素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   4220 Views

LUSHで販売されている商品は、全部無添加石鹸なの?

有名なせっけんブランド名を聞かれたら「LUSH(ラッシュ)」と答える女性は多いのではないでしょうか?   専門店から丸井、ルミネ、イオンモールのテナント店舗でも展開している海外メーカーのLUSHは、ナチュラルでオーガニックテイストの自然派化粧品としてアイコン的存在。   それでは、LUSHで販売されている商品は、どれも無添加石鹸なのでしょうか?   LUSHのブランドコンセプトから添加物の有無、さらには愛用者の色々な口コミなど調査しました。  

LUSHとはどのような店なのか

イギリス生まれのラッシュは、日本で100店舗以上展開

  LUSHとはイギリス生まれのハンドメイド化粧品メーカーで、石鹸や入浴剤、シャンプーの他、基礎化粧品の取扱もあるくらい豊富な種類が展開されています。   中でも、違いがわかる様々な香りや、見て楽しめるカラフルな色味、美容効果が期待できるアプローチ成分など五感を刺激する石鹸は人気を集め「LUSHと言えば、石鹸」というイメージを抱く方も多いでしょう。   おしゃれなアイテムが多くトレンドアイコン的な存在でもあるLUSHですが、その一方で商品の製造に対しても意識は高く創業当初から「動物実験反対」という考えを提示。   食品や植物といった天然由来成分を原料にすることで安全性や品質を保ちながら、動物実験をせず商品開発に取り組んでいます。   バラやハチミツ、キュウリなど植物や食品を原料に製造するのにとどまらず、動物実験が行われた原料を仕入れないという徹底ぶり。   おしゃれで可愛いアイテムの印象が強いLUSHですが、動物愛護活動に力を注ぐ姿も注目されています。   LUSHは世界63国で660以上の店舗を展開していますが、日本では北海道から九州、四国まで113店舗。   沖縄をはじめ一部の国内地域ではLUSHの店舗がないものの、オンラインのネット通販で買い物することが可能です。    

本当に無添加なの?

自然派コスメや自然派化粧品というフレーズがぴったりなLUSHですが、あの印象的な香りや色、そして色々なアプローチを働きかける美容効果を考えると、自然派石けんとは言えず”添加物が配合された石鹸”と感じる方も多いのではないでしょうか?   そこで「無添加なの?」と気になるLUSHの特徴から、添加物配合の有無を調べてみました。  

香りがきついけど…合成香料?

ラッシュの香りは合成香料ではありません!

  LUSHの香りは、新鮮な野菜やフルーツ、また植物など、できる限りオーガニックの自然由来成分を原材料として使用し、合成香料ではないタイプなので“香りは無添加タイプ”と言って良いでしょう。   無添加石鹸の場合、人工香料ではなく天然成分を使った香料が使われていますが、時には合成添加物がわずかに含まれていることも。   それは、成分の抽出で使われる合成添加物(キャリーオーバー成分)は、成分表示一覧への記載義務がないため、私たちが商品から判断することができない石けん成分なのです。   LUSHの場合も同じくキャリーオーバー成分の可能性があるものの、天然のハーブやエッセンシャルオイルを使っているため、添加物不使用の「香料」となっています。   中でも、アーモンドをスクラブ作用として配合している洗顔石けん『天使の優しさ』は、ラベンダー油とローズ油が含まれ、アロマ効果も楽しめると人気を集めています。  

カラフルな色味は合成着色料?

ラッシュの石けんには合成着色料も使われています!

  カラフルな色展開はLUSHの特長とも言えますが、残念ながら合成着色料を使っているため、着色については“添加物を使用した石鹸”です。   ただし、もちろん合成着色料の使用量も安全性を確認し、危険性のない少ない配合となっています。   例えば、タール系色素の青1はクレイソープの『ファンブルー』、入浴剤の『サムシングウィキッド』『桜日記』といった商品で配合されていますが、現在発売されている飲み物やお菓子にも配合されている添加物。   かき氷のブルーハワイで使われるシロップと聞けば、思い浮かぶ“青さ”も添加物の青1が使われています。   その他、旧表示指定成分に該当する合成着色料の赤や黄、橙を使ったラッシュ商品もあります。  

美容効果があるなら無添加ではない?

ラッシュ美容効果は自然由来成分

  LUSHはニキビや肌荒れの炎症作用や保湿効果、エイジングケアなど色々な美容効果にアプローチできる製品がありますが、いずれも自然由来の天然成分を原料としているので“美容効果は添加物に頼らない成分”で作られています。   例えば はちみつ石鹸『みつばちマーチ』は、ビタミンBやビタミンCなど含むハチミツを使うことで、肌荒れ改善や保湿ケアに役立ちます。   フェイスマスクでは、漢方薬でもお馴染みオタネニンジンや、パパイアを使ってアンチエイジング作用に働きかける『鏡よ鏡』という商品もあるくらいです。   この他にもLUSHは、化学由来成分や合成物質を使わない原材料で美容作用に働きかけていく商品となっています。  

使用期限は無添加アイテムの証?

ラッシュの石けんは保存料を使っていない製品が多数

  LUSHでは商品に製造日を記載し、未開封の状態で「製造日より14か月」と一部のアイテムについて言及しています。   また『フレッシュフェイスマスク』やヘアスカルプマスクの『危機一髪』などは製造日から4週間、逆にボディスプレーやオーデコロンなどは製造日から4年と使用期限も幅があるものの、いずれも開封後はできる限り早く使い切ることを提案しています。   まさにこの使用期限は“無添加の証”とも言えるように、約7割の商品が合成保存料を使用しておらず、残りの3割も最低限の保存料にとどめているため。   “保存料として添加物はほぼ使っていない”と言えますが、すべてのアイテムで「一切、保存料を使っていない」とは言い切れません。  

合成界面活性剤はもちろん不使用?

ラッシュの石けんの中には、合成界面活性剤を使用している商品もあり

  自然化粧品と聞けば無添加石鹸をイメージする方が多いですが、残念ながら必ずしも自然派=無添加とは言えません。   実際、LUSHも石鹸素地を使ったり、加熱処理をせずグリセリンを残すことで保湿成分に仕上げたり…と無添加石鹸特有の製造方法にこだわる反面、合成界面活性剤のラウリル硫酸Naやステアリン酸Naが使われている石鹸も数多く存在しています。   これらの合成界面活性剤はシャンプーや歯磨き粉でも使われている成分のため、危険性が高い界面活性剤ではありませんが“無添加石鹸”として扱うことはできません。   美容効果では添加物が使われていない固形石鹸『みつばちマーチ』も、洗浄成分として合成界面活性剤のラウリル硫酸Naやステアリン酸Naが配合されています。  

LUSH製品の良い口コミ

LUSHの洗顔石鹸や入浴剤、シャンプーなど商品を愛用している人の中から、良い口コミや高評価をしている評判をピックアップしました。

 

やっぱりラッシュの石鹸は香りが最高です。 アロマを焚いているみたいにリラックスできるし、肌だけじゃなくて心も洗われる感じです(笑)

 

 

 

自然派を売りにしているだけあって、成分表の行数も少ない製品が多く満足しています。 最初は洗顔石鹸だけでしたが、今では入浴剤やボディソープ、シャンプーとLUSHで買い揃えています。

 

 

 

天然成分が配合されているおかげで入浴後も顔がつっぱらず、慌てて化粧水をつける回数が減りました。 保湿力が高いアイテムも多いので、乾燥肌タイプの私はとても気に入っています。

 

やはり香りや見た目といった「これぞLUSH!」という魅力を語る方が多いですが、成分や企業ポリシーなども踏まえて賛同している方も少なくありません。    

LUSH製品の悪い口コミ

LUSH石鹸やパック、ボディケア用品を使い、低評価と判断した人の“気になる悪い口コミ”も集めました。

 

お店で購入した時は「たくさん商品が並んでいるし…」と思っていましたが、やっぱり浴室で使っても匂いがきつくて! 日によっては頭痛がしたり気分が悪くなることもあって…残念ですがリピはしないです。

 

 

 

ラッシュのある化粧石鹸を購入しましたが、まさかの肌荒れ! 成分表をみたらラウリン酸Naが記載されていたので、このせいかな?と感じています。 以前も他社でラウリン酸Na配合の洗顔料で肌荒れの経験があって…ラッシュは無添加石鹸かと思い確認しなかった私の落ち度ですが、ショックです。

 

 

 

正直、洗顔石鹸以外の入浴剤などは無添加じゃなくても良いと思っているので、香りや見た目が可愛いLUSHもボディケア用品として愛用しています。 ただ手作りのせいなのかリピをする度に、形や溶けやすさ、香りがわずかに違うような…?

 

LUSHの特長である部分に低評価をつけている人も多く、配合成分により肌荒れをした…という口コミもありました。    

人気のある洗顔料TOP3を紹介

LUSHの商品から人気のある洗顔料をランキング形式でご紹介します。  

天使の優しさ

ラッシュ洗顔料人気 第1位 天使の優しさ

  ベストセラー商品にランクインされている『天使の優しさ』は、粉末粘土のカオリンにピーリング作用のあるアーモンドが配合されているクレンザーで、皮脂汚れや古い角質を落とし、柔らかな肌作りにアプローチしていきます。   トライアルセットとしても人気の詰め合わせ商品『ファーストラッシュ』にも、選ばれている洗顔料です。  

内容量:100g 価格:1,100円 使用期限:製造日から3か月 (商品参考URL:https://www.lushjapan.com/products/angels-bare-skin)

 

ブラックダイヤ

ラッシュ洗顔料人気 第2位 ブラックダイヤ

  『ブラックダイヤ』は、毛穴の奥に入り込んだ汚れを吸着して落とす作用がある炭と、ナチュラルクレイのモンモリロナイトが配合された洗顔料です。   アボガド油やローズウッド油も含まれているので、毛穴の黒ずみケアはもちろん乾燥による肌のごわつき解消にも役立ってくれます。  

内容量:100g 価格:1,280円 使用期限:製造日から3か月 (商品参考URL:https://www.lushjapan.com/products/dark-angels)

 

マリンに恋して

ラッシュ洗顔料人気 第3位 マリンに恋して

  炎症を和らげる酸化亜鉛のカラミンや海藻など、ミネラル成分が配合された『マリンに恋して』は、皮脂汚れや古い角質を除去する洗浄効果に加え、爽快感のある洗い心地が特徴的。   シーソルトも含まれているので、マイルドピーリング向けのスペシャルケアとして使う人も多いです。  

内容量:100g 価格:1,100円 使用期限:製造日から3か月 (商品参考URL:https://www.lushjapan.com/products/aqua-marina)

 

まとめ:LUSHは商品によって無添加石鹸の場合もある

LUSHで販売されている商品を調べてみると、中には合成香料や合成着色料、界面活性剤を使っていない無添加石鹸もありますが、すべての商品がそうとは言い切れません。   旧表示指定成分でもある合成着色料や合成界面活性剤、石油由来成分が配合されているタイプもあります。   もちろん安全性が確認された配合量となっているので、全員が肌に刺激を与えるわけではありませんが、配合成分で肌荒れを経験したことがある人は、見極める力が必要。   肌と心にアプローチするLUSHの魅力と、肌への刺激成分の両方からきちんと選んでいくのが良いでしょう。  

おしゃれなデザインと豊富なカラーや香りなど、見た目のインパクトで注目を集めることが多いLUSH。 今では自然派コスメの定番ブランドになりつつありますが、無添加石鹸で考えると商品によって見極めていかなければいけません。 洗浄効果やリラックス作用など、洗顔料からもLUSHの“こだわり”を汲み取っていき活用するのがおすすめです!

 

無添加石鹸のおすすめ洗顔石鹸人気ランキング

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。

関連記事


皮膚科が薦める純石鹸。でも美肌作りは化粧石鹸を選びたい!

  純石鹸というと、「肌に優しい」「皮膚科医も推奨する優秀な石鹸」というイメージをもつ人が多いでしょう。 しかし、純石鹸では私たちの望む美肌作りをすることはできないと知っていましたか?   美肌作りに役立つのは、やっぱり洗顔石鹸。しかし、純石鹸のお肌への優しさも捨てがたい…。 ここでは純石鹸について詳しく説明し、洗顔石鹸の方がスキンケアに向いている理由、そして、純…

≫続きを読む


然よかせっけんで明るい透明肌になれるか徹底検証します!

  然よかせっけんは、ニキビ有効成分配合の医薬部外品として人気の洗顔石鹸。 口コミをチェックしても毛穴の黒ずみやニキビ、肌荒れが改善したというコメントが目立ちますが、実は「肌が明るくなった」「肌に透明感がでてきた」というコメントもかなりの数寄せられているのをご存知ですか? [toc]   よか石けんで肌の明るさを実感した声が多数!   然よか…

≫続きを読む


無添加石鹸は、弱酸性ではなく弱アルカリ性石けんを選ぼう

  無添加石鹸を選ぶ時に、その洗浄成分が弱酸性か弱アルカリ性かで選んでいる方は、少ないのではないでしょうか?   肌に優しい弱酸性の洗顔フォームが人気を集めましたが、無添加石鹸にこだわるなら弱アルカリ性石けんを選ぶのが正解です。   弱酸性石鹸が肌に優しいと言われる理由や、それぞれの洗浄成分の違いを調べてみると、無添加タイプの弱アルカリ石鹸が正しい意味が…

≫続きを読む


シンプルな洗顔石鹸ミヨシの特徴と口コミ、人気商品を調査!

  無添加タイプの洗顔石鹸を探しているなら「ミヨシ」というブランドの商品を知っていますか?   無添加石鹸を展開している「MIYOSHI」というブランド・メーカーは、ミヨシ石鹸株式会社という企業名でまさに「せっけんのミヨシ」として歴史ある会社。   古くから無添加石鹸の製造から販売まで一貫体制が整っているため、もしかしたら「あの石鹸が?!」と驚く方もいる…

≫続きを読む


ロクシタンで販売されている商品は、全部無添加石鹸なの?

「ロクシタン(L’OCCITANE)」は毎日使うフェイスケアやボディケア、入浴アイテムとしてはもちろん、貰って嬉しいギフトとしても人気のシリーズ。 優れた保湿力のシアバター配合入りのハンドクリームや石鹸、ハーブを使ったボタニカルなシャンプーなど、オーガニックでリッチなシリーズが揃った海外ブランド製品となっています。 それでは、ロクシタンで販売されている商品は、どれも無添加石鹸なのでしょうか? ロク…

≫続きを読む


無添加石鹸の使い方~衛生的な方法で保管をするのが大切です

無添加石鹸を選んで使う人は、少しでも肌への刺激を防ぐ洗顔に取り組みたいと思っているのではないでしょうか?   使い終わった洗顔用石鹸を衛生的に保管するのも、肌のことを考えた大切な行動のひとつです。   無添加石鹸の特徴を知ると、添加物がないからこそ気をつけたい保存方法の注意点が見えてきました。     無添加石鹸だから危険なこと肌に…

≫続きを読む


枠練り製法の洗顔石鹸で保湿ケア「グリセリン」に注目しよう

  洗顔石鹸を探していると「グリセリン配合となっている商品が意外に多い」と感じたことはありませんか?   実は洗顔石鹸にとって、グリセリンがいちばんの保湿成分なのです!   グリセリン配合だから期待できる美肌効果やメリット、デメリット、それ以外にもグリセリンとはどのような成分なのかを知ることは、洗顔石鹸選びに役立つのではないでしょうか?  …

≫続きを読む


純石鹸とはどんな石鹸のこと?洗顔に使える無添加石鹸なの?

  「できるだけ低刺激な洗顔を行いたい!」という方に選ばれているのが純石鹸や無添加石鹸。 ただ、口コミなどをチェックしていると、無添加石鹸と純石鹸を同一に考えている方が非常に多い!です。   そこで、ここでは純石鹸について、無添加石鹸とどう違うのか、洗顔に使われている人気の純石鹸を紹介したいと思います。 [toc]   純石鹸とは、どんな石鹸…

≫続きを読む


洗顔フォームも安心して使える“無添加商品”ってあるの?

美容系ブログや情報サイトを調べると「界面活性剤をたくさん配合している洗顔フォームは肌に良くない」と紹介されていることが多いです。しかし、洗顔石鹸の人気ランキングをチェックすると洗顔フォームも多くランクインしていて「洗顔フォームはお肌に悪いのでは?」という疑問が湧いてきますよね?       合成界面活性剤の洗浄パワーが肌をボロボロに! &nb…

≫続きを読む


無添加石鹸は合成界面活性剤が無添加の石けんを指すの?

「無添加石鹸は、合成界面活性剤が使われていない肌に優しく&安全」と思っている人は要注意!   合成界面活性剤を避けたい人はもちろん、肌負担を抑えた石鹸選びをしたいなら、消費者が無添加石鹸で誤解のない正しい知識を持つのが大切です。   添加物を避けるだけでは安心とも言えず、無添加石鹸にもメリットだけでなくデメリットもあります。     &nb…

≫続きを読む


ページの先頭へ

PAGETOP

close