素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   318 Views

オーガニック洗顔石鹸って添加物フリーの石鹸のことなの?

洗顔石鹸の中でも、オーガニック石鹸は低刺激成分で作られた肌に優しいタイプ…というイメージ。

 

無添加石けんも似たような特徴をもっていますが、それではオーガニックコスメの洗顔せっけんは添加物フリーなのでしょうか?

 

オーガニック石鹸を含め、オーガニックコスメの特徴や効果、無添加石鹸との違いを知ると、洗顔石鹸選びに役立つヒントが見えてきました。

 

 


オーガニック石鹸とは?

オーガニックでも添加物が配合されている?!

 

オーガニック石鹸とは、オーガニックコスメというジャンルに該当する洗顔石鹸のことを指し、オーガニックコスメとは有機栽培された植物を原料として作られた化粧品を意味します。

 

直接、皮膚に触れる化粧品だからこそ、食品と同じく化学肥料や化学合成農薬を使わず安全性や低刺激な素材が魅力となっていますが、食品のオーガニックとは違い、オーガニック化粧品の場合は明確な基準がありません。

 

また、食品でも一切、化学物質や添加物を使わずに作られたものが有機栽培ではないように、オーガニック石鹸も有機素材が使われているからといって、必ずしも添加物フリーとは言えません。

 

中には無添加タイプのオーガニック石鹸もありますが、すべてのオーガニック石鹸が添加物不使用ではないのです。

 

さらに、今では自然派化粧品、ナチュラル化粧品、ナチュラルコスメ…など色々な呼び名があり、いずれも「肌に優しい」「植物由来」「低刺激」といったイメージがあるものの明確な決まりはないため、わずかな量の天然由来成分が配合されているだけで、その呼び名を使うことができます。

 

例えば、自然界に存在する成分として鉱物由来のミネラル成分が使われている自然派化粧品もあれば、鉱物油不使用という無添加化粧品があるように、成分の扱い方も違ってくるのです。

 

とは言え、オーガニック石鹸は化学的な成分が原料のケミカルコスメよりも“できる限り”刺激成分を使わずに作られているので、敏感肌やニキビ肌、乾燥肌といった肌質改善を目指す人や、より確かな安全性を求める人にはおすすめと言えるでしょう。

 


オーガニックコスメ認証機関

日本と世界のオーガニック認証機関

 

オーガニックコスメは国で明確な決まりが設定されていないため、より信頼性を証明するために世界各国のオーガニックコスメ認証機関を利用していることが多いです。

 

各国での基準で違いはあるものの、例えば、使用原料や植物由来成分の配合割合、遺伝子組み換え植物の使用有無、化学香料の不使用…といったオーガニックコスメの基準をクリアすれば、その証として認証マークが使用できます。

 

オーガニック認証機関例

NaTrue認証取得(ドイツのオーガニックコスメ認証機関)
ECOCERT認証取得(フランスの国際有機認定機関。 オーガニック認証団体の世界基準)
soil association認証取得(イギリス土壌協会)
ACO認証取得(オーストラリアのオーガニック認定機関)
JOCA認証取得(日本オーガニックコスメ協会)

 

当然、製造コストや審査代もかかるためケミカルコスメと比べると商品値段の相場は高くなりますが、認証マークがあるオーガニックコスメの場合は、その基準をクリアしているため高い信頼性が得られます。

 

もちろん認証マークがないものは“すべて偽物”とは言い切れませんが、わずか1%でも植物由来成分が使われていれば、例え石油系界面活性剤や合成化学界面活性剤が使われていても”オーガニック”と言えてしまうことは覚えておきましょう。

 

 


オーガニックコスメがもつ効果

オーガニックコスメの美容効果

 

わかりやすく効果や効能、特徴を説明するためケミカルコスメを西洋医学、オーガニックコスメは東洋医学、漢方で例えられることがあります。

 

これはシミやくすみ、ニキビといった肌悩みをより早く確実に治そうとするケミカルコスメに比べ、オーガニックコスメは肌質改善で根本的な改善を目指していく“アプローチの違い”が似ているためです。

 

有効成分や美容成分、そしてその効果をより引き出す添加成分が使われるケミカルコスメに対し、オーガニックコスメは健やかな肌細胞を育て、肌代謝のサイクルやバリア機能の正常化で健康的な肌状態に整えていくのが目的。

 

そのため、できる限り低刺激で必要最低限の美容成分で作られているオーガニックコスメが一般的となっています。

 

保守的なだけではなくオーガニックコスメで期待できる美容効果もあり、それは植物由来成分がもつ肌へのアプローチ作用によるもの。

 

ハーブやアロマエッセンスを原料にしたオーガニックコスメでは、以下のような美容効果が期待できます。

 


ハーブの美容アプローチ

カンゾウ

マメ科の植物である甘草の根や茎を乾燥させたもので、抗炎症作用がありニキビケアにおすすめ。

 

ヨクイニン

生薬でも使われるハトムギが原料のヨクイニンは、ニキビや肌荒れを抑制するケアに効果大。

 

トウキ

セリ科シシウド属の植物で、美白や大人ニキビ向け化粧品の美容成分としても使われる。

 

ローズマリー

美白ケアに加え、引き締めや黒ずみ解消といったオイリー肌、毛穴ケアのアプローチにも役立つ。

 

カモミール

ニキビや日焼け、肌荒れといった炎症を抑える他、糖化を防ぐエイジングケアにも有効。

 

ラベンダー

殺菌効果も高くニキビにも効果的で、やけどの手当にも使われる植物由来成分。

 


アロマオイルの肌質改善ケア

イランイラン

皮脂コントロールを整える作用があり、脂性肌の人のコンディションを整えるのに役立つ。

 

サンダルウッド

殺菌や消毒、消炎作用があるため、大人ニキビで悩む敏感肌の人に使える植物成分。

 

ゼラニウム

血液のめぐりを改善する作用があるため、血行不良によるくすみに良いアプローチとなってくれる。

 

ラベンダー

痛みの緩和作用を兼ね備えた治癒力があるため、炎症中のニキビケアやニキビ跡予防に有効。

 

サイプレス

収れん作用や血管収縮、殺菌消毒があり、皮脂量の調整、赤みや毛穴ケアに働きかける天然成分。

 

ネロリ

肌細胞の成長を促す作用があるため、ハリや弾力といったエイジングケアから肌代謝の調整にも使える。

 

 


オーガニック石鹸と無添加石鹸の違い

オーガニック石鹸と無添加石鹸はココが違う!

 

オーガニックの洗顔石鹸は必ずしも添加物フリーとは言い切れませんが、ではオーガニック石鹸と無添加石鹸は何が違うのでしょうか?

 

オーガニックコスメの洗顔石鹸は、化学物質をできる限り含まない有機原料から作られているのに対し、無添加石鹸は防腐剤や合成着色料、合成香料、合成界面活性剤、石油由来の添加物が含まれていないのが特徴的。

 

それぞれの特徴が違うため、化学物質が配合されているオーガニック石鹸もあれば、化学肥料や農薬を使い育てられた植物由来成分の無添加石鹸があるのです。

 

無添加石鹸の定義も明確な決まりがないものの、かつてアレルギー反応の危険性が高いと厚生労働省が提示した旧表示指定成分が1つでも配合されていなければ「無添加石鹸」と言うことができます。

 

ですが現在、102種類の旧表示指定成分だけではなく全成分表示になったのは、個人差のあるアレルギー反応の危険性を幅広く理解してもらうためです。

 

例え、旧表示指定成分が含まれていなくても代用成分が刺激になることもあるように、植物アレルギーの人にはオーガニックコスメ自体が刺激成分になる恐れだってありえます。

 

無添加タイプのオーガニック石鹸もあるため、誰にでもおすすめできる紹介は難しいですが、オーガニック石鹸と無添加石鹸の違いを知るのは、洗顔料選びに大切と言えるでしょう。

 

 


手作りすることもできるオーガニック石鹸

手作り石鹸の魅力と注意点

 

無添加のオーガニック石けんにこだわりたい人は、手作り石鹸で自作する方も少なくありません。

 

純石鹸を削り型取りし直す簡単なタイプから、キットを購入してハンドメイドするもの、さらに原料から自分で揃えて1から作り上げるものなど種類は色々です。

 

手作り石鹸では、余計な添加物や化学物質を一切使わないのに加え、ドライハーブや精油を使いオリジナルのオーガニック石鹸で美肌ケアできるのも魅力のひとつ。

 

材料を揃え作る製法は難しくないものの、石鹸を乾燥させるのに1か月~3か月かかることがあります。

 

また、手作りのオーガニック石鹸なら配合成分も明確で安心して使える反面、品質維持成分が入っていないため取り扱いには注意が必要です。

 

市販品に比べて洗浄力や泡立ち、洗い上がりの悪さがあるはもちろん、溶けやすく雑菌が繁殖する恐れもあるので、取り扱いや保管方法を正しく行い、なるべく早く使い切るのが良いでしょう。

 

取り扱いに注意点があるものの、特にひどい乾燥肌やアトピー肌の方、炎症ニキビで悩む方は、手作りのオーガニック石鹸で洗顔することが多い傾向にあります。

 

 


オーガニックコスメの選び方

簡単に見極めるコツとポイント

 

スキンケア用品の種類からだけではなく、成分から自分なりのオーガニックコスメを選ぶことも選び方の良いアイデア。

 

肌ケア作用をもつ植物由来成分の効果を邪魔したり、刺激性が高い成分を知れば、より踏み込んだオーガニックコスメを見極めるのに役立ってくれるでしょう。

 

パラベン

石油を合成した防腐剤“パラベン”は、旧表示指定成分にも該当している成分。
品質劣化を防ぐ作用がありますが、より安全性に優れた代表品も増えているので”パラベンフリー”タイプのオーガニック石鹸を選ぶのが良いでしょう。
医薬部外品の薬用石鹸の場合、パラベンを“パラオキシ安息香酸エステル”と表記することも可能です。

 

イメージが浮かばないカタカナの成分

すべての配合成分の言葉と作用を覚えるのは難しい話。
おおざっぱに“ラウリル硫酸ナトリウム”“ポリオキシエチレンラウリルエテール”など、原材料のイメージが浮かばないカタカナ表記の成分は、化学化合物が使われているものが多い…と切り分けるのも便利な覚え方です。

 

アルファベットや数字が入っているもの

合成ポリマーや乳化剤の“PEG”は発がん性リスクがあると言われ、キレート剤のエデト酸「EDTA」は金属アレルギーの人には肌荒れの恐れもあります。

 

また、合成香料や合成着色料で使われる“223号”“207号”といったアルファベットや数字が入っているものも、できれば避けたい刺激成分として見極めるのに有効です。

 

まずは、自分の肌と相性の良い成分や合わない成分を知り、これらのような避けたい成分も参考にオーガニックコスメを選んでいきましょう。

 

 


まとめ:なぜ、オーガニック石鹸にこだわるのか?!

無添加石鹸とは違い、原料の栽培方法からこだわっているオーガニックコスメの洗顔石鹸。

 

ですが、必ずしも「化学由来成分が一切、使われていない」とも言えず、オーガニック石けんの肌質改善や美肌ケアは、非常に時間をかけた取り組みが必要となってきます。
大切なのは「オーガニック石鹸だから」と盲目的に信用せず、その配合成分や美肌へのアプローチなどを正しく知ることです。

 

もちろん、肌トラブルの危険性がない普通肌の人なら、コスパ重視で化粧石けんを買うのも選択肢のひとつ。

 

「だから私は、このオーガニック石鹸を選んだ」と自信をもって言える商品を選ぶのが、一番良い答えと言えるでしょう。

 

オーガニック石鹸は原料をきちんと見極めさえすれば、肌本来の力を活用した美肌ケアが叶います。
洗顔石鹸の目的である、肌表面の汚れ落とし効果を意識しながら、自分の肌質と相性の良いオーガニック石鹸を選べば、より安全に効果的な美肌ケアに取り組めますね!

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


皮膚科が薦める純石鹸。でも美肌作りは化粧石鹸を選びたい!

  純石鹸というと、「肌に優しい」「皮膚科医も推奨する優秀な石鹸」というイメージをもつ人が多いでしょう。 しかし、純石鹸では私たちの望む美肌作りをすることはできないと知っていましたか?   美肌作りに役立つのは、やっぱり洗顔石鹸。しかし、純石鹸のお肌への優しさも捨てがたい…。 ここでは純石鹸について詳しく説明し、洗顔石鹸の方がスキンケアに向いている理由、そして、純…

≫続きを読む


然よかせっけんで明るい透明肌になれるか徹底検証します!

  然よかせっけんは、ニキビ有効成分配合の医薬部外品として人気の洗顔石鹸。 口コミをチェックしても毛穴の黒ずみやニキビ、肌荒れが改善したというコメントが目立ちますが、実は「肌が明るくなった」「肌に透明感がでてきた」というコメントもかなりの数寄せられているのをご存知ですか? [toc]   よか石けんで肌の明るさを実感した声が多数!   然よか…

≫続きを読む


無添加石鹸は、弱酸性ではなく弱アルカリ性石けんを選ぼう

  無添加石鹸を選ぶ時に、その洗浄成分が弱酸性か弱アルカリ性かで選んでいる方は、少ないのではないでしょうか?   肌に優しい弱酸性の洗顔フォームが人気を集めましたが、無添加石鹸にこだわるなら弱アルカリ性石けんを選ぶのが正解です。   弱酸性石鹸が肌に優しいと言われる理由や、それぞれの洗浄成分の違いを調べてみると、無添加タイプの弱アルカリ石鹸が正しい意味が…

≫続きを読む


シンプルな洗顔石鹸ミヨシの特徴と口コミ、人気商品を調査!

  無添加タイプの洗顔石鹸を探しているなら「ミヨシ」というブランドの商品を知っていますか?   無添加石鹸を展開している「MIYOSHI」というブランド・メーカーは、ミヨシ石鹸株式会社という企業名でまさに「せっけんのミヨシ」として歴史ある会社。   古くから無添加石鹸の製造から販売まで一貫体制が整っているため、もしかしたら「あの石鹸が?!」と驚く方もいる…

≫続きを読む


ロクシタンで販売されている商品は、全部無添加石鹸なの?

「ロクシタン(L’OCCITANE)」は毎日使うフェイスケアやボディケア、入浴アイテムとしてはもちろん、貰って嬉しいギフトとしても人気のシリーズ。 優れた保湿力のシアバター配合入りのハンドクリームや石鹸、ハーブを使ったボタニカルなシャンプーなど、オーガニックでリッチなシリーズが揃った海外ブランド製品となっています。 それでは、ロクシタンで販売されている商品は、どれも無添加石鹸なのでしょうか? ロク…

≫続きを読む


LUSHで販売されている商品は、全部無添加石鹸なの?

有名なせっけんブランド名を聞かれたら「LUSH(ラッシュ)」と答える女性は多いのではないでしょうか?   専門店から丸井、ルミネ、イオンモールのテナント店舗でも展開している海外メーカーのLUSHは、ナチュラルでオーガニックテイストの自然派化粧品としてアイコン的存在。   それでは、LUSHで販売されている商品は、どれも無添加石鹸なのでしょうか?   LUSHのブランドコンセプトから添加物の有無、さ…

≫続きを読む


無添加石鹸の使い方~衛生的な方法で保管をするのが大切です

無添加石鹸を選んで使う人は、少しでも肌への刺激を防ぐ洗顔に取り組みたいと思っているのではないでしょうか?   使い終わった洗顔用石鹸を衛生的に保管するのも、肌のことを考えた大切な行動のひとつです。   無添加石鹸の特徴を知ると、添加物がないからこそ気をつけたい保存方法の注意点が見えてきました。     無添加石鹸だから危険なこと肌に…

≫続きを読む


枠練り製法の洗顔石鹸で保湿ケア「グリセリン」に注目しよう

  洗顔石鹸を探していると「グリセリン配合となっている商品が意外に多い」と感じたことはありませんか?   実は洗顔石鹸にとって、グリセリンがいちばんの保湿成分なのです!   グリセリン配合だから期待できる美肌効果やメリット、デメリット、それ以外にもグリセリンとはどのような成分なのかを知ることは、洗顔石鹸選びに役立つのではないでしょうか?  …

≫続きを読む


純石鹸とはどんな石鹸のこと?洗顔に使える無添加石鹸なの?

  「できるだけ低刺激な洗顔を行いたい!」という方に選ばれているのが純石鹸や無添加石鹸。 ただ、口コミなどをチェックしていると、無添加石鹸と純石鹸を同一に考えている方が非常に多い!です。   そこで、ここでは純石鹸について、無添加石鹸とどう違うのか、洗顔に使われている人気の純石鹸を紹介したいと思います。 [toc]   純石鹸とは、どんな石鹸…

≫続きを読む


洗顔フォームも安心して使える“無添加商品”ってあるの?

美容系ブログや情報サイトを調べると「界面活性剤をたくさん配合している洗顔フォームは肌に良くない」と紹介されていることが多いです。しかし、洗顔石鹸の人気ランキングをチェックすると洗顔フォームも多くランクインしていて「洗顔フォームはお肌に悪いのでは?」という疑問が湧いてきますよね?       合成界面活性剤の洗浄パワーが肌をボロボロに! &nb…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close