素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   263 Views

敏感肌のおすすめ洗顔方法 ~肌質改善の予防と対策

刺激を受けやすい敏感肌は肌質ではなく肌状態のため、乾燥肌や脂性肌でも可能性があり最もお手入れが難しい肌とも言えます。
まずは、余計な刺激を与えないためにも敏感肌の悪化を防ぐ洗顔が大切なので、丁寧で正しい洗顔方法が求められます。

 

 


敏感肌とは?

敏感肌の状態やその理由、そして肌トラブルの可能性を知ると、洗顔の大切さやお手入れでの気をつけたい部分が見えてきます。

 


敏感肌の症状

敏感肌とは?

 

敏感肌の症状は、かゆみやヒリヒリとした痛み、赤味、炎症といった肌ダメージに繋がるものが多いです。

 

基礎化粧品や日焼け止め成分、メイクブラシ、洋服や髪の擦れ、摩擦…など本来では刺激にならない程度のものが、大きなダメージとなり「化粧水でケアをしたら肌が痛い。」「メイクをしたらまぶたが腫れてしまった。」といった人までいるくらいです。

 

また、敏感肌は乾燥肌や脂性肌、インナードライ肌など、どの肌質でも起こりうる肌の状態を指します。

 

先天性敏感肌と言われる元々アトピーやアレルギー体質、遺伝による影響で敏感肌の症状がでる人もいますが、その一方で、後天性敏感肌という季節やスキンケア用品、化粧品の切り替え、生活環境の変化によるストレスなどで突発的に敏感肌の症状があらわれる場合もあります。

 

「揺らぎ肌」「乾燥性敏感肌」「センシティブ肌」など、色々な呼び方で細かく分類されていますが、いずれの場合も、わずかな刺激が肌に大きなダメージとなり不安定なのが敏感肌の症状と言えるでしょう。

 


不安定になる原因

バリア機能の低下で負のスパイラルに?!

 

わずかな刺激が肌へ大きなダメージとなってしまう敏感肌は、バリア機能の低下が最も大きな原因となっています。

 

肌は本来、外からの刺激を防ぐ皮脂膜に肌表面は覆われ、肌内部の潤いを維持するのが、皮脂量と水分量のバランスがとれている状態。
紫外線やホコリ、チリ、メイク汚れといった刺激から肌を守り、コンディションを正常に保っています。

 

敏感肌の状態

 

ですが、敏感肌の場合、油分と水分のバランスが乱れて外からの刺激を受けやすくなり、肌内部の水分も蒸発しやすい状態に…。
新しい細胞も潤い不足により万全な状態ではないため、バリア機能も低下して外からの刺激を受けやすくなってしまうのです。
まさに、肌がどんどん刺激を受けやすい負のスパイラルと言っても過言ではありません。

 

また、洗顔やクレンジング、化粧水、美容液、クリームといったスキンケア方法も刺激になる恐れがあるため、効果的なケアが思うように進まないのも、スパイラルを悪化させる要因のひとつ。

 

敏感肌の原因から対策を考えるならバリア機能の強化を意識して、まずは肌に負担をかけないケアが大切となってきます。

 


肌質による肌トラブル

敏感肌だからこそ気をつけたい肌トラブル

 

バリア機能が低下した敏感肌は、残念ながら色々な肌トラブルを引き起こしやすい肌状態です。

 

まだ準備のできていない肌細胞が表面化したり、逆にいつまでも古い角質が肌に蓄積されたり…。
バリア機能が低下すると、外からの刺激を受けやすいのはもちろん、ターンオーバーの乱れに繋がってしまうのです。

 

ターンオーバーが乱れることでシミやしわ、大人ニキビ、毛穴詰まりといった様々な肌トラブルのきっかけになってしまうでしょう。

 

また、敏感肌でもアレルギー性の皮膚炎や、炎症の跡が色素沈着として残る色素性皮膚炎、そして化粧品や香水などの炎症で肌に跡を残すリール黒皮症、ベルロック皮膚炎などより深刻な肌トラブルに繋がる恐れもゼロとは言い切れません。

 

敏感肌向けのケアをしても改善されず、悪化する場合は皮膚炎の可能性もあるため、皮膚科を受診する選択肢も忘れずに覚えておきましょう。

 


洗顔での敏感肌対策

洗顔でのケアも重要なポイント

 

洗顔の目的は表皮の汚れを洗い流すことですが、実際には一時的とはいえ肌に残すべき皮脂や水分も落としてしまいます。
ですが、不要な汚れを蓄積するのも肌には負担になるので悪化を防ぎ肌質改善のため、敏感肌の人でも洗顔は大切なお手入れのひとつとなるでしょう。

 


洗顔料選び

敏感肌向け洗顔石鹸選び

 

洗顔料選びは、刺激を受けやすい肌の負担を少しでも減らすために、石油系合成界面活性剤や化学合成物質、防腐剤や保存料といった添加物など含まれていないタイプの洗浄成分から探していきましょう。

 

ただし、最もシンプルな石鹸素地だけの固形石鹸は敏感肌の場合、アルカリ性の洗浄効果が強すぎてしまう恐れがあります。
本来は、弱酸性の肌に対しアルカリ性の洗顔石鹸は優れた洗浄力を発揮してくれますが、敏感肌の人なら洗浄力は劣るものの刺激が低い弱酸性タイプの洗顔料が良いでしょう。

 

その分、汚れの吸着効果を高めるキメ細やかな泡立ちや、天然由来成分の原料で作られた洗浄成分、また保湿向けの美容成分配合タイプから探していくのがおすすめです。
(敏感肌のおすすめ商品は「敏感肌のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング」をご覧ください。)

 


洗顔方法

きめ細やかな泡で洗う意識がポイント

 

顔の汚れを落とす洗顔は、きめ細やかな弾力泡の吸着力で毛穴に詰まった汚れを落としていくイメージ。
洗浄成分も大切ですが、特に敏感肌の人なら泡で洗う意識を強くもちましょう。

 

まずは両手と顔をきちんと濡らして、丁寧に泡を立てていきます。
泡立ては少しずつ水を足しながら、最後に泡の気泡をしっかり潰していくのが濃密泡のコツですが、洗顔ネットや泡立てグッズを使うのも便利です。

 

そして、最初に皮脂量が多いおでこ、鼻周りのTゾーンから洗い始め、頬やフェイスラインのUゾーン、最後に軽く目元や口元などデリケートな部分を洗っていきましょう。

 

また、季節や時間帯によっては「冷たい水で目を覚ます。」「寒いから熱めのお湯で…。」と温度を変えたいところですが、洗顔で使う温度はぬるま湯(30度前後)が負担をかけないためベター。
このぬるま湯は、きちんと皮脂汚れが落とせて、かつ泡立てに最適な温度となっています。

 

さらに、敏感肌の洗顔では汚れを落とすことだけでなく、肌の負担をかけないのも大切なポイント。
顔全体の洗顔は30秒から長くても1分程度で終わるようにさせて、長い時間洗顔料を肌表面に乗せないように気をつけましょう。

 


洗顔後

相性の良い化粧品選びも頑張ろう!

 

洗顔後はゴシゴシ擦らずに、タオルを押さえつけるのうにして顔の水分を取っていきます。

 

そして、敏感肌の人で意外に多いのが「化粧水は肌がヒリヒリするから…。」「肌に負担をかけないために、クリームだけで。」と、基礎化粧品の一部だけを使うスキンケア。

 

確かに、痛みを伴う肌荒れや酷い炎症状態の場合は、スキンケア成分による刺激を減らすのも大切です。

 

とは言え、バリア機能が低下している敏感肌の人は、たっぷりの水分とそれを維持する保水力、そして皮脂膜に必要な適度な油分のバランスを整えていくのも重要。
化粧水から乳液で水分を与え、美容液、クリームで水分を逃さないように表皮を覆うように、正しい順番でお手入れをしていくのがベストです。

 

できる限り、低刺激で相性の良いスキンケア用品を見つけるのをおすすめします。

 


洗顔での注意点

肌悩みの前に、肌作りをしっかりと!

 

敏感肌の場合は、肌に負担をかけない洗顔をしていくのが大切ですが、肌質改善を目指して強く健やかな肌作りも必要です。

 

とは言え、いまバリア機能の影響により角質層が正常な状態ではないのが難しいところ…。
ごわつきを取り除く洗顔や、潤いを与えるだけのスキンケアではなく、水分と油分のバランスを保ち肌のコンディションを整えていく時間をかけた取り組みが必要となってきます。

 

敏感肌の人でもシミやしわ、くすみ、ニキビ、たるみなど気になる肌悩みを抱える人は多いですが、肌本来の代謝であるターンオーバーを正常化させるだけでも、効果的なアプローチに役立ちます。

 

肌悩みに良い有効成分が多ければ多いほど、それに必要な成分も配合されることになります。
結果的に、添加物や化学合成物質が含まれている恐れもあるので、まずは、色々な肌悩みを同時にケアしていく前に、敏感肌の改善に着目した洗顔ケアをしていきましょう。

 


もっと敏感肌を改善したい!

敏感肌の人の間で話題となっている洗顔方法もありますが、間違ったやり方は肌に刺激を与える恐れもあるため、しっかり注意点も押さえておきましょう。

 


洗顔料を使わない洗顔

肌荒れ?好転反応?見極めに注意!

 

洗顔でもひどく痒みや赤味、刺激を感じる状態なら、洗顔料を使わない洗顔もしていくのも有効です。
「水洗顔」と言われることもありますが、実際は負担を抑えたぬるま湯による洗顔方法で、炎症中のニキビや深刻な乾燥肌でも人気の洗顔ケアとなっています。

 

洗顔料を使わない洗顔でも、ぬるま湯なら過酸化脂質の皮脂を洗い流すことはでき、加えて皮膚がもつ力を再生させる効果が期待できます。

 

ただし、ぬるま湯だけの洗顔をしばらく続けると、逆に肌荒れが悪化することもあります。
これは、今まで化粧品成分に頼りすぎていたり肌本来の力を引き戻している最中…など色々な理由が考えられますが、いわゆる好転反応のひとつ。
ぬるま湯だけの洗顔を続けることで、肌本来の力が発揮できるまで育てば肌トラブルも落ち着いてきます。

 

とは言え、洗顔後に抱く違和感が、刺激に弱い敏感肌の症状なのか?好転反応の状態なのか?…判断が難しいのも事実です。

 

見極め方に自信がない場合は、一時的な緊急ケアとしてぬるま湯の水洗顔をしていくのが良いでしょう。

 


まとめ:正しい洗顔方法で、まずは敏感肌の悪化を防ごう!

丁寧な洗顔が敏感肌の改善をサポート

 

敏感肌は、他の肌質では刺激に感じない程度のものが、大きなダメージになりやすい肌状態。
まずは、正しい洗顔方法でこれ以上の悪化を防ぎながら、水分や油分のバランスを整えてバリア機能の強化をしていくのが大切です。

 

いくら、たっぷりの水分を与えてもキープする力がなければ、健やかな肌を作ることはできません。
毎日の洗顔では、肌への負担を抑えながら、丁寧に肌表面の汚れを落としていきましょう。
毛穴詰まりを防ぎ、代謝をサポートしていく汚れ落としの洗顔は、肌の状態を整えるのに欠かせないお手入れのひとつです。

 

 

 

洗浄力よりも低刺激な成分を重視しがちな敏感肌の洗顔でも、正しい洗顔方法できちんと汚れを落としていくのが大切です!
敏感肌のおすすめ洗顔石鹸人気ランキングでは、実際に私が使用して低刺激だった、かつ、敏感肌の方の評価も高かったアイテムをランキング形式で紹介しています!


この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


乾燥肌を改善するなら朝晩の洗顔方法を見直そう!

  元々の肌質で悩む人はもちろん、季節の変わり目や体調の変化などで突然、肌が揺らいで傾いてしまいがちなのが肌の乾燥。   中には、夏の暑い時期でも保湿ケアが欠かせない人もいるくらいですが、乾燥肌は洗顔方法の見直しで改善できることもあるって知っていましたか?   乾燥肌とはどういうものなのかに加え、正しい洗顔で目指す肌質改善について徹底調査しました。 …

≫続きを読む

アトピー肌のおすすめ洗顔方法 ~肌質改善の予防と対策

アトピー肌は皮膚バリア機能が低下しているので、間違った洗顔方法を実施すると悪化してしまいます。逆に正しい洗顔方法を実施すれば、アトピーの悪化を予防するだけでなく、アトピーを改善することもできるので、アトピー肌の方に実施してもらいたい洗顔方法(洗顔料選び)を紹介します。     アトピー肌とは?   アトピー肌を治すには、まずアトピー肌の原因や…

≫続きを読む

混合肌のおすすめ洗顔方法

混合肌は、場所によりカサつきやベタつきが気になるような、色々な肌質が混ざった状態の肌タイプです。とは言え、場所により乾燥肌や脂性肌のケアを使い分けるだけでは、正しいお手入れとは言えないことも…。肌質の改善や肌トラブルの予防と対策、そして混合肌だからこそ気をつけたい洗顔での注意点を調べました。     混合肌とは?混合肌の肌状態が複雑な理由、だからこそ気をつけた…

≫続きを読む

アレルギー肌のおすすめ洗顔方法 ~肌質改善の予防と対策

アレルギー肌は、人によってアレルギー反応を起こす成分が違うため個人差が大きい肌タイプです。すでに反応成分を知っている人はもちろん、知らない人にも役立つ肌質の改善や肌トラブルの予防と対策、そしてアレルギー肌だからこそ気をつけたい洗顔での注意点を調べました。   アレルギー肌とは? アレルギー肌は、体の免疫機能が必要以上に反応している敏感な肌状態ですが、個人差も大きいため色々な…

≫続きを読む

脂性肌(オイリー肌)のおすすめ洗顔方法 ~肌質改善の予防と対策

脂性肌(オイリー肌)は、肌のベタつきはもちろん、メイク崩れやファンデのヨレといったお化粧にも影響してくるのが悩むところ…。ですが、油取り紙で皮脂をこまめに取り除くだけが、根本的な脂性肌対策とは言えません!スキンケアの中でも、特に肌質改善の影響が大きい洗顔でのケアについて調べてみました!     脂性肌(オイリー肌)肌とは?脂性肌は、毛穴から分泌される皮脂が多くベタつき…

≫続きを読む

ニキビ肌のおすすめ洗顔方法

ニキビ肌は、一度できると炎症を起こしたりニキビ跡になったり完治しにくい肌悩み…。実は、ニキビが治りにくい原因に「洗顔方法が間違っていた!」ということも良くある話です。そこで、ニキビ肌向けの正しい洗顔をして、ニキビで悩むことのない肌を作るために役立つ情報を紹介します。     ニキビ肌を改善するための洗顔石鹸の選び方ニキビ肌向けの洗顔石鹸を選ぶポイントは、今ある…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close