素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   150 Views

ニキビ体質は遺伝?ニキビの原因を知ることが治す第一歩

“太りやすい”“特定の病気になりやすい”という体質は、遺伝が関係すると言われています。
実は遺伝は、肌色、紫外線などの影響の受けやすさ、皮膚の厚さなど肌質そのものに大きく影響を与えています。
“ニキビが出来やすい肌質”そのものが家族から遺伝するとすれば、どのようにスキンケア行えば良いのでしょうか?

 


私の両親は二人とも毛穴が詰まりやすく、良くニキビができています。
私自身、思春期から皮脂分泌量が多くニキビが絶えませんが、これは遺伝で予防法はないのでしょうか?

 


乾燥肌や脂性肌は遺伝するといわれていますが、アクネ菌は遺伝しません。
ですので、ニキビができやすいのはケア用品を変えてみる、生活環境を見直す、代謝改善することで、ニキビはできなくなるでしょう。

 

 

ニキビの原因、アクネ菌の多い体質は遺伝するの?

ニキビの要因となるのが“アクネ菌”だからか、ニキビケア用の治療アイテムには“アクネ菌を殺菌する”ことを想像させる言葉が商品パッケージやポップ表示に使用されています。
そのせいで、ニキビが出来ている人にのみアクネ菌があるように思われていますが、実はアクネ菌自体は誰のお肌にも常時存在している“皮膚常在菌”です。

 

普段は影響や危険性全く意識せずに生活をしていますが、私たちの体には表皮ブドウ球菌、マラセチア菌といった複数の菌が1兆個程度存在していて、アクネ菌もその中の1つ
すっかり悪者になっているアクネ菌ですが、実はお肌の保湿効果には欠かせない菌なのです!
というのも、アクネ菌は皮脂膜を構成しているグリセリンと脂肪酸を作り出し、肌バリア機能に一役買っているから。
もし、アクネ菌が存在しなくて皮脂膜が十分な役割を果たせないと、肌環境は悪化し肌内部の潤いは外に向けて蒸発してしまいますし、外からの細菌(※)からも肌を守ることができません。

 

そして、このアクネ菌などの菌群は遺伝することがなく、「アクネ菌が遺伝してニキビになりやすい肌質になる」ことはありえないでしょう。

 

ただし、アクネ菌の数は遺伝しないですが、アクネ菌に反応する免疫系体質は両親から遺伝することが分かっています。
アクネ菌が毛穴に繁殖してしまうと体の持つ免疫細胞がアクネ菌を異物だと認識し、インターロイキン1αという成分が分泌されることでニキビの炎症として表れるのです。
つまり、アクネ菌の数は遺伝しないけれど、ニキビの出来やすさは遺伝するということになりますね。

 

※皮脂膜はPH値を4.5~6.5(弱酸性)に保つことで、外からお肌に浸入しようとする細菌を酸パワーで殺菌します。

 

 

肌質は遺伝が関係している?肌のキメと肌の強さ

“ニキビ肌が遺伝”というのは、正しくは“ニキビができやすい肌質が遺伝“だと思います。
100%の確率で両親の肌質を引き継ぐ可能性はありませんが、このページの最初でお伝えした通り、肌色、肌のキメ、皮膚の厚さ、毛穴の大きさ、ダメージの修復力(肌の強さ)、毛穴タイプは遺伝が関係します。

 

次に挙げるニキビができやすい肌質を遺伝してしまうと、手抜きスキンケアをしたり、生活習慣やホルモンバランスが乱れると他の人よりもニキビが発生しやすくなるでしょう。

 

肌の修復力が弱い肌質

肌の修復力が弱いと、外からの刺激を受けやすく肌バリア機能低下に繋がる傾向があります。
そして、肌バリア機能が低下してしまうと、外からのダメージがダイレクトにお肌に影響伝わり、お肌のターンオーバーを遅らせる原因になることも…。
お肌のターンオーバーが遅くなると、不要な皮脂が肌表皮に残されたままになるので、それが毛穴の内側に詰まりニキビや肌トラブル原因となるのです。
この場合は、ターンオーバーの促進が行える方法として、ピーリング洗顔、酵素洗顔、重曹洗顔などのケア方法がおすすめです。
(ただし、過度のターンオーバーは逆に皮膚を弱らせてしまうので、くすみやざらつきなど角質肥厚と思われる肌状態でない場合は控えた方が良い場合もあります。)

毛穴の大きさが小さい肌質

毛穴の大きさは日頃のスキンケアによる影響も大きいですが、“元々の毛穴の大きさ”は遺伝によるもの。
そして、小さい毛穴は詰まりやすく・洗い流されにくいのでニキビになりやすくなります。
毛穴が小さい場合は、ホットタオルなどを利用して毛穴を開いた状態で洗顔するなど、ニキビ予防・ニキビ対策を意識した洗顔を行いましょう。

多汗症

多汗症の中でも部位別に細かく分けた“顔面多汗症”は、ニキビの原因になるケースがあります。
というのも、多汗症の汗はさらりとし毛穴の詰まりにはなりませんが、汗に花粉や粉塵がつき、毛穴に侵入することが考えられます。
そして、この多汗症の遺伝については佐賀大学の研究チームが多汗症を引き起こす遺伝子があることを発表しており、両親ともに多汗症であれば7割程度、片親が多汗症であれば4割程度遺伝するのではないかと言われています。
とはいえ、多汗症を遺伝しても、こまめに汗を拭き取ればニキビに繋がることはありません

ホルモンバランス

女性ホルモンが多い、男性ホルモンが多いといった情報は両親から遺伝として子供に伝わることがわかっています。
そして、ニキビの原因の1つに男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの乱れが挙げられますが、それは角質の柔軟性が損なわれ、その結果皮脂の過剰分泌や肌バリア低下に繋がるから。

 

もし、ホルモンバランスの崩れでニキビができやすい肌質になっているのであれば、しっかり保湿ケアをして角質肥厚と皮脂の分泌量が過剰分泌になるのを予防しましょう。

 

また、にきびのない美肌を目指すための美容習慣には、ホルモンバランス改善策として、ストレスや睡眠不足に注意し、食生活を見直すなど生活そのものの環境作りも大切な要素。
ライフスタイルの乱れが原因の肌荒れやニキビが出来ていないか、自分の生活習慣を見直してみましょう
ニキビの根本原因を知り対策することが、ニキビレスの美肌への近道です。

皮脂の過剰分泌

ニキビは毛穴にアクネ菌が繁殖するのは、アクネ菌のエサとある皮脂が過剰分泌により毛穴に溜まってしまうからです。
実は両親のどちらかが脂性肌(別称:オイリー肌)の場合、生まれてきた子供が脂性肌である可能性は非常に高いと言われているので、毎日のスキンケアで余分な皮脂を洗い流すことができなければニキビトラブルにつながるでしょう。

 

「肌質だから」と諦めるのではなく、ニキビを作らない洗顔を。

上記で紹介した通り、遺伝によってニキビの症状が出ることはないので、正しいスキンケアをすることでニキビを予防することは可能です。
そして、もしニキビになったとしても炎症を起こす前の“白ニキビ”や“黒ニキビ”のときに完治させることを心がけると、ニキビ跡などに悩むことがなくなりますね?

 

そのために大切なのは、強すぎず、弱すぎずの肌質に合った洗浄力の洗顔料を選ぶこと。
そして、古い角質や角栓など、毛穴の汚れをしっかりと吸着して洗い流してくれる、キメの細かい濃密泡で洗顔することです。

 

また、ニキビを作らせないニキビ予防として洗顔は効果がありますが、ニキビになりにくい健康な美肌作りには基礎化粧品などを利用したスキンケアも洗顔と同じく気をつけていきたいところ。
そのため洗顔後は、乾燥(皮脂の過剰分泌をさせる原因)からお肌を守る保湿成分(セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸など)、肌に浸透しやすく皮脂分泌抑制効果や抗炎症作用をもつビタミンC誘導体など、ニキビにも効果が期待できる美容成分配合の基礎化粧品(化粧水、美容液)でスキンケアの仕上げをすることをおすすめします。

 

 

 

ニキビが遺伝と全く関係がないわけではありませんが、ニキビそのものが遺伝するのではないので、ニキビ予防に重点を置いたスキンケアをすることでニキビトラブルを解消できることが判りました。
当サイトではニキビ予防にアプローチできる洗顔料ランキングを作成しているので参考にしてください。


 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


思春期ニキビ対策に然よかせっけんは救いのアイテムになる?

  洗顔料のおすすめランキングや、流行発信ショップで人気第1位を獲得している“然よかせっけん”ですが、いろいろな検証サイトを見ると「思春期ニキビに効果的!」という口コミがとっても多いのをご存知ですか?   然よかせっけん自体、思春期ニキビに特化した洗顔石鹸ではないのですが、「実際のところニキビへの効果はどうなの?」というところで、実際に使った人の声を聞きつつあらためて…

≫続きを読む


洗顔にプラスα!塗っても食べてもニキビ改善に役立つアロエ

  日本でアロエは、裂傷・火傷・虫さされなどに効果的な万能薬だと言われています。   そんな万能なアロエはニキビにも効果的で、ニキビを治したり、ニキビ跡を消したりすることが可能です。     アロエの美肌効果 日本では“キダチアロエ”や“アロエベラ”が有名で、多肉植物で育てやすく一般の家庭でもよく育てられています。   キ…

≫続きを読む


できると治らないのが大人ニキビ。原因とその対策を教えます

学生時代からニキビが悩みのタネだった人はもちろん、大人になってからニキビが発症した女性も多いのではないでしょうか?今では、吹き出物という言葉よりも「思春期ニキビ」「大人ニキビ」という言い方が一般的ですが、いずれもニキビができる原因は同じです。とは言え、その要因は違うため、にきび発症のメカニズムを知り適切なケアをしていくのが大切。間違ったお手入れは、ニキビ跡や色素沈着の恐れもあるため、正しく丁寧…

≫続きを読む


10代の悩みに多い思春期ニキビを作らせない洗顔方法とは?

10代の肌悩みで一番気になるのは「にきび」と答える女性は多く、まだまだエイジングケアや乾燥対策の保湿ケアとも無縁の時期です。お小遣いのやりくりでスキンケア用品を購入するので、あまり高価な商品を選ぶのは難しいですが、思春期ニキビは特に美容成分にこだわってお金をかけなくても、改善のアプローチは叶います。思春期ニキビができる原因やお手入れのポイントを知ると、10代に必要な洗顔方法の大切さが見えてきますよ…

≫続きを読む


ニキビ跡のクレーター肌は治療しか凸凹を改善できないの?

触ると凸凹を感じるニキビ跡のクレーターは、コンシーラーやファンデで隠してもやっぱり気になってしまいますよね?膨らんだニキビとは違いヘコんでいる肌を滑らかに整えるのは、スキンケアだけでは難しいと感じる人も多く、高価な料金を払って医療レーザー治療などを受けることも…。ニキビ跡が原因のクレーター肌の特徴や肌状態を知ると、治療以外でできるお手入れ方法が見えてきました。   私の友人が…

≫続きを読む


ホルモンの影響?生理ニキビ・産後ニキビは洗顔で予防できる

生理中のニキビや妊娠初期、産後の肌荒れなどは、女性特有の身体の変化が大きく影響しています。もちろん毎日の生活習慣の見直しも大切ですが「治りにくくできやすい」とも言われるニキビの対処法は、洗顔やスキンケア用品でも可能です。身体の中で起こっている女性ホルモンの変化を知ると、スキンケアでのポイントや注意点など肌状態にみあったお手入れ方法が見えてきました。   生理前になると必ずと言って…

≫続きを読む


洗顔料は不要?ニキビがあるときは洗顔しないのが正しい?

ちょっとした服の擦れや指が触れるだけで痛みを感じるニキビは、炎症ニキビという状態ですが、肌も刺激がダメージになりやすい敏感状態となっています。わずかな刺激が痛みに繋がる敏感状態の肌は、肌本来の防衛機能である「バリア機能」を高めて強く健康的な肌にしていくのが大切です。それでは、ニキビがあるときは洗顔料を使わない洗顔方法が正しいのでしょうか?洗顔料を使うときと不要な場合の見極め方を調べてみました。…

≫続きを読む


ニキビ肌のスキンケア!洗顔と洗顔後のトータルケアを学ぶ

  あれ?と思って鏡をのぞき込むと、いきなりできているニキビですが、年代や肌別などによってケア方法が違うのを知っていましたか?   もしかしたらその治りにくいニキビは、対処方法が間違っているのが影響している恐れも!   繰り返しできるニキビが悩み…という人は、洗顔料や化粧品選び、そして正しい使い方を見直してみましょう。 [toc] &nb…

≫続きを読む


顔ニキビと背中ニキビは違う?洗顔料で行う背中ニキビケア

  20代になると思春期ニキビから大人ニキビにシフトして「なかなか治らない。」「ニキビ跡が消えない。」といった大人ニキビトラブルの長期化の悩みが増えると同時期に、「背中ニキビが増えてきた…。」と“背中ニキビ”という新たな問題が登場してきます。   [toc]   背中ニキビと顔ニキビの違い   顔ニキビと背中ニキビの…

≫続きを読む


男性の肌はニキビができやすい?男性におすすめ洗顔石鹸2選

  洗顔はスキンケアの基本。これは、女性も男性も同じだと言えるでしょう。   ですが男性は、つい面倒臭いからといって洗顔をおろそかにしてしまいがち…あなたの彼氏や旦那サマはいかがですか?   実は男性は女性と違って化粧をしませんから、紫外線や空気中のホコリなどが直接肌に付着しやすく、それだけ肌ダメージを受けやすい状況なのです。 そんな男性は、どんな…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close