素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   572 Views

ニキビ跡のクレーター肌は治療しか凸凹を改善できないの?

触ると凸凹を感じるニキビ跡のクレーターは、コンシーラーやファンデで隠してもやっぱり気になってしまいますよね?
膨らんだニキビとは違いヘコんでいる肌を滑らかに整えるのは、スキンケアだけでは難しいと感じる人も多く、高価な料金を払って医療レーザー治療などを受けることも…。
ニキビ跡が原因のクレーター肌の特徴や肌状態を知ると、治療以外でできるお手入れ方法が見えてきました。

 


私の友人が「代謝酵素や消化酵素のサプリはクレーターに効く。」と言って愛用しているのですが正直、あまり効果が出ているような感じがしません。
同じ悩みを抱えていますが、ニキビ跡が原因のクレーターは、化粧品で改善することは不可能なのでしょうか?
美容クリニックの治療なども調べてみたのですが、レーザー治療の痛みや高い診察料が気になっています。

 


ニキビ跡のクレーターの仕組を知ると肌表面でなく、さらに深い部分で起きた傷が原因で、スキンケア用品より効果もスピード感もわかりやすい医療治療が人気を集めています。
ですが、スキンケア用品を使ったセルフケアは「まったく効果ゼロ」と言い切れません。
特に、洗顔は肌表面の汚れ落としだけでなく、ニキビ予防やニキビ跡のアプローチにも有効なため、じっくり取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

 

ニキビ跡が原因のクレーター肌はどのような状態? ~凹凸のメカニズムを知ろう!

毛穴詰まりを起こしている白にきびから赤にきびに変化した時は、アクネ菌が繁殖し肌が炎症した状態ですが、悪化すると膿を貯めた黄にきびやニキビ跡となる恐れがあります。

 

本来、ニキビは肌表面の角質層がダメージを受けて炎症を起こしているので、炎症が落ち着き毛穴詰まりも改善できれば肌代謝のターンオーバーの力もありニキビ肌はきれいな状態に戻るはず。

 

ですが、肌のさらに深くにある真皮層に傷や刺激がすすむと、肌が自力で回復をすることは難しくなり、炎症性色素沈着や赤み、ニキビ跡となって残ってしまうのです。
真皮層まで深く受けてしまったダメージや、できた肌の傷を修復しようと過剰な皮膚組織の生成によるデコボコ肌をクレーターと呼んでいます。

 

肌表面の表皮で起きた色素沈着や炎症ではなく、陥没のような状態の肌を改善するには真皮層まで届くケアが大切です。

 

一般的にその手前の表皮細胞や角質層までしか浸透力のない化粧水、乳液、美容液といったスキンケア用品でのお手入れには限界があります。
そのため、クレーター肌のケアは、改善するお手入れが最も難しいニキビケアと言っても過言ではないでしょう。

 

 

治すのが難しい?!ニキビ跡の凸凹を治す最新美容技術

凸凹のニキビ跡を本格的に消すのなら、美容皮膚科や美容皮膚科クリニックなどの最新美容技術を活用して、滑らかな肌に整えていく治療法があり色々な種類に分かれます。

 

ピーリング治療

アルミニウムやダイアモンドの粒子、フルーツ酸などを使って、角質を溶かしたり削り落としながら肌表面を整えていく「ピーリング治療法」。
ケミカルピーリングやAHAは、市販の柔軟化粧水や石鹸でも使われている成分なので知っている人も多いのではないでしょうか?
ピーリング治療法を受ける場合、美容クリニックによっても違いますが1回の相場は1~2万円程度で、複数回通うことで効果がわかるようになってきます。

レーザー治療

「レーザー治療」は光と熱の力を利用した治療方法で、繊維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成をサポートや、皮膚の代謝を促進していくアプローチをします。
最近は、炭酸ガスレーザーや赤外線レーザーより効果の高い“フラクショナル炭酸レーザー”が人気ですが、刺激を与えて改善していく方法となっています。
そのため、光治療では一時的にかさぶた状態となることや、強い痛みを伴うなども考えなければいけません。
レーザー治療法の相場は1回1~2万円ですが、肌の確実な生まれ変わりを実感するため10回程の治療回数となる人もいます。

FGF治療

タンパク質のひとつである線維芽細胞増殖因子を使い、皮膚組織の再生を促していく治療法「FGF治療」は、ヒアルロン酸注射よりもニキビ跡のクレーター改善に大きな効果が出せると話題の注射。
治療効果の個人差は大きいですが、遅い人でも1か月程度で効果が実感できるのでスキンケアよりも早いと言えるでしょう。
ニキビ跡の大きさや深さにもよりますが、クリニック治療の場合1か所~5万円程度の相場となっています。

PRP皮膚再生療法

「PRP皮膚再生治療」は自分の血液を原料とした注射を行い、皮膚細胞の再生に働きかける患部注射治療のひとつでオーダーメイド治療とも呼ばれています。
成長因子が含まれた血小板血漿によりコラーゲンや細胞の再生能力に働きかけますが、自分の血液なので成分による拒絶反応を防ぐことができるのです。

 

相場は1か所5万~円程ですが治療力の効果は1~3年持続と言われており、ニキビ跡だけでなくほうれい線やシワ治療も同時に考えている人は都度通っています。

 

いずれの治療法もニキビ跡を消すのに大きな効果が期待できますが、自費治療による治療代や通院といったネックだけでなく人によっては施術できない可能性もあるため、クレーター肌に悩む人全員におすすめできるとは言えません。

 

 

治療以外で考える!ニキビ跡のクレーター肌に有効な洗顔方法とは?

ニキビ跡が原因のクレーター肌を改善するのは治療だけでなく、セルフケアでも可能で、特に肌の汚れを落とす洗顔は有効なアプローチのひとつです。

 

デコボコ肌を滑らかにするのは、すぐに効果を実感するのは難しいため時間をかけた取り組みが必要ですが、肌本来の力であるターンオーバーを高めれば、クレーター改善だけでなくシミやくすみ、たるみなどトータルな美肌ケアとしても役立ってくれます。

 

スペシャルケアのピーリングで代謝サポート

治療効果のあるピーリングは市販の石鹸でも販売されていることがあり、自宅のセルフケアでも行えます。
特にフルーツ酸のAHAは、皮膚を強制的に溶かすケミカルピーリング剤よりも刺激が弱いためスペシャルケアとして敏感肌の人でも安心して使うことができます。

 

また、肌のごわつきを感じる乾燥肌や敏感肌の人は、ターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積されている可能性があるため、代謝をサポートするアイテムとしても役立ってくれるでしょう。

 

毎日の洗顔では保湿成分配合で肌作り

最近は、ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分配合の洗顔石鹸が多いですが、残念ながら角質層やニキビ跡に効果のある真皮層まで浸透することはありません。

 

とは言え、洗顔をしてからスキンケアを始めるまでの肌の乾燥対策を防ぐのには、とても役立つ存在です。
直接すぐに美容効果が発揮することはないものの、肌バリア機能の低下を防ぐためにも保湿成分配合の石鹸を使った洗顔がおすすめです。

 

今あるニキビをクレーターにしない予防も意識

ニキビ跡だけでなく今ニキビが発生している人なら、炎症を抑制する有効成分配合の洗顔料を使うのも大切です。
せっかくニキビ跡を改善するケアをしていても、今あるニキビがニキビ跡のクレーターとなってしまってはガッカリですよね?
洗顔ではクレーターのケア方法だけでなく、ニキビ改善やニキビ予防にも役立つステップなので、有効成分や植物エキスなどの美容成分も洗顔料選びでは意識してみましょう。

 

 

 

医療クリニックでの治療は敏感肌や妊婦さん、アトピー性皮膚炎など他の治療を受けている人の場合、肌質や状況により施術できない可能性があります。
クレーターは皮膚表面の症状ですが、肌の奥まで傷ついていることを考えると、毎日のスキンケアでもしっかり取り組んでいくことが大切ではないでしょうか?
洗顔方法も改善を意識した選び方をすると、効果的なお手入れが可能なので諦めずに取り組んでみましょう!


 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事

毛穴の開きの解消法は?適した化粧品で適したケアを

  ヤーマンが2015年に20~50代の女性を対象に行った調査によると、【毛穴の開き】は各世代の女性の肌悩みにおいて常にトップ5に食い込んでおり、普遍の悩みであるとわかります。   そこで今回は、気になる毛穴の開きの改善方法について、適したケアや効果を望める化粧品について考えてみましょう。   毛穴の開きの種類やオールインワンによるケアの提案、スキンケア…

≫続きを読む

美肌の土台を作る20代におすすめオールインワンランキング

  女性がいちばん美しい年代は、“30代”と言われていることをご存じですか? 30代は華の20代を過ぎて、人としての深みと肌の美しさが兼ね揃うからだそうです。   美しい30代を迎えることができるかは、20代のスキンケア次第!   なのに「どんどんニキビや黒ズミが酷くなる…」と、どんなスキンケアをするべきか試行錯誤している20代の人が意外に多いです。 …

≫続きを読む


ニキビ・肌荒れ対策 メンズ向けオールインワンランキング

  メンズスキンケアでおすすめしたいのが、スキンケア初心者でも簡単に出来る、オールインワンゲルです。   男性の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、オールインワンゲルは時短でケアができてコスパに優れているにもかかわらず、男性の肌に必要な成分が十分に配合されています。   そんなオールインワンゲルがどうして男性に必要なのかを、使用するメリットや肌悩み…

≫続きを読む


無添加オールインワンで肌トラブルケア~おすすめランキング

  肌荒れや敏感肌、アトピー性皮膚炎などの肌悩みで、無添加オールインワン化粧品を選ぶのなら、正しい選び方を知るのが重要です!   でも、無添加オールインワン化粧品を選び始めてみると、多くの無添加アイテムに出会い、どれが自分にあっているのか判断するのは至難の業…   それに、間違った選び方をしてしまうと、避けていたはずの成分を避けきれない可能性もでてきます…

≫続きを読む


あらゆる世代に効果的なエイジングケアができる化粧品とは?

  年齢とともに気になり始めるシミやしわ、たるみ、肌の疲れといったエイジングのサイン。   本格的にケアしたい人はもちろん、将来に備えて今からケアを始めようと思っている人にとっても気になるのは、何が一番効果的か、ですよね。   そこで、今回はエイジングケアのポイントをお話しつつ、効果的な化粧品について考えていきたいと思います。   エイジン…

≫続きを読む


【ハリが復活!?】フィトリフト体験談レビュー

  ハリの再生力がプラセンタ以上の実力と絶賛されるフィトリフトは、エイジングな肌悩みに徹底アプローチしてくれるオールインワン化粧品。   他とは違うフィトリフトの特徴や、実際に使ってみてわかった成分効果と肌の変化を自腹購入でレビューしてみました!   たるみや毛穴の開き、さらには若い頃と比べて衰えてきたハリ、弾力を取り戻したい人は要チェック! &nbs…

≫続きを読む


そばかすケアに効果的な化粧品とは?オススメの成分も紹介

  女性を悩ませる厄介な肌悩みのひとつといえば、見た目年齢を大きく左右してしまうシミ。   なかでもそばかすは肌の明るさに影響するし、ポイントケアも難しく、通常のシミとはひと味もふた味も違う、まさにくせ者です。   そこで、今回はそんなそばかすケアの方法のひとつとして、オールインワンタイプの化粧品を提案します。   「そばかすをなんとかした…

≫続きを読む


泥・クレイ配合のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  成人女性トップ3に入る肌の悩みは、「毛穴トラブル」「乾燥」「くすみ」です。 これら肌悩みを抱える女性の多くが「泥洗顔料」に注目しているワケをご存じでしょうか?   泥は、古来より傷や肌のお手入れに重宝された鉱物(ミネラル)で、現代でも美容や医療分野にかかせないアイテムとして活用されています。   魅力がいっぱいの「泥洗顔料」について知ることは、美し…

≫続きを読む


しわ・たるみに悩む50 代にオールインワンランキング

  トラブルが多くなる50代の肌におすすめしたいのが、“オールインワンゲル化粧品”です。   オールインワンゲル化粧品と聞くと、どうしても「物足りないんじゃないの?」というイメージがありますよね?   ですが、オールインワンの研究は日々進み、今ではライン使いに機能も劣らないオールインワン商品が続々と発売されています。   50代で悩みがちな…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close