素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   625 Views

洗顔フォームも安心して使える“無添加商品”ってあるの?

美容系ブログや情報サイトを調べると「界面活性剤をたくさん配合している洗顔フォームは肌に良くない」と紹介されていることが多いです。
しかし、洗顔石鹸の人気ランキングをチェックすると洗顔フォームも多くランクインしていて「洗顔フォームはお肌に悪いのでは?」という疑問が湧いてきますよね?

 

 

 


合成界面活性剤の洗浄パワーが肌をボロボロに!

界面活性剤が肌に与える影響

 

透明感あふれるなめらかな肌質を保つことは、女性にとって永遠の課題と言っても過言ではありません。

 

美肌維持の大切な要素は食べ物や睡眠などいろいろありますが、中でも基本中の基本は、やっぱりスキンケアのファーストステップに当たる洗顔。

 

特に、肌に直接つける洗顔フォームは、主原料や配合成分をきちんと把握して自分の肌に合ったものを選びたいものです。

 

ところで、“界面活性剤”という言葉を聞いたことはありますか?

 

界面活性剤の説明まではできなくても、「何となく肌に悪そう…。」というイメージを持たれている人は多いでしょう。

 

“界面活性剤”は何千種類も存在しおり、洗剤、石けん、洗顔料やシャンプーなど使用する商品に合わせて界面活性剤が“洗浄剤”として皮膚やケ毛穴の汚れを洗い流すために配合されています。

 

メイク汚れや皮脂汚れを強力な洗浄パワーで落としてくれるのですが、この落とす力が強すぎると、きめ細かい肌を守っているバリアまで壊し、肌トラブルを招いてしまう危険性があります。

 

しかし、洗浄力の強い洗顔フォームは、どうしても“合成界面活性剤”が含まれている商品が多いのが現在の石けん事情。

 

そのため、お肌に負担をかけない洗顔料として、合成界面活性剤が配合されていることが多い洗顔フォームよりも固形石けんのほうがおすすめ商品として紹介されているのでしょう。

 

 


洗顔石鹸・フォームともにある“無添加洗顔料”

無添加洗顔料は”完全”無添加ではない。

 

洗顔料には、大きく分類すると洗顔石鹸と洗顔フォームの2つに分けることができ、わかりやすい違いは“形状(パッケージ)”と“合成界面活性剤”が配合されているかどうか。

 

これ以上の無添加石鹸はないと言われる、合成物質を一切含まず石鹸素地が98%、残りの22%が少量の油脂”の純石鹸。

 

ほとんどの方が純石鹸は“完全無添加石鹸”だと認識されていますが、成分表示の98%成分に当たる“石けん素地”や“カリ石けん素地”は、厳密に分類すると界面活性剤になります。

 

「固形石鹸も界面活性剤で作られているなら、肌への影響は洗顔フォームと代わりないのでは?」

 

そんな疑問が出てきますが、固形の洗顔石鹸は天然由来成分で構成されている“界面活性剤”で、洗顔フォームは石油由来合成化学成分の“合成界面活性剤”が配合されていることが多いので、肌負担が大きい石油由来成分が配合された洗顔フォームより肌に優しいのは固形石鹸という認識が定着されているのでしょう。

 

※上記は一般論で固形石鹸でも合成界面活性剤が配合されていますし、その逆で植物由来の界面活性剤を主としている洗顔フォームもあります。

 

近年の無添加洗顔料ブームで、余計な添加物を一切使用しないというスタンスのメーカーがたくさん増えており、洗顔フォームも無添加をうたう商品が徐々に増えつつあります。

 

「だけど合成界面活性剤が入っていたら無添加石鹸じゃないよね?」

 

確かにそうなのですが、今のところ日本では石油系界面活性剤が合成成分に配合されていなければ“無添加”、石油系界面活性剤が配合されていてもベース成分に防腐剤が配合されていなければ“無添加”というように、表示指定成分に添加物が1つでも配合されていなければ“無添加洗顔料”と売り出しても何の問題もありません。

 

ですから、ただパッケージなどに表示されている“無添加”を鵜呑みするのではなく、購入前に成分表をチェックして、刺激性の高い成分が無添加であることを確認することが私たち購入者に求められることではないでしょうか?

 

※通販コスメの公式サイトや化粧品メーカーサイトの商品情報には、「○つの無添加」というように化粧品表示指定成分の何が無添加なのかを確認できる商品が増えています。

 

 


洗顔フォームは配合成分や使用感が豊富

洗顔フォームのメリット

 

固形石けんで洗顔すると「ちょっと肌がつっぱるな」、という使い心地を経験した人っているのではないでしょうか?

 

これは、固形石けんが洗顔フォームに比べて油分が少なく、必要最低限の成分しか入っていないのが理由。さらに、化学成分を配合していない無添加石鹸は、どうしても泡立ちが悪く泡立て用のネットを使用しなければならない商品が多いのも事実です。

 

※ラウリン酸のように天然素材で泡立ちが良くなる成分を配合するなど、洗い心地を良くする工夫を取り入れた固形石けんもたくさん存在します。

 

その点、洗顔フォームは泡立ちが良く数種類の保湿成分が配合されて使用感が良いとクチコミでも評価されています。

 

「洗顔石鹸と比較すると添加物が多いのに、しっとりと肌は潤い仕上がりがいい。」

 

一見矛盾に思えますが、先にお伝えしたように添加物が配合されているかが問題ではなく、それが肌に悪い添加物なのかが問題。

 

ですから、今話題の「米ぬかエキス配合」や「オーガニック美容成分」が配合された製品、洗浄成分に植物性由来のホホバオイルを使用した製品など、肌への優しさにこだわった成分の洗顔フォームなら決してお肌に悪い洗顔料とはならないでしょう。

 

さらに洗顔フォームのメリットには、クリーム状や泡ポンプ容器など泡立てやすいことと、リキッドやパウダータイプ・ジェルまで様々な形状から選べるという点もあります。

 

形状の状態によっても使用感は千差万別で、たとえばリキッドなら脂質が含まれていないものが多いので洗い上がりはさっぱりジェルは保湿力が高めの潤いタイプといった特徴があります。

 

それぞれの洗顔フォームのタイプと自分の肌コンディションを見合わせて、慎重に選んでいくことが大切でしょう。

 

 


押さえたい購入ポイント

洗顔フォームの選び方

 

ここまで無添加洗顔料についていろいろ述べてきましたが、一口に“無添加”と言ってもピンキリで、そもそも無添加とは全ての添加物が一切入っていないということではありません。

 

薬事法の今のルールでは商品に無添加と表記するための明確なルールや規程が設けられていないので、その線引きは曖昧。

 

そこで、少しでも安心して使える無添加洗顔料の選び方を押さえておきましょう。

 

まず洗顔石鹸の選び方ポイントは①成分配合 ②泡立ち ③コストパフォーマンス、になるでしょう。

 

脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムといった天然成分で構成されているものを選べば、肌に優しい石けん素地の商品がおすすめ。

 

加えて火山灰や泥、豆乳などの成分が配合されているものは、肌の潤いをサポートしてくれるでしょう。

 

ただし、泡立ちが悪いと肌に擦り付けて洗ってしまい、肌を傷つけてしまう恐れがあるので、できるだけ泡立ちの良いものを選ぶのがおすすめです。

 

窯だき製法や低温製法など手間暇かけて作られた洗顔石鹸は、安心な反面どうしても価格はお高めになってしまいますが、洗顔は化粧水などと同様に毎日続けるものなのでコスパの良さは欠かせません。

 

一方、洗顔フォームはコスパを抑えることができる反面、大量生産ゆえの①石油由来の界面活性剤 ②合成香料 ③合成着色料 ④一部の防腐剤といった肌環境を刺激する成分が配合されている可能性があるので、配合成分による効果とコスパのバランスの取れた商品の見極めが洗顔石鹸選びの1つのポイントになるでしょう。

 

さらに大事なことをもう1つ。洗顔料には弱酸性と弱アルカリ性のものがありますが、特別な敏感肌や乾燥肌でもない限り、弱アルカリ性のものが良いでしょう。

 

それは、弱アルカリ性のほうが汚れをしっかり落とす上に、洗い上がりが優しいとされているのです。

 

実は、“美人の湯”など有名な温泉は、いずれも弱アルカリ性が多いもの。ぜひ試してみてくださいね。

 

いかがでしたか?
洗顔石鹸・洗顔フォームにはそれぞれ良さがありますし、“無添加”をうたう商品でも購入前にしっかり主原料や配合成分を見極めなければ肌への危険信号になりかねません。
でも、使用感や形状で選択肢が多い洗顔フォームで、肌への優しさにこだわった高品質の商品が増えているのは嬉しいですよね。
上手に洗顔料を取り入れて、友人に自慢できるツルツル美肌を叶えていきませんか?

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


皮膚科が薦める純石鹸。でも美肌作りは化粧石鹸を選びたい!

  純石鹸というと、「肌に優しい」「皮膚科医も推奨する優秀な石鹸」というイメージをもつ人が多いでしょう。 しかし、純石鹸では私たちの望む美肌作りをすることはできないと知っていましたか?   美肌作りに役立つのは、やっぱり洗顔石鹸。しかし、純石鹸のお肌への優しさも捨てがたい…。 ここでは純石鹸について詳しく説明し、洗顔石鹸の方がスキンケアに向いている理由、そして、純…

≫続きを読む


然よかせっけんで明るい透明肌になれるか徹底検証します!

  然よかせっけんは、ニキビ有効成分配合の医薬部外品として人気の洗顔石鹸。 口コミをチェックしても毛穴の黒ずみやニキビ、肌荒れが改善したというコメントが目立ちますが、実は「肌が明るくなった」「肌に透明感がでてきた」というコメントもかなりの数寄せられているのをご存知ですか? [toc]   よか石けんで肌の明るさを実感した声が多数!   然よか…

≫続きを読む


無添加石鹸は、弱酸性ではなく弱アルカリ性石けんを選ぼう

  無添加石鹸を選ぶ時に、その洗浄成分が弱酸性か弱アルカリ性かで選んでいる方は、少ないのではないでしょうか?   肌に優しい弱酸性の洗顔フォームが人気を集めましたが、無添加石鹸にこだわるなら弱アルカリ性石けんを選ぶのが正解です。   弱酸性石鹸が肌に優しいと言われる理由や、それぞれの洗浄成分の違いを調べてみると、無添加タイプの弱アルカリ石鹸が正しい意味が…

≫続きを読む


シンプルな洗顔石鹸ミヨシの特徴と口コミ、人気商品を調査!

  無添加タイプの洗顔石鹸を探しているなら「ミヨシ」というブランドの商品を知っていますか?   無添加石鹸を展開している「MIYOSHI」というブランド・メーカーは、ミヨシ石鹸株式会社という企業名でまさに「せっけんのミヨシ」として歴史ある会社。   古くから無添加石鹸の製造から販売まで一貫体制が整っているため、もしかしたら「あの石鹸が?!」と驚く方もいる…

≫続きを読む


ロクシタンで販売されている商品は、全部無添加石鹸なの?

「ロクシタン(L’OCCITANE)」は毎日使うフェイスケアやボディケア、入浴アイテムとしてはもちろん、貰って嬉しいギフトとしても人気のシリーズ。 優れた保湿力のシアバター配合入りのハンドクリームや石鹸、ハーブを使ったボタニカルなシャンプーなど、オーガニックでリッチなシリーズが揃った海外ブランド製品となっています。 それでは、ロクシタンで販売されている商品は、どれも無添加石鹸なのでしょうか? ロク…

≫続きを読む


LUSHで販売されている商品は、全部無添加石鹸なの?

有名なせっけんブランド名を聞かれたら「LUSH(ラッシュ)」と答える女性は多いのではないでしょうか?   専門店から丸井、ルミネ、イオンモールのテナント店舗でも展開している海外メーカーのLUSHは、ナチュラルでオーガニックテイストの自然派化粧品としてアイコン的存在。   それでは、LUSHで販売されている商品は、どれも無添加石鹸なのでしょうか?   LUSHのブランドコンセプトから添加物の有無、さ…

≫続きを読む


無添加石鹸の使い方~衛生的な方法で保管をするのが大切です

無添加石鹸を選んで使う人は、少しでも肌への刺激を防ぐ洗顔に取り組みたいと思っているのではないでしょうか?   使い終わった洗顔用石鹸を衛生的に保管するのも、肌のことを考えた大切な行動のひとつです。   無添加石鹸の特徴を知ると、添加物がないからこそ気をつけたい保存方法の注意点が見えてきました。     無添加石鹸だから危険なこと肌に…

≫続きを読む


枠練り製法の洗顔石鹸で保湿ケア「グリセリン」に注目しよう

  洗顔石鹸を探していると「グリセリン配合となっている商品が意外に多い」と感じたことはありませんか?   実は洗顔石鹸にとって、グリセリンがいちばんの保湿成分なのです!   グリセリン配合だから期待できる美肌効果やメリット、デメリット、それ以外にもグリセリンとはどのような成分なのかを知ることは、洗顔石鹸選びに役立つのではないでしょうか?  …

≫続きを読む


純石鹸とはどんな石鹸のこと?洗顔に使える無添加石鹸なの?

  「できるだけ低刺激な洗顔を行いたい!」という方に選ばれているのが純石鹸や無添加石鹸。 ただ、口コミなどをチェックしていると、無添加石鹸と純石鹸を同一に考えている方が非常に多い!です。   そこで、ここでは純石鹸について、無添加石鹸とどう違うのか、洗顔に使われている人気の純石鹸を紹介したいと思います。 [toc]   純石鹸とは、どんな石鹸…

≫続きを読む


無添加石鹸は合成界面活性剤が無添加の石けんを指すの?

「無添加石鹸は、合成界面活性剤が使われていない肌に優しく&安全」と思っている人は要注意!   合成界面活性剤を避けたい人はもちろん、肌負担を抑えた石鹸選びをしたいなら、消費者が無添加石鹸で誤解のない正しい知識を持つのが大切です。   添加物を避けるだけでは安心とも言えず、無添加石鹸にもメリットだけでなくデメリットもあります。     &nb…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close