洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較
洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較

界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

 

きちんとスキンケアを行っているのに「シミ・ニキビ・肌荒れといった肌トラブルが改善されない」と感じたことはありませんか?

 

もしかすると、肌に悪い成分となる合成界面活性剤が使用された洗顔石鹸で洗顔を行っているために、肌本来の力を低下させているからかもしれません。

合成界面活性剤不使用の洗顔石鹸とは?

“合成界面活性剤=悪いイメージ”。
合成界面活性剤を詳しく説明できるまではいかなくても、こんなイメージをもつている方は多いでしょう。

 

界面活性剤とは?界面活性剤の働き

合成界面活性剤の働き

 

スキンケアの働きとして“乳化剤”や“洗浄剤”、さらには化学用語としての“界面活性剤”…雑誌やインターネットで日々これらの文言を見かけることも多く、私たちを混乱させています。

 

「界面活性剤=悪」のイメージが先行していますから、なんとなく全ての界面活性剤が肌に悪いような印象をもつてしまいますが、乳化剤や洗浄剤は全て界面活性剤であり、大切なのは「何から作られているか」です。

 

そもそも界面活性剤の役割は、普通なら分離してしまう水と油を混ぜ合わせてくれることにあるので、界面活性剤不使用の洗剤や化粧品は存在しないでしょう。

 

▼界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキングへ

 

界面活性剤不使用石けんとは?

石けんの作られ方

 

界面活性剤不使用石けんをアピールしている石けんでも、厳密にいうと“界面活性剤使用の石けん”で正確には“合成界面活性剤不使用の石けん”と言えるでしょう。

 

なぜなら油脂に水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を加えて作られる石けん素地も界面活性剤の一種だから。
(添加物不使用と言われる純石鹸も、石けん素地自体が界面活性剤を使用しています。)

 

上記のような説明をすると「水酸化ナトリウム?苛性ソーダ?それって化学物質でしょ?肌に悪いのでは?」と聞かれます。

 

しかし、石けんの原材料となる油脂と水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を混ぜると“けん化”という化学反応により脂肪酸ナトリウム(石けん素地)とグリセリン(天然保湿成分)に分離し、水酸化ナトリウムは変質するので石けん成分に残留する心配はありません

 

このように作られる石けん素地も界面活性剤ですが、石けん素地に界面活性剤を添加していなければ、その石けんは“界面活性剤不使用(無添加)”として扱うのが一般的になっています。

 

洗顔石鹸は水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を使用した脂肪酸ナトリウムが石けん素地となりますが、ボディーソープのような液体石けんは水酸化カリウム(苛性カリ)を使用した脂肪酸カリウムが石けん素地となります。

 

▼界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキングへ

 

合成界面活性剤を使用する理由は?

デメリットを考えると合成界面活性剤は避けたほうが安全

 

“合成界面活性剤”とは、洗浄力を強めるために界面活性剤と化学成分を組み合わせた成分。

 

合成界面活性剤の中には、石油由来の原料でできている石油系合成界面活性剤もあり「石油?肌に悪いのでは?」と悪いイメージに拍車をかけているかもしれません。

 

たしかに合成界面活性剤は多岐に渡る種類があってその一部が肌に影響を及ぼすため、肌トラブルを招く成分もあるのが実情。

 

合成界面活性剤のデメリット
・強い洗浄力が肌のバリア機能を壊すことで、「外部ダメージを受けやすい」「肌内部の水分が蒸発する」という肌状態になる。
・合成界面活性剤が角質層を破壊して蓄積され、肌細胞(タンパク質)を破壊する。

 

これらのデメリットは正常な肌のターンオーバーの促進を妨げてしまうほか、皮膚を通して一種の毒素が入ってしまう経皮毒の危険性がある界面活性剤もあるでしょう。

 

なぜこのようなデメリットが目立つのに、洗顔石鹸には合成界面活性剤を使用しているのでしょうか?

 

合成界面活性剤のメリット
・発泡作用で泡立ちを良くして洗浄能力を高める。
・使用感を良くする。

 

弱アルカリ性の石けんであれば、肌に残った合成界面活性剤成分の活性能力を消失する作用をもつのでそんなに神経質にならなくても大丈夫ですが、合成界面活性剤のメリットは天然成分でも補うことができるので、肌に負担のない洗顔を行うのであれば合成界面活性剤不使用の洗顔石鹸を選びたいですね。
(全ての合成界面活性剤成分について、その働き・副作用の全てを知ることは難しいので使わないことが無難という意味です。)

 

また、界面活性剤を添加した商品であっても、合成していない天然界面活性剤使用の石鹸なら肌への負担も軽減できるでしょう。

 

これなら大丈夫!天然界面活性剤(一例)
(大豆)(ヘチマ)サポニン、(卵黄)レシチン

 

▼界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキングへ

 

合成界面活性剤が肌荒れの原因になる?

合成界面活性剤が肌荒れになる

 

まずは界面活性剤の全てが肌に悪いのではなく、その一部が肌に影響を及ぼすことを伝えておきます。

 

合成界面活性剤は肌にずっと残ってバリア機能を破壊し続けると思っている方がいるかもしれませんが、最近は研究が進んで生分解性(※)される合成界面活性剤も多くなっています。
(※分解されて無機物になり、肌に負担をかけないこと。)

 

では、どのような合成界面活性剤が、肌荒れなど肌に悪影響を及ぼすのでしょうか。

 

それは、とくに強い洗浄力を実現するために配合されているもの

 

強い洗浄力をもつ界面活性剤は、油脂やたんぱく質の汚れを根こそぎ落とすよう調整されるので、本来必要な皮脂膜や角質細胞まで溶かしてしまい、肌のバリア機能を破壊してしまう恐れがあります。

 

そして、生分解性されない一部の石油系由来成分で作られた合成界面活性剤は、水で洗い流しても肌に残り、そのままにしておくと乾燥が進んで敏感肌や肌荒れ状態につながっていく可能性が高いと言えます。

 

ですから、洗顔石鹸で肌荒れを起こした経験がある方や敏感肌の方は、「洗浄力が強い」「合成界面活性剤配合」の洗顔石鹸は避けた方がよいでしょう。

 

▼界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキングへ

 

合成界面活性剤が肌を弱くする?

合成界面活性剤によるラメラ構造破壊

 

一部の合成界面活性剤は、分解されずに洗顔後も肌に残って少しずつ角質層に浸透していきます。

 

そうすると、界面活性剤のもつタンパク質変質作用がラメラ構造に必要なリン脂質を破壊してしまうため、肌バリア機能を低下させたり、肌内部の水分を留めることができなくなったります。

 

ラメラ構造が破壊されてしまうと、肌内部の水分は蒸発してしまいますし肌バリア機能も低下するので、肌トラブルを起こしやすい弱い肌になってしまうでしょう。

 

もちろん合成界面活性剤の中には洗浄力が穏やかなものや、肌に残らず浸透しにくい成分も存在しますが、その特性を素人が理解して商品選びするのはハードルが高いため、「疑わしきは使うべきでない」ということで合成界面活性剤は不使用の洗顔石鹸を選ぶことがおすすめです。
(当サイトでおすすめしている洗顔石鹸は、成分ひとつひとつを確認して肌刺激が強くないことを確認しています。)

 

肌悩みを抱えた方が皮膚科で純石鹸を薦めることが多いのは、石けん素地のみで作られる純石鹸なら「何も添加されておらず肌の負担にならない」という考えからで、「純石鹸が化粧石鹸より優れている」わけではないと当サイトは考えます。

 

▼界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキングへ

 

弱酸性石けんは合成界面活性剤使用

弱酸性石けんは実は肌に悪い?

 

某ボディーソープのCMを見て、「弱酸性だから肌にやさしい」という考えが定着していますが、実は弱酸性石けんには合成界面活性剤が配合されています。

 

そもそも、石けん成分の“脂肪酸ナトリウム”は弱アルカリ性、つまり何かを加えなければ弱酸性にはなるはずがないのです。

 

また、その脂肪酸ナトリウムは弱酸性になると洗浄力を失ってしまう性質をもつため、弱酸性の石けんは新たな洗浄成分として合成界面活性剤を加えています

 

「肌は弱酸性なので弱酸性で洗ったほうが肌にやさしい」という考えにも一理ありますが、弱アルカリ性を使用してアルカリ性に傾いた肌は中和能力により肌が活性化して弱酸性の肌に戻りますし、「わざわざ化学成分である合成界面活性剤を加えて弱酸性にする洗顔石鹸を使用する必要ないのでは…。」と考えます。

 

▼界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキングへ

 

合成界面活性剤使用でも無添加石鹸?

界面活性剤配合有無がきちんと明記された商品がおすすめ

 

昨今“無添加”をうたう商品が増えていますが、この広告をはなから信じてしまうのは危険です。

 

なぜなら、香料や着色料が配合されていないだけで無添加をうたう商品もあり、よくよくパッケージの成分一覧を見てみると“~硫酸”“~硫酸塩”など多くの添加成分が表記されている商品も、残念ながら存在するからです。

 

いわゆる、国が定めた旧指定成分(身体に害を及ぼすと考えられる成分)が選定されてから30年以上も経ち、以降新たな成分もたくさん登場していますが、旧指定成分が含まれなければ無添加をうたっても法律上は何も規制が無いのは問題なのかもしれません。

 

たとえば純石鹸の場合は、石けん素地だけで作られているため成分表示を見ればすぐにわかります。

 

では無添加石けんはどうやって肌に優しい成分であるかを見極めるのかというと、少なくとも合成界面活性剤不使用であるということを明記してある商品を選びましょう

 

最近はアンチ界面活性剤・自然派思考の方が増え、メーカー側は合成界面活性剤不使用であればアピールポイントにしていることが多いので、「界面活性剤不使用」の明記が無い場合は何かしら合成界面活性剤が配合されていると考えてよいかもしれません。
(ほとんどの場合、無添加石鹸をアピールしている石けんは、界面活性剤不使用であればその旨を記載しています。)

 

▼界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキングへ

 

子供には合成界面活性不使用がおすすめ

子供の肌は、そんなに強い洗浄力がなくても大丈夫だから合成界面活性剤不使用がおすすめ

 

ドラッグストアを見てみると「子供も安心」「赤ちゃん用」などの特徴が書かれた洗顔洗顔石鹸はたくさんあります。

 

親心としては、子供にはよいものを用意してあげたいとついつい手に取ってしまいますが、ほんとうにその商品のセレクトで大丈夫ですか?

 

子供の肌はとてもデリケートで大人に比べて皮膚が薄く、とくに赤ちゃんは大人の皮膚の「3分の1から半分の薄さ」と言われています。

 

また、皮脂分泌量が不安定で肌バリアの機能も整っていないため、乾燥しやすく、ちょっとした刺激でも肌荒れになってしまうことも…。

 

子供や赤ちゃんには、大人ほど洗浄力が強くなくても十分なことがほとんどなので、ぜひ合成界面活性不使用の石けんを用意して肌への負担を軽減してあげましょう。
(赤ちゃんや子供の場合、肌代謝も活発なので問題がなければ洗顔石鹸で洗わなくてもよいぐらいです。)

 

▼界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキングへ

 

合成界面活性剤不使用石鹸はどこで買う?

成分表をじっくり確認できる通販コスメがおすすめ

 

無添加石鹸はドラッグストアなど身近な店舗で手に取ることはできますが、先に紹介したようにパッケージの成分表示の記載も曖昧で、言葉巧みな宣伝にも惑わされ商品選びが一筋縄ではいきません

 

そこで活用したいのが通販コスメの数々です。

 

ある調査会社がネット通販に関するアンケートを実施したところ、「ネット通販で買い物するメリットは?」の回答に女性の4割弱の方々は「本当に自分が気に入るものを見つけられる」と回答しています。

 

これは「店まで足を運ばなくてよい」、「家まで商品をもつて来てくれる」、についで3番目に高い回答でした。

 

販売アイテムの種類が少なかったとしても、サイト上の商品広告をじっくり吟味して本当に欲しいものを選択できるのがネット通販の大きなメリット
(通販コスメなら、成分一覧表を見て気になる成分があれば、その場でネット検索をして簡単に副作用や危険度を調べることができます。)

 

洗顔石鹸の公式サイトを見ると、何が無添加でどのような成分が配合されているのかがわかりやすく表記してあるので、自分の肌に合う・合わないがイメージしやすいでしょう。

 

またネット通販は、実際に商品を試して合わなければ返品できる仕組み(全額返金保証)を取り入れているメーカーも多く、これも自分の肌にあった石鹸選びをするための強みになります。

 

▼界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキングへ

 

これは危険!避けるべき合成界面活性剤

注意したい界面活性剤の成分を紹介します。

 

実は肌にダメージを与えるほどの洗浄力をもつ合成界面活性剤は限られています。

 

ここでは肌への悪影響が確認されている避けるべき合成界面活性剤の見極め方を伝えていますので、通販・ドラッグストに関わらず、以下の合成界面活性剤が不使用であることを確認しましょう。

 

とくに敏感肌の方は○○ナトリウム系、○○アンモニウム系は石油・高級アルコール系なので注意が必要です。

 

洗顔石鹸によく使用されている合成界面活性剤(一例)
ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリルスルホン酸ナトリウム、スルホン酸ナトリウム、パレス-3硫酸ナトリウム、キシレンスルホン酸ナトリウム、ステアリン酸グリセル(SE)、ドデシル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸アンモニウム、キシレンスルホン酸アンモニウム

 

体に害があることを確認された合成界面活性剤
エデト塩酸、ラウリル硫酸ナトリウム、ポリエチレングリコール
※皮膚からの吸収は弱いとされていますが、アレルギーの原因、発がん性物質であることが確認されている成分。肌が敏感な方は避けたほうが無難でしょう。

 

 

合成界面活性剤不使用石鹸ランキング

然(しかり)よかせっけん

合成界面活性剤不使用石鹸ランキング 第1位 然(しかり)よかせっけん(旧:つかってみんしゃい よか石けん)

 

石油系界面活性剤不使用、その他、防腐剤、鉱物油、合成香料、合成着色料、エタノール不使用

毛穴より小さい超微粒シリカパウダーが毛穴の汚れもしっかり吸着

単品通常価格1,800円の低コスパ!さらに定期コースで最大10%OFF

(旧:つかってみんしゃい よか石けん)

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

合成界面活性剤不使用石鹸ランキング 第2位 どろ豆乳石鹸 どろあわわ

 

石油系界面活性剤不使用、その他、無香料、無着色、無鉱物油

2種類の美容泥と4種類の保湿成分が肌の潤い・ハリ・美白をサポート

初回半額、美白美容乳液 薬用とろり液プレゼント!

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

VCOマイルドソープ

合成界面活性剤不使用石鹸ランキング 第3位 VCOマイルドソープ

 

合成界面活性剤不使用、その他、香料、保存料も無添加

皮脂と同じ成分だから「(肌汚れを)落とす」「(潤いを)守る」を実現

初回半額、15日間安心返金保証付き

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

 

界面活性剤は種類や製造方法などが多様なので、全てを理解するのにはとても時間がかかります。
私個人の意見としては、まずはわかりやすい純石鹸の成分表示当たりから手に取って、徐々に配合成分を追加していくのも肌に向き不向きの見極めには有効な手段のひとつでしょう。

 

毎日行う洗顔だからこそ、やっぱり使用する洗顔石鹸は肌によいものを使いたいはず。
少しずつ洗顔料の選び方を学んでいきましょう!

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

関連記事

界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  きちんとスキンケアを行っているのに「シミ・ニキビ・肌荒れといった肌トラブルが改善されない」と感じたことはありませんか?   もしかすると、肌に悪い成分となる合成界面活性剤が使用された洗顔石鹸で洗顔を行っているために、肌本来の力を低下させているからかもしれません。 ⇒界面活性剤不使用のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング 合成界面活性剤不使用の洗顔石鹸とは? …

≫続きを読む


市販(ドラッグストア)のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  乾燥肌、荒性肌、敏感肌、ニキビ、ニキビ跡、シミ・そばかす、毛穴トラブル、肌悩みは人それぞれ。 さらにドラッグストアには数多くの洗顔石鹸が陳列されていて、「どれを選べばいいの?!」と自分の肌に役立つ洗顔石鹸を決めることができないという経験をしたことはありませんか?     [toc]   当サイトおすすめ洗顔石鹸2選 最初に、当サイ…

≫続きを読む

ピーリング洗顔石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

ピーリング化粧品は、肌老化症状(しわ、シミ、くすみ、たるみ、毛穴トラブル)に有効なスキンケア美容法です。 最近では“ピーリング洗顔石鹸”で簡単に自宅ケアができるようになりました。     ピーリング洗顔石鹸で得られる美肌効果 通常、肌の老化を改善する美容法を“アンチエイジング”と総称しますが、その基本は年齢と共に遅くなりがちなターンオーバー周期を整えることです…

≫続きを読む

コスパが良く継続するのにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

洗顔料にかける1か月のコスパを調査したところ、1,000円未満が17%、1,500円までが31%、2,000円までが21%、2,500円までが9%、3,000円までが14%、3,000円以上が8%という結果です。(提供:化粧品メーカー「メコゾーム」)まずは通販コスメで1か月のコスパが2,000円未満、さらに高い美肌効果で定評のある洗顔石けんBEST3を紹介します。   コスパが良…

≫続きを読む

旅行や出張など携帯におすすめ洗顔石鹸人気ランキング

洗顔料の中でも、固形石鹸はお肌にいちばん優しいと言われているけれど、持ち運ぶことを考えると不便な形状です。 例え、ソープケースに入れたとしても溶けかけた成分が漏れて荷物を汚してしまうこともあるかも…。 そこで、①日常でも毎日使用でき、②旅行や出張など携帯に便利で、③疲れた肌をきちんとケアしてくれる美肌成分が配合されている、持ち運びに便利なおすすめ洗顔石鹸ランキングを紹介します。 また、外出先…

≫続きを読む


芸能人に愛用されているおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  肌に自信のある芸能人が、普段どんな洗顔石鹸を使っているのか気になりますよね?   そこで今回は、芸能人が愛用している人気洗顔石鹸にはどんな商品があるのか、芸能人ブログから調べてみました。   「どのような芸能人が使っているのか?」「どのような美肌効果が期待できるのか?」という点について、美容方法も合わせて紹介していきます。   芸能人愛…

≫続きを読む

AHA配合(フルーツ酸)のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

顔全体の透明感がなく、くすんでいる…そんなお悩みを抱えている女性は積極的にそれらのトラブルを改善するスキンケアを取り入れることがおすすめです。   いちご鼻やくすみの原因の1つは古い角質によるもの、そのまま対策を取らず改善することができないと毛穴に角栓ができ、毛穴に溜まってしまった皮脂が酸化してニキビの原因になることがあります。 そんな毛穴トラブル・年齢肌トラブルにおすすめ…

≫続きを読む

炭酸洗顔石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

今、炭酸水を使った洗顔方法もトレンドの美容法として人気ですが、炭酸成分が配合された炭酸石けんがあるのを知っていますか?   ⇒炭酸洗顔の美肌効果を知りたい方はこちらを読んでください。 ⇒炭酸洗顔石鹸の選び方を知りたい方はこちらを読んでください。     炭酸洗顔美容法の魅力~美肌効果とは?   …

≫続きを読む

体臭・加齢臭対策と予防におすすめ洗顔石鹸人気ランキング

今では男性用化粧品も多種多様になりニキビケア、加齢臭ケアといった男性の肌悩みトラブルに対応したメンズコスメがドラッグストアで並んでいます。 今回は、男性の肌悩みの中で特に気にしている方が多い肌ケアや臭い対策に取り組める石鹸について紹介します。   ⇒加齢臭が気になる方は、こちらをお読みください。 ⇒体臭が気になる方は、こちらをお読みください。 …

≫続きを読む


無添加石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  肌に優しいことをアピールした「○○不使用」「△△フリー」といった無添加石鹸が増えていますが、厚労省が認定している美容成分と違って『無添加』には定義はありません。   無添加の意味や各メーカーの考え方を知るのが、本当に肌に優しい無添加洗顔石鹸選びには大切です!       [toc]   無添加石鹸の選び方…

≫続きを読む

固形石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

今では、色々な種類の洗顔石けんが発売されていますが、最も歴史あるシンプルな固形石鹸が今でも根強い人気を集めているのを知っていますか? 洗顔フォームや洗顔パウダーといった、他の洗顔料にはない固形石鹸の魅力や肌へのアプローチを知ると、人気の理由だけでなく自分に合う洗顔石鹸選びのヒントが見えてきます。 ⇒洗顔料の中でも、固形石鹸をおすすめする理由 ⇒固形石鹸の選び方 然(しかり)よか…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close