素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   1859 Views

毛穴の開き・引き締めにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

毛穴の開きを引き締めるための対策は、スキンケアの中でも洗顔が最も重要となってきます。
そこで、毛穴を引き締めるポイントをしっかり押さえた、おすすめの洗顔料をおすすめランキングを作成しました。
加えて、毛穴が開いてしまう原因や間違ったお手入れ方法を知れば、より効果的な毛穴の改善ケアに取り組めますよ!

 

毛穴を引き締める洗顔料の選び方

洗顔だけで毛穴がこれだけ引き締まるんです!

 

毛穴の開きが気になる方は、「毛穴をこれ以上開かせないケア」と「開いた毛穴を引き締めるケア」の2つを意識した洗顔でアプローチしていくことが大切です。
そのため、洗浄成分と美容成分にこだわった洗顔料の選び方をしていきましょう。

 

汚れ詰まりを防止する洗浄成分

粒子が小さい弾力泡が大切

 

毛穴をこれ以上開かせないケアとしては、洗顔料の洗浄成分が重要となってきます。

 

粒子が大きく洗い洗浄成分で肌表面を洗えば、汚れが詰まった毛穴を広げるように掻き出してしまいます。
洗顔のやり方も重要ですが、毛穴を洗浄成分で開かせてしまわないように気をつけなければいけません。
ですが、毛穴を開かせない洗浄成分だからといって、きちんと汚れを落とせない弱い洗浄力もいけません。

 

いくら毛穴を開かない肌に優しい洗顔料といっても、汚れを落とすことすらできなければ、毛穴は皮脂汚れで詰まってしまいます。
皮脂汚れで詰まってしまえば、毛穴の奥にある皮脂腺から分泌される皮脂で、今度は肌の内側から毛穴を押し広げてしまうことになります。

 

そのため、毛穴を開かせない洗浄成分としては、粒子が小さて泡立ちも良く、かつ毛穴の奥に詰まった汚れまでしっかり吸着できる洗顔石鹸を選びましょう。

 

引き締めや美肌ケアができる保湿成分

洗顔でも保湿ケアは必要?!

 

開いた毛穴を引き締めるケアは化粧水や乳液、美容液、クリームだけでなく洗顔石鹸でも取り組むことが可能です。
ただし、洗顔の場合は、後から使う化粧品の浸透を妨げない意識も必要となってきます。

 

そのため、肌表面にある毛穴を直接的に引き締めるのではなく、内側から毛穴の引き締めアプローチしていくのがポイント。
その毛穴の引き締めアプローチができるのが、美肌ケアにも役立つ【保湿成分】です。

 

もともと肌表面の角質層は、わずか0.02mmの薄さながらもセラミドなど保湿成分を作り出し約3割の水分が存在しています。
この潤いはバリア機能の役割もあるため、潤い不足で外からの刺激を受けやすくなると、毛穴の開きに繋がってしまうのです。

 

また、保湿がされて水分と油分のバランスがとれた肌は、キメが整うため毛穴が悪目立ちしにくくなるのも特徴的。
加えて、乾燥による皮脂の過剰分泌も防げるため、皮脂で毛穴を押し広げる予防にもなります。
柔らかな皮膚はスキンケアの浸透力を高めてくれるのにも役立つので、保湿は毛穴ケアに欠かせない美容成分と言えるでしょう。

 

毛穴の開き・引き締めにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

ヴァーナル 「W洗顔セット」

くすみにおすすめの洗顔石鹸ランキング 第1位 ヴァーナル 「W洗顔セット」

 

W洗顔で正しい毛穴ケア
役割の違う2つの石けんが黒ずみ・毛穴汚れをごっそり落とす
初回限定980円59%OFF!

 

ヴァーナル 「W洗顔セット」公式サイトはこちら

 

ヴァーナル 「W洗顔セット」の体験談レビューはこちら

 

然りよかせっけん

くすみにおすすめの洗顔石鹸ランキング 第2位 然りよかせっけん

 

毛穴汚れを吸着泡がごっそり取り除く
シリカパウダー配合
使用期限を設けた完全無添加

 

然りよかせっけんの公式サイトはこちら

 

然りよかせっけんの体験談レビューはこちら

 

いつかの石けん

くすみにおすすめの洗顔石鹸ランキング 第2位 いつかの石けん

 

1日35秒で簡単泡パック
酵素プロアテーゼ配合
お肌に合わなければ 全額返金保証

 

いつかの石けんの公式サイトはこちら

 

いつかの石けんの体験談レビューはこちら

 

 

 

毛穴が開く原因

毛穴が開いてしまう原因は、遺伝や体質など自分では変えられない理由の場合もありますが、対策を取らなければ毛穴は悪目立ちするばかり…。
メイクやファンデーションで隠すのではなく、少しでも毛穴の開きを防ぐお手入れに取り組みましょう。

 

 

生まれつきの体質や遺伝

毛穴つまりを起こしやすい体質でも諦めずに、少しでも改善を!

 

毛穴の奥にある皮脂腺から皮脂が大量に分泌されて、毛穴を押し広げているのが開きの主な原因です。

 

もちろん毛穴は誰にでもあるものですが、遺伝や体質によっては毛穴の量や範囲が多かったり、皮脂腺が活発なタイプだったりすることも…。
そのため生まれつき、人よりも「毛穴が開きやすい」方は存在します。

 

とは言え、老廃物や汗の排出、刺激や乾燥を防ぐ皮脂膜、雑菌の増殖を妨げるph値のバランスなど、毛穴から出る皮脂は必要なもので当然、毛穴や皮脂腺を減らすことはできません。

 

ですが、過剰な皮脂分泌を抑えて毛穴の開き改善や悪目立ちしないよう引き締めるお手入れは、洗顔をはじめとしたスキンケア方法で対処できます。
「どうせ体質だから…。」「私は脂性肌だから…。」と諦めずに、正しい毛穴ケアに取り組んでいきましょう。

 

 

紫外線による外からのダメージ

紫外線の及ぼす肌ダメージ

 

日焼けによるシミ、そばかすで今やすっかり悪者の紫外線ですが、実は毛穴の開きにとっても嫌な存在です。

 

一年中降り注ぐ紫外線UVAは角質層の更に奥、真皮層まで浸透し直接肌へダメージを与えるタイプの紫外線。
肌のコラーゲンやエラスチンといった肌のハリや弾力に必要な潤い成分を破壊するため肌がたるみ、いわゆる“たるみ毛穴”として毛穴が開いているように見えてしまうのです。

 

また、ヒリヒリと炎症するのが特徴的な紫外線UVBタイプでも、肌のバリア機能が壊れて水分蒸発がしやすく、皮脂量が増えやすくなるため毛穴が開きやすくなります。

 

いずれのタイプでも紫外線による外からのダメージで、毛穴が開く原因となるので、美肌や美白ケアに欠かせない紫外線対策は、毛穴の開きを防ぐのにも必要と言えるでしょう。

 

 

乾燥による内からのダメージ

肌質問わず、乾燥対策をしっかりと!

 

「毛穴が開きやすい。」「皮脂量が多い。」と聞けば、オイリー肌の肌質をイメージしがちですが、乾燥による原因もあり乾燥肌でも毛穴の開きで悩みを抱える女性は多いです。

 

元々、肌は乾燥を感じると皮脂の分泌を増やし、皮脂膜で肌を守ろうという働きがされるので、潤い不足は皮脂量を増やし毛穴を押し広げるきっかけになりやすいのです。

 

特に、乾燥肌のため少しでも肌への負担を減らそうと洗顔を簡単に終わらせている方も多く、汚れがきちんと洗い流されていないことも…。
さらに保湿を意識してオイルケアをしては、汚れと油分で毛穴は塞がれてより毛穴を広げる結果になってしまいます。

 

もちろん、普通肌や脂性肌の方も肌の乾燥は毛穴が開く原因になるため、保湿ケアは重要です。
最後に洗い流す洗顔料の保湿成分だけでなく、スキンケア用品でもヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなど潤いにこだわったタイプを活用しましょう。

 

 

 

引き締めるはずが…毛穴ケアのNG洗顔

毛穴を引き締めるケアに役立つと思っていても、実は逆に広げてしまうNGな洗顔方法もあります。
せっかく洗顔料の選び方にこだわるなら、間違った洗顔をしないように正しい知識も覚えておきましょう。

 

 

水洗顔

キュッと引き締め…には、ならない?!

 

冷水で洗顔をすると、キュッと毛穴が引き締まってとても良いお手入れに感じますが、残念ながら改善ケアにはなりません。

 

冷たい水で洗顔をするのは確かに毛穴が引き締まりますが、あくまでも一時的で時間が経てば開いてしまいます。
また、洗顔に冷水を使うと泡立ちも悪く、毛穴の汚れも落とせなるのに加え、一時的に引き締まった毛穴のせいでスキンケアの浸透力も弱めてしまうことに…。
元に戻った毛穴は、落としきれなかった汚れが貯まり保湿ケアもできていないので、開きを悪化させるだけでなく肌トラブルになる恐れもあります。

 

洗顔は、毛穴の奥に詰まった汚れまで丁寧に落とし、肌をすっぴん状態にさせるのが目的なので、その場だけの間違った引き締めケアに気をつけましょう。

 

洗顔で使うお湯は、人肌よりややぬるく感じるぬるま湯が、泡立ちにも毛穴の開きにもベストな温度。
特に、寒い季節なら、肌を温めながら毛穴を開かせて汚れを落とすのに良さそうなイメージですが、熱すぎるお湯自体が肌の負担になるので注意が必要です。

 

 

スクラブ洗顔

スクラブ洗顔は正しい使い方を!

 

脂性肌やニキビ肌の方に気をつけて欲しいのが、スクラブ洗顔による引き締めケアです。

 

スクラブ洗顔は、通常の洗顔石鹸よりも粒子の荒いスクラブが、直接的に毛穴の奥に詰まった汚れを掻き出すタイプの洗顔料。

 

ですが、スクラブ洗顔は肌表面への負担が大きいため、週に数回使うスペシャルケアでの使い方が大切です。
「肌のベタつきも気になるから。」と毎日使い続けては、肌が乾燥状態に陥りより皮脂量を増えてしまうこともあるのです。

 

ニキビ肌や脂性肌でベタつきも気になる女性なら毎日使っても大丈夫な、摩擦の少ないクレイタイプの洗顔料をおすすめします。
また、皮脂コントロールと毛穴の引き締め作用をもつビタミンC誘導体配合のスキンケア用品を活用してみましょう。

 

 

メイク派のシングル洗顔

クレンジング剤は本当に、肌に負担?

 

敏感肌や乾燥肌の方に気をつけてほしいことが、肌への負担を気にしすぎてメイクをしているのにシングル洗顔で終わらせる洗顔方法。

 

化粧汚れを落とせるクレンジング兼用の洗顔石鹸なら良いですが、普通の洗顔石鹸ではメイクを落としきることはできません。

 

元々メイク成分は油分、皮脂汚れはタンパク質成分となっていて、タンパク質成分の洗浄効果をもつ洗顔石鹸だけでは油分を落としきれないのです。

 

乾燥による毛穴の開きを防ぐためにシングル洗顔をしていてもメイク汚れが肌に残っては、毛穴の開きだけでなくニキビや黒ずみといった肌トラブルに発展する可能性もあります。

 

メイクをしている方は、メイク落としで化粧品成分の油分を落としきってから、洗顔料で皮脂汚れを落としていきましょう。

 

 

 

洗顔で取り入れたい!おすすめ毛穴ケア

毛穴の開きが気になる方に向けて、引き締め毛穴ケアに役立つおすすめの対策方法を調べてみました!

 

 

蒸しタオル

あえて洗顔前に、毛穴を開かせる?!

 

洗顔前に蒸しタオルで顔を温めるのは、肌表面を柔らかくし毛穴を開かせるだけでなく、血行促進にも役立つとして「蒸しタオル美容法」もあるくらいです。

 

洗顔前の一手間が必要となりますが、より毛穴の奥の皮脂汚れを取り除くケアに役立ってくれます。

 

汚れをしっかり落とすので、皮脂詰まりによる毛穴の開きを防ぐために、蒸しタオルは有効です。

 

蒸しタオルの作り方・使い方
水滴が垂れない程度に絞ったタオルを電子レンジに入れて、40秒~1分弱温めます。
(ヤケドに注意してください。)
タオルを広げて湯気が落ち着いたら、顔全体にタオルをあてて肌表面を温めてください。
タオルが冷めてきたらはがして、いつも通りの洗顔をしましょう。

 

蒸しタオルは、あくまでも洗顔前に毛穴を開かせることが目的となっています。
蒸しタオルで顔を拭いても、皮脂の汚れは落とし切れないので注意してください。

 

 

毛穴の開きも悪化すると黒ずみや角栓、ニキビといった肌トラブルを引き起こす恐れもあるので、しっかり引き締めケアに取り組んでいきましょう!
すでに、肌トラブルの悩みもある方は、ぜひ「毛穴の黒ずみ・毛穴の角栓におすすめのおすすめ洗顔石鹸人気ランキング」の記事もあわせてご覧ください!

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

  • […] 「毛穴の開き・引き締めにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング」を参考にしてくださいね。 […]

  • お気軽にコメントをどうぞ。

    関連記事

    毛穴の開きの解消法は?適した化粧品で適したケアを

      ヤーマンが2015年に20~50代の女性を対象に行った調査によると、【毛穴の開き】は各世代の女性の肌悩みにおいて常にトップ5に食い込んでおり、普遍の悩みであるとわかります。   そこで今回は、気になる毛穴の開きの改善方法について、適したケアや効果を望める化粧品について考えてみましょう。   毛穴の開きの種類やオールインワンによるケアの提案、スキンケア…

    ≫続きを読む

    美肌の土台を作る20代におすすめオールインワンランキング

      女性がいちばん美しい年代は、“30代”と言われていることをご存じですか? 30代は華の20代を過ぎて、人としての深みと肌の美しさが兼ね揃うからだそうです。   美しい30代を迎えることができるかは、20代のスキンケア次第!   なのに「どんどんニキビや黒ズミが酷くなる…」と、どんなスキンケアをするべきか試行錯誤している20代の人が意外に多いです。 …

    ≫続きを読む

    ニキビ・肌荒れ対策 メンズ向けオールインワンランキング

      メンズスキンケアでおすすめしたいのが、スキンケア初心者でも簡単に出来る、オールインワンゲルです。   男性の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、オールインワンゲルは時短でケアができてコスパに優れているにもかかわらず、男性の肌に必要な成分が十分に配合されています。   そんなオールインワンゲルがどうして男性に必要なのかを、使用するメリットや肌悩み…

    ≫続きを読む


    無添加オールインワンで肌トラブルケア~おすすめランキング

      肌荒れや敏感肌、アトピー性皮膚炎などの肌悩みで、無添加オールインワン化粧品を選ぶのなら、正しい選び方を知るのが重要です!   でも、無添加オールインワン化粧品を選び始めてみると、多くの無添加アイテムに出会い、どれが自分にあっているのか判断するのは至難の業…   それに、間違った選び方をしてしまうと、避けていたはずの成分を避けきれない可能性もでてきます…

    ≫続きを読む


    あらゆる世代に効果的なエイジングケアができる化粧品とは?

      年齢とともに気になり始めるシミやしわ、たるみ、肌の疲れといったエイジングのサイン。   本格的にケアしたい人はもちろん、将来に備えて今からケアを始めようと思っている人にとっても気になるのは、何が一番効果的か、ですよね。   そこで、今回はエイジングケアのポイントをお話しつつ、効果的な化粧品について考えていきたいと思います。   エイジン…

    ≫続きを読む


    【ハリが復活!?】フィトリフト体験談レビュー

      ハリの再生力がプラセンタ以上の実力と絶賛されるフィトリフトは、エイジングな肌悩みに徹底アプローチしてくれるオールインワン化粧品。   他とは違うフィトリフトの特徴や、実際に使ってみてわかった成分効果と肌の変化を自腹購入でレビューしてみました!   たるみや毛穴の開き、さらには若い頃と比べて衰えてきたハリ、弾力を取り戻したい人は要チェック! &nbs…

    ≫続きを読む


    そばかすケアに効果的な化粧品とは?オススメの成分も紹介

      女性を悩ませる厄介な肌悩みのひとつといえば、見た目年齢を大きく左右してしまうシミ。   なかでもそばかすは肌の明るさに影響するし、ポイントケアも難しく、通常のシミとはひと味もふた味も違う、まさにくせ者です。   そこで、今回はそんなそばかすケアの方法のひとつとして、オールインワンタイプの化粧品を提案します。   「そばかすをなんとかした…

    ≫続きを読む


    泥・クレイ配合のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

      成人女性トップ3に入る肌の悩みは、「毛穴トラブル」「乾燥」「くすみ」です。 これら肌悩みを抱える女性の多くが「泥洗顔料」に注目しているワケをご存じでしょうか?   泥は、古来より傷や肌のお手入れに重宝された鉱物(ミネラル)で、現代でも美容や医療分野にかかせないアイテムとして活用されています。   魅力がいっぱいの「泥洗顔料」について知ることは、美し…

    ≫続きを読む


    しわ・たるみに悩む50 代にオールインワンランキング

      トラブルが多くなる50代の肌におすすめしたいのが、“オールインワンゲル化粧品”です。   オールインワンゲル化粧品と聞くと、どうしても「物足りないんじゃないの?」というイメージがありますよね?   ですが、オールインワンの研究は日々進み、今ではライン使いに機能も劣らないオールインワン商品が続々と発売されています。   50代で悩みがちな…

    ≫続きを読む


    ページの先頭へ

    PAGETOP

    close