素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   89 Views

ニキビ肌のおすすめ洗顔方法

ニキビ肌は、一度できると炎症を起こしたりニキビ跡になったり完治しにくい肌悩み…。
実は、ニキビが治りにくい原因に「洗顔方法が間違っていた!」ということも良くある話です。
そこで、ニキビ肌向けの正しい洗顔をして、ニキビで悩むことのない肌を作るために役立つ情報を紹介します。

 

 


ニキビ肌を改善するための洗顔石鹸の選び方

ニキビ肌向けの洗顔石鹸を選ぶポイントは、今あるニキビに負担をかけずにケアをしながら、予防にも取り組める3つのポイントに注目しましょう!

 

刺激を与えない洗顔石鹸

洗浄力以外にも注目

 

汚れを落とすのが目的の洗顔石鹸ですが、洗浄力の強さだけでなく、泡切れや品質維持、香りや着色など直接、汚れ落としに必要のない成分が、肌に負担を与える恐れがあります。

 

肌への刺激は乾燥や赤み、かゆみといった肌荒れに発展する可能性がありニキビの発生や悪化に繋がってしまうため、低刺激な洗浄成分や無添加タイプの洗顔料を選ぶのが良いでしょう。

 

科学由来や石油系界面活性剤や防腐剤、合成着色料、合成香料など含まれていない洗顔石鹸なら最低限、今あるニキビに負担をかけないためおすすめです。
ただし、一般的に「低刺激」と言われる成分も、アレルギー反応などもあるため「自分にとって刺激にならない洗顔石鹸選び」に気をつけましょう。

 

濃密弾力泡を作れる泡立ちの良い洗顔石鹸

気泡の大きさによる美肌効果の違い

 

洗顔料も固形石鹸だけでなく、今ではクレイやスクラブ、ジェル、オイル、クリーム、フォームタイプなど種類は多岐にわたります。

 

ただし、粒子が荒かったり泡立ちの悪い洗顔料は、肌表面を直接的に擦るためニキビ肌の負担になり、ジェルやオイル、クリームも泡立てて使うタイプなら、粒子が残ると摩擦を起こしてしまいます。
手でゴシゴシ肌を擦るのはもちろんNG行為ですが、泡立ちの良い洗顔料を選ぶことも大切です。

 

たっぷりの濃密泡で毛穴の奥に詰まった皮脂汚れを吸着していけば、肌表面の摩擦も防げるので、泡立ちの良い洗顔石鹸でのニキビケアに取り組みましょう。

 

保湿成分が配合されている洗顔石鹸

保湿ケアはニキビにも有効

 

ニキビケアはもちろん、これからニキビを作らない予防を意識して保湿成分配合の洗顔料もおすすめです。

 

・肌表面の角質層部分にある細胞同士の間を埋める細胞間脂質「セラミド」
・ハリや弾力に必要な「コラーゲン」や「エラスチン」
・コラーゲンやエラスチンの隙間を埋める、保水力にすぐれた「ヒアルロン酸」

 

といった、肌に存在している潤い成分で保湿を心がければ肌のコンディションが整い、刺激に負けないバリア機能の強化や肌代謝の正常化に役立ちます。
加えて、キメ細やかで健やかな肌は、毛穴の詰まりや皮脂の過剰分泌も防げるため、ニキビ予防にも有効です。

 


ニキビ肌に向けた改善の洗顔方法

洗顔方法7ステップ

 

ニキビができた状態の肌はできる限り清潔に保つのも大切で、洗顔は1日2回、朝と晩に洗顔料を使って行うことをおすすめします。

 

間違った洗顔方法はニキビの発生や悪化になる可能性があるため、正しい洗顔方法でおこないましょう。

 

◆洗顔方法7ステップ
1.髪に洗顔料がつかないよう、前髪やもみあげ部分の髪をヘアバンドやクリップでまとめます。
2.汚れ落としと泡立て準備のため、洗顔前には必ず手をきれいに洗いましょう。
3.泡で汚れを落とすために、洗顔料をしっかり泡立てます。(洗顔ネットの活用もおすすめです)
4.皮脂量の多いおでこや鼻、小鼻といったTゾーンから洗顔を始めましょう。
5.乾燥により皮脂分泌がしやすいUゾーンも優しく丁寧に洗っていきます。
6.泡を長時間のせることのないよう、長くても1分以内に顔全体の洗顔を終わらせましょう。
7.生え際や小鼻周り、フェイスラインなどにすすぎが残らないように、丁寧に洗い流します。

 

洗顔回数を増やしたり時間をかけて顔を洗ったり、また洗顔料の美容成分を肌に残すのは、肌にとっては大きな負担となるため正しい洗顔とは言えません。

 


ニキビ肌とは?

思春期にきびと大人にきびの違い

 

「やっとニキビが治ってきた!」と思ったら、また繰り返しできている…なんてこと、ありませんか?
ニキビは10代のときにできる“思春期ニキビ”と、20代以降にできる“大人ニキビ”の2つに分類でき、それぞれ症状や要因が違います。
繰り返しニキビができる肌質なら、きちんと原因を知り適切な対策や予防に取り組んでいきましょう。

 


ニキビの原因

にきびのメカニズム

 

はじめに思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌による毛穴詰まりがおもな原因。
10代の成長期は女性・男性ホルモンがいずれも活発で皮脂の量が増えるので、この皮脂が毛穴を詰まらせた結果、アクネ菌が増殖してニキビへと発展してしまうのです。
肌質としては、普通肌や脂性肌(オイリー肌)の人がニキビになりやすいと言えるでしょう。

 

かたや大人ニキビも同じ毛穴の詰まりですが、敏感肌や乾燥肌の人もなりやすく思春期ニキビとは大きく違います。
大人ニキビは色々な原因が重なるためケアが難しく、ニキビ跡で悩む人も多いのが特徴的。
乾燥による皮膚効果や肌を乾燥から守るための皮脂分泌により、毛穴が詰まりを引き起こすのです。
加えて肌以外、毎日の生活からもニキビの原因に大きな影響を与えます。

 

睡眠不足

睡眠が不足すると各種ホルモンの分泌が妨げられ、肌の再生力や免疫力が下がり肌のターンオーバーが正常に機能しなくなってしまいます。
すると、肌表面に古い角質が蓄積されたままになり、毛穴詰まりを引き起こしてニキビの要因になります。

 

偏った食生活

大人にきびで避けたい食べ物

お菓子にはトリグリセリドという皮脂の主成分の一種が含まれているため、たくさん食べ過ぎると過剰な皮脂の分泌に…。
さらに「高GI食」と呼ばれる米やうどんなども、男性ホルモンを刺激して皮脂を過剰に分泌し皮脂詰まりを起こさせる可能性があります。

 

メイクの洗い残し

メイクの中でも特に、リキッドタイプのファンデーションは液体化しているため毛穴の奥まで入りやすいので要注意。
クレンジングでしっかり洗い流さないと、油分が肌の奥に残って毛穴を塞ぐのでニキビの要因になってしまいます。

 

肌の乾燥

バリア機能低下でにきび悪化

 

乾燥した肌はバリア機能が低下している肌状態なので、肌の潤いをキープしたり、外的ダメージから皮膚を守ろうとします。

 

その結果、角質に本来の働きをさせようとターンオーバーのサイクルを早め、未熟な細胞がどんどん角質層に蓄積されることに…。
未熟な細胞ではバリア機能も正常に働かないため、外からの刺激を受けて乾燥による大人ニキビができやすくなります。

 


ニキビの段階症状

一言でニキビと言っても実は、段階的に症状は変化していき正しいお手入れ方法も違ってきます。

 

白ニキビ

白にきび

 

白ニキビとは、余分な皮脂や古くなった角質が毛穴汚れとなって毛穴を塞ぎ(角栓)、脂が溜まりはじめた状態です。
白ニキビは、傷みや腫れを感じることのないニキビの初期症状と言える段階。
ここで油断して白ニキビを悪化させると炎症に発展するので、早めに治しましょう。

 

白ニキビを改善できるスキンケア方法としては、肌の新陳代謝を促進させるようなお手入れがおすすめです。
例えば、ピーリング石鹸や酵素洗顔石鹸だと、ニキビの原因となる毛穴に詰まった皮脂をきれいに洗い落とすことができるうえ、肌再生力を高めるので肌の新陳代謝を促進させます。
フルーツ酸やAHA石鹸など、いわゆるマイルドピーリング系は肌への負担も少ないので良いでしょう。

 

古い皮脂を洗い流すなら「スクラブ洗顔料」も良いと思うかもしれませんが、スクラブ洗顔はニキビを刺激してしまうので不向きです。
(白ニキビはニキビの初期状態なのでピーリングも可能ですが、ニキビが悪化してしまうとピーリングの刺激で悪化させることもあるので注意が必要です。)

 

黒ニキビ

黒にきび

 

黒ニキビの状態ではまだ炎症が起きていないので白ニキビと同様、傷みや腫れはありません
黒っぽく見える理由は、毛穴の内部に詰まった皮脂が外にはみ出し、その皮脂が空気に触れて黒く変色する「酸化」状態となっているため。

 

放っておくと炎症を起こして赤ニキビへと悪化してしまうので、白ニキビと同じく肌代謝を意識したケアに取り組んでいきましょう。

 

赤ニキビ

赤にきび

 

赤ニキビとは、毛穴汚れを栄養に細菌(アクネ菌)が繁殖して肌が炎症中のやや重度な状態で、傷みや腫れ、赤みといった症状が出て悩みも深刻化してしまいます。
見た目にも不衛生に見えるので、赤ニキビを潰して目立たなくしようとする方もいますが、これはNG行為。
赤ニキビを潰してしまうと、ニキビ跡が残ってしまう危険性もあるので止めましょう。

 

赤ニキビの改善方法としては肌を清潔に保ち、炎症を抑えることが基本ですが、赤ニキビの肌はいつもより敏感状態なので、洗顔によってはお肌に負担をかけてしまいます。
“清潔”を意識しすぎて洗浄力の強い洗顔料選びをしたり、ゴシゴシ洗顔を行ったり、1日に何度も顔を洗うのは間違った洗顔方法はいけません。

 

赤ニキビ対策は1日に2回、泡洗顔で優しく洗う洗顔方法を心がけ、洗い上がりは乾燥によるつっぱり感がない洗顔石鹸を選びましょう。
赤ニキビの洗顔では、有効成分が配合されている「ニキビ専用の洗顔石鹸」もおすすめです。

 

赤ニキビケアの有効成分

 

・保湿作用、バリア機能の強化、活性酸素除去作用の「フラーレン」

 

・肌細胞の生成に必要な「ビタミンB」

 

・抗炎症作用をもつ「どくだみエキス」「グリチルリチン酸」

 

・抗酸化作用のある「高濃度ビタミンC誘導体」など

 

黄ニキビ(別称:化膿ニキビ、膿疱(のうほう))

黄にきび

 

 

黄色ニキビは、赤ニキビがさらに悪化してしまった状態でニキビの最終段階ともいえる重度な状態です。
症状としては膿んでいる部位が黄色(クリーム色)で痛痒く感じます。

 

黄色ニキビになると、すでに毛穴の組織が破壊されているので、炎症は拡大して真皮層までダメージが広がっている状態。
そのため、黄ニキビが治ったとしてもニキビ跡が残ったり、色素沈着が発生する危険性があるため、有効成分でしっかりケアしていきましょう。

 

黄ニキビの改善にアプローチしてくれるニキビケア有効成分は、抗炎作用のある「グリチルリチン酸ジカリウム」や殺菌作用のある「イソプロピルメチルフェノール」が、数ある中でもおすすめです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビ薬用洗顔石鹸の配合成分の中でも代表的な成分で、炎症を伴う黄ニキビのような症状の緩和に一定の効果を持っています。

 

また、イソプロピルメチルフェノールは高い殺菌作用を持ちますが、厚生労働省によってアレルギーの害がある成分に指定されているので、ニキビの程度が重度のときに配合される濃度が0.1%以下であることを確認するなど、注意して使用してください。

 


ニキビ肌向けの洗顔後のスキンケア方法

保湿ケアは種類をチェック

 

洗顔すると、多少は肌本来の潤い成分や皮脂膜も一緒に流れてしまうのも否めませんが、これらの成分は外からの刺激を守るバリア機能に欠かせない存在でもあります。
一時的ながらも、潤い成分や皮脂膜が洗い落とされ乾燥すれば、刺激を受けやすい肌状態になることに…。
乾燥はニキビを悪化させる恐れもあるため、保湿成分がたっぷり入った化粧水や美容液で潤いを補ってあげましょう。

 

ただし、肌の保湿を気にしてスキンケア製品を何種類も使ったり油分の多いクリームを使うのが、良いとは言えません。
毛穴詰まりの原因や油分がアクネ菌を繁殖させる恐れがあるので避けるのが良いでしょう。

 

どうしてもニキビが改善されない場合は“ノンコメドジェニック”と表示されている薬用化粧品にも注目
これは、ニキビの原因となる成分をできる限り排除した処方になっているもので、厳密な試験をクリアした商品しか記載できません。
もちろん、“ノンコメドジェニック”の化粧品を使えばすべてのニキビが改善するわけではありませんが、試してみるのもひとつの方法です。

 


ニキビが炎症を起こしているときの洗顔方法は?

緊急ケアに水洗顔

ニキビケアを怠ると肌内部でアクネ菌が繁殖し、毛穴やその周りが炎症を引き起こしてしまいます。

 

この炎症で痛みもともなう赤ニキビ状態は、少しでも肌への刺激を避けるために「水洗顔」を取り入れるのも良いアイデアのひとつ。
洗顔料を使わずに水(といっても、刺激にならない程度のぬるま湯)で顔を洗うのは、洗浄成分ですら刺激に感じる肌状態の緊急対策に有効です。

 

水洗顔は汚れを細部まで落とす洗浄力は低いため、比較的汚れの蓄積が少ない朝の洗顔で活用するのがおすすめです。
また、皮脂汚れや古い角質までは落としきれないので、夜の水洗顔や長期におよぶ朝の水洗顔は、洗顔方法自体がニキビの原因になることもあります。

 

「肌が落ち着いたな。」と感じたらケアのステップアップをして、自分の肌に合う洗顔料で丁寧な洗顔をしていきましょう。

 


早くニキビ肌を治したい!ニキビ予防・改善法

ニキビケアでは洗顔がとても重要ですが、洗顔以外でもニキビケアに役立つ予防や対策法もあります。
悩ましいニキビ肌と早くサヨナラするためにも、普段の生活の中で意識してみてくださいね。

 

ニキビケアに効果的な栄養素の摂取

にきびに効果的な栄養素とは?

 

美肌のキーになる栄養素はニキビ対策にも効果てきめん。
特に、肌の新陳代謝を促進するビタミンAや、皮脂の過剰分泌を抑えて肌代謝を整えてくれるビタミンB群、ホルモンバランスを整えてくれるビタミンEなどは積極的に摂取しましょう。

 

睡眠時間は90分の倍数にする

睡眠のメカニズム

 

一般的に最適な睡眠時間は、レム睡眠・ノンレム睡眠の組み合わせである90分の倍数と言われています。
さらに入眠から3~4時間の間は各種ホルモンが多く分泌される時間帯なので、しっかり熟睡するのがポイント。
肌の新陳代謝が促進され、ニキビ改善のカギになるでしょう。

 

枕カバーなど寝具を清潔に

にきびには寝具を清潔にすることも大切

 

シーツや枕カバーなどは、思っている以上に汗や皮脂、ホコリなどがついているかもしれません。
寝ている間に肌に擦れ、それら雑菌が肌に付着し毛穴に入ってしまう可能性も…。
特に枕のお手入れは見落としがちなので、天気の良い日はマメに干したり枕カバーの洗濯サイクルを早めるなどしてみましょう。

 

ストレスを溜め込まない

男性ホルモンの分泌増加に注意!

 

ストレスを感じると、男性ホルモンが増えて皮脂分泌が活発になります。
さらに男性ホルモンは肌を硬直させやすくするため、ますます皮脂が毛穴に詰まりやすい肌状態に傾いてしまうので、なるべくストレスから解放された環境を整えていきましょう。

 

髪の毛や整髪料が触れないようにする

髪は思っている以上に刺激になるの?!

 

常に外気に触れている髪の毛は、多くの汚れが付着しているもの。
また、整髪料には肌にとって刺激性のある成分が配合されている商品が多いものです。
これらが顔に触るとニキビにつながるので、ニキビ肌に悩んでいるときは気を付けてみましょう。

 

ニキビの症状によって皮膚科を利用するのもあり

重症化したにきびは皮膚科に行くのもおすすめ

 

炎症ニキビからさらに進んで、ニキビの末期症状とされるのが膿を持ってしまった黄ニキビです。
黄色のニキビになると、周辺の組織も刺激を受けている状態で、患部が凹凸したクレーター跡やシミが残る危険性も。
かなり危険な肌ダメージの状態なので、早めに美容皮膚科など専門医に相談しましょう。

 

 


まとめ:ニキビ肌のお手入れは、洗顔も大きく影響します!

正しい洗顔方法でにきびケアを!

 

私たちにとって悩ましい大人ニキビは、加齢や普段の生活習慣の乱れなど、複合的な要素が原因です。

 

睡眠不足や食生活の改善はニキビ肌でなくても美肌をキープしていくためには必要なことですが、肌質を含めニキビを根本から改善していくのであれば、やはり日々のスキンケアがその解決策のカギを握っていると言っても過言ではないでしょう。

 

中でも洗顔は、ニキビを改善させるケアができる反面、間違ったやり方はニキビに悪影響を与える恐れもあるからこそ、洗顔方法や洗顔料の選び方などの知識を持つもの大切!
ぜひ、肌に優しい成分が配合された洗顔料を使って朝・晩、丁寧な洗顔を続けて、美肌を取り戻してくださいね。

 

 

 

ここで紹介した洗顔方法で使ってもらいたい洗顔料を、「ニキビ肌のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング」で紹介しています。
こちらは、口コミ評判や商品特徴、成分だけでなく、私が実際に商品を使ってみたおすすめランキングなのでお見逃しなく!


この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事

美肌の土台を作る20代におすすめオールインワンランキング

  女性がいちばん美しい年代は、“30代”と言われていることをご存じですか? 30代は華の20代を過ぎて、人としての深みと肌の美しさが兼ね揃うからだそうです。   美しい30代を迎えることができるかは、20代のスキンケア次第!   なのに「どんどんニキビや黒ズミが酷くなる…」と、どんなスキンケアをするべきか試行錯誤している20代の人が意外に多いです。 …

≫続きを読む

ニキビ・肌荒れ対策 メンズ向けオールインワンランキング

  メンズスキンケアでおすすめしたいのが、スキンケア初心者でも簡単に出来る、オールインワンゲルです。   男性の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、オールインワンゲルは時短でケアができてコスパに優れているにもかかわらず、男性の肌に必要な成分が十分に配合されています。   そんなオールインワンゲルがどうして男性に必要なのかを、使用するメリットや肌悩み…

≫続きを読む


無添加オールインワンで肌トラブルケア~おすすめランキング

  肌荒れや敏感肌、アトピー性皮膚炎などの肌悩みで、無添加オールインワン化粧品を選ぶのなら、正しい選び方を知るのが重要です!   でも、無添加オールインワン化粧品を選び始めてみると、多くの無添加アイテムに出会い、どれが自分にあっているのか判断するのは至難の業…   それに、間違った選び方をしてしまうと、避けていたはずの成分を避けきれない可能性もでてきます…

≫続きを読む


あらゆる世代に効果的なエイジングケアができる化粧品とは?

  年齢とともに気になり始めるシミやしわ、たるみ、肌の疲れといったエイジングのサイン。   本格的にケアしたい人はもちろん、将来に備えて今からケアを始めようと思っている人にとっても気になるのは、何が一番効果的か、ですよね。   そこで、今回はエイジングケアのポイントをお話しつつ、効果的な化粧品について考えていきたいと思います。   エイジン…

≫続きを読む


【ハリが復活!?】フィトリフト体験談レビュー

  ハリの再生力がプラセンタ以上の実力と絶賛されるフィトリフトは、エイジングな肌悩みに徹底アプローチしてくれるオールインワン化粧品。   他とは違うフィトリフトの特徴や、実際に使ってみてわかった成分効果と肌の変化を自腹購入でレビューしてみました!   たるみや毛穴の開き、さらには若い頃と比べて衰えてきたハリ、弾力を取り戻したい人は要チェック! &nbs…

≫続きを読む


そばかすケアに効果的な化粧品とは?オススメの成分も紹介

  女性を悩ませる厄介な肌悩みのひとつといえば、見た目年齢を大きく左右してしまうシミ。   なかでもそばかすは肌の明るさに影響するし、ポイントケアも難しく、通常のシミとはひと味もふた味も違う、まさにくせ者です。   そこで、今回はそんなそばかすケアの方法のひとつとして、オールインワンタイプの化粧品を提案します。   「そばかすをなんとかした…

≫続きを読む


泥・クレイ配合のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  成人女性トップ3に入る肌の悩みは、「毛穴トラブル」「乾燥」「くすみ」です。 これら肌悩みを抱える女性の多くが「泥洗顔料」に注目しているワケをご存じでしょうか?   泥は、古来より傷や肌のお手入れに重宝された鉱物(ミネラル)で、現代でも美容や医療分野にかかせないアイテムとして活用されています。   魅力がいっぱいの「泥洗顔料」について知ることは、美し…

≫続きを読む


しわ・たるみに悩む50 代にオールインワンランキング

  トラブルが多くなる50代の肌におすすめしたいのが、“オールインワンゲル化粧品”です。   オールインワンゲル化粧品と聞くと、どうしても「物足りないんじゃないの?」というイメージがありますよね?   ですが、オールインワンの研究は日々進み、今ではライン使いに機能も劣らないオールインワン商品が続々と発売されています。   50代で悩みがちな…

≫続きを読む


乾燥肌におすすめ保湿オールインワンゲル化粧品ランキング

  シミやシワと違って、「肌が乾燥しているような…」とぼんやりした肌悩みになりがちの乾燥肌。   そのせいか、「スキンケアをしっかりと行っていたら、いつかは治る」と考えていませんか?   乾燥肌は、シワやニキビといったその他の肌トラブルの原因になってしまう可能性が高いので、しっかりとした保湿ケアをしていくことが大切です!   ここでは乾燥肌…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close