洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較
洗顔石鹸通販口コミ売れ筋人気ランキング写真付きで徹底比較

アンチエイジングにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

歳を重ねるごとに気になってくるのが“肌老化”。
「あの頃の肌に戻りたい…。」そんな風に考えている方も多いと思いますが、洗顔石鹸を見直すことでエイジングケアできる可能性が高いことをご存知ですか?
配合される美容成分が肌老化に待ったをかけ、肌の水分量を調整して若々しさをキープ!
次に永遠の美肌を目指してアンチエイジングできるおすすめ洗顔石鹸をランキング形式で紹介し、その理由をそれ以降でお伝えしていきます。

 

アンチエイジングにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

然(しかり)よかせっけん

アンチエイジングにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第1位 然(しかり)よかせっけん (旧:つかってみんしゃいよか石けん)

 

配合された60%以上の美肌成分が肌の若返りをしっかりサポート
シラスパウダーが汚れをしっかり吸着して美肌成分の浸透を助けます
単品通常価格1,800円(税別)の低コスパ!さらに定期コースで最大10%OFF

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

どろ豆乳せっけん どろあわわ

アンチエイジングにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第2位 どろ豆乳せっけん どろあわわ

 

豆乳に含まれるサポニンの抗酸化作用が肌老化を予防
豆乳発酵液・ヒアルロン酸・コラーゲンの天然成分と高保湿成分がエイジングケアをサポート
初回半額、美白美容乳液 薬用とろり液プレゼント!

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

VCOマイルドソープ

アンチエイジングにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング 第3位 VCOマイルドソープ

 

VCOに含まれるラウリン酸がお肌の免疫力をUPして肌本来の力を取り戻す
お肌の潤い成分ヒアルロン酸が乾燥から肌のエイジングケアをサポート
初回半額、15日間安心返金保証付き

 

公式サイトはこちら

 

体験レビューはこちら

 

 

エイジングケアで改善できる肌トラブルとは?

エイジングケアで改善する肌トラブル

 

加齢とともに肌老化が進行するのは当たり前のことですが、適切な肌ケアをすることで様々なエイジングサインを改善していくことは可能です。
具体的には、食生活や睡眠時間の確保等、生活習慣を見直したり、あるいは専門医での治療を受けることも若々しさを手に入れるひとつの方法ですが、肌年齢の改善は日頃のスキンケアが何より大切

 

加齢による肌老化は、水分不足による乾燥や紫外線など外的ダメージの蓄積、ホルモンの減少などによって蓄積される身体のサビの複合的な要素が原因
(具体的には、しわ・たるみ・シミ・くすみなどの年齢肌トラブルが年齢肌トラブルとして挙げられます。)

 

肌機能そもそもの“加齢”を止めることはできませんが、それに伴う肌トラブルの要因にアタックする美容効果を備えたエイジングケア商品を上手に使うことで、肌トラブルを抑止・改善できるでしょう。

 

 

 

エイジング効果を高めるなら美容成分が浸透しやすい肌作りが大切

 

肌が汚れていると美容成分がお肌に届かない?

肌への浸透力

 

どんなに良いエイジングケア商品を手に入れたとしても、肌が汚れているとスキンケア効果は期待できません。
毛穴の中に詰まったままの汚れや、過剰に分泌されている皮脂が邪魔をして、有効な美容成分が肌の奥の角質層まで行き届かないことも…。
美容成分が浸透できるような肌状態を準備するためにも、スキンケアの最初の工程である洗顔はとても重要になるのです。

 

 

美容成分が浸透しやすい肌作りをサポートする洗顔方法

正しい洗顔をおこなうことは、アンチエイジングの基本、より有効な美容成分を肌へ浸透させるための洗顔のポイントをご紹介します。

 

1.プレ洗顔をする

プレ洗顔がおすすめ

 

洗顔石鹸を使う前に、まずぬるま湯で肌表面のチリやホコリを洗い流しましょう。
予備洗いをすることで肌と洗顔石鹸がよく馴染み、汚れをすっきり落とすので、美容成分が浸透しやすく美肌効果をより得ることが可能になります。

 

2.洗顔石鹸はしっかり泡立てて

モチモチ弾力泡で孤を描くように洗顔する

 

泡立ちの良くない洗顔石けんもありますが、専用ネット(洗顔ネット)を使うなどして、モチモチの泡を作ることが重要
そして、仕上がった弾力泡を指腹と肌のクッションにしながら、円を描くように軽くマッサージするように洗顔します。
Tゾーンや顎などの皮脂が多い部分は泡がきれいな最初のうちに洗うのがポイント
加えて手のひらで肌を強く擦ると肌表面を傷つけ、バリア機能が乱れてしまうので気を付けましょう。

 

3.すすぎは丁寧に

すすぎは丁寧に行う

 

洗顔泡が肌に残ると肌荒れやニキビの原因になるので、きちんと洗い流すことが大切
特に髪の生え際やフェイスラインは見逃しがちな部分なので、洗浄料のすすぎ残しがないか確認することがおすすめ。
さらに、すすぎを丁寧にしすぎて時間をかけると洗浄力成分で洗顔後の肌を乾燥させてしまうので、“素早く丁寧に”を心がけると良いでしょう。

 

 

 

アンチエイジングにおすすめの洗顔石鹸の選び方

 

エイジングケアに役立つ洗顔石鹸とは?

高価な洗顔石鹸=優れた洗顔料ではありません

 

一言で“アンチエイジング”と言っても、人によってその悩みは様々だと思います。
たとえば普段の表情グセからくる“表情シワ”、紫外線など外的ダメージによってできてしまう“シミ”、水分の低下で角質が硬くなってしまう“肌のゴワゴワ感”や老けた印象に見られる“くすみ”など…。
どの年齢肌トラブルも悩ましい限りですが、個別にアタックしていくには適した美肌成分が入っている洗顔石鹸を使うことです。
つまり、目先のアンチエイジングにこだわって、やみくもに高価な商品を使って美容法を試しても効果は期待できないことを理解しておきましょう。

 

肌は必要な美肌成分を選んで吸収します

 

また以前は美容家の間でも「美容成分が肌に浸透するときに洗浄成分も一緒に入ってしまうので美容成分の効果が期待できない」とされていましたが、今では肌の特性により「必要なモノは取り入れ余計なモノを排除する」という研究結果が出ています。

 

つまり洗顔料にたっぷり配合された保湿成分や美容液成分は、肌のバリア機能を整えたり、肌の潤いをキープする働きがあるということ。
まずは自分の一番改善したい肌トラブルに対してアプローチできる美容成分が配合された洗顔石鹸を選びましょう

 

 

エイジングケアにおすすめの美容成分

アンチエイジングを担ってくれる洗顔石鹸を選ぶには、どのような美容成分が配合されている商品を選ぶべきでしょうか?
洗顔石鹸に配合されている肌に優しく、高い美容効果も期待できる成分を紹介していきます。

 

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の働き

 

身体の水分保持に欠かせないものであり、保湿作用の美容成分として代表的な成分。
その優れた水分保持力で、身体を形成しているたくさんの細胞を結合する役割を担っています。
また、肌の弾力を支えるコラーゲン繊維にも潤いを宿し、外的ダメージからの乾燥を守ってくれる働きもあります。

 

 

VCO(ヴァージンココナッツオイル)

ココナッツオイルの働き

 

某アメリカの科学雑誌で、ココナッツオイルのケトン体がアンチエイジングに効果があると発表されています。
ココナッツオイルはマグネシウムやビタミン類等、美肌に欠かせない栄養素をたっぷり含んでいます
中でもウァージンココナッツオイルには強い抗酸化作用が認められているので敏感肌・乾燥肌・混合肌・年齢肌などのトラブル肌の改善にもアプローチできるでしょう。

 

 

イソフラボン

イソフラボンの働き

 

イソフラボンは主に大豆や大豆加工食品に含まれている栄養素の1つですが、美肌成分としては女性ホルモン“エストロゲン”に似ていることで知られ、摂取することで女性の老化防止に有効な働きをすると注目されています。
肌の弾力を叶えるコラーゲンの吸収を助け、保湿力も優れているので様々な美容化粧品に使われています。

 

 

セラミド

セラミドの働き

 

肌にもともと存在しているエイジングケア効果のある成分であり、優れた保湿成分を持っている保湿作用の王様。
角質層で細胞同士をつなぎ、肌から潤いを逃さない働きをするので、乾燥から肌を守ってキメ細かな肌質をキープする手助けをします。
セラミドは年齢を重ねると減少するので、しっかり補うことがアンチエイジングには大切です。

 

 

コラーゲン

コラーゲンの働き

 

身体そのものである骨や関節、皮膚などあらゆる部分に存在し、根本的な身体作りに必要なたんぱく質。
ヒアルロン酸のパワーでコラーゲン同士が結びついて肌の弾力やハリを叶えるため、ハリ重視のアンチエイジング商品には欠かせません
加齢によって体内のコラーゲン生成能力が落ちるので、食事やサプリメントなどでも積極的に摂取していきたい成分

 

 

エラスチン

エラスチンの働き

 

コラーゲンを補佐する繊維状のたんぱく質として知られ、コラーゲン同士を固定するゴムのような役割で肌の弾力性をしっかりサポート
肌以外にも肺や靭帯などにエラスチンの伸縮性が作用しているので、身体にはなくてはならない成分です。

 

 

ポリフェノール

ポリフェノールの働き

 

赤ワインやコーヒー、緑茶などに含まれているポリフェノールは、体内に蓄積される活性酸素を取り除く働きがある成分
活性酸素は紫外線ダメージやストレスで増えることが知られていますが、実はただ呼吸するという何も特別なことをしなくても生成され、増え過ぎると体内の細胞を攻撃して老化の進行に。
アンチエイジングをするなら老化の元凶である活性酸素は効果的に除去していきたいものです。

 

 

天然保湿因子(NMF)

天然保湿因子(NMF)の働き

 

Natural Moisturizing Factor(NMF)は角質層の細胞の中に存在する“水分を保持する”成分。
NMFが無くなると肌の潤いが無くなり乾燥肌に傾くだけでなく、乾燥からターンオーバーに乱れが生じ、古い角質が肌に残って肌のゴワゴワ感の原因になります。

 

 

クレイ系成分

クレイ系洗顔料の働き

 

クレイ系成分とは天然の粘土や泥のことで、昨今はクレイ系成分が配合された洗顔料が人気を集めています。
泥なら何でも良いというわけではなく、保湿成分やミネラルをたっぷり含んだ粉状粘土が配合されています。
細かい粉状の泥が毛穴から入り込み奥の汚れや余分な皮脂をキャッチしてすっきり落とすため、毛穴汚れを残さないことでエイジングケアをサポート
洗い上がりは肌の透明感がワントーンアップし、保湿成分で洗い上がりもしっとり肌が叶うでしょう。

 

 

アミノ酸

アミノ酸の働き

 

私たちの身体を作るのに欠かせない成分のひとつで、NMFの半分以上はアミノ酸とされています。
コラーゲンの元にもなっており、角質細胞の中では肌の潤いをキープ
肌の再生力を促す作用もあり、肌の弾力を守ってたるみを解消し、若々しい肌を保つ働きをします。
また、元々皮脂にも存在する成分なので肌の奥まで浸透しやすい特性があり、化粧品にも多く使われている美容成分です。

 

 

プラセンタ

プラセンタの働き

 

美容成分の中でも人気が高い成分で、サプリメントや美容ドリンクなども多数販売されているプラセンタ。
注目すべき点は細胞成長因子の働きで、肌自身の細胞を活性化し、ターンオーバーを促進して新たな肌再生に寄与
また、女性ホルモンと似た働きもあるとされ、老化の根本的な部分にアプローチできるエイジングケアにはうってつけの成分と言えます。

 

 

 

アンチエイジングのための洗顔方法(スキンケア方法)

 

メイクは必ず落としてから洗顔することが大切

洗顔はメイクを落としてから

 

「今日はちょっと疲れたな…。」というとき、つい面倒臭くなって時短にしがちなのがメイク落としと洗顔です。
時間をかけずパパッと画期的スキンケアを済ませたいところですが、メイク汚れが肌に残ったままだと肌にとって効果的な洗顔はできません。
また、メイクは時間が経つとメイクの油分や汚れが混ざり合って酸化し、酸化物が肌に残ることでニキビなど肌トラブルの原因になってしまうことも…。

 

“W洗顔不要”をうたうクレンジングや洗顔料もありますが、ウォータープルーフで汗や水に強いコスメのタイプなどは、しっかり落ちない場合もあります。
洗顔前にメイク汚れはしっかり落とし、また洗顔でも洗い残しがないようにするのがアンチエイジングの秘訣です。

 

 

洗顔後の正しいスキンケアのやり方

エイジングケアは保湿に重点を置いたスキンケア

 

肌老化の原因は肌の汚れや配合成分による刺激など様々ですが、中でも最大の元凶はズバリ“乾燥”です。
紫外線など外的ダメージやストレスなど、いろいろな要因が絡み合って乾燥肌を作り上げてしまいます。
洗顔後はすぐに肌から水分が飛んで肌バリアが機能していない状態なので、時間を置かずにスキンケアを心掛けましょう
基礎化粧品の「何を」「どのくらい」使うかのコツは諸説ありますが、エイジングケアに勤しむなら肌のターンオーバーを促すためにも高保湿の化粧水や美容液で入念に保湿ケアするのがおすすめ

 

肌に押し当てるように浸透させる

 

強いパッティングは肌を傷める原因になる可能性があるので、優しく肌の内側へ押し込むような感覚で浸透させていきましょう。
化粧水を馴染ませたら乳液やクリームを重ね付けして油分を補いますが、余計な香料や防腐剤の入ったものを何種類も付け過ぎると肌に負担がかかるため、なるべくシンプルなケアをするほうが肌には安心かもしれません。

 

 

 

生活習慣からアンチエイジングを取り入れましょう。

本来、アンチエイジングは見た目の若々しさをキープするだけの目標に留まりません。
化粧品だけに頼らず、日々の生活習慣を見直すことで身体の中からできるだけ肌年齢に抵抗し、健やかであり続けることではないでしょうか。
何もしないより、少しでもしたほうが良いのは当たり前なので、ちょっと見直せば簡単にできる肌老化防止に役立つ日々の生活のポイントをご紹介します。

 

上質な睡眠を取る

上質な眠りと規則正しく取りましょう

 

睡眠はたくさん取れば良いというものではなく、毎日規則的に取ることがアンチエイジングの観点では良いとされています。
睡眠時間が不規則だとホルモン分泌が不安定になり、脳や内臓がしっかり休息を取れなくなってしまうので気を付けてください。
(特に22時から26時は肌の新陳代謝が行われる時間なので、肌にとって良質な睡眠になるでしょう。)

 

効果的な食べ物の摂取

エイジングケアに効果的な食材

 

アンチエイジングに効果的とされる食べ物は豆類や野菜、そして海藻など。
豆類(イソフラボン)や野菜(ビタミン群)は成分として有効なので、アンチエイジング化粧品にも多く使われていますね?
また、老廃物を排出してくれる食物繊維の豊富な食材は、身体の老化を防いでくれる働きも期待できます。

 

適度な運動を心掛ける

適度な運動が美肌には不可欠

 

運動とアンチエイジングは密接な関係があります。
その理由は、運動不足で筋力が落ちるとホルモンバランスが乱れ、結果的に老化の進行を促進していくというメカニズムがあるから。
特に筋肉は鍛えていけば新たに筋力をアップしやすいので、毎日少しずつでも運動を取り入れて健やかな身体を保ちましょう。

 

 

有効な美容成分や生活習慣のポイントを押さえておくことは、エイジングケアをおこなう上でとっても重要なこと。
理解を深め、意識しておこなうことでより効果が生まれると感じます。
負担に思わない程度に続けて、いつまでも若々しい美肌をキープしてくださいね?

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事

画像PC、スマホ切り替えテスト

classを指定することでPC、スマホで画像の切り替えができます。 PCのみ表示させたい場合・・・class="display" スマホのみ表示させたい場合・・・class="display_s" …

≫続きを読む


ダヴの洗顔石鹸、格安でも低刺激で保湿力も抜群ってホント?

  プチプラで種類も多く、CMなどでよく知られていることから常に一定の人気を誇るユニリーバのDove(ダヴ)シリーズ。 今回はそんなダヴの洗顔料に着目し、それぞれの特徴や肌タイプ別の口コミを紹介します。   「ダヴははたして本当に優れた洗顔料なのか?」、「本当に肌のためになる洗顔料とはなんなのか?」ということをみていきましょう。   [toc] &n…

≫続きを読む


【夜用のどろ豆乳石鹸】くろあわわ

毛穴やくすみ、ゴワつきを一掃してくれるとして人気の洗顔料どろあわわ。   どろあわわの新商品として、洗浄力がパワーアップした、夜用洗顔料「くろあわわ」誕生しました。     [toc]   くろあわわの体験談レビュー   くろあわわはこうして届く!   くろあわわを公式サイトのネット注文で購入したら、1週…

≫続きを読む


赤ちゃんのようなしっとり肌を手に入れる洗顔石鹸の選び方

  手に触れるとしっとり吸い付くような肌は、女性なら誰でも憧れますよね? でも自分なりに毎日ケアしているのに「なかなか理想の状態にならない!」と、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。   何も知識なく、自己流でケアしていてもそれはなかなか結果につながらないはず。 洗顔石鹸選びはもちろん、正しい洗顔方法や毎日の生活スタイルを身につければ、しっとりする理想肌を作り…

≫続きを読む


「何もしてないわよ」は絶対ウソ!美肌とお金は正比例する!

こんにちは(^▽^)/ 皆様は「基礎化粧品」ってどんなものを使っていますか? わたしはズボラ~なのでここ数年はいわゆる「オールインワン」タイプのジェルクリームをメインに使っています。   しかし若かった頃はあんまりお金がなかったので薬局で安~い化粧水ばかり使っていたんですね! でも20代半ばになってくるとだんだんお肌トラブルに見舞われる頻度が高くなり、まともな基礎化粧品を探しに…

≫続きを読む


「毛穴キレイ」になれない、わが家の哀しい事情(涙)

めっきり朝晩寒くなってきましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか? 冬場はお肌が乾燥しやすくなるため、季節に合わせたお手入れが必要になってきますよね。 お肌の健康を保つにはまず洗顔をきっちりと正しい方法ですることが基本になってくると思うんですが、今回は冬場につきもの!?の哀しいエピソードです。。。   わたしだけかしら?(^p^) [no_toc]   こうい…

≫続きを読む


値段が安いビオレの洗顔料!でも肌への効果は良くないの?

  花王の「ビオレ」シリーズはドラッグストアやスーパーでも見かけますし、CMも頻繁に流れているため、この名前を知らない人はなかなかいないでしょう。   そこでビオレの洗顔料について、どのような種類や特徴があるのか、加えて気になる悪い口コミや使用にあたって気になる点などにも着目し徹底調査しました!   [toc]   ビオレの洗顔料 &…

≫続きを読む


【ファイッ】若手OL「大人ニキビ」VSお局様「吹き出物」

こんにちは(^▽^)/   皆さんは大人になってからの「ニキビ」ってできたことありますか?   [toc]   わたしのニキビピークは高校生のころ。 ほんのりお化粧をし始めたころでもあったし、 なぜか毎朝顔がベタベタしてた時期でもあったので、よくニキビができて悩んでました。 お肌が弱めだったので真っ赤になって目立つし恥ずかしかったなぁ。゚( ゚´Д`…

≫続きを読む


洗顔石鹸の泡を飲み込んだ!洗顔料を飲んだ場合の対処法

  洗顔をしている際、誤って洗顔泡やすすいだ水が口に入ってしまった!ということってありませんか?   これは多くの場合“うっかり”“誤って”かもしれませんが、家族の中の誰かが、そんな危険と隣り合わせの立場にいるかもしれないのです。   もしそうなってしまったら、慌てず、落ち着いて対処することが肝心。   今回はその対処法や、少しでも安全・安…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close