素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   1197 Views

しわ・たるみにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

悲しいことに、加齢とともに抗えないのが肌老化、気になる肌のしわやたるみを改善しようと思ったら一両日中にできないのはご存知の通りですが、洗顔石鹸である程度の効果を出すことは可能です。 しわ・たるみにアタックしてくれる美容成分や、肌の潤いをキープしてくれる保湿成分をたっぷり配合した商品なら、進行する年齢肌の悩みに“待った”をかけてくれるかもしれません。  

しわ・たるみにおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

 

いつかの石けん

エイジングにおすすめの洗顔石鹸ランキング 第1位 いつかの石けん

 

1日35秒で簡単泡パック
分解して落とす酵素系洗顔料
60日間返金保証付き

 

いつかの石けんの公式サイトはこちら

 

いつかの石けんの体験談レビューはこちら

 

然よかせっけん

エイジングにおすすめの洗顔石鹸ランキング 第2位 然りよかせっけん

 

50代、60代でも全く肌の衰えがない保湿成分配合
継続の縛り無しの定期便、途中キャンセルOK
使用期限を設けた完全無添加

 

然りよかせっけんの公式サイトはこちら

 

然りよかせっけんの体験談レビューはこちら

 

どろあわわ

エイジングにおすすめの洗顔石鹸ランキング 第2位 どろあわわ

 

豆乳に含まれるサポニンの抗酸化作用が肌老化を予防
豆乳発酵液・ヒアルロン酸・コラーゲンの天然成分と高保湿成分がエイジングケアをサポート
初回半額、美白美容乳液 薬用とろり液プレゼント!

 

どろあわわの公式サイトはこちら

 

どろあわわの体験談レビューはこちら

 

 

しわの種類は色々?なぜしわができるのか原因を知ろう

あなたのしわの種類はどれ?

  ふと鏡に映った自分の顔を見てドキッとしたこと、ありませんか? 年齢よりも老けて見られる人は、もしかしたら表皮性ジワや真皮性ジワ、表情ジワが原因かもしれません。 “しわ”とは一言で言うと“皮膚の溝”で、溝ができてしまう原因は様々あるのですが、代表的なしわの原因をご紹介しましょう。    

表皮性しわ(ちりめんじわ)

表皮性しわ(ちりめんじわ)

  肌表面の表皮部分にできるしわが、ちりめんじわとも呼ばれる“表皮性しわ”で、年齢とともに失われる水分や油分、乾燥が影響し角質層の潤いが失われることが原因。 また、紫外線やホコリ、摩擦といった外からのダメージが刺激になり皮膚が硬くなれば、ますますしわが深くなってしまいます。 比較的薄い溝の表皮しわですが、乾燥や刺激はしわだけでなくニキビや肌荒れにも繋がるため洗顔クレンジングや基礎化粧品を使った丁寧なお手入れが大切です。    

表情しわ(笑いじわ)

表情しわ(笑いじわ)

  笑ったり怒ったり、眉間にしわを寄せたり…といった表情により、クセがついてしわとなるのが“表情しわ”で、目元のしわや、ほうれい線もこの種類に含まれます。 同じような表情を無意識に繰り返すクセが原因ですが、乾燥や刺激により肌表面の表皮からさらに深い真皮にまで刻まれていくことも…。 意識してクセを治す方法もありますが、スキンケアでのお手入れも良い改善方法となるでしょう。    

真皮性しわ(小じわ)

真皮性しわ(小じわ)

  もっとも深い部分にまで刻まれた「やっかいなしわ」とも言われるのが“真皮性しわ(小じわ)”。 年齢による衰えや、蓄積された外からのダメージにより、肌のハリ・弾力に欠かせないコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった潤い成分が不足しているのが大きな原因。 深く刻まれたしわはスキンケア用品ですぐに肌環境を改善するのは難しいですが、血行促進や細胞の活性化を意識したお手入れでアプローチが可能です。      

年齢によるたるみが、実はシワに繋がることも…?

シワとたるみの関係性

  “シワ”と“たるみ”、一見関係ない肌トラブルのように聞こえますが、この2つのトラブルは加齢による要素である以外にも深い関わりがあります。 一方のみの改善を目指した美容法では不十分、まずはシワとたるみの関係性を知ることで年齢肌改善のスキンケアに繋げていきましょう。    

たるみの原因

シワと共に老けて見られる二大巨頭のひとつが、顔のたるみ。 自己流でマッサージをしている人も多いようですが、なかなか効果が表れにくいのが正直なところです。こちらも原因は複合的で、日々の肌ケアで特に改善しにくいポイントをご紹介していきます。  

肌の筋力の低下

加齢と共に約2%の筋力が低下

  年間、約2%の割合で全身の筋肉量は低下するとも言われていますが、顔の筋肉もそのひとつ。 これを改善してくれるのが筋膜といって筋肉を覆っているガーゼのようなものなのですが、筋力の低下で筋肉の使い方が偏ると筋膜がよじれ、さらに筋肉の動きを悪くしてしまいます。 その結果、リンパや血液の流れが悪くなって肌に十分な栄養が届きにくくなりハリが低下し、加えて筋肉も動きづらくなると重量に耐えられずたるみが進行してしまうのです。  

悪い姿勢

実は姿勢の悪さもたるみトラブルを加速

  実は、多くの女性が猫背や反り腰の姿勢とみられています。 例えば、猫背であごが前に突き出ると無意識に口が半開きになって、自然と口のまわりがたるむ原因に…。 つまり、筋肉を正しく使えていないということです。 顔は小さな筋肉の集合体なので、よく使うところ・あまり使わないところの差が出るのもたるみを加速するメカニズムの原因とされています。  

コラーゲンの減少

コラーゲンは35歳から急激に減少、たるみの原因に…。

  体内でのコラーゲンは35歳あたりを過ぎた頃から驚くほど急激に下降していくので、肌の弾力は失われてたるみの原因となります。 また、古くなったコラーゲンは硬くなってしまうので老廃物が蓄積して細胞中に居座るようになり、肌のみずみずしさが奪われてたるみが発生することも…。    

たるみとシワは関係しているの?

浅いシワもたるみにより深いシワになっていきます。

  こうしてみると、何となくたるみとシワの原因が似通っていると感じられたと思いますが、そもそも、あまり目立たない小ジワが、いつの間にかたるみが進行して深いシワに変化していきます。 たるみを抑えるには、新しいシワが増えないように紫外線などの外的ダメージを極力避けたり、筋膜のマッサージでシワを伸ばすなど、日頃から習慣づけするのがおすすめ。 面倒がらずできることを少しずつ続けるのが、肌老化にストップをかける肌作りの近道と言えそうです。      

しわとたるみに一番重要なのは「保湿ケア」です

しわやたるみは真皮ケアより表皮ケアに重点を置いたスキンケア

  しわやたるみ対策というと、一番深い溝の真皮ケアと思われがちですが、もっとも重きを置きたいのが表皮ケアです。 なぜならハリのある表皮は加齢で下がってくる脂肪などを、外側から包んで押し返してくれるのが理由。 ハリのある表皮を作るためには、肌細胞の密度がみっちりと詰まっているのが大前提です。 表皮は肌の潤いを保つ役割を担っていて、肌から水分が蒸発するのを防いでくれるので、肌細胞がしっかりしていれば肌の乾燥を防ぎ、バリア機能も正常に整って紫外線などの外的ダメージからも守ってくれます。 余分な角質を取り去った上で万全な保湿ケアを行い、表皮全体を立て直していくことこそ、しわとたるみの改善につながります。      

しわやたるみを解消できる洗顔石鹸の選び方

しわやたるみは、乾燥や肌内部の潤いをキープできる肌改善が大切

  しわやたるみは筋膜の強化や外的ダメージを極力避けることで改善していくことはできますが、乾燥やコラーゲン不足など肌自体の問題をケアすることも大切な改善ポイントです。 洗顔石けんには肌への潤いを宿してくれたりアンチエイジングが期待できる有効な成分が配合されているものがあるので、そういった商品を効果的に使ってしわやたるみにアタックしていきましょう。 洗顔石鹸に配合されているとしわやたるみ改善に役立つ美容成分をご紹介していきます。  

コラーゲン

コラーゲンはお肌の弾力に欠かせない成分

  コラーゲンは真皮の約70%にもなる成分と言われ、肌の弾力には欠かせない成分です。 日常の食生活で摂取することもできますが、外側からも与えてあげるとより効果が期待できます。 コラーゲン配合の洗顔石鹸を使うと、肌の弾力が叶うので洗い上がりがつっぱらず、みずみずしさも実感できるでしょう。  

プラセンタ

プラセンタは肌の保水力を高めてくれる成分

  “栄養の宝庫”とも呼び声高いプラセンタは、アンチエイジングの最強成分です。 ビタミンンやミネラルなど細胞を元気にさせる様々な要素が含まれていて、それら要素がしっかり肌に届くことで肌の保水性がグンとアップ。 肌の保水力が高まることでカサカサ肌も軽減される可能性があるでしょう。  

セラミド

セラミドは保湿力の高い、体内に元々ある成分

  美容液などの含まれる他の保湿成分と比べて高いパフォーマンスを発揮するのが、もともと肌の角質層に含まれている有効成分のセラミド。 セラミドは体内で生成されますし、お肌を形成している機能成分なので肌に優しい成分とも言えるでしょう。 肌の乾燥はセラミドが足りなくなっている場合があるので、毎日の洗顔で補って透明感のある潤い肌へ。  

ヒアルロン酸

若々しい肌を叶える“保湿剤”のヒアルロン酸

  若々しい肌を叶える“保湿剤”とされ、肌の潤いをキープする働きを持つヒアルロン酸配合の洗顔石鹸を使うスキンケア法で、徐々に潤いある肌質への改善も夢ではありません。      

しわやたるみを改善したい!おすすめ洗顔方法

 

しわやたるみの原因かも?間違った洗顔方法

できるだけ刺激を与えない洗顔を行いましょう

  まず理解したいのは、“洗顔の目的は酸化した皮脂やメイクなどの汚れを落とす”こと。 つまり、肌には本来、潤いを保つために皮脂や角質層のセラミドが存在しているので、肌のべたつきを解消しようと何度も洗顔するのは逆に肌の乾燥を招き、肌へ大きく負担をかけてしまうことになります。 また、肌の表皮はとても薄くてデリケートなため、ちょっとした刺激でもすぐによれて、それが小じわの元になることも…。 小じわはたるみの始まりなので、洗顔のやり過ぎやゴシゴシ洗いは極力避けるようにするのが注意点です。    

しわやたるみにおすすめの洗顔方法

肌トラブルに悩んでいる肌に負担をかけない洗顔方法というのが、実はあります。 正しいやり方をマスターし、肌トラブルを改善し、若々しい肌をキープできるようにしましょう。  

1.洗顔石鹸はたっぷり泡立てる

しっかりと泡立てたモチモチ弾力泡で洗顔

  摩擦をなるべく減らすほうが肌への負担は軽減できるので、洗顔石鹸はしっかりと泡立ててモチモチの泡で肌の間にクッションを作って洗顔しましょう。 泡立ちの良くない洗顔石鹸の場合は、面倒がらず専用ネットなどを使うのがおすすめです。 (泡立てない洗顔料もありますが、しわ・たるみケアに重点を置いた洗顔をする場合は、泡立てるタイプの洗顔料選びましょう。)  

2.すすぎはしっかり、手早くする

すすぎはしっかり、時間をかけないで行う

  洗い残しがあると、大人ニキビなど肌トラブルを招くことにつながります。 フェイスラインや髪の生え際といった見逃しがちな部分は洗い残しがないようにしっかりすすぎましょう。 また、乾燥シーズンなどすすぎを何十回も繰り返すと、肌の潤いを奪い過ぎて乾燥肌になりたるみの原因になるので、時間をかけずに手早くしっかり行うのがポイントです。  

3.洗顔後はすぐに保湿ケアを

洗顔後はしっかりと保湿ケアをしましょう

  洗顔後の肌は角質層の潤い成分が減少している状態なので、すぐにたっぷりの化粧水で保湿するほうがいいでしょう。 さらに洗顔後は毛穴が開いており、肌の奥まで潤いが浸透しやすくなっています。 洗顔後、時間を置くと毛穴は閉じてしまって潤いが浸透しづらいので気を付けてください。      

洗顔後に行いたい!しわ・たるみ改善スキンケア

化粧水や乳液でたっぷり保湿した後は、さらに若々しい肌を取り戻すためにマッサージやエクササイズの習慣を身につけると美肌への近道。 こなぜなら、これらは元手がかからない上に毎日コツコツ続けられる美容習慣なのでおすすめです! なお、肌をマッサージする際には、肌への摩擦を軽減するために必ず保湿した状態で行ってくださいね。  

1.筋膜のマッサージ

筋膜のマッサージ

  筋膜のよじれを改善することは、しわやたるみの解消につながります。 「両方の口角を下唇の輪郭に沿って持ち上げる」「手のひらで頬をゆっくり持ち上げる」「目頭からやさしく指を滑らせて目尻を持ち上げる」など、筋膜のしわや乾燥ジワをアイロンがけするように取っていきましょう。 顔全体に血液が届くようになり、肌にだんだんと弾力が戻るでしょう。  

2.表情筋のエクササイズ

表情筋のエクササイズ

  普段はあまり使わない筋肉を刺激していく「口・目を大きく開いて顔を上下に伸ばす」「口・目をぎゅっと閉じて眉間にしわを寄せて、顔を縮める」「笑顔を作って口・頬を左右に広げる」などの表情ジワ改善マッサージは、筋肉を目覚めさせるので肌の代謝が活発になり、肌の弾力がアップします。    

ほうれい線も気になるし、緩んだフェイスラインもイヤ…と、嘆いている方、洗顔方法やちょっとしたケアで、若々しい肌を叶えることができること、おわかりいただけましたか? 今からでも遅くないので、しわやたるみに効果のある美容習慣を毎日に取り入れて、しわもたるみも撃退しましょう!

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事

思わず触りたくなる、もち肌になるための方法とは

  “誰もが憧れる肌”の代表でもある、もち肌。   思わず触りたくなるあの赤ちゃん肌のような感触を目指すには、「高い化粧品を買って手入れをしなきゃ難しい」と思っていませんか?   手入れ次第で、もち肌は誰にでも手に入れられるもの。   憧れのもち肌になるためには、具体的にどうすればいいか順を追って紹介していきます。   [to…

≫続きを読む

ランキングから化粧品を通販するときの注意点やポイントは?

  化粧品を通販する際は、通販化粧品ランキングなどをまとめたサイトがとても役に立ちます。   けど、ランキングを参考にするのもいいですが、大事なのはそこから必要な情報をしっかり読み取ること。   そこで、今回は化粧品を通販する際に気を付けたいポイントや、注意するべき点をお話します。   理想の化粧品に出会うためにも、通販を頻繁に利用している…

≫続きを読む


セラミドとコラーゲンはどっちがいい?違いと効果的な使い方

  セラミドもコラーゲンもオールインワン化粧品に保湿効果目的で配合されている場合が多く、保湿や乾燥対策によく聞く成分ですよね?   ですが、セラミドとコラーゲンはどのように違うのか、詳しくわかる、という方はとても少ないと思います。   試したくてもどのようなものか知らなければ、宝の持ち腐れ。   ここでは、セラミドやコラーゲンをどのような時…

≫続きを読む


【脱・ベタつき】脂性肌におすすめオールインワンランキング

  テカりを抑えても1時間ほどでまたテカテカに、どうすればいいの?   スマホが自分の脂で汚れるのが嫌ですけど、みんなこんなものですか?   オイリー肌のための基礎化粧品って、他とどう違うかわからない…。   脂性肌に関する疑問や悩みは尽きないですよね。   オイリー肌の人の相談を受けたとき、スキンケアを怠けるどころか、とて…

≫続きを読む


【美白有効成分配合】パーフェクトワン体験談レビュー

  2005年の発売以来、4,500万個もの累計販売実績を誇るラフィネパーフェクトワンシリーズは、オールインワンスキンケア国内売り上げNo.1を誇る大人気のオールインワンゲル化粧品。   そのなかでも、2種類の有効成分が配合された医薬部外品の薬用ホワイトニングジェルは、保湿ケアだけでなく美白ケアにも取り組めるよくばり潤白肌派タイプ!   他とは違うシミの…

≫続きを読む


口コミでも話題のオールインワン化粧品人気ランキング

  オールインワン化粧品が販売されたとき、正直それだけではスキンケアが完了できない類のものでした。   浸透しにくい、ベタつく、乾燥する、モロモロが出る…。   ですが発売されて数年が経ち、需要が増えていくほどオールインワン化粧品は進化を重ね、今ではワンステップでしっかりとスキンケアを完了できるようになっています。   今ではオールインワン…

≫続きを読む


毛穴の開きの解消法は?適した化粧品で適したケアを

  ヤーマンが2015年に20~50代の女性を対象に行った調査によると、【毛穴の開き】は各世代の女性の肌悩みにおいて常にトップ5に食い込んでおり、普遍の悩みであるとわかります。   そこで今回は、気になる毛穴の開きの改善方法について、適したケアや効果を望める化粧品について考えてみましょう。   毛穴の開きの種類やオールインワンによるケアの提案、スキンケア…

≫続きを読む


美肌の土台を作る20代におすすめオールインワンランキング

  女性がいちばん美しい年代は、“30代”と言われていることをご存じですか? 30代は華の20代を過ぎて、人としての深みと肌の美しさが兼ね揃うからだそうです。   美しい30代を迎えることができるかは、20代のスキンケア次第!   なのに「どんどんニキビや黒ズミが酷くなる…」と、どんなスキンケアをするべきか試行錯誤している20代の人が意外に多いです。 …

≫続きを読む


ニキビ・肌荒れ対策 メンズ向けオールインワンランキング

  メンズスキンケアでおすすめしたいのが、スキンケア初心者でも簡単に出来る、オールインワンゲルです。   男性の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、オールインワンゲルは時短でケアができてコスパに優れているにもかかわらず、男性の肌に必要な成分が十分に配合されています。   そんなオールインワンゲルがどうして男性に必要なのかを、使用するメリットや肌悩み…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close