洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較
洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較

市販(ドラッグストア)のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

「商品多すぎ。どれがいいの?」スキンケアアドバイザーがドラッグストアをこっそり内偵調査!

 

乾燥肌、荒性肌、敏感肌、ニキビ、ニキビ跡、シミ・そばかす、毛穴トラブル、肌悩みは人それぞれ。

さらにドラッグストアには数多くの洗顔石鹸が陳列されていて、「どれを選べばいいの?!」自分の肌に役立つ洗顔石鹸を決めることができないという経験をしたことはありませんか?

 

ドラッグストアのおすすめ洗顔石けん人気ランキングはこちら

 

 

当サイトおすすめ洗顔石鹸2選

最初に、当サイトがイチオシする“通販限定”洗顔石鹸を紹介します。

ぜひこの2つの洗顔と市販(ドラッグストア)のおすすめ洗顔石鹸人気ランキングを比較して、通販と市販の違いを見ていきましょう。

 

然(しかり)よかせっけん

通常価格1,800円(税別・送料別) → 特別価格1,705円(税別・送料別)

 

然よか石けんの公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

NonA(ノンエー)

薬用ニキビ専用石鹸 通常価格2,940円(税込・送料別)

 

NonA(ノンエー)の公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

 

市販品を買う!洗顔石鹸の選び方

市販されている洗顔石鹸を選ぶポイントを紹介します。

もちろん肌質に合わせた洗顔石鹸選びが第一ですが、それに加え、市販(ドラッグストア)の場合は以下のポイントをチェックしましょう。

 

 

弱アルカリ性?それとも弱酸性?

アルカリ性の洗顔石鹸は素肌の再生力を高めます。

 

「赤ちゃんにも優しいボディーソープ」がキャッチコピーとなる商品のほとんどが弱酸性なので、「弱酸性=肌に優しい」というイメージが定着しています。

 

たしかに弱アルカリ性石鹸で洗顔を行うと肌が一時的にアルカリ性に傾くので、肌を保護している常在菌のはたらきが弱まり外部からの刺激を受けやすい状態になるかもしれません。

ですが、私たちの肌は自らpHを調整する機能(アルカリ中和能)が備わっていて30分程度で弱酸性の肌に戻りますし、逆に弱酸性の洗顔料を使うことでその調節機能を弱めてしまう可能性があります。

 

このことから、肌が弱酸性に戻りにくいほどのダメージ肌、外部刺激を受けやすくなっている敏感肌の場合は負担を減らすために弱酸性の洗顔料がおすすめで、それ以外であれば弱アルカリ性の洗顔石鹸がおすすめと言えるでしょう。

 

最近は肌への優しさをアピールポイントにして“弱酸性”をパッケージに明記している洗顔石鹸が増えているので、これらも洗顔石鹸の選び方のチェック項目に追加しましょう。

 

▼ドラッグストアの人気洗顔石鹸ランキング

 

刺激のある成分をチェックする

ドラッグストアなどで市販されている洗顔石鹸には、リーズナブルで魅力的な商品も多いですが低価格にはそれなりの理由があります。

そのひとつが低コストで大量生産をするために、刺激性のある成分が配合されていることです。

 

合成界面活性剤

石油系界面活性剤は避けるのが無難

 

「界面活性剤は肌に悪い!」という悪いイメージが定着している界面活性剤ですが、実は相反する成分をくっつける(馴染ませる)働きを持つので、スキンケアアイテム、食料品、家庭用洗剤、医薬品など数多くのものに含まれています。

では、その全ての界面活性剤が体に悪いと言えるでしょうか?

 

スキンケアに限ると、使用したくない界面活性剤は“石油系界面活性剤”です。

なぜなら、肌に残留する可能性が高く、肌に残った石油系界面活性剤は角質層に少しずつ浸透して皮膚バリア機能を弱めていくから。

さらに角質層の奥にある真皮層の細胞までも、石油系界面活性剤の持つたんぱく質変質作用は破壊してしまうでしょう。

(もちろん、全ての石油系界面活性剤がそうだとは言えませんが、リスクを背負うなら使わないほうがよいというのが当サイトの考えです)

 

▼ドラッグストアの人気洗顔石鹸ランキング

 

防腐剤は使用されているか?

化粧品に防腐剤や殺菌剤を入れることによるメリットとデメリット

 

防腐剤というよりは“パラベン”と言ったほうがイメージしやすい方もいるでしょう。

“パラベン不使用”と化粧品のキャッチコピーに使われていることがあるので、「パラベンは肌にはよくない成分なんだ…。」、そこから「防腐剤は肌に負担が大きい」連想してしまうかもしれません。

(パラベンは旧表示指定成分なのでピックアップされがちですが、洗顔石鹸にはパラベン以外の防腐剤や殺菌剤の添加物は数多く存在します)

 

そもそも洗顔石鹸も生物と同じなので、開封後は少しずつ劣化しますし、防腐剤や抗菌剤が含まれていなければ雑菌が繁殖して美肌成分を肌に届けるどころか雑菌を肌に塗りつけることになるでしょう。

極端な話となりますが、“防腐剤不使用の洗顔石鹸”と、“劣化して雑菌まみれの洗顔石鹸”、あなたはどちらを使いたいと思いますか?

きっと「多少の刺激があっても防腐剤が入っていたほうが安心…。」と考える方もいるのではないでしょうか。

 

実際には、肌に刺激がある成分の使用については厚生労働省で事細かに配合量を決められており、その範囲であれば肌にはほとんど影響がないと言われています。

 

【厚生労働省で定められた化粧品基準】

PDF資料

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/keshouhin-standard.pdf

 

成分一覧表は配合量の多い順で記載されています。

 

とはいえ、経皮吸収されると粘膜を刺激したり、アレルギーを誘発するとも言われている防腐剤。

使用するのは少し不安だという気持ちもよくわかります。

 

大切なのは、どの成分がどれぐらい配合されているのかを見極めること。

以下に挙げた防腐剤や殺菌剤は、規定数以上の摂取をすると何かしらの影響があると言われている成分です。

これらの成分が配合されている場合は、上記画像にあるように洗顔石鹸の成分一覧表を確認して、一覧の最後あたりに書かれている(配合割合が低い)ことを確認しましょう。

 

【化粧品によく使用される防腐剤・抗菌剤】

メチルパラペン、エチルパラペン、オルトフェニルフェノール、エデト酸、エデト酸塩、ジブチルヒドロキシトルエン、ジブチルヒドロキシアニソール

 

 

▼ドラッグストアの人気洗顔石鹸ランキング

 

石鹸の製造工程をチェックする

製造方法によって、保湿や美肌成分の効果が異なる

 

洗顔石鹸は作られる工程の違いで、その美容効果が大きく変わってきます。

製造方法は鹸化法、中和法。

成型方法は枠練り法、機械練り法、真空加圧製法があります。

 

全てにメリット・デメリットがありますが、配合成分の機能を損ないにくい工程として鹸化法の枠練り方や真空加圧製法がおすすめ

(鹸化法には、釜炊き法・ホットプロセス法・コールドプロセス法などがあります。)

 

通販専用コスメは手間暇かけて美肌成分が石鹸に残っていることがアピールできるため公式サイトでこれら工程を詳しく紹介していますが、市販(ドラッグストア)の商品のパッケージには製造工程には触れていません。

 

もしPOPやパッケージでこれら製造工程に触れている商品があるのなら、その洗顔石鹸を候補にあげるのもよいでしょう。

 

連続鹸化塩析法や機械織り法(乾燥方法による)は、保湿成分のグリセリンがほとんど残らず、美容成分の効果も損なう可能性が高いのでおすすめできません。

とくに純石鹸を選ぶ場合は、グリセリンが残っていない製法で作られていると肌がすごく乾燥してしまうので、連続鹸化塩析法や機械織り法は避けた方がよいでしょう。

 

▼ドラッグストアの人気洗顔石鹸ランキング

 

使用できる肌質かチェック

「使用できない」症状はないかを確認しましょう。

 

洗顔石鹸はニキビや肌荒れなど、肌の状態によって使用できないことがあります。

というのも、その症状によっては肌に刺激を与えかねない石けん成分が入っている可能性があるから。

 

とくに“薬用”とされる商品については、細かく注意事項が定められていることがあるので注意が必要です。

この場合、かかりつけ医の皮膚科があれば直接相談をするか、購入前に使用上の注意をよく確認するようにしましょう。

(ドラッグストアによっては薬剤師に相談することも可能です。)

 

薬用ニキビ専用洗顔石鹸の中には、“ニキビ専用”なのに「ニキビが炎症を起こしているときは使用できない」商品があるので要注意です。

「ニキビ予防ができるので“ニキビ専用”となっている」と回答するメーカーも少なくありません。

 

▼ドラッグストアの人気洗顔石鹸ランキング

 

使用期限は必ずチェック

使用期限に余裕があることを確認しましょう

 

どの洗顔石鹸にも使用期限というものがあり、未開封の場合は3年開封後は3か月というのが一般的。

(オーガニック、防腐剤無添加の場合は早めの使用期限となる場合もあるので、パッケージで確認しましょう)

 

そのため、見切り品コーナーで販売されている洗顔料は、記載されている使用期限(消費期限)を確認するようにしましょう。

(使用期限の記載がない場合はメーカーにロット番号を伝えたら教えてくれるケースもありますが、そういったメーカーも限られているので注意してください。)

 

ほとんどの洗顔石鹸が1か月で使い切るぐらいの内容量ですが、中には1か月以上使用できる商品もあるので少なくとも使用目安(使用期間)から2~3か月は余裕を持たせて使用期限をチェックしましょう。

 

 

洗顔石鹸(市販)人気ランキング

ドラッグストアなどで人気を集めている洗顔石鹸、本当に優秀なのかを検証してみました。

 

【検証ポイント】

①美肌効果は期待できるか?

②配合成分に刺激性のある成分は配合されていないか?

③コストパフォーマンスはよいか。

④口コミでの評価はどうか。

 

資生堂 専科 パーフェクトホイップn

資生堂 専科 パーフェクトホイップn

 

美肌効果 ★★★☆☆
刺激性 ★★☆☆☆
コスパ ★★★★★
口コミ ★★★☆☆
配合成分表
水、ステアリン酸、PEG-8、ミリスチン酸、水酸化K、グリセリン、ラウリン酸、エタノール、BG、ステアリン酸グリセリル(SE)、ポリクオタニウム-7、ヒアルロン酸Na、セリシン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解シルク、EDTA-2Na、ピロ亜硫酸Na、クエン酸、ソルビン酸K、安息香酸Na、香料

 

美肌効果

肌に馴染みやすく保護膜を作って肌のうるおいをキープするセシリン(白まゆ成分)、皮膚バリア機能のダメージを回復する効果をもつ加水分解シルク(白まゆ成分)、その他にアセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Naの2種類のヒアルロン酸が配合されていることで、ふっくらとしたうるおいのある肌へアプローチしていきます。

 

刺激性

ステアリン酸、ミリスチン酸、ラウリン酸と3種類の脂肪酸による洗浄成分は「やや強すぎるのでは?」と考えましたが、複数のうるおい成分でフォローしているので問題視するほどではなさそう。

ですが成分表を見るとエタノールが石けん成分(けん化材料)の次に記載されていることを考えると、もしかするとエタノールによる刺激(ピリピリ感)を感じる人もいるでしょう。

 

コスパ

約60日分 / 518円 (1日当たり約9円)

 

口コミ

資生堂 専科 パーフェクトホイップnの濃密弾力泡は、ほとんどの方が合格点を出しています。

「これだ!」という美肌効果を実感したという口コミは少ないですが、その仕上がりには満足しているようです。

ただ悪い口コミには「肌がパキパキになる」「湿疹ができた」と見逃せない肌トラブルが報告されていました。

 

大手化粧品ブランド「資生堂」が発売している洗顔料でコスパも優れています。

ただ口コミで実感できた美肌効果はやや弱い印象、さらに成分表からは香料など肌に不要な成分が配合され実際に肌に悪影響を及ぼした口コミを見ると購入するかは迷うところ…。

 

コスパが許すならシンプルながらも肌へのやさしさとその美肌効果に定評のある然よかせっけんを私はおすすめしたいです。

 

カウブランド 無添加泡の洗顔料

 

美肌効果 ★☆☆☆☆
刺激性 ★★☆☆☆
コスパ ★★★☆☆
口コミ ★★★☆☆
配合成分表
水、DPG、PEG-400、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ラウリルヒドロキシスルタイン、セラミドNG、ラウロイルアスパラギン酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、ラウリン酸、クエン酸

 

美肌効果

無添加で低刺激を売りにしている赤箱・青箱でお馴染みのカウブランドの無添加洗顔フォーム。

セラミドが配合されている、かつアミノ酸系洗顔料なので肌がかなり敏感になっていても刺激なく洗顔ができますが、これといった美肌効果はありません。

 

刺激性

パッケージにも明記されている通り、アミノ酸系洗顔料なので低刺激なのは間違いないでしょう。

ただ低刺激なのと肌にやさしいのは別問題。

というのも、アミノ酸系合成界面活性剤は洗浄力が弱いので、洗顔本来の目的「肌の汚れを洗い流す」ことが十分に果たせない可能性があります。

 

コスパ

約30日分 / 680円 (1日当たり約23円)

 

口コミ

泡が緩いという意見はあるものの、アトピーの悩みをもっている方や肌荒れがひどい方が使用しても刺激がないという点での評価が高いです。

その一方で継続して使用した方からは「赤いブツブツができた」「肌が乾燥しやすくなった」と気になる報告が挙げられています。

 

さまざまな石けんを開発・販売しているカウブランドの商品のひとつで、多くの方が愛用しています。

しかし無添加洗顔料というセールスポイントのわりに、洗浄成分としてアミノ酸系合成界面活性剤を配合しており、やや違和感の残る商品でした。

 

無添加にこだわるなら、キャリーオーバー成分にも気を配っている然よかせっけんのほうが断然おすすめです。

 

ロゼット洗顔パスタ(アクネクリア)

ロゼット洗顔パスタ(アクネクリア)

 

美肌効果 ★☆☆☆☆
刺激性 ★☆☆☆☆
コスパ ★★★☆☆
口コミ ★★★☆☆
配合成分表
■ニキビ有効成分
グリチルレチン酸ステアリル
■その他の成分
ミリスチン酸、濃グリセリン、パルミチン酸、ステアリン酸、ラウリン酸、水酸化カリウム、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、BG、ヤシ 油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、N-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンカリウム液、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、カオリン、モンモ リロナイト、含硫ケイ酸アルミニウム、水素添加大豆リン脂質、トリメチルグリシン、オリブ油、オウバクエキス、ダイズエキス、ドクダミエキス、アクリルア ミド・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム共重合体液、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、ヒドロキシエタンジホス ホン酸、エデト酸四ナトリウム、安息香酸ナトリウム、香料

 

美肌効果

ニキビ有効成分グリチルレチン酸ステアリルと、オリブ油、オウバクエキス、ダイズエキス、ドクダミエキスといった和漢植物を配合しているので、ニキビの炎症を抑えて予防する効果や肌荒れ対策の効果が期待できます。

 

刺激性

正直に申しますと、ロゼット洗顔パスタ(アクネクリア)の成分表を見てかなり残念な気持ちに…。

というのも成分表の後半3分の1ぐらいが添加物のオンパレード

しかも洗顔フォームから香るグリーンハーブ系の香り、和漢植物の香りかと思っていたら香料が配合されていました・・・。

 

コスパ

約30日分 / 648円 (1日当たり約21円)

 

口コミ

ラウリン酸が配合されているので、口コミでもその泡立ちはとても高い評価を得ています。

ただアクネクリアの使用目的ともいえるニキビについては、「ニキビが治った」という意見もあるものの、「肌荒れした」と口コミしている方も見逃せない数が寄せられています。

 

ニキビ肌向けの洗顔料のはずが、「肌に異常があるときはご使用にならないでください。」と炎症ニキビには使えなさそう。

 

手頃な価格で日々のニキビ予防ケアには使えそうですが、炎症ニキビでもケアしたいなら薬用ニキビ専用石鹸「NonA(ノンエー)」の方をおすすめしたいですね。

 

 

ちふれ洗顔フォーム しっとりタイプ

ちふれ洗顔フォーム しっとりタイプ

 

 

美肌効果 ★☆☆☆☆
刺激性 ★☆☆☆☆
コスパ ★★★★☆
口コミ ★★★☆☆
配合成分表
水、グリセリン、ミリスチン酸、水酸化K、ステアリン酸、BG、パルミチン酸、ラウリン酸、ラウロイルサルコシンNa、ステアリン酸グリセリル(SE)、ジステアリン酸グリコール、ラウリルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、水添ヒマシ油、ベヘニルアルコール、ポロキサマー215、酢酸トコフェロール、EDTA-4Na、ポリクオタニウム?7、フェノキシエタノール、安息香酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、EDTA-2Na
※ちふれの公式ページには用途別分量表のみが公開されていたので、それらを分量の降順で並べ替えました。ただしメチルパラベン、プロピルパラベン、EDTA-2Naは適量という表記に留まっていたので後ろに配置しています。

 

美肌効果

一般的な洗顔フォームで泡立ちと洗浄力に重点を置いていることが配合成分表から読み取れます。

とはいえ、保湿成分以外の美容成分は配合されておらずシンプルな洗顔に適した内容だと言えるでしょう。

 

刺激性

ちふれ洗顔フォーム しっとりタイプの配合成分に“ラウロイルサルコシンNa”が上位に明記されているのに驚きました。

ラウロイルサルコシンNaは旧表示指定成分のひとつで、ごく稀に「アレルギーを起こす」「かゆみやかぶりの原因となる」と言われている合成界面活性剤です。

現在では石けんやシャンプーなど洗い流す用途の化粧品にしか使用できないことからも、刺激性は高いと考えられます。

 

コスパ

約40日 / 460円 (1日当たり約11円)

 

口コミ

泡立ちのよさと洗顔後のすっきり感に定評のある洗顔フォーム。

しっとりタイプですが、「しっとり」よりも「さっぱり」とした仕上がりと感じている方が多く、値段を考えると妥当、満足している方がほとんど

 

ただ一部の悪い口コミでは「つっぱり感が残る」「皮膚が裂けるような痛みがある」ことから肌が敏感な方にはおすすめできそうにありません。

 

肌の汚れを落とすという目的は十分果たせますし、コスパを考えると優秀な“ちふれ洗顔フォーム しっとりタイプ”。

ただ、気になるのは刺激性の強い成分が配合されていたこと…。

毎日使うスキンケアアイテムだからこそ、知名度やコスパに目を奪われず肌本来の力をサポートしてくれる然よかせっけんのような洗顔石鹸を使い続けたいと私は考えます。

 

AHA 素肌リニューアルソープ

AHA クレンジングリサーチ 素肌リニューアルソープ

 

美肌効果 ★★★☆☆
刺激性 ☆☆☆☆☆
コスパ ★★☆☆☆
口コミ ★★★☆☆
配合成分表
TEA、ステアリン酸、水、ラウリン酸、ミリスチン酸、水酸化Na、グリセリン、グルコース、チャエキス、エチドロン酸、クエン酸、コカミドDEA、ピロ亜硫酸Na、ペンテト酸5Na、リンゴ酸、乳酸、香料、青404、黄205、黄407

 

美肌効果

毛穴の黒ずみや角質ケアに適したピーリング洗顔料

顔だけでなく、ひじやひざ、かかとなどの角質ケアにも愛用されています。

 

刺激性

ピーリング洗顔料ということで一般的な洗顔料よりも刺激が強くなりますが、それ以前に青○、黄○、香料が配合されているので、お世辞にも「肌への負担は小さい」と言うことはできないでしょう。

 

コスパ

約30日 / 800円 (1日当たり約27円)

 

口コミ

泡切れがよく、ピーリング洗顔料ということもあり使用後すぐにすべすべ肌になったと口コミでも高評価

1か月使い終えたころには小鼻の黒ずみも気にならなかったという方も多数。

ただ悪い口コミに注目すると「泡立ちが悪い」「刺激が強い」「乾燥肌になった」という意見も…。

また溶けやすいようで最後まで使い切ることができなかったというのも気になります。

 

毎日の洗顔で使うことを考えると、やはり気になるのがピーリング洗顔料の刺激性。

 

そこでピーリング洗顔料ではありませんが、 素肌リニューアルソープに負けないぐらい、毛穴の黒ずみケアや角質ケアへの効果が期待できる然よかせっけんも検討されてみてはどうでしょうか。

 

※コスパの使用日数は、朝晩2回の使用を想定

 

 

然よかせっけんのおすすめポイント

然よかせっけんの泡立ち

 

然よかせっけん(旧:つかってみんしゃい よか石けん)は通販専用洗顔石鹸の中でも、とくに低価格(コスパがよい)で美肌効果も優れていることが人気の洗顔石鹸です。

 

累計販売個数2,100万個(※)という実績のある然よかせっけんですが、実は「よりよい石けんを届けたい」というメーカーの願いから2015年3月にリニューアルされています。

※2002年~2015年12月末時点、「つかってみんしゃい よか石けん」も含む。

 

新しくなった然よかせっけんとつかってみんしゃいよか石けんの大きな違いは、ニキビに有効な抗炎症作用を持つ“グリチル酸ジカリウム”が配合されて医薬部外品になったこと。

これにより肌荒れやニキビを防ぐ効果がアップしましたし、さらに緑茶エキスとウーロン茶エキス(保湿成分)が追加配合されうるおいを損なわない洗顔ができるように進化しました。

 

然よかせっけんを購入すると私たちの声を届ける葉書も同封されており、市販コスメよりメーカーに愛用者の声が集まりやすくなっています。

だからこそ、私たちに寄り添った洗顔石鹸の開発・販売ができるのではないでしょうか。

 

泡から水素

 

然よかせっけんは、洗顔ネット「泡から水素」(※)が無料プレゼントされる公式サイトからの購入がおすすめです。

※セラミックボールが入っており水素を発生させて、空気を含ませながら泡立てることができるので濃密弾力泡が仕上がります。

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

 

NonA(ノンエー)のおすすめポイント

NonA(ノンエー)

 

薬用ニキビ専用石鹸のNonA(ノンエー)は、ニキビに重点をおいたスキンケアをしたい方におすすめ

 

市販にも薬用ニキビ石鹸が販売されていますが、その価格はわずか100円程度の商品から8,000円程度とピンキリ。

3,000円弱という価格のNonA(ノンエー)はドラッグストアで販売されている商品と比べると高い印象を受けます。

しかし、「NonA(ノンエー)に満足できない場合は、使用後でも10日間以内なら返品可能」、つまり納得できなければ全額返金されることを考えると決して高くありません

 

そしてNonA(ノンエー)をおすすめするもうひとつの理由は、炎症を伴うニキビの場合でも使用できるという点。

 

ドラッグストアなど市販されているニキビ用洗顔石鹸の多くは、ニキビの原因である毛穴汚れを取り除くためグリコール酸などのピーリング成分が配合されています。

そのためニキビ用なのに使用上の注意をよく読んでみると「炎症・腫れがある場合は使用しないでください。」書かれていて、「ニキビ用なのに?!」と思ったことも少なくありません。

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

いかがでしたか?

最近は通販コスメばかり購入していたのですっかり忘れていましたが、ドラッグストアの商品は「“安い”のには理由がある」ということを再認識させられました。

 

もちろん、洗顔以外の基礎化粧品に重点をおいたスキンケアもあるでしょう。

ただスキンケアのファーストステップとなる洗顔からこだわりたいと考えるなら、やはり通販コスメのほうがおすすめできそうです。

 

close

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事

インサートテスト

固定ページ「include純石鹸より肌にやさしいおすすめ洗顔石鹸」で作成したランキングが下記に表示されます。   [insert page='include純石鹸より肌にやさしいおすすめ洗顔石鹸' display='content'] ここまで       …

≫続きを読む


皮膚科が薦める純石鹸。でも美肌作りは化粧石鹸を選びたい!

  純石鹸というと、「肌に優しい」「皮膚科医も推奨する優秀な石鹸」というイメージをもつ人が多いでしょう。 しかし、純石鹸では私たちの望む美肌作りをすることはできないと知っていましたか?   美肌作りに役立つのは、やっぱり洗顔石鹸。しかし、純石鹸のお肌への優しさも捨てがたい…。 ここでは純石鹸について詳しく説明し、洗顔石鹸の方がスキンケアに向いている理由、そして、純…

≫続きを読む


グリセリン配合のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  洗顔後に肌のつっぱりや乾燥を感じるなら、肌のうるおいが不足しているからかも・・・。 肌のうるおいが不足している理由は、肌本来の力が低下していることも考えられますが、洗顔石鹸自体が原因になっているかもしれません。   解決策のひとつとして、グリセリンを含んでいる洗顔石鹸を使うことが挙げられます。   [toc]   おすすめのグリセリン…

≫続きを読む


【シミ対策の洗顔石鹸】いつかの石けん

「いつかの石けん」は、臨床試験を行い科学的に石けんの洗顔への効果が認められた洗顔石鹸です。   酵素プロテアーゼが配合されているので、角質にたまったメラニンを洗い流すシミ対策に取り組めます。     [toc]   いつかの石けんの体験談 シミが目立たなくなりました いつかの石けんは臨床試験機関による実験を行い、紫外線によるシミやメ…

≫続きを読む


【そばかす・シミ消しクリーム】シミウス体験談レビュー

シミウスは薬用美白成分をはじめコラーゲン、シコンエキスが配合されたメビウス製薬から発売中のオールインワンジェル。   手軽なオールインワンジェルながらも、ダブルクリスタル製法が施されているのでマッサージにも使え、スキンケアからスペシャルケアまで活用できます。     [toc]   シミウスの体験談 1個目でシミ効果を即、実感! シ…

≫続きを読む


然よかせっけんでシミ・そばかすが消えるか徹底検証します!

  然よかせっけんは、ニキビ有効成分配合の医薬部外品として人気の洗顔石鹸。 口コミをチェックしても毛穴の黒ずみやニキビ、肌荒れが改善したというコメントが目立ちますが、実は美白効果を感じたというコメントもかなりの数寄せられているのをご存知ですか?   [toc]   よか石けんでシミ・そばかすが消える!   然よかせっけんを使用した方1…

≫続きを読む


然よか石鹸は買ってはいけない商品とあって不安

  然よか石鹸(旧・使ってみんしゃいよかせっけん)について、ネットで評判を調べていくと「使ってはいけない」「買ってはいけない」といった気になる言葉がチラホラ…。 そこで、本当によか石鹸は買ってはいけない商品なのか調べてみました。   [toc]   「買ってはいけない」と言われる理由とは? よか石鹸が買ってはいけない商品として、他のサイトで指摘されて…

≫続きを読む


洗顔石鹸の選び方~子供の洗顔には洗顔石鹸は必要ですか?

  子供の洗顔に洗顔料を使っている家庭は少ないかもしれません。 実は大人とは違う子供の肌の特徴を知ると、ぬるま湯で顔を洗っても問題ない理由が見えてきます。 とは言え、洗顔料を使って顔を洗った方がよい時もあるため、しっかりタイミングを見極めていきましょう。   [toc]   基本的に子供の洗顔は水洗顔?!   赤ちゃんの頃はガーゼを…

≫続きを読む


見てこの泡!2週間でツルンとなった毛穴ケア対策を大公開!

  2週間使った変化がコチラ!   ↑詰まってます感がある私の鼻が激変↑   私は乾燥肌タイプなのですが、なぜか毛穴が悪目立ちしてて(涙) 触るとザラザラ&ブツブツ!しかも、ファンデも毛穴落ちするしマジ最悪!   何とかしたいと思って、口コミで人気の洗顔石鹸を購入してみました。 で、実際に使い始めてみると、すぐに他とは違う実感が! …

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close