素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   228 Views

脂性肌(オイリー肌)のおすすめ洗顔方法 ~肌質改善の予防と対策

脂性肌(オイリー肌)は、肌のベタつきはもちろん、メイク崩れやファンデのヨレといったお化粧にも影響してくるのが悩むところ…。
ですが、油取り紙で皮脂をこまめに取り除くだけが、根本的な脂性肌対策とは言えません!
スキンケアの中でも、特に肌質改善の影響が大きい洗顔でのケアについて調べてみました!

 

 


脂性肌(オイリー肌)肌とは?

脂性肌は、毛穴から分泌される皮脂が多くベタつきが気になる肌状態ですが、思春期に起こりやすいホルモンの影響による過剰な皮脂分泌だけではなく、乾燥が影響することもあります。

 


肌の症状

洗顔後にケアをしなくても乾燥しない…?

 

脂性肌は、皮脂量の増加による肌のベタつきが主な症状とされ、そこからメイク崩れ、毛穴の詰まりや開き、イチゴ鼻といったトラブル、ニキビなどで悩まされている人もいます。

 

また、脂性肌の症状は肌質チェックとしても使えるものがあります。
それは、洗顔後にあえてスキンケア用品を使わずにすっぴん状態をキープした時の肌変化。
洗顔後は不要な汚れだけでなく、わずかながらも必要な皮脂や水分も洗い落としてしまいます。
本来なら、洗顔をした後にスキンケア用品でのお手入れをしないと肌がつっぱってきますが、脂性肌の場合は「乾燥を感じない」または「肌がべたついてくる」というも症状のひとつ。

 

実は、肌質と言っても、部分によってはカサつきも気になる混合肌だったり乾燥肌の可能性もあります。
「自分はオイリー肌だ。」と思っている女性も一度、洗顔後の肌を確認してみましょう。

 

もし、スキンケアを使わずとも頬や顎、フェイスラインを含め肌のベタつきを感じないなら、脂性肌の症状と言えます。

 

ただし、脂性肌の症状はベタつきによるものですが、ただ皮脂を取り除くケアだけが重要とは言えません。

 


ベタつきが気になる原因

皮脂分泌の原因は様々!中には乾燥も?!

 

ベタつきが起こるのは、毛穴にある皮脂腺から多くの皮脂量が分泌されているため。

 

とは言え、その理由は色々な種類があり、一般的には成長ホルモンが活発に分泌される成長期、男性ホルモンの分泌も増えるため皮脂量が増加するタイミングとなっています。

 

また元々、毛穴が多い人や皮脂を分泌する皮脂腺の働きが活発な人も遺伝の影響で多く、体質が理由と言えることも。

 

さらに、ストレスや寝不足、偏った食生活で皮脂分泌が活発になる場合も…。
当然、洗顔や化粧水、乳液といった肌ケアも理由に当てはまり、特にメイク落としのクレンジング剤や油分の多い保湿クリームで、肌のコンディションが乱れベタつく人もいます。

 

どれかひとつだけではなく、複合的な理由も考えられるのが難しいところ。
ですが、特に気をつけたいのは、ベタつきは「乾燥」による原因もあるという点です。

 

肌は、刺激になる乾燥から守るために、皮脂を分泌していく防衛本能のような働きをもっています。
いずれの理由でも、肌が乾燥していればより過剰な皮脂分泌を引き起こすこともあるため、共通して保湿ケアは大切なお手入れとなってきます。

 


肌質による肌トラブル

ニキビや毛穴だけじゃない!シミやくすみも?!

 

脂性肌の場合、すでに症状自体が毛穴トラブルや思春期ニキビ、大人ニキビとして出ていることが多く、ベタつきよりも今ある肌悩みをケアするために肌質改善を目指す人も少なくありません。

 

ですが、目に見える肌トラブルだけでなく、今はまだ肌表面に出てきていない変化も見逃せないのです!

 

それは、過剰な分泌された皮脂が「酸化」をして、シミやくすみ、黒ずみ、ざらつきといったケアがより大変な肌トラブルに繋がる恐れがあるということ。

 

例えば、料理で揚げ物をして使った油を何週間も使い続ける人はいないですが、油が古くなっていくのも「酸化」している状態です。
毛穴から分泌される油分も同じように、長時間肌に留まるとやがて酸化をしていきます。

 

とは言え、酸化を防ごうと過剰に皮脂を取り除けば、乾燥状態と肌が錯覚をしてより皮脂分泌が促進されてしまい、これでは、より複雑な混合肌やインナードライ肌に傾いてしまうのです。
そのため、脂性肌は正しく不要な皮脂だけを取り除き、コンディションを整えていくのが大切です!

 

 


洗顔での脂性肌対策

脂性肌の人向けに役立つ洗顔料の選び方や洗顔方法、そして洗顔後のポイントを、注意点とあわせてまとめてみました。

 


洗顔料選び

肌に優しい弱酸性より、弱アルカリ性がおすすめ?!

 

脂性肌の洗顔料選びでは、やはり油分を取り除く洗浄力や優れた洗浄成分をポイントにする人は多いですが、優れた洗浄効果と言えば固形石鹸が一番と言えるでしょう。

 

シンプルな石鹸素地で作られた石けんは弱アルカリ性タイプのため、弱酸性の肌についた汚れを落とす作用に優れているのです。

 

今では”弱酸性タイプの洗顔料”という商品紹介も多く「弱酸性の洗顔料は肌に優しい。」「弱アルカリ性の洗顔料は肌に負担。」というイメージ…。
確かに、洗顔により弱酸性の肌は弱アルカリ性に傾きますが、時間が経てば中和され弱酸性の肌に戻っていくのでご安心ください。

 

また、弱アルカリ性の洗顔料は、界面活性剤を肌の上に蓄積されないのも大きな魅力のひとつでもあります。

 

「弱酸性の洗顔料は肌に優しい。」というのは、界面活性剤を含めた保湿成分が肌に留まるため、刺激や乾燥を防げるのです。
逆に言えば、弱アルカリ性の洗顔料は保湿効果が期待できない分、界面活性剤が肌にとどまらないのはメリットと言えるでしょう。

 

今、ニキビや肌荒れで炎症している状態なら弱酸性での洗顔が良いですが、トラブルもない肌なら弱アルカリ性の石鹸で、健やかな肌作りをしていくのがおすすめです。
(脂性肌のおすすめ商品は「脂性肌のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング」をお読みください。)

 


洗顔方法

洗顔方法と時間、洗い流しに注意!

 

洗顔は、洗浄成分で肌表面についた汚れを取り除くのが目的ですが、キメ細やかな泡を使っていくのが正しい方法です。

 

タンパク質成分の皮脂汚れも洗顔料で落とせますが、強くゴシゴシと擦ったからといって、テカリの原因を防げるわけではありません。
奥にある毛穴汚れも吸着できるように、たっぷりと泡を立ててあげるのがポイントとなってきます。

 

また、洗顔時間をかけて洗うのは、皮脂汚れを落とすのに効果があるどころか、乾燥を引き起こしよりテカリが悪化する恐れもあります。
脂性肌の人であっても、30秒~1分程度で顔全体が終わるような洗顔時間を意識しましょう。

 

正しい洗顔方法は肌質を問わず共通していて、まずはきちんと手と顔を濡らして、しっかり洗顔料を泡立て濃密なモコモコ泡を作っていきます。
洗顔をする際の水温は、冷たすぎても熱すぎても肌への刺激になるため、人肌よりも低い温度のぬるま湯程度にして、皮脂量の多いTゾーンからUゾーンにかけて泡で擦るように洗っていきましょう。

 

特に脂性肌の場合“洗う”ことに意識しがちですが“洗い流す”ためのすすぎも大切で、皮脂分泌が活発だからこそ、洗顔料やクレンジング剤のすすぎ忘れがあると毛穴詰まりを引き起こしやすいです。
ニキビや肌荒れになってしまうので、最低30回はしっかりすすぎ洗いをするようにしてください。

 

洗面器やぬるま湯をはった洗面台ですすぐのも良いですが、最後はキレイなぬるま湯で、完全に汚れや洗顔料を洗い流しましょう。

 


洗顔後

脂性肌だからこそ、洗顔後のスキンケアは大切です!

 

洗顔が終わり優しくタオルで拭きとったら、皮脂汚れも取り除かれ、さっぱりとした肌状態。
特に、脂性肌の人はこのままスキンケアをしなくても、つっぱり感や不快感を抱かない人も多いです。とは言え…

 

「洗顔をするだけでいいか。」

 

「スキンケアは、化粧水だけをつければOK。」

 

「洗顔後は保湿ケアとして、クリームだけ塗っておこう。」

 

このように、洗顔後のスキンケアをサボるのはいけません!

 

洗顔後の肌は汚れが落ちているのと同時に、角質層に必要な水分や油分もわずかに洗い流されている状態。
保湿ケアをしてあげないと、刺激を守る肌バリア機能が低下し、ニキビや肌荒れ、乾燥、古い角質の蓄積による肌代謝の乱れに発展してしまいます。

 

脂性肌の人でも洗顔後は、化粧水や乳液、クリームで肌のコンディションを整えてあげるのが大切。
どうしてもテカリが気になるようなら、油分が少ないタイプのスキンケア成分から選ぶのも良いですが、浸透力を妨げない柔らかな肌作りも重要です。

 

柔らかな肌は正常な肌代謝とたっぷりの潤いがキープされているのが必須なため、いずれにせよ保湿ケアは欠かせません。

 


洗顔での注意点

洗顔の回数は多い方が良い…訳じゃない!

 

ベタつきが気になる脂性肌の人は、サッパリ感を求めて何度も洗顔をしたい気分になりますが、洗顔回数は1日2回で充分!
何度も洗顔をするのは、必要以上に油分を奪いすぎてしまい、よけいに肌から皮脂が分泌されてしまいます。

 

もし日中、テカリが気になる場合はティッシュで軽く顔全体や皮脂量の多いおでこ、鼻などもTゾーンを抑えるのがおすすめ。
油取り紙や皮脂吸収ミストの活用も良いですが、過度な使用は洗い過ぎの洗顔と同じく、ベタつきを悪化させてしまうので気をつけましょう。

 

また、刺激から肌を守ったり保湿作用に必要な肌のバリア機能は、たっぷりの水分だけでなく適度な油分も欠かせません。
過度に皮脂を取り除いた結果、肌バリアが低下する可能性もあるため、皮脂の取りすぎには要注意です。

 

 


もっと脂性肌を改善したい!

脂性肌の人におすすめの洗顔アイテムもありますが、どのような効果や作用でベタつきケアに役立つのか?また、肌への負担や刺激の恐れについても調べてみました。
肌悩みを解決するのに役立つ効果があるものの、使い方によっては思わぬトラブルもあるため注意が必要です。

 


メンズコスメ洗顔料

男性向け洗顔料を女性が使う?!

 

脂性肌の場合、意外に多いのが男性向け洗顔料を使う女性たち。

 

元々、男性は毛穴や皮脂腺の数、皮脂量が女性よりも多いので、メンズコスメの洗顔料も皮脂を取り除く洗浄効果は強いです。
そのため、皮脂分泌やテカリが気になる女性が肌のコンディションを整えるため、あえてメンズコスメを使うのが目的。

 

男性向け洗顔料は爽快感を出すため、メンソール成分を配合していることが多く、洗い上がりはさっぱりしすぎる場合も…。
ですが、今はメンズコスメも充実してきて「しっとりタイプとサッパリタイプ」「合成界面活性剤を使っていない無添加タイプ」「美容成分やニキビケア成分配合」といった女性向けと変わらない種類が用意されています。

 

メンズコスメは確かに女性向けと比べると、ベタつきを抑える作用が強いので、オイリー肌にはおすすめ。

 

ただし「男性の方が皮膚は厚く、女性の方が水分量は多い」という肌の違いがあるので、男性向けの洗顔料で肌の刺激を与えたり、水分まで奪ってしまったりしないよう注意が必要!
メンズコスメの洗顔料を使うなら、すでに洗浄力は充分なので低刺激な成分から選ぶのがおすすめです。

 


スクラブ洗顔料

洗い上がりスッキリなスクラブ洗顔!

 

通常の洗顔料に比べて、粒子の大きいスクラブ入りの洗顔料は研磨効果により皮脂汚れはもちろん、古い角質の除去サポートにも役立つのが特徴的。

 

微粒子で毛穴の奥に詰まった汚れを掻き出すのに加え、ザラザラとした肌触りもわかりやすく、脂性肌の人にとっては心強い洗顔料と言えるでしょう。

 

ただし、スクラブ洗顔は直接的に肌表面を摩擦していく洗顔方法なので、泡をよく立てなかったりゴシゴシ強く擦るのはNG行為。
通常の洗顔料よりも肌への負担は強く、肌トラブルに繋がる恐れがあります。
スペシャルケアとして使う回数も守り、正しい洗顔方法で優しく丁寧に使っていきましょう。

 

また、スクラブ洗顔の後は、油分はさっぱり洗い流され、肌バリア機能も一時的に低下している状態。
脂性肌の人でもスクラブ洗顔後は、いつも以上にしっかり保湿ケアをしましょう。

 

 


まとめ:脂性肌のケアは、洗顔がとっても重要!

洗い過ぎは厳禁!ベタつく原因をしっかり掴んで!

 

皮脂分泌が活発な脂性肌の肌質改善には、今ある皮脂汚れを落とすのはもちろん、過剰な皮脂分泌を防ぐのに洗顔はとても必要なステップ。

 

とは言え、洗顔はただ皮脂を取り除くだけでなく、肌にある水分と油分のコンディションを整えるのが目的となってきます。
そのため、肌の状態を良くする効果が期待できる反面、間違った洗顔方法ではより脂性肌の肌状態が悪化したり、肌トラブルを引き起こす恐れも…。
特に、脂性肌の人は「昔からオイリー肌だった。」「冬でも乾燥知らず。」という人も多いですが、若い成長期と成人女性のベタつき肌は、その原因が違います。
年齢や環境の違いによって変化する“ベタつく原因”をしっかりキャッチして、効果的なケアをしていくのも大切です。

 

洗顔は”今“だけでなく”これから“も意識した肌質改善を目指して、正しく丁寧なケアに取り組んでいきましょう!

 

 

 

今、気になるテカリやニキビ、毛穴ケアといった肌トラブルの改善も重要ですが、根本的な肌質改善に取り組んでいくのが最も効果的な改善方法!
ぜひ、「脂性肌のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング」で、実際に商品を使って決めたランキングもあわせてご覧ください。


この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事

美肌の土台を作る20代におすすめオールインワンランキング

  女性がいちばん美しい年代は、“30代”と言われていることをご存じですか? 30代は華の20代を過ぎて、人としての深みと肌の美しさが兼ね揃うからだそうです。   美しい30代を迎えることができるかは、20代のスキンケア次第!   なのに「どんどんニキビや黒ズミが酷くなる…」と、どんなスキンケアをするべきか試行錯誤している20代の人が意外に多いです。 …

≫続きを読む

ニキビ・肌荒れ対策 メンズ向けオールインワンランキング

  メンズスキンケアでおすすめしたいのが、スキンケア初心者でも簡単に出来る、オールインワンゲルです。   男性の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、オールインワンゲルは時短でケアができてコスパに優れているにもかかわらず、男性の肌に必要な成分が十分に配合されています。   そんなオールインワンゲルがどうして男性に必要なのかを、使用するメリットや肌悩み…

≫続きを読む


無添加オールインワンで肌トラブルケア~おすすめランキング

  肌荒れや敏感肌、アトピー性皮膚炎などの肌悩みで、無添加オールインワン化粧品を選ぶのなら、正しい選び方を知るのが重要です!   でも、無添加オールインワン化粧品を選び始めてみると、多くの無添加アイテムに出会い、どれが自分にあっているのか判断するのは至難の業…   それに、間違った選び方をしてしまうと、避けていたはずの成分を避けきれない可能性もでてきます…

≫続きを読む


あらゆる世代に効果的なエイジングケアができる化粧品とは?

  年齢とともに気になり始めるシミやしわ、たるみ、肌の疲れといったエイジングのサイン。   本格的にケアしたい人はもちろん、将来に備えて今からケアを始めようと思っている人にとっても気になるのは、何が一番効果的か、ですよね。   そこで、今回はエイジングケアのポイントをお話しつつ、効果的な化粧品について考えていきたいと思います。   エイジン…

≫続きを読む


【ハリが復活!?】フィトリフト体験談レビュー

  ハリの再生力がプラセンタ以上の実力と絶賛されるフィトリフトは、エイジングな肌悩みに徹底アプローチしてくれるオールインワン化粧品。   他とは違うフィトリフトの特徴や、実際に使ってみてわかった成分効果と肌の変化を自腹購入でレビューしてみました!   たるみや毛穴の開き、さらには若い頃と比べて衰えてきたハリ、弾力を取り戻したい人は要チェック! &nbs…

≫続きを読む


そばかすケアに効果的な化粧品とは?オススメの成分も紹介

  女性を悩ませる厄介な肌悩みのひとつといえば、見た目年齢を大きく左右してしまうシミ。   なかでもそばかすは肌の明るさに影響するし、ポイントケアも難しく、通常のシミとはひと味もふた味も違う、まさにくせ者です。   そこで、今回はそんなそばかすケアの方法のひとつとして、オールインワンタイプの化粧品を提案します。   「そばかすをなんとかした…

≫続きを読む


泥・クレイ配合のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

  成人女性トップ3に入る肌の悩みは、「毛穴トラブル」「乾燥」「くすみ」です。 これら肌悩みを抱える女性の多くが「泥洗顔料」に注目しているワケをご存じでしょうか?   泥は、古来より傷や肌のお手入れに重宝された鉱物(ミネラル)で、現代でも美容や医療分野にかかせないアイテムとして活用されています。   魅力がいっぱいの「泥洗顔料」について知ることは、美し…

≫続きを読む


しわ・たるみに悩む50 代にオールインワンランキング

  トラブルが多くなる50代の肌におすすめしたいのが、“オールインワンゲル化粧品”です。   オールインワンゲル化粧品と聞くと、どうしても「物足りないんじゃないの?」というイメージがありますよね?   ですが、オールインワンの研究は日々進み、今ではライン使いに機能も劣らないオールインワン商品が続々と発売されています。   50代で悩みがちな…

≫続きを読む


乾燥肌におすすめ保湿オールインワンゲル化粧品ランキング

  シミやシワと違って、「肌が乾燥しているような…」とぼんやりした肌悩みになりがちの乾燥肌。   そのせいか、「スキンケアをしっかりと行っていたら、いつかは治る」と考えていませんか?   乾燥肌は、シワやニキビといったその他の肌トラブルの原因になってしまう可能性が高いので、しっかりとした保湿ケアをしていくことが大切です!   ここでは乾燥肌…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close