのか。

ニキビ有効成分配合の洗顔石鹸を購入する前に、ニキビ有効成分の効果や副作用についても知っておきましょう

 

グリチルリチン酸ジカリウム

天然由来成分で、優れた抗炎症作用

 

もともと甘草の根や茎から抽出した天然由来成分で、漢方の原料にもなる肌に低刺激なニキビ有効成分。

優れた抗炎症作用が特徴で、副作用の可能性が少ないため洗顔料以外にもヘアケア商品や風邪薬など幅広く配合されています。

(とくに雑菌が繁殖しやすい脂性肌(オイリー肌)にはおすすめの成分です。)

 

成分の基本構造がステロイドと似ていて、過剰摂取すると“偽性アルドステロン症”という倦怠感や吐き気を催す可能性もあります。

このような症状が出た場合はすぐに使用を中止してください。

 

グリチルリチン酸ジカリウム配合のおすすめ洗顔石鹸

 

然よか石けんで思春期にきびは治せる?検証・特集ページはこちら

 

然(しかり)よか石けんの体験レビューはこちら

 

NonA(ノンエー)の公式サイトはこちら

 

NonA(ノンエー)の体験レビューはこちら

 

サリチル酸

抗菌作用と殺菌作用によるニキビ改善・予防

 

薬局やドラッグストアなど、市販品で比較的手に入りやすいニキビ化粧品に配合されている成分。

 

高い抗菌作用と殺菌作用を持ち、ニキビケア以外にも防腐剤目的で配合されることもあります。

 

サリチル酸配合の商品を使うと、肌表面の余分な雑菌を取り除くのでニキビ改善とニキビ予防につながるでしょう。

 

強力なパワーで肌荒れやかゆみを引き起こす可能性もあるので、肌が敏感な方は最初にパッチテストなどをしてからの使用をおすすめします。

 

サリチル酸配合のおすすめ洗顔石鹸

 

ファーストクラッシュの公式サイトはこちら

 

ファーストクラッシュの体験レビューはこちら

 

イソフラボン

男性ホルモンの作用を抑制し、皮脂の過剰分泌を予防

 

ソフラボンは皮脂の分泌を促す男性ホルモンを抑えるはたらきをもつので、結果的に毛穴の皮脂つまりを改善しニキビ予防アプローチにつながるでしょう。

 

過剰摂取することにより月経周期の遅れや、逆にホルモンバランスが乱れてしまうという報告もあるので、サプリメントなどと併用する場合は含有量に問題がないか化粧品メーカーに問い合わせをすると安心できます。

 

イソフラボンのおすすめ洗顔石鹸

 

どろあわわの公式サイトはこちら

 

どろあわわの体験レビューはこちら

 

グリチルレチン酸ステアリル

油溶性成分なので皮脂腺までしっかり浸透

 

グリチルリチン酸ジカリウムと同様、こちらも甘草の根や茎から抽出したニキビ有効成分。

グリチルリチン酸ジカリウムと似て間違えそうですが、水に溶けにくく油と相性のよい“油溶性成分”という性質に違いがあります。

 

油に馴染みやすいので過剰な皮脂分泌の状態の肌でもきちんと有効成分が皮脂腺に届き、持ち前の抗炎症作用でニキビにアプローチしてくれるでしょう。

 

グリチルリチン酸ジカリウム同様に、基本構造がステロイドと似ている上、そのパワーはグリチルリチン酸ジカリウムよりも強力とされているので、過剰使用は控えてください。

 

ニキビ肌におすすめの洗顔方法

正しい洗顔こそがニキビ改善の近道です!

 

ニキビの予防・改善には肌を清潔に保つことが大前提なので、洗顔は朝と夜の2回行うようにしましょう。

 

【洗顔の前準備】

手に付着している雑菌が顔に移るのを予防するために、洗顔前は必ず手をきれいに洗いましょう。

 

【洗顔の手順】

1.使用する洗顔料をしっかり泡立てましょう。

キメの細かい泡が、毛穴の奥底の汚れまで吸着してくれます。

泡立ちの悪い洗顔石鹸は、専用泡立てネットを使うことでもっちり弾力泡が作りやすくなるでしょう。

 

2.皮脂量の多いTゾーンから少ないUゾーンの順に洗顔する。

皮脂の多い部位から泡をのせることで皮脂の汚れを取り除き、肌の乾燥を防ぎます。

 

3.きれいなタオルでタオルを優しく押し当て水分を拭き取る。

一度使用したタオルはニキビの原因菌(アクネ菌)が付着している可能性があるので、毎回タオルを変えて清潔さを保ちましょう。

 

【洗顔後】

化粧水・美容液・乳液といった基礎化粧品で保湿ケアを行う。

どんなに肌に優しい洗顔をしても、少なからず皮脂を洗い流すのでいつもより肌が乾燥しています。

肌の乾燥はトラブルの原因になるので、しっかり保湿ケアをして洗顔のフォローをしてください。

 

しっかりとニキビケアをしているのになかなか改善しない場合は、ノンコメドスキンケアアイテムを使用して積極的にニキビにアプローチするのもよいニキビ改善法になります。

(ノンコメドスキンケアアイテムとは、ニキビケアを目的に開発された化粧品のこと)

 

 

にきびにおすすめの洗顔石鹸を見る

 

ニキビケアのよくあるQ&A

「自分のニキビケアは合っているの?」そんな不安を感じたことはありませんか?

ニキビケアに関してのよくある質問にお答えします。

 

ニキビ肌にピーリングは悪?善?

ニキビの炎症がないときに、週に1回から肌様子を見て行う

 

ピーリングとは肌表面に蓄積されてしまった古い角質層を除去し、肌のターンオーバーを正常化させるための角質ケアのひとつ

 

エステサロンや美容皮膚科などではケミカルピーリングという比較的強いピーリング剤を使用した施術を行いますが、最近ではピーリング石鹸や酵素洗顔料で簡単にホームケアできます。

 

古い角質は皮脂と混ざり合い角栓を作って毛穴をつまらせるので、ピーリングケアで肌表面の古い角質を取り除くことはニキビ予防に効果的なアプローチとなるでしょう。

 

ただし、ピーリングケアは肌表面の老廃物を物理的に削り取る(剥がす・溶かす)ので、赤ニキビなど炎症を起こしているときや、極度に肌が弱まっているときは控えるべきです。

また炎症はなくても肌トラブルを抱えているときは週に1回まで、肌状態のよいときでも週に2回までのピーリングケアにとどめるのが無難でしょう。

 

とはいえ、最近はソフトピーリング石鹸といった効果のゆるいアイテムを購入することができるので、まずは隔週に1回、週に1回、週に2回…と肌の様子をみて使用回数を増やし、自分にベストな使用回数を見極めることをおすすめします。

(ピーリング効果で洗い上がりはすべすべ素肌になりますが、使用頻度が早ければ肌のターンオーバーが早まり、未熟な皮膚が表皮に押し出されて肌バリア機能が弱い肌状態になります)

 

ピーリングを行うタイミング

・肌がゴワゴワしてきた。

・肌のくすみが気になりだした。

 

ニキビには固形石けんがいいの?

ニキビには洗顔石鹸がおすすめ

 

ニキビ肌におすすめの洗顔石鹸の記事を読んでいると、どうも“洗顔石鹸”と“固形石けん”の区別ができていないような気がします。

美意識が高く洗顔石鹸選びにこだわりを持っている方の多くは“洗顔石鹸”を愛用しており、洗顔石鹸の多くが固形石けんタイプなので、そのような話になっているのかもしれません。

 

「ニキビには固形石けんがいいの?」という問いを「ニキビには洗顔石鹸がいいの?」に置き換えたなら応えは「Yes」です。

なぜかというと洗顔石鹸はただひとつ、石けん素地を洗浄成分にした洗顔料なので合成界面活性剤を配合せずに作られているから。

(洗浄成分に合成界面活性剤を使用している洗顔料は洗顔フォームに分類されます)

 

もちろん“MADE IN JAPAN”の化粧品には肌に害を与えないとされる合成界面活性剤しか使用できませんが、それでも合成界面活性剤のもつ洗浄力はニキビトラブルを抱えている肌には負担を与える可能性が高くなるでしょう。

 

洗顔石鹸は絶対に肌に優しいというわけではない!

洗顔石鹸の中には石けん素地以外の洗浄成分に合成界面活性剤を加えたり、使い心地をよくしたり、製造コストを下げるために刺激性の高い成分を配合している商品もあります。

 

純石鹸はニキビの救世主になるか?

ニキビには純石鹸という選択肢もあり

 

「皮膚科で純石鹸をすすめられました」と報告をしているブログをいくつか読みました。

純石鹸とは“成分が石けん素地のみ”という石けんのことで、その定義は「脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが98%以上」と定められています。

 

純石鹸は肌に不要な成分を与えなることのない洗顔が行えるので、弱すぎず強すぎず、肌にちょうどよい洗浄力であればニキビ肌にも問題なく使用できるでしょう。

ただし純石鹸で洗顔を行う場合は、肌に泡をのせる時間は長くても15秒程度、できれば10秒以内ぐらいが肌を乾燥させる心配がありません。

(純石鹸は他に美容成分が加えられていないので、洗浄力が強く短時間でも肌汚れを落とすことができます)

 

純石鹸でニキビケアを行うメリット

・余分な成分が配合されていないので肌には低刺激で、洗顔後のスキンケアを妨げる心配がない。

・弱アルカリ性の純石鹸で洗顔すれば、アルカリ性に傾いた肌を弱酸性に戻そうと肌が活性化する。

 

純石鹸でニキビケアを行うデメリット

・製造方法によっては一切の保湿成分(グリセリン)が残らないので、急速に肌を乾燥させる可能性があり。

 

また、純石鹸でも製造方法が異なるとその性能は全くことなってきます。

とくに注目したいのは石けん素地の製造工程で、天然保湿成分のグリセリンが残るかどうか。

グリセリンを含んだ洗顔石鹸は、釜炊き製法やコールドプロセス製法など手間暇作られた商品を選びましょう

逆に中和法や鹸化塩析法といった低コスト・大量生産された商品はおすすめできません

 

 

日本石鹸洗剤工業会の公開しているデータから見た洗浄力の強さの関係性は、(洗浄力が強い)ステアリン酸>ミリスチン酸=パルミチン酸=オレイン酸>ラウリン酸(洗浄力が弱い)となります。

 

洗顔後のスキンケアはどうするの?

ニキビを悪化させない基礎化粧品でしっかり保湿ケア

 

ニキビ肌の場合も、通常通り化粧水・美容液・乳液によるスキンケアが必要です。

ただし、刺激性のある成分や油分が多く配合されている基礎化粧品は使わないほうがよいでしょう。

とはいえ「どの基礎化粧品なら大丈夫なのか?」と決めることができない方は、ノンコメドジェニックコスメ(ニキビ用化粧品)がおすすめ

 

一般的に、基礎化粧品には少なからず油分が配合されています。

もちろん、ノンコメドジェニックコスメも例外ではありませんが、ノンコメドジェニックコスメに配合されている油分はアクネ菌の栄養になりにくいものが選ばれているのでニキビの悪化を防ぐことができるのです。

 

またノンコメドジェニックコスメでなくとも、グリチルレチン酸ステアリルやグリチルリチン酸ジカリウムといったニキビ有効成分が配合されている基礎化粧品を選べば炎症を抑えたり、アクネ菌の繁殖を防げる効果が期待できます。

 

あとはニキビが繁殖しやすい乾燥した肌状態を作らないように、しっかり保湿ケアをしていきましょう。

 

ニキビの肌悩みを抱えているなら、まずはニキビの原因を知り生活習慣や洗顔石鹸、肌のお手入れ方法を見直してみることが改善につながるのではないでしょうか。

ニキビの原因・症状段階・洗顔以外のニキビ対策については「ニキビ肌のおすすめ洗顔方法 ~肌質改善の予防と対策」をお読みください。

 

にきびにおすすめの洗顔石鹸を見る

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

  • kuroda より:

    ニキビに悩んでいる36歳です。
    今は朝は水洗顔、夜はオルビスのクレンジング剤、洗顔料・化粧水・クリームはプロアクティブを使用していますが、ニキビ以外にも目元と口元のつっぱりが気になりはじめました。
    プロアクティブは約半年使用していますが、ニキビは好転していません。
    そろそろエイジングケアにも本腰を入れたいので、ニキビ(毛穴ケア)はクレンジング+洗顔料、エイジングケアを基礎化粧品で行いたいと思い、プロアクティブに変わる洗顔料を探しています。
    こちらのサイトで紹介されているNonAとよか石けんに興味を持っています!
    基礎化粧品はまだ検討中ですが、候補として肌美精かプレオールをでエイジングケアと美白ケアを行いたいと考えています。

    もしニキビケア+エイジングケア(美白ケア)をするとしたら、NonAとよか石けんどちらがおすすめですか?
    教えてください!(。╹ω╹。)

    • 松本美香 より:

      ご質問ありがとうございます。
      返答がおそくなって申し訳ありません。m(_ _)m
      まずニキビケアについて「Non A.」と「然よかせっけん」で迷われているとのこと。
      こちらの結論からいうと、もし肌がニキビで炎症を起こしている状態なら「Non A.」を、炎症する前の軽い状態(もしくはニキビ予防が主な目的)なら「然よかせっけん」を選択しましょう。
      「然よかせっけん」は独自に加工した超微細シリカパウダーの泡が毛穴の奥まで入り込み、しっかり吸着して肌の汚れを落としてくれる石鹸です。
      また医薬部外品としてグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていますからニキビ予防には効果を発揮してくれますが、これはあくまでも“有効成分”で、ニキビに対する“薬用成分”は配合されていません。
      いっぽう「Non A.」は“薬用ニキビ専用”とうたっているだけに、炎症を鎮める甘草成分や、ニキビ予防・皮脂の抑制が期待できるダイズエキスなどを配合し、炎症を起こしているニキビに直接はたらきかけてくれるでしょう。
      もしニキビを未然に防ぎ、その後の美肌キープまで考えているなら、アロエエキスや黒砂糖など自然由来の美容成分をふんだんに配合している「然よかせっけん」をおすすめします。

      洗顔石鹸以外のアドバイスにはなりますが、現在、基礎化粧品でエイジングケア(美白ケア)をご検討とのこと。
      「肌美精」か「プリオール」を購入予定だそうですが、エイジングケアを主目的と考えるならば「プリオール」がいいのではないでしょうか。
      「プリオール」は大人の女性を対象とし、エイジングケアに特化してハリやうるおい、乾燥による小じわを中心に年齢サインにはたらきかける商品です。
      対して「肌美精」はエイジングケアに特化というより、そのときの肌の状態や変わり目で最適なバランスを整えることに重きをおいた商品ですから、エイジングケアとしては物足りなさを感じるかもしれませんね。
      また「プリオール」のシリーズから美白をうたった医薬部外品の乳液も販売されていますから、取り入れてみるのもひとつの手でしょう。
      ちなみに美白ケアを主目的と考えるなら、同じ資生堂から「HAKU」が販売されています。
      基礎化粧品すべてにメラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ美白有効成分が配合された商品なので、実感が得られやすいかもしれません。
      美白ケアの一番大切なポイントは、とにかく毎日コツコツ続けていく努力です。
      どんなに効果な商品を使ったとしても、すぐに「肌が白くなった!」などということはあり得ませんので、1年後・3年後の肌の透明感への貯金と考えるべき。
      スキンケアのお手入れはもちろん、外出時には日焼け止めを塗り、日傘や帽子などで日光を遮るなどなるべく紫外線の浴びない対策を心掛けてください。

  • お気軽にコメントをどうぞ。

    関連記事

    画像PC、スマホ切り替えテスト

    classを指定することでPC、スマホで画像の切り替えができます。 PCのみ表示させたい場合・・・class="display" スマホのみ表示させたい場合・・・class="display_s" …

    ≫続きを読む


    ダヴの洗顔石鹸、格安でも低刺激で保湿力も抜群ってホント?

      プチプラで種類も多く、CMなどでよく知られていることから常に一定の人気を誇るユニリーバのDove(ダヴ)シリーズ。 今回はそんなダヴの洗顔料に着目し、それぞれの特徴や肌タイプ別の口コミを紹介します。   「ダヴははたして本当に優れた洗顔料なのか?」、「本当に肌のためになる洗顔料とはなんなのか?」ということをみていきましょう。   [toc] &n…

    ≫続きを読む


    【夜用のどろ豆乳石鹸】くろあわわ

    毛穴やくすみ、ゴワつきを一掃してくれるとして人気の洗顔料どろあわわ。   どろあわわの新商品として、洗浄力がパワーアップした、夜用洗顔料「くろあわわ」誕生しました。     [toc]   くろあわわの体験談レビュー   くろあわわはこうして届く!   くろあわわを公式サイトのネット注文で購入したら、1週…

    ≫続きを読む


    赤ちゃんのようなしっとり肌を手に入れる洗顔石鹸の選び方

      手に触れるとしっとり吸い付くような肌は、女性なら誰でも憧れますよね? でも自分なりに毎日ケアしているのに「なかなか理想の状態にならない!」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。   何も知識なく、自己流でケアしていてもそれはなかなか結果につながらないはず。 洗顔石鹸選びはもちろん、正しい洗顔方法や毎日の生活スタイルを身につければ、しっとりする理想肌を作り…

    ≫続きを読む


    「何もしてないわよ」は絶対ウソ!美肌とお金は正比例する!

    こんにちは(^▽^)/ 皆様は「基礎化粧品」ってどんなものを使っていますか? わたしはズボラ~なのでここ数年はいわゆる「オールインワン」タイプのジェルクリームをメインに使っています。   しかし若かった頃はあんまりお金がなかったので薬局で安~い化粧水ばかり使っていたんですね! でも20代半ばになってくるとだんだんお肌トラブルに見舞われる頻度が高くなり、まともな基礎化粧品を探しに…

    ≫続きを読む


    「毛穴キレイ」になれない、わが家の哀しい事情(涙)

    めっきり朝晩寒くなってきましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか? 冬場はお肌が乾燥しやすくなるため、季節に合わせたお手入れが必要になってきますよね。 お肌の健康を保つにはまず洗顔をきっちりと正しい方法ですることが基本になってくると思うんですが、今回は冬場につきもの!?の哀しいエピソードです。。。   わたしだけかしら?(^p^) [no_toc]   こうい…

    ≫続きを読む


    値段が安いビオレの洗顔料!でも肌への効果は良くないの?

      花王の「ビオレ」シリーズはドラッグストアやスーパーでも見かけますし、CMも頻繁に流れているため、この名前を知らない人はなかなかいないでしょう。   そこでビオレの洗顔料について、どのような種類や特徴があるのか、加えて気になる悪い口コミや使用にあたって気になる点などにも着目し徹底調査しました!   [toc]   ビオレの洗顔料 &…

    ≫続きを読む


    【ファイッ】若手OL「大人ニキビ」VSお局様「吹き出物」

    こんにちは(^▽^)/   皆さんは大人になってからの「ニキビ」ってできたことありますか?   [toc]   わたしのニキビピークは高校生のころ。 ほんのりお化粧をし始めたころでもあったし、 なぜか毎朝顔がベタベタしてた時期でもあったので、よくニキビができて悩んでました。 お肌が弱めだったので真っ赤になって目立つし恥ずかしかったなぁ。゚( ゚´Д`…

    ≫続きを読む


    洗顔石鹸の泡を飲み込んだ!洗顔料を飲んだ場合の対処法

      洗顔をしている際、誤って洗顔泡やすすいだ水が口に入ってしまった!ということってありませんか?   これは多くの場合“うっかり”“誤って”かもしれませんが、家族の中の誰かが、そんな危険と隣り合わせの立場にいるかもしれないのです。   もしそうなってしまったら、慌てず、落ち着いて対処することが肝心。   今回はその対処法や、少しでも安全・安…

    ≫続きを読む


    ページの先頭へ

    PAGETOP

    close