素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト

正しい洗顔をしてもニキビ治らない場合は、洗顔料を見直そう

正しいニキビケアをしても、ニキビが改善しないという経験はありませんか?
もしかすると、良かれと思って行っているスキンケアや洗浄力や刺激性の強い洗顔料を使っているのかもしれません…。

 

 

 

ニキビの原因はアクネ菌でなく毛穴つまり

毛穴つまり

 

ニキビの原因を何かと聞いたとき、“アクネ菌が原因”と答える人が非常に多いですが、ニキビの原因は“アクネ菌”ではなく“毛穴つまり”です。

 

アクネ菌(正式名称:プロピオニバクテリウム・アクネス)が増殖してニキビが炎症を起こして悪化しますが、アクネ菌は肌になくてはならない皮膚常在菌であることを忘れてはいけません。
アクネ菌には、大腸菌のように良い働きをする善玉アクネ菌と体に悪い影響を与える悪玉アクネ菌が存在し、善玉アクネ菌は肌のph値を弱酸性(4~6)に保つことで病原菌の繁殖を抑制する働きがあります。
一方、悪玉アクネ菌はリパーゼ酵素を生み出して皮脂をグリセリンと遊離脂肪酸に分解しますが、このときに生成(分解)された遊離脂肪酸が酸化してニキビ炎症の原因となる過酸化脂質なります。

 

通常数のアクネ菌が皮膚上に存在するのは問題ありませんが、角栓や汚れなど毛穴がつまって毛穴に皮脂が溜まるとアクネ菌(悪玉)が異常繁殖してしまうことがニキビトラブルにつながるのです。
毛穴つまりは、ホルモンバランスの乱れ・皮膚の炎症・紫外線のダメージによって角質層が固く分厚く(角質肥厚)なってしまう、男性ホルモンの影響で皮脂が過剰分泌されることが原因。

 

ですので、角質肥厚になる前に不要な角質は洗い流す、過剰分泌された皮脂も洗い流す、この2点がクリアできる洗顔料選びが大切になってきます。
(ニキビケアは部位別に適したケア方法があるので、詳細は「おでこ・頬・あご・首・デコルテ、部位別のニキビケアとは?」で紹介します。)

 

 

洗顔してもニキビが治らない?見直したいポイント

スキンケアの基本となる正しい洗顔をしてもニキビが治らない、もしかするとニキビケアのために良かれと思っている治療法や改善方法が逆効果になっているのかもしれません。

 

ニキビ(コメド)を潰している。

発生してしまったニキビを早く治したいとネットでニキビの治し方を検索すると、即効性がある自分でできる改善策の情報として多いのが“ニキビを潰して治そう”という内容。
この情報は半分正解で半分不正解、なぜならニキビを潰して治るのは、炎症前の白ニキビと黒ニキビだけだからです。
さらに、ニキビを潰すときに間違っても爪などで行うのはNG、色素沈着やにきび跡の原因にもなる可能性があるのでニキビを潰すための器具“コメドプッシャー”の使用をおすすめします。
(コメドプッシャーは700円~3,000円程度で購入できます。)

 

【コメドプッシャーの使い方】

コメドプッシャー

 

1.消毒液(エタノールなど)でニキビができている部位とその周りを消毒します。

 

2.コメドプッシャー先端の輪の中にニキビを入れて、何度か繰り返し押してコメドを出します。

 

コメドプッシャーで処置をしたあとは毛穴が開いた状態なので、毛穴の引き締め効果のある化粧水や美容液で仕上げをしましょう。
(毛穴の引き締め効果(収れん作用)のある美容成分:ビタミンC誘導体、フラーレン、EGF、セラミド)

 

ただしコメドプッシャーが正しく行えなかった場合は、逆にニキビ跡の原因になります…。
皮膚科を受診すると初期ニキビ(白ニキビや黒ニキビ)の治療にコメドプッシャーと同様の処置を行ってくれるので、セルフケアの知識やその後のスキンケア方法に自信がない場合は皮膚科(美容皮膚科)でコメド除去の治療方法を選ぶことをおすすめします。

 

洗顔料を使用した洗顔は1日2回まで。

洗顔料は皮脂を洗い流します

 

日頃から汗をかきやすい体質、脂性肌、肌がべたつく、こういった症状の対処法はすっきりするために洗顔を行うこともあると思います。
ただし、注意しないといけないのは、洗顔料を使用した洗顔法は1日2回までに留めておくということ。

 

当たり前ですが洗顔料を使用すると水洗顔よりも洗浄力が高いので、皮膚表面に必要な皮脂を洗い流してしまう可能性が高くなります。
結果、化粧品選びを間違えるとお肌は乾燥肌に傾いてしまい、乾燥からお肌を守るために体は皮脂を分泌するようになります。

 

症状別や肌質別の洗顔石鹸の人気ランキングで選ばれている洗顔料を使用しているにも関わらず「ニキビが増えた」「ニキビがなかなか治らない」という口コミがありますが、もしかするとそれらの商品口コミは、洗顔のし過ぎで皮脂の分泌量が過多になりニキビが出来やすい肌環境になっているのかもしれません。

 

洗顔で満足して保湿ケアをしていない。

保湿ケアで肌バリアを高めましょう。

 

最近は「洗顔後もしっかり保湿」というようなタイプのキャッチコピーで販売されている洗顔料が増えてきました。
しかし洗顔料は洗い流すスキンケアアイテムなので、いくら保水力の高い成分が配合されていてもそれを当てにして洗顔後に肌表面の保湿をしないケア方法は間違いです。

 

特にニキビが繰り返されている状態はお肌が乾燥して肌バリア機能が弱まっている状態ですから、乾燥肌、オイリー肌(脂性肌)、敏感肌、普通肌の肌状態に関係なく、しっかりと保湿ケアをしていく必要があります。
保湿ケアは角質層に水分を届けて肌バリア機能を高めますし、水分と脂分のバランスが取れることで肌トラブルを招きにくい健康な肌に近づいていくでしょう。

 

ニキビが治らないのはストレスの要因が大きい。

洗顔もしっかりと行っている、食生活や睡眠不足など生活習慣にも問題はない、それなのにニキビが治らないというのであれば、ストレスが影響しているかもしれません。

 

実際に大人ニキビに悩んでいた人が人事異動で嫌な上司から離れることができたり、4月のクラス替え直後に思春期ニキビが一気に増えたりということはよくある話。
ストレスは自律神経の交換神経が優位に働き、常に体は緊張した状態になり皮脂が分泌されやすくなります。

 

お肌の様子

 

ストレスを受けやすいといわれている現代社会ですが、ストレスはニキビだけでなく身体にとって「百害あって一利なし」。
ストレスを減らすことはできないか、できるところからニキビの発生原因ともなるストレス対策としてライフスタイルを改善してみましょう。

 

 

その洗顔料の選び方、合っていますか?

正しい洗顔方法を行っていても、使用している洗顔料が間違っていれば、それはニキビ改善やニキビ予防につながりません。

 

洗浄力の強い洗顔料を選んでいませんか?

界面活性剤の影響

 

ありがちなのが思春期ニキビで悩んでいたときに使用した洗顔料を、大人ニキビのケアで使用すること。
10代は皮脂がどの年代よりも一番皮脂が分泌されている時期なので、20代以降は肌質にも左右されますが思春期と比較すると皮脂分泌は少なくなるでしょう。
ですから10代から愛用している洗顔料を20代以降も使用しているなら、肌状態に対して洗浄力が強い可能性があります。

 

また、ニキビ肌のトラブルを抱えている人は“余分な皮脂を取り除く”ためにピーリング剤配合の洗顔料や洗浄力の高い洗顔料を選んでしまっていることが多いです。

 

洗浄力が強い洗顔料を継続していると、本来なら肌バリア機能を果たす皮脂も洗い流してしまうので、外からのダメージを受けやすくなりますし、乾燥によりターンオーバーが乱れ低下した肌バリアをカバーするために皮脂が過剰分泌されるようになります。
洗浄力の強い洗顔料を使用した場合は、洗顔後にお肌がつっぱったり、ヒリヒリ刺激を受けたりするので、洗い上がりがそのような場合は洗顔料の見直しをした方がよいでしょう。

 

無添加洗顔料を試してみましょう。

無添加石鹸と界面活性剤の違い

 

私は洗顔料の品質やコストを考慮した場合、一概に「無添加洗顔石鹸のほうが優れている」とは言えないと思います。
しかし、正しい洗顔をしてもニキビが治らないときは一度無添加洗顔石鹸を選んでみるのも手だと思います。

 

特に“合成界面活性剤”に関しては無添加のほうがおすすめで、その理由としては洗浄力が高いことと、浸透性が強く角質層のさらに奥まで入り込んでしまうから。
肌トラブルのない健康なお肌の場合は問題なくても、ニキビができているような弱ったお肌には界面活性剤は刺激になってしまうでしょう。

 

 

正しい洗顔方法と生活習慣を身につけて、ニキビを作らないことが一番のニキビケアです。
ニキビができて弱っている肌にも安心して使用でき、ニキビ肌改善につながるおすすめ洗顔料のランキングを以下バナーからチェックすることができます。


 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事

スキンケアアドバイザーが選ぶ、おすすめDHCの洗顔石鹸

  ドラッグストアだけでなくコンビニ、そして大型の百貨店まで、どこでも手に取ることができるDHC商品。 ラインナップも豊富で、逆にはじめて聞く商品もあるかもしれませんが、隠された“マイナー商品”に、実は優れモノがあるかも…?!   そこで今回は、DHC洗顔料のラインナップをわかりやすい特徴とともにどどーんっとご紹介! 最後に当サイトで一押しの洗顔料もご紹介するので…

≫続きを読む


ポンプ式の洗顔石鹸!人気アイテムのメリット・デメリット

  最近にわかにその数を増やしているポンプ式洗顔料ですが、固形の洗顔石鹸と比べるといったいどちらが優れているのでしょうか?   今回は、ポンプ式洗顔料のメリットとデメリット、そしておすすめの商品について紹介した上で、ポンプ式にはない固形石鹸の優位性についてもお話します。   最終的にどちらを選ぶかは人それぞれですが、ぜひあなたの洗顔石鹸選びに役立ててくだ…

≫続きを読む


泥・クレイ配合のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  成人女性トップ3に入る肌の悩みは、「毛穴トラブル」「乾燥」「くすみ」です。 これら肌悩みを抱える女性の多くが「泥洗顔料」に注目しているワケをご存じでしょうか?   泥は、古来より傷や肌のお手入れに重宝された鉱物(ミネラル)で、現代でも美容や医療分野にかかせないアイテムとして活用されています。   魅力がいっぱいの「泥洗顔料」について知ることは、美し…

≫続きを読む

画像PC、スマホ切り替えテスト

classを指定することでPC、スマホで画像の切り替えができます。 PCのみ表示させたい場合・・・class="display" スマホのみ表示させたい場合・・・class="display_s" …

≫続きを読む


ダヴの洗顔石鹸、格安でも低刺激で保湿力も抜群ってホント?

  プチプラで種類も多く、CMなどでよく知られていることから常に一定の人気を誇るユニリーバのDove(ダヴ)シリーズ。 今回はそんなダヴの洗顔料に着目し、それぞれの特徴や肌タイプ別の口コミを紹介します。   「ダヴははたして本当に優れた洗顔料なのか?」、「本当に肌のためになる洗顔料とはなんなのか?」ということをみていきましょう。   [toc] &n…

≫続きを読む


【夜用のどろ豆乳石鹸】くろあわわ

毛穴やくすみ、ゴワつきを一掃してくれるとして人気の洗顔料どろあわわ。   どろあわわの新商品として、洗浄力がパワーアップした、夜用洗顔料「くろあわわ」誕生しました。     [toc]   くろあわわの体験談レビュー   くろあわわはこうして届く!   くろあわわを公式サイトのネット注文で購入したら、1週…

≫続きを読む


赤ちゃんのようなしっとり肌を手に入れる洗顔石鹸の選び方

  手に触れるとしっとり吸い付くような肌は、女性なら誰でも憧れますよね? でも自分なりに毎日ケアしているのに「なかなか理想の状態にならない!」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。   何も知識なく、自己流でケアしていてもそれはなかなか結果につながらないはず。 洗顔石鹸選びはもちろん、正しい洗顔方法や毎日の生活スタイルを身につければ、しっとりする理想肌を作り…

≫続きを読む


「何もしてないわよ」は絶対ウソ!美肌とお金は正比例する!

こんにちは(^▽^)/ 皆様は「基礎化粧品」ってどんなものを使っていますか? わたしはズボラ~なのでここ数年はいわゆる「オールインワン」タイプのジェルクリームをメインに使っています。   しかし若かった頃はあんまりお金がなかったので薬局で安~い化粧水ばかり使っていたんですね! でも20代半ばになってくるとだんだんお肌トラブルに見舞われる頻度が高くなり、まともな基礎化粧品を探しに…

≫続きを読む


「毛穴キレイ」になれない、わが家の哀しい事情(涙)

めっきり朝晩寒くなってきましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか? 冬場はお肌が乾燥しやすくなるため、季節に合わせたお手入れが必要になってきますよね。 お肌の健康を保つにはまず洗顔をきっちりと正しい方法ですることが基本になってくると思うんですが、今回は冬場につきもの!?の哀しいエピソードです。。。   わたしだけかしら?(^p^) [no_toc]   こうい…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close