素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   2070 Views

無添加石鹸は、弱酸性ではなく弱アルカリ性石けんを選ぼう

無添加石鹸なら「肌を育てる」弱アルカリ性の石けんを選ぼう

 

無添加石鹸を選ぶ時に、その洗浄成分が弱酸性か弱アルカリ性かで選んでいる方は、少ないのではないでしょうか?

 

肌に優しい弱酸性の洗顔フォームが人気を集めましたが、無添加石鹸にこだわるなら弱アルカリ性石けんを選ぶのが正解です。

 

弱酸性石鹸が肌に優しいと言われる理由や、それぞれの洗浄成分の違いを調べてみると、無添加タイプの弱アルカリ石鹸が正しい意味がわかります。

 

弱酸性石鹸の方が肌に優しいのでは?

洗浄作用としては弱酸性石鹸が優しい!でも…

 

テレビCMでも使われた「肌に優しい弱酸性」というキャッチコピーから、弱酸性石鹸の方が肌に優しいというイメージを抱く方は多いはず。

 

もちろん「弱酸性は肌に優しい」というのは嘘ではなく、正しいと表現でもあります。

 

実際、私たちの肌表面でバリア機能の役割を果たす皮脂膜は弱酸性なので、同じタイプである弱酸性の肌洗浄をすれば、強い洗浄成分のように必要な皮脂を洗い落とす心配もありません。

 

また、皮膚に潜む常駐菌の活動を守る働きにも繋がるため、肌負担が抑えられると言えるでしょう。

 

そのため、肌への潤いを守りながら洗顔をするという意味では、弱酸性石鹸は肌に優しいアプローチ方法となのです。

 

ただし、気をつけたいのは弱酸性石鹸の洗浄力には、合成界面活性剤が必要不可欠という部分。

 

実は、弱酸性石鹸というのは「無添加石けんではない」という証でもあるのです。

 

確かに私たちの肌表面は弱酸性ですが、皮脂汚れをはじめとしたタンパク質成分の汚れは酸性タイプ。
本来、弱酸性では落としきれない酸性の汚れを落とすためには、合成界面活性剤が必要となってきます。

 

石油系や化学由来の合成界面活性剤が使われた弱酸性石鹸なら、人によってその洗浄剤自体が刺激と感じる恐れもあります。

 

洗浄作用としては肌に優しい弱酸性石鹸も、洗浄成分として考えると優しいとは言い切れないのです。

 

 

弱アルカリ性が優れている理由

弱アルカリ性石鹸は「肌を育てる」ケアが可能!

 

弱酸性の洗浄作用と比較しての違いだけでなく、弱アルカリ性石鹸がもつ洗浄力の強さは一番の特徴と言えるでしょう。

 

タンパク質成分の皮脂汚れは酸性タイプなので、アルカリ性の洗浄成分は中和をさせて汚れを落としていきます。

 

このアルカリ性の洗浄成分には、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムといった石けん素地が一般的です。

 

石鹸素地も界面活性剤のひとつではありますが、合成界面活性剤とは違い成分効果を肌の上で持続させる力がないため、洗顔後の肌への負担も弱いのが特徴的。

 

石鹸素地は、いわゆる石油由来や化学物質を使用した合成界面活性剤ではない、無添加石鹸に使われている界面活性剤となっています。

 

とは言え、皮脂膜で弱酸性に保っている肌表面を、弱アルカリ性の固形石けんで洗顔するのは必要以上に肌の潤いを奪ってしまわないか…心配に感じる方も多いのではないでしょうか?

 

確かに、弱アルカリ性石鹸で洗顔をした後は肌が一時的に弱アルカリ性に傾きますが、時間が経てばきちんと肌は弱酸性に戻っていきます。

 

そして、この肌がもつ中和能力は自身を活性化して「肌を育てる」というアプローチに役立ってくれるもの。

 

さらに優れた洗浄効果で、皮脂汚れや古い角質も洗い流してくれるので、ターンオーバーを正常に行う肌作りにも有効と言えるのです。

 

弱アルカリ性石鹸は、肌本来の力を活用しながら育てていく洗顔ケアとして優れたアイテムとなっています。

 

 

弱アルカリ性石鹸の選び方

弱アルカリ性石鹸選び方のポイントは?

 

弱アルカリ性石鹸の選び方に役立つ特徴だけでなく、弱酸性石鹸の特徴からの比較、そしてもう一歩踏み込んだ美肌ケアとして覚えておきたいポイントをご紹介します。

 

はじめに、弱アルカリ性石鹸の特徴といえば洗浄成分として、石鹸素地が使われているという点。

 

石鹸素地以外にも、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが成分一覧表に記載されていれば、弱アルカリ性タイプの石鹸と言えます。

 

わかりやすい選び方としては、いわゆる石鹸素地がメイン成分の「純石鹸」や「浴用石鹸」などは、弱アルカリ性の固形石鹸で、さっぱりとした洗い上がりや泡切れの良さなど使用感も違います。

 

ただし、必ずしも固形石鹸や化粧石鹸なら弱アルカリ性とは言えず、弱酸性の場合もあります。

 

弱酸性石鹸の特徴としては、リンゴ酸やクエン酸、クエン酸Naが成分一覧に記載されているのがわかりやすいでしょう。

 

「リンゴ酸」や「クエン酸」「クエン酸Na」は、洗浄成分のアルカリ性を中和させて酸性に傾けるのに、使われている成分です。

 

そして、その中和させる洗浄成分には、合成界面活性剤の「ラウレス硫酸ナトリウム」が選ばれることもあり、中和成分や合成界面活性剤が含まれているのを避けるのが、弱アルカリ性の石鹸選びには必要と言えるでしょう。

 

また、弱アルカリ性の洗顔石鹸に加え、もう一歩踏み込んで美肌効果を狙うなら「グリセリン」配合の石鹸がおすすめ。

 

保湿作用があるグリセリンは潤いケアに役立ちますが、無添加石鹸の製造過程で自然と生まれる成分でもあり、あえて保湿成分として残したままの商品も数多くあります。

 

洗浄力に優れた弱アルカリ性タイプの石鹸でも、加えるのではなく残す形で保湿成分が含まれているので、無添加にこだわりたい方でも安心して使えるでしょう。

 

 

弱アルカリ性を避けるべき肌質もある

優れた洗浄力に加えて、肌本来の力を育てる働きかけもしてくれる弱アルカリ性石鹸ですが、おすすめできず避けた方が良い肌質の方もいます。

 

敏感肌や炎症ニキビ肌

敏感肌や炎症ニキビの人は要注意!

 

洗顔自体が刺激に感じてしまう敏感肌の人や、ニキビ肌でも赤ニキビで炎症中の人には、弱アルカリ性の洗浄効果は強く感じ、より炎症が悪化したり赤みとなる恐れもあります。

 

肌には中和能力があるものの、洗顔後の肌は一時的に弱酸性から弱アルカリ性に傾くため、その間は水分と油分のバランスも乱れがち。

 

特に、肌トラブルを抱えているやひどい乾燥肌の場合、その中和能力も劣っているため時間がかかり、水分蒸発しやすい状態とも言えます。

 

そのため、まずは肌の状態を落ち着かせるためにも、弱アルカリ性石鹸での洗顔は避けた方が良いでしょう。

 

弱アルカリ性石鹸は、健やかな肌作りに加え、毛穴の汚れを落とすニキビケアにも役立つため、肌の状態が落ち着いてからの使用をおすすめします。

 

赤ちゃんや子ども

皮脂量が少ない肌質の赤ちゃんや子どもはおすすめできません

 

弱アルカリ性は酸性の汚れを落としに、また固形石鹸ならタンパク質成分の汚れ落としに優れた効果を発揮できますが、皮脂汚れや古い角質は酸性のタンパク質成分。

 

そのため、弱アルカリ性の石鹸なら皮脂汚れや古い角質の汚れ落としにぴったりな洗顔料と言えるでしょう。

 

とは言え、赤ちゃんや幼い子どもの場合、大人に比べて皮脂の分泌量も少ないため洗浄力が強く感じる恐れもあります。

 

そのため、赤ちゃんや幼い子どもが使う石鹸選びなら、弱アルカリ性タイプは避けた方が安心です。

 

弱アルカリ性だと肌がつっぱるのはナゼ?

洗顔後のすっぱりは、肌に合わないってコト?

 

弱アルカリ性石鹸を使うと、洗顔後に肌がつっぱると感じる人は多いですがナゼでしょうか?

 

それは、酸性の肌汚れをアルカリ性洗浄料で落とした結果、肌が一時的にアルカリ性に傾いているのが原因です。

 

水分や皮脂膜もわずかに奪われている状態のため、肌は潤いを一時的に失いつっぱる感じになるのです。

 

ですが、この後は表皮に必要な皮脂分泌がされ再び、弱酸性に戻ろうとするのであくまでも一時的な肌状態と言えるでしょう。

 

ただし、いつまでも肌がカサつきスキンケア用品でお手入れをしても潤い不足を感じるなら、弱アルカリ性の洗浄力が強すぎて肌が乾燥している恐れもあります。

 

特に、アルカリ性石鹸を使い始めの時や体調の変化がある際は、洗顔後の保湿ケアで肌状態をチェックして一時的なものか見極めましょう。

 

弱アルカリ性石鹸で洗顔をした後は保湿ケアを!

洗顔+保湿ケアで1セットの考え方

 

弱アルカリ性石鹸で洗顔をした後は、化粧水や乳液といった基礎化粧品でしっかり保湿ケアをしてあげるのが大切です。

 

中には、洗顔料に保湿成分が配合されているタイプもありますが、洗い落とす洗顔ケアの場合、一時的なお手入れにすぎません。

 

特に、弱アルカリ性石鹸を使った洗顔なら、水分と油分のバランスがわずかに乱れている状態でもあるため、たっぷりの水分補給と蒸発を防ぐ適度な油分で、肌に潤いをキープさせてあげるのが美肌作りに欠かせないお手入れと言えるでしょう。

 

強く健やかな肌に育てばトラブル肌の予防だけでなく、よりスキンケア製品の美容成分などの浸透力を高めるため、様々な肌悩みの改善に役立ってくれます。

 

合成着色料や合成香料、合成界面活性剤入りではない無添加石鹸を選ぶなら、肌本来の強さを引き出す弱アルカリ性石鹸が良さそうですね。
ただし「肌がつっぱる」「カサつく」といった口コミもあるので、自分の肌タイプを見極めながら保湿ケアも忘れずに取り組んでいきましょう。

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

  • hina より:

    私は皮脂が驚くほど足りない乾燥肌です。
    以前スキンケアサロンへ行った時に肌を調べてもらったところ、皮脂がゼロに近いくらいない状態でした。また、鼻は全体的にいちご鼻で、鼻の両脇には白いブツブツ?ニキビ?が大量発生してて最悪な状態です。

    スキンケアでは最近美容液、化粧水、バイオイル(肌のターンオーバーを活性化させる。ニキビ跡ケアに使用してます。)、加えて最後に乳液を塗っています。気になるのは乳液で、使用している乳液は割とサラッとめな手触りなのですが、乳液は乳液なので、鼻と鼻脇の白いブツブツのところに塗ると余計毛穴に詰まった汚れが詰まって悪化しそうで避けています。でも、ネットを見ると乾燥肌の人は乳液を塗って乾燥を防いで皮脂の過剰分泌を防いで毛穴汚れを消す!と書かれていますが、本当なのでしょうか?

    お風呂に入って毛穴が開いてくると、鼻のいちご鼻の黒い汚れが白くなって浮きでてくるけど、取れることはなく、お風呂から出て毛穴が縮んでまた引っ込んでしまいます。毛穴パックも肌を傷付け余計皮脂を出してしまい毛穴を詰まらせる原因になってしまうので、やらないようにしていますが。

    生活習慣を治すのもあると思いますが、普段のスキンケアでは何を気をつければ解消されるでしょうか?気になっているのは鼻の脇の白いブツブツ(にきび)とと鼻の黒い汚れ(毛穴開くと白くなる)がどうしたら取れるのか?因みに鼻の脇の白いブツブツは、お風呂で毛穴が開いても浮きでてくるわけではなく、肌に埋まってる?感じです。なのでいちご鼻みたいに毛穴パックをやったとしても浮き出てはないので取れはしません。なので鼻の脇の方が除去の仕方が分かりません。洗顔料を弱アルカリ性のものを選ぶといいと言いますが、ここで言っている鼻の脇の肌に埋まっている白いブツブツにも効くのでしょうか?

    解消法教えていただけますでしょうか?

    • 松本美香 より:

      hinaさまへの質問に対して回答・アドバイスさせていただいたページを、以下のとおり作成させていただきました。
      参考になれば嬉しいです。
      https://洗顔石鹸通販.jp/kurozumi-butsubutsu/

    • 松本美香 より:

      hinaさま、質問ありがとうございます。
      また、返事が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

      まずhinaさまの肌状態ですと、肌の水分量の不足を補っていく洗顔後のスキンケアと、角栓を取り除く洗顔でのスキンケアを同時進行したほうがよいとおもいます。

      角栓ケアではピーリングケアが有効ですが、hinaさまの現状の肌状態を考えるとおすすめできません。
      であるのなら、酵素洗顔料で角質をゆるくして取り除くケアをしてみてはいかがでしょうか。

      もう少し詳細にお返事させていただきたいので、よくある質問のほうで回答させていただければと思います。
      準備が出来次第、こちらに返信しますね!

      もうしばらくお待ちください。

  • お気軽にコメントをどうぞ。

    関連記事


    皮膚科が薦める純石鹸。でも美肌作りは化粧石鹸を選びたい!

      純石鹸というと、「肌に優しい」「皮膚科医も推奨する優秀な石鹸」というイメージをもつ人が多いでしょう。 しかし、純石鹸では私たちの望む美肌作りをすることはできないと知っていましたか?   美肌作りに役立つのは、やっぱり洗顔石鹸。しかし、純石鹸のお肌への優しさも捨てがたい…。 ここでは純石鹸について詳しく説明し、洗顔石鹸の方がスキンケアに向いている理由、そして、純…

    ≫続きを読む


    然よかせっけんで明るい透明肌になれるか徹底検証します!

      然よかせっけんは、ニキビ有効成分配合の医薬部外品として人気の洗顔石鹸。 口コミをチェックしても毛穴の黒ずみやニキビ、肌荒れが改善したというコメントが目立ちますが、実は「肌が明るくなった」「肌に透明感がでてきた」というコメントもかなりの数寄せられているのをご存知ですか? [toc]   よか石けんで肌の明るさを実感した声が多数!   然よか…

    ≫続きを読む


    シンプルな洗顔石鹸ミヨシの特徴と口コミ、人気商品を調査!

      無添加タイプの洗顔石鹸を探しているなら「ミヨシ」というブランドの商品を知っていますか?   無添加石鹸を展開している「MIYOSHI」というブランド・メーカーは、ミヨシ石鹸株式会社という企業名でまさに「せっけんのミヨシ」として歴史ある会社。   古くから無添加石鹸の製造から販売まで一貫体制が整っているため、もしかしたら「あの石鹸が?!」と驚く方もいる…

    ≫続きを読む


    ロクシタンで販売されている商品は、全部無添加石鹸なの?

    「ロクシタン(L’OCCITANE)」は毎日使うフェイスケアやボディケア、入浴アイテムとしてはもちろん、貰って嬉しいギフトとしても人気のシリーズ。 優れた保湿力のシアバター配合入りのハンドクリームや石鹸、ハーブを使ったボタニカルなシャンプーなど、オーガニックでリッチなシリーズが揃った海外ブランド製品となっています。 それでは、ロクシタンで販売されている商品は、どれも無添加石鹸なのでしょうか? ロク…

    ≫続きを読む


    LUSHで販売されている商品は、全部無添加石鹸なの?

    有名なせっけんブランド名を聞かれたら「LUSH(ラッシュ)」と答える女性は多いのではないでしょうか?   専門店から丸井、ルミネ、イオンモールのテナント店舗でも展開している海外メーカーのLUSHは、ナチュラルでオーガニックテイストの自然派化粧品としてアイコン的存在。   それでは、LUSHで販売されている商品は、どれも無添加石鹸なのでしょうか?   LUSHのブランドコンセプトから添加物の有無、さ…

    ≫続きを読む


    無添加石鹸の使い方~衛生的な方法で保管をするのが大切です

    無添加石鹸を選んで使う人は、少しでも肌への刺激を防ぐ洗顔に取り組みたいと思っているのではないでしょうか?   使い終わった洗顔用石鹸を衛生的に保管するのも、肌のことを考えた大切な行動のひとつです。   無添加石鹸の特徴を知ると、添加物がないからこそ気をつけたい保存方法の注意点が見えてきました。     無添加石鹸だから危険なこと肌に…

    ≫続きを読む


    枠練り製法の洗顔石鹸で保湿ケア「グリセリン」に注目しよう

      洗顔石鹸を探していると「グリセリン配合となっている商品が意外に多い」と感じたことはありませんか?   実は洗顔石鹸にとって、グリセリンがいちばんの保湿成分なのです!   グリセリン配合だから期待できる美肌効果やメリット、デメリット、それ以外にもグリセリンとはどのような成分なのかを知ることは、洗顔石鹸選びに役立つのではないでしょうか?  …

    ≫続きを読む


    純石鹸とはどんな石鹸のこと?洗顔に使える無添加石鹸なの?

      「できるだけ低刺激な洗顔を行いたい!」という方に選ばれているのが純石鹸や無添加石鹸。 ただ、口コミなどをチェックしていると、無添加石鹸と純石鹸を同一に考えている方が非常に多い!です。   そこで、ここでは純石鹸について、無添加石鹸とどう違うのか、洗顔に使われている人気の純石鹸を紹介したいと思います。 [toc]   純石鹸とは、どんな石鹸…

    ≫続きを読む


    洗顔フォームも安心して使える“無添加商品”ってあるの?

    美容系ブログや情報サイトを調べると「界面活性剤をたくさん配合している洗顔フォームは肌に良くない」と紹介されていることが多いです。しかし、洗顔石鹸の人気ランキングをチェックすると洗顔フォームも多くランクインしていて「洗顔フォームはお肌に悪いのでは?」という疑問が湧いてきますよね?       合成界面活性剤の洗浄パワーが肌をボロボロに! &nb…

    ≫続きを読む


    無添加石鹸は合成界面活性剤が無添加の石けんを指すの?

    「無添加石鹸は、合成界面活性剤が使われていない肌に優しく&安全」と思っている人は要注意!   合成界面活性剤を避けたい人はもちろん、肌負担を抑えた石鹸選びをしたいなら、消費者が無添加石鹸で誤解のない正しい知識を持つのが大切です。   添加物を避けるだけでは安心とも言えず、無添加石鹸にもメリットだけでなくデメリットもあります。     &nb…

    ≫続きを読む


    ページの先頭へ

    PAGETOP

    close