洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較
洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較

固形石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

今では、色々な種類の洗顔石けんが発売されていますが、最も歴史あるシンプルな固形石鹸が今でも根強い人気を集めているのを知っていますか?

洗顔フォームや洗顔パウダーといった、他の洗顔料にはない固形石鹸の魅力や肌へのアプローチを知ると、人気の理由だけでなく自分に合う洗顔石鹸選びのヒントが見えてきます。

然(しかり)よかせっけん

固形石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第1位 然(しかり)よかせっけん (旧:つかってみんしゃいよか石けん)

 

超微粒シラスパウダーが毛穴から肌の汚れをしっかり落とす
うるおい成分たっぷり!美肌成分60%以上を実現した練り石鹸
単品通常価格1,800円の低コスパ!さらに定期コースで最大10%OFF

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

固形石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第2位 どろ豆乳石鹸 どろあわわ

 

厳選した4種類の保湿成分がうるおい洗顔を実現します
2種類の美容泥が汚れをこすらず吸着オフ
初回半額、美白美容乳液 薬用とろり液プレゼント!

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

VCOマイルドソープ

固形石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第3位 VCOマイルドソープ

 

「落とす」「守る」で潤いと肌バリア機能をキープした洗顔を実現
“天然母乳成分”VCOの恵みで透明感のある赤ちゃん肌へ
初回半額、15日間安心返金保証付き

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

洗顔料で固形石鹸をおすすめする理由

弱アルカリ性の固形石鹸は、肌についた汚れをしっかり落とす

今では色々なタイプの洗顔料がありますが、中でも“固形石鹸”の一番の特徴は【洗浄効果】です。

元々、私たちの健康な肌状態は“弱酸性”となっているため、同じph値である弱酸性タイプのスキンケアアイテムは、「肌に優しい」「低刺激」というキャッチコピーが良く使われています。

とは言え、弱酸性のアイテムが肌に蓄積されやすい界面活性剤で作られていることを考えれば、肌に優しいのかは疑問が残るところ…。

さらに、肌と同じ弱酸性の洗顔料は、確かに弱アルカリ性に比べると刺激は弱いですが、洗浄効果も同じように強さはありません。

固形石鹸も界面活性剤が使われていますが唯一、肌に蓄積されないタイプで弱アルカリ性の洗顔石鹸。

そのため、弱アルカリ性の固形石鹸は、弱酸性の肌についた汚れをしっかり落とす洗浄効果を持っているのです。

固形石鹸は肌本来の力を育てます

中には、弱酸性に比べると固形石鹸の洗顔後はつっぱり感を抱くこともあるため、肌質によっては乾燥が気になる方も多いかもしれません。

ですが、洗顔後の肌は活性化がされ肌本来の弱酸性に戻ろうとするのと同時に、正しいスキンケアのお手入れで充分保湿ケアは可能となっています。

洗顔料を使う目的は「肌の汚れを丁寧に落とすため」なので、肌本来の力を活かしながら健やかな肌作りをするのに、固形石鹸はとても役立つ洗顔石鹸として今でも人気を集めているのです。

ただし、長時間アルカリ性に触れさせることは肌にとってはストレスになるので、洗顔は素早く行い洗顔料の洗い流しがないように気をつけましょう。

どの洗顔料であっても「時間をかけすぎる」「洗い残しがある」というのは、肌への負担に繋がりますが、特に洗浄効果に優れた弱アルカリ性の固形石鹸は、必要以上に肌の水分や油分を取り除く恐れがあり、必ずしも100%天然由来とは限らないため注意が必要です。

▲固形石鹸おすすめ洗顔人気ランキング

固形石鹸の選び方

石鹸素地+美容成分=選び方のポイント?!

固形石鹸と聞けば、丸や四角い形の石鹸を思い浮かべる方が多いですが、一概に形だけで決められないのが難しいところ。

実は、固形石鹸と思っていても正確には固形石鹸ではないこともあるのです。

少し複雑な話ですが、固形石鹸はあくまでも「形」ではなく中身である「成分」の違いによって使われる言葉となっています。

もっともシンプルなのは純石鹸。純石鹸の魅力とは?

最もシンプルな石鹸素地成分だけで作られた固形石鹸は、いわゆる”純石鹸”とも呼ばれる固形石鹸。

これが弱アルカリ性の固形石鹸なので、余計な成分が一切入っていないため、植物由来成分がアレルギーで使えない方には良いですが、優れた洗浄効果をもつ反面、保湿成分などは一切ないため肌質によっては洗浄力が強く感じることもあります。

そこで、アレルギー体質でない方ならば、美容成分が配合されている固形石鹸を選ぶのがおすすめ。

現在の石鹸製造では、石鹸素地を作る際に美容成分を加える技術も生まれていて、余計な成分をできるだけ加えずに肌に役立つ成分を配合できるのです。

そのため、石鹸素地が主成分の固形石鹸で、かつ保湿成分やエイジングケア成分といった美容成分配合のタイプから選ぶのが良いでしょう。
(詳しくは「固形石鹸の製造方法による違い」をお読みください。)

▲固形石鹸おすすめ洗顔人気ランキング

 

固形石鹸と洗顔フォームの違いとは?

固形石鹸と洗顔フォームの違いとは?

固形石鹸は“石けん素地”と呼ばれる植物性油脂を“けん化”させた固形成分で、最も古い洗浄成分と言われているものです。

一方、液体石鹸やクリーム石鹸、泡石鹸といった洗顔フォームは成分が固まってしまうのを防ぐため、石鹸素地の割合を低く配合しているので石鹸素地に代わる洗浄成分を配合する必要があります。

そして、その洗浄成分として多くの洗顔フォームで配合されているのが“合成界面活性剤”です。

合成界面活性剤が肌バリア機能を弱める

一般的に、肌に刺激を与えてダメージを与えると言われているのは科学由来や石油系界面活性剤で、通常では浸透しない角質層の置くまで溶け込んで肌に必要な脂質も洗い流して肌バリアを破壊するといわれています。

さらに泡立ちや泡切れ、洗い上がりなどの洗い心地を良くしたり品質劣化を防ぐために、科学由来成分や保存料、着色料を配合することも…。

そのため、固形石鹸よりも肌への刺激が強いと言われる洗顔フォームは、本当の意味で肌へ優しい洗顔石鹸を好む人には犬猿されるタイプとなっています。

しかし界面活性剤は天然由来成分から採取された安全性の高いものあるので、必ずしも肌にとって悪い成分だと断言することはできません。

とはいえ、ドラッグストアなどで安価・手軽に入手できるものは、肌に刺激のある添加物が多く配合されている傾向にあるので、購入するときは配合成分をよく確認したほうが良いでしょう。

肌への刺激は個人差が大きいので、必ずしも「固形石鹸が良い。」「洗顔フォームは肌が荒れる。」とは言い切れませんが、洗浄成分で考えてみると

・固形石鹸は肌にとって、不必要な余計な成分が入っていないシンプルな作り
・洗顔フォーム(クリームタイプ・泡・液体)は使い心地や洗い上がり、コスパなどが良い分、直接お肌に不必要な成分が入っていることが多い

というそれぞれの違いを覚えておきましょう。

▲固形石鹸おすすめ洗顔人気ランキング

 

固形石鹸の上手な泡立て方

洗顔ネットを活用してみよう!

洗顔フォームと比べ、余計な成分が入っていない分、使い心地の悪さがデメリットになり得るのが固形石鹸。

そのため、洗顔フォームやジェルタイプの洗顔料と比べると「固形石鹸は泡立てにくい。」と感じている方が多いのも事実です。

また、「固形石鹸を泡立てるためにどのような洗顔グッズを使用しているのか?」というネットリサーチの調査では49.2%と半数近い人が泡立てネットを使用していると答えています。

洗顔ネットを使った泡立ては、コツさえ掴めば手で泡立てるよりも簡単に効率良く仕上がるので、活用してみるのも良いアイデア。

今では洗顔石鹸の購入で無料プレゼントとして泡立てネットがついてきたり、100円ショップでも購入することができます。

洗顔ネットを使った泡立て方

・泡立てるときに含める水は最小限に
水が多いと気泡の大きい垂れる泡に仕上がるので、洗顔向きではありません。

・泡立てるときは空気を含ませることを意識することが大切
十分に泡立てるには「洗顔料の量」「空気の量」「水分の量」の3つの条件が必要です。

・洗顔ネットは定期的に新しいものに取り替える
洗顔ネットの目が粗いと、気泡が出来やすくキメの細かい泡ができません。

▲固形石鹸おすすめ洗顔人気ランキング

 

肌質別&肌トラブル別アプローチ術

固形石鹸は優れた洗浄力だけでなく、洗浄成分や美肌成分の違いで肌質や肌トラブルの改善ケアにも役立ってくれるのが魅力的です。

気になる肌悩みや肌ケアで役立つ、固形石鹸の特徴についてまとめました。

オイリー肌

オイリー肌(脂性肌)におすすめの洗顔石鹸

潤い機能になる反面、毛穴の詰まりを招きやすい洗顔料の油脂は、固形石鹸タイプが一番少ない配合となっています。

本来、洗顔後は汚れと同時に皮脂も洗い流されるためツッパリ感が多いですが、オイリー肌で「まったくつっぱらない。」と思う人は、洗顔料の油脂が肌表面に残っている可能性も…。

特に、乾燥よりもベタつきを改善したい人は、弱酸性よりも油分を落とす効果に優れた弱アルカリ性の固形石鹸がおすすめです。

乾燥肌・混合肌

乾燥肌・混合肌におすすめの洗顔石鹸

保湿作用を意識したい乾燥肌の人ですが、弱い洗浄力を選ぶと、角質硬化や肌のごわつきに繋がる恐れもあり、せっかくのスキンケアによる保湿ケアも浸透力が低くなる場合も…。

固形石鹸も、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドといった潤い成分が配合したタイプがあるので、洗浄力と美肌成分のバランスを兼ね備えた種類を選ぶのが良いでしょう。

敏感肌・アトピー肌

敏感肌・アトピー肌におすすめの洗顔石鹸

敏感肌やアトピー肌の人なら、刺激を抑えた洗浄成分の洗顔料を選びたいですが、洗顔フォームや洗顔パウダー、リキッド洗顔では科学由来の合成界面活性剤を配合している製品もあります。

天然成分の界面活性剤である固形石鹸は無添加石鹸として発売されているのも多く、低刺激な洗顔料としておすすめしたいタイプ。

残念ながら、泡立ちの悪さや溶けやすさなど固形石鹸のデメリットもありますが、シンプルな成分の石鹸が安心です。

ニキビ肌

にきび肌におすすめの洗顔石鹸

医薬部外品の洗顔料や薬用洗顔石鹸も人気ですが、炎症抑制作用に効果ができる成分配合の固形石鹸がおすすめで、白ニキビや赤ニキビといったニキビケアに有効です。

また、毛穴パックと違い、毛穴汚れを落としながら毛穴を引き締める作用もあるので、ニキビ予防や毛穴ケア、小鼻の黒ずみ改善にも役立ちます。

▲固形石鹸おすすめ洗顔人気ランキング

固形石鹸の製造方法による違い

洗顔料選びでは洗顔方法はもちろん、成分表示や配合成分を意識する人も多いですが、固形石鹸を選ぶなら、ぜひ製造方法のチェックもしていきましょう。

製造方法の違いは、品質やコストに影響してくるので「品質にこだわりたい。」「値段の安さも大事。」といった自分にあう石鹸選びに役立ってくれます。

原料油脂

原料油脂

固形洗顔石鹸の石鹸素地は100%天然由来とは言い切れず、一部では石油由来や鉱物油による界面活性剤使用の場合もあります。

天然由来にこだわるなら、シアソープやパーム石鹸といった植物樹脂が使われた石鹸を選ぶようにしましょう。

製造方法

石鹸を作る製造方法には、油脂とアルカリで加水分解(水を加えて化学反応を起こし成果物(石鹸)を生成)する“鹸化(けんか)法”と、油脂とアルカリを直接反応させて石鹸を生成する“中和法”の2つがあります。

鹸化(けんか)法

ホットプロセス(けん化塩析法・焚き込み法)

ホットプロセス製法(けん化塩析法・焚き込み法)

ホットプロセスには、けん化した生成物に塩を加えて不純物と石鹸素地、グリセリンに分ける“けん化塩析法”と、けん化した生成物を高温で釜焚きし石鹸に仕上げる“焚き込み法”があります。

どちらにしても製造過程で高温になるため、石鹸に配合した美容成分が熱により破壊されて十分な美容効果が得られないことも…。

コールドプロセス(冷製法)

石鹸の原材料を混ぜ合わせるときに発生する低温な自然熱で緩やかにけん化させるコールドプロセスは、1か月以上の時間をじっくりとかけて製造する製造方法です。

コールドプロセス製法は完成までに時間がかかるので価格が高くなりがちですが、低温で製造するので熱に弱いグリセリン(保湿成分)などの配合成分の効果を最大限に引き出すことが可能なので美容効果を意識するならおすすめの固形石鹸です

中和法

機械練り

機械練り製法

石鹸の製法には、わずかな時間で大量に製造できる“機械練り”があり、ドラッグストアなど安価で販売されている洗顔石鹸はほとんどが機械練りです。

機械練りは効率化を最優先した製造方法なので、冷却・乾燥を急速に行うため石鹸内の水分量が少なく美容成分の配合量や効果が低下するのが欠点になります。

枠練り

枠練り製法

“枠練り”では時間をかけて冷ましていくため、豊富な水分量と高い美容成分の効果をキープできるのが特徴です。

石鹸の分子が大きいので機械織りで製造された固形石鹸と比較するとふやけにくいですし、配合された美容成分の効果も損なわれないのがメリット。

枠練り製法は大量生産が難しいので価格が高くなりますが、美容効果も意識するなら「枠練り」タイプの石鹸がおすすめです。

▲固形石鹸おすすめ洗顔人気ランキング

 

「固形石鹸の洗顔石鹸人気ランキング」では、固形石鹸の強みである“天然由来の洗浄成分”だけでなく使い心地や美肌成分にもアプローチできる、おすすめ石鹸を選んでいます。

あらためて、肌への刺激を抑えた洗顔料選びをしていきたい人、肌質やトラブル肌のケアにしっかり取り組んでいきたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

関連記事

界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  きちんとスキンケアを行っているのに「シミ・ニキビ・肌荒れといった肌トラブルが改善されない」と感じたことはありませんか?   もしかすると、肌に悪い成分となる合成界面活性剤が使用された洗顔石鹸で洗顔を行っているために、肌本来の力を低下させているからかもしれません。 ⇒界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング 合成界面活性剤不使用の洗顔石鹸とは? …

≫続きを読む


市販(ドラッグストア)のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  乾燥肌、荒性肌、敏感肌、ニキビ、ニキビ跡、シミ・そばかす、毛穴トラブル、肌悩みは人それぞれ。 さらにドラッグストアには数多くの洗顔石鹸が陳列されていて、「どれを選べばいいの?!」と自分の肌に役立つ洗顔石鹸を決めることができないという経験をしたことはありませんか?     [toc]   当サイトおすすめ洗顔石鹸2選 最初に、当サイ…

≫続きを読む

ピーリング洗顔石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

ピーリング化粧品は、肌老化症状(しわ、シミ、くすみ、たるみ、毛穴トラブル)に有効なスキンケア美容法です。 最近では“ピーリング洗顔石鹸”で簡単に自宅ケアができるようになりました。     ピーリング洗顔石鹸で得られる美肌効果 通常、肌の老化を改善する美容法を“アンチエイジング”と総称しますが、その基本は年齢と共に遅くなりがちなターンオーバー周期を整えることです…

≫続きを読む

コスパが良く継続するのにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

洗顔料にかける1か月のコスパを調査したところ、1,000円未満が17%、1,500円までが31%、2,000円までが21%、2,500円までが9%、3,000円までが14%、3,000円以上が8%という結果です。(提供:化粧品メーカー「メコゾーム」)まずは通販コスメで1か月のコスパが2,000円未満、さらに高い美肌効果で定評のある洗顔石けんBEST3を紹介します。   コスパが良…

≫続きを読む

旅行や出張など携帯におすすめ洗顔石鹸人気ランキング

洗顔料の中でも、固形石鹸はお肌にいちばん優しいと言われているけれど、持ち運ぶことを考えると不便な形状です。 例え、ソープケースに入れたとしても溶けかけた成分が漏れて荷物を汚してしまうこともあるかも…。 そこで、①日常でも毎日使用でき、②旅行や出張など携帯に便利で、③疲れた肌をきちんとケアしてくれる美肌成分が配合されている、持ち運びに便利なおすすめ洗顔石鹸ランキングを紹介します。 また、外出先…

≫続きを読む


芸能人に愛用されているおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  肌に自信のある芸能人が、普段どんな洗顔石鹸を使っているのか気になりますよね?   そこで今回は、芸能人が愛用している人気洗顔石鹸にはどんな商品があるのか、芸能人ブログから調べてみました。   「どのような芸能人が使っているのか?」「どのような美肌効果が期待できるのか?」という点について、美容方法も合わせて紹介していきます。   芸能人愛…

≫続きを読む

AHA配合(フルーツ酸)のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

顔全体の透明感がなく、くすんでいる…そんなお悩みを抱えている女性は積極的にそれらのトラブルを改善するスキンケアを取り入れることがおすすめです。   いちご鼻やくすみの原因の1つは古い角質によるもの、そのまま対策を取らず改善することができないと毛穴に角栓ができ、毛穴に溜まってしまった皮脂が酸化してニキビの原因になることがあります。 そんな毛穴トラブル・年齢肌トラブルにおすすめ…

≫続きを読む

炭酸洗顔石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

今、炭酸水を使った洗顔方法もトレンドの美容法として人気ですが、炭酸成分が配合された炭酸石けんがあるのを知っていますか?   ⇒炭酸洗顔の美肌効果を知りたい方はこちらを読んでください。 ⇒炭酸洗顔石鹸の選び方を知りたい方はこちらを読んでください。     炭酸洗顔美容法の魅力~美肌効果とは?   …

≫続きを読む

体臭・加齢臭対策と予防におすすめ洗顔石鹸人気ランキング

今では男性用化粧品も多種多様になりニキビケア、加齢臭ケアといった男性の肌悩みトラブルに対応したメンズコスメがドラッグストアで並んでいます。 今回は、男性の肌悩みの中で特に気にしている方が多い肌ケアや臭い対策に取り組める石鹸について紹介します。   ⇒加齢臭が気になる方は、こちらをお読みください。 ⇒体臭が気になる方は、こちらをお読みください。 …

≫続きを読む


無添加石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  肌に優しいことをアピールした「○○不使用」「△△フリー」といった無添加石鹸が増えていますが、厚労省が認定している美容成分と違って『無添加』には定義はありません。   無添加の意味や各メーカーの考え方を知るのが、本当に肌に優しい無添加洗顔石鹸選びには大切です!       [toc]   無添加石鹸の選び方…

≫続きを読む

固形石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

今では、色々な種類の洗顔石けんが発売されていますが、最も歴史あるシンプルな固形石鹸が今でも根強い人気を集めているのを知っていますか? 洗顔フォームや洗顔パウダーといった、他の洗顔料にはない固形石鹸の魅力や肌へのアプローチを知ると、人気の理由だけでなく自分に合う洗顔石鹸選びのヒントが見えてきます。 ⇒洗顔料の中でも、固形石鹸をおすすめする理由 ⇒固形石鹸の選び方 然(しかり)よか…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close