素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   269 Views

たるみ・シワ・ほうれい線対策向けオールインワンランキング

たるみ・シワ・ほうれい線対策はオールインワン化粧品で!

 

年齢とともにシワ、たるみ、ほうれい線が気になってくると、肌にハリや弾力があった頃に比べて、急に年齢を感じさせる顔つきになってしまいますよね。

 

ですが、エイジングケア化粧品をラインでそろえると、価格もそれなりに高くなるのがツライところ…

 

そこで今回は、シワ、たるみ、ほうれい線に悩んでいる人に向けて、肌とお財布、両方にやさしいオールインワン化粧品での対策を紹介していきます。

 


 

たるみケアにおすすめオールインワンランキング

ユーグレナone

たるみにおすすめのオールインワンランキング 第1位 ユーグレナone

 

59種類の栄養素が詰まったユーグレナエキス配合
最先端のナノ乳化技術でうるおい成分の配合率アップ
乾燥によるシワ、たるみ対策を徹底ケア

 

ユーグレナoneの公式サイトはこちら

 

ユーグレナoneの体験談レビューはこちら

 

シミトリー

たるみにおすすめのオールインワンランキング 第2位 シミトリー

 

ふっくら弾力肌を目指せる保湿成分を厳選
濃厚エイジングケアでハリ肌を目指せる
医薬部外品年間承認数No1の実績あり

 

シミトリーの公式サイトはこちら

 

シミトリーの体験談レビューはこちら

 

フィトリフト

たるみにおすすめのオールインワンランキング 第3位 フィトリフト

 

ピンッと復元する形状記憶テクスチャー
ハリや潤いに役立つ美容成分が99.7%も配合
他とは違うフィト発酵エキスもプラス

 

フィトリフトの公式サイトはこちら

 

フィトリフトの体験談レビューはこちら

 

 

たるみとは?肌がたるむ原因

たるみの基礎知識

 

鏡を見て、なんとなく顔がゆるんで見えたり、疲れて見えたりすると、「肌がたるんできたのかも」と不安になる人は少なくないでしょう。

 

でも、どうすればいいのかわからず「たるみは年齢のせい」と諦めてしまい、数年後に後悔してしまうという人もいるかもしれません。

 

たるみの症状や原因を知れば、セルフケアではどんなことに気をつければいいのかが見えてきますよ。

 

たるみの症状

 

たるみの中でもとくに気になる4つの症状を紹介していきますので、自分の肌にあてはまっていないかどうか確認してみましょう。

その症状、たるみのせいかも…

 

・口角が下がる

とくに意識していないのに口元がゆるみ、いつも元気がなく不機嫌な印象を与えてしまうのが口角のたるみです。

 

・瞼のたるみ

まばたきが重たく目があけづらかったり、アイメイクしても今までより目が小さく見えたりしているのなら、まぶたがたるんできているのかもしれません。

 

・黒クマ

目の下が膨らんでメイクで隠してもなかなか消えないクマは、黒クマや影クマと呼ばれる、目の下のたるみによるものです。

 

・二重あご

二重あごといえば、下を向いたときに顎が二重に見える状態をイメージする人が多いかもしれません。

 

ですが、顔の輪郭がなんとなくぼやけてきたという人も、フェイスラインのたるみがはじまっている二重顎予備軍の可能性があります。

 

では、なぜ年齢を重ねると肌はたるみやすくなるのか、その原因を確認していきましょう。

 

たるみの原因

たるみの原因は真皮の衰え

 

たるみは、ハリや弾力不足によって、皮膚や脂肪を支えきれずに肌が垂れ下がることが原因で起こります。

 

肌のハリや弾力低下を招く原因としては、コラーゲンなどの肌のしなやかさを保っている真皮成分の減少や衰えが考えられます。

 

肌の真皮成分

コラーゲン線維、エラスチン線維、ヒアルロン酸、線維芽細胞など

 

「老化によるものだから仕方ないのでは?」と思われるかもしれませんが、実は、年齢による肌の老化だけが真皮成分を衰えさせているわけではありません。

 

乾燥や紫外線によるダメージ、ホルモンバランスなどによっても、真皮成分が損なわれて、ハリや弾力を低下させ、たるみを招いてしまうのです。

 

たるみにおすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

たるみはどうすれば改善できる?

たるみ対策として欠かせないのが、乾燥などによるダメージを与えないための保湿ケアと、肌を垂れ下がらせないためのハリ弾力ケア。

 

そこで、毎日のスキンケアでは、以下の2つのポイントに注意して、たるみ予防を実践するといいでしょう。

 

保湿成分で乾燥予防

うるおいケアは必須!

 

肌は乾燥がすすむと、ゴワゴワとかたくなってターンオーバーが乱れたり、バリア機能が低下したりしてさまざまな肌トラブルを起こします。

 

シワ、たるみ、ほうれい線も、乾燥によるバリア機能の低下で悪影響を受けやすい肌悩み。

 

バリア機能の奥にある真皮の成分が、保護機能の低下によりダメージを受けやすくなり、ハリや弾力を失っていくことで起こりやすくなります。

 

そのため、毎日のお手入れでは、保湿成分を与えてバリア機能を正常に保ち、潤いケアしていくのが効果的。

 

コラーゲン修復を促してハリ弾力ケア

しなやかな肌には欠かせないコラーゲン

 

真皮の70%を占めるといわれているコラーゲンの修復を促すケアも、たるみ対策に役立つお手入れのひとつです。

 

というのも、年齢とともに、肌が自らコラーゲンをうみだす力は低下してしまいます。

 

そこで、コラーゲンの衰えによって失われるハリや弾力対策として、コラーゲン線維の修復を促す美容成分を取り入れるのもおすすめなのです。

 

シワ、たるみ、ほうれい線に悩んでいる人におすすめの美容成分についても、このあと紹介していきますので、ぜひ確認してみてくださいね。

 

たるみにおすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

たるみを放置すると…こんな肌トラブルも!?

肌悩みの連鎖…

 

たるみの原因である乾燥やハリ弾力不足を放っておくと、他にもさまざまな肌悩みを引き起こす可能性があります。

 

以下は、乾燥や肌のハリ、弾力不足で起こりやすい肌トラブルの一部…

 

・小じわ … ちりめんジワとも呼ばれる小さなシワ

・深いしわ … おでこや目尻、口元にできやすいくっきりとしたシワ

・ほうれい線(法令線) … 頬の厚い脂肪を支えきれなくなってできるたるみ、シワ

・ゴルゴ線 … 目頭から頬に向かってできる深いシワ

・マリオネット線 … 二重ほうれい線とも呼ばれる口元の深いシワ

・毛穴のたるみ … 垂れさがってしずく型のような形に開いたたるみ毛穴

・ブルドッグ顔 … 口角や頬の深刻なたるみによりブルドッグのように見えてしまう状態

 

今はたるみだけが気になっている人でも、乾燥や肌のハリ、弾力不足を放置してしまうと、シワやほうれい線へと発展してしまう恐れがあるのです。

 

これらの症状があらわれて後悔する前に、たるみケアを行って、元気な肌を目指していきましょう。

 

 

シワやたるみが気になったら取り入れるべき美容成分

では、肌にハリ感や弾力、美容効果を与えるためには、具体的にどんな美容成分を取り入れるべきなのでしょうか。

 

シワ、たるみ、ほうれい線におすすめの、5つの美容成分を紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

 

コラーゲン

肌をうるおすコラーゲン

 

高い保湿力で肌表面をうるおし、乾燥予防に役立つのが人の肌にも存在するコラーゲンです。

 

ただし、美容成分としてコラーゲンを直接肌に取り入れる場合、一般的なものではコラーゲンの分子が大きすぎて、肌表面の保湿には役立ちますが肌内部まで浸透できません。

 

そこで、たるみケアに取り入れるのなら、低分子化、ナノ、浸透型などのコラーゲンを配合しているオールインワンジェル化粧品をおすすめします。

 

小さく分解されたコラーゲンなら、分子のサイズにまで配慮されているため、角質層にまで浸透して保湿力も高まります

 

ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は肌にも存在している天然保湿成分で、とろみがあり、保水能力が高いのが特徴です。

 

その保水力は、ヒアルロン酸1グラムで6リットルの水分をかかえこんで保持できるほど。

 

また、オールインワンジェル化粧品に配合されている保湿成分としては、比較的安価である点もおすすめできるポイントですね。

 

セラミド

セラミドで水分保持

 

セラミドとは、肌の角質層にある細胞間脂質成分のひとつで、肌から水分が逃げていくのを防ぐはたらきがあります。

 

肌の潤いとバリア機能を保持するので、外部刺激からの保護機能があり、たるみ対策にも役立ちます。

 

化粧品に配合されているセラミドにも種類がありますが、シワ、たるみ、ほうれい線ケアにおすすめなのはヒト型セラミド

 

ヒト型セラミドは、人の肌に存在しているセラミドと似た構造をしているため、自然と角質層まで浸透しやすい特徴があります。

 

セラミドの4つの種類

動物性セラミド、植物性セラミド、ヒト型セラミド、疑似セラミド

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける役割もあるため、シワ、たるみ、ほうれい線に役立つ成分のひとつです。

 

ですが、ビタミンCは、そのままの形では変質しやすく不安定なため、スキンケアアイテムの配合成分として効果を発揮できません。

 

そこで、ビタミンCを安定化させ、角質層に浸透しやすくなるよう工夫された成分なのが、ビタミンC誘導体なのです。

 

ビタミンC誘導体は、ビタミンCのいいところを肌に届ける役割で、さまざまな化粧品に使用されています。

 

こんな肌トラブルにおすすめ…

シワ、たるみ、ニキビ、シミ、そばかす、毛穴トラブル

 

レチノール

シワへの効果が認められているレチノール

 

レチノール(ビタミンA)は、肌の水分保持に役立つだけでなく、ターンオーバーの促進やコラーゲン生成を助ける効果があるシワへの有効成分です。

 

ハリや弾力ケアができるから、シワ、たるみ、ほうれい線対策への効果が期待できますよ。

 

たるみにおすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

たるみケアにオールインワン化粧品をおすすめする理由

たるみ対策として肌のハリ、弾力ケアをするなら、オールインワンジェル化粧品がおすすめです。

 

というのも、オールインワンタイプには美容成分をたっぷり配合している商品が多く、シワ、たるみ、ほうれい線に役立つ成分を選べます。

 

また、毎日コツコツ続けるのが大切なたるみケアですが、オールインワンなら続けやすいのもおすすめの理由のひとつ。

 

オールインワン化粧品とは

オールインワンジェルの特徴

 

「オールインワン化粧品」とは、化粧水、美容液、乳液、美容クリームなどの役割を兼ね備えているスキンケアアイテムです。

 

化粧水、美容液のように水分や美容成分を肌に与えて、乳液、クリームのように油分でフタをするというステップが、オールインワン化粧品ひとつでできてしまうのですね。

 

メーカーやブランドによって、「オールインワンゲル」「オールインワンジェル」など、呼び方が異なるものもありますが、ゲルとジェルの違いに明確な規定はありません。

 

では、オールインワン化粧品の使用で得られるメリットやデメリットについても確認してみましょう。

 

メリット

おすすめの理由

 

・時短

オールインワンジェル化粧品なら、1ステップでスキンケアが完了するので、忙しい毎日の中でもお手入れを短時間ですませられます。

 

・低刺激

化粧品や美容液、乳液を使ったスキンケアでは、それぞれを肌に与えるために、手との摩擦が肌刺激になってしまいがちです。

 

オールインワンタイプの化粧品では、伸びのいいジェルのテクスチャを1ステップで肌になじませられるから、肌への刺激も減らせます。

 

・価格帯

エイジングケア化粧品をライン使いしようと思うと、すべてそろえるのに高額になってしまうのが気になる人もいるのではないでしょうか。

 

オールインワンゲル化粧品なら、1つで完結するので、費用の節約にもつながりますよ。

 

・種類豊富

最近では、オールインワン化粧品を取り扱うメーカーやブランドが増えてきて、種類も豊富に販売されています。

 

美容成分がたっぷり配合されているものも多いので、たるみの悩みとあわせて、肌質やその他の肌悩みにも配慮された商品を選べるのも魅力のひとつですね。

 

お手頃価格で手軽にたるみ対策できるのが、オールインワンジェル化粧品の魅力であるとわかりましたが、デメリットはないのでしょうか。

 

デメリット

悪いところはあるの?

 

・肌の調子に合わせた調節

オールインワンゲル化粧品は、ひとつでスキンケアできるアイテムだからこそ、「今日は水分量を増やしたい」というような調節がしづらいと思われがちです。

 

ですが、オールインワンだから他のアイテムと併用できないというのは間違いで、肌の調子に合わせて化粧水や乳液をプラスできます。

 

たとえば、普段はオールインワン化粧品だけで大丈夫でも、とくに肌が乾燥する時だけ、最後に乳液を使うなどの使い方もできますよ。

 

・良い口コミだけじゃない

使用者の口コミを確認した人の中には、「ベタベタする」などの悪い口コミを見つけた人もいるかもしれません。

 

ですが、オールインワンジェルといっても、さっぱりとしたジェルタイプ、しっとりとしたクリームタイプなど、テクスチャや使用感の種類も豊富です。

 

配合成分や使用感、コスパなど、さまざまな角度から自分にあったものを選べば、お気に入りの商品に出会えるでしょう。

 

そこで、肌にあわないオールインワン化粧品を購入して、失敗ないためにも、ここでおすすめの選び方について紹介していきますね。

 

たるみにおすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

たるみの悩みを解消するオールインワン化粧品の選び方

オールインワン化粧品選びのポイント

 

たるみケアに効果的な美容成分配合のものを選ぶ

シワ、たるみ、ほうれい線対策では、乾燥、ハリや弾力に効果的な成分を配合している商品から、オールインワンジェル化粧品を選びましょう。

 

たとえば、肌に潤いを与える成分やコラーゲン生成を助ける成分なら、コラーゲンやエラスチンなどの真皮成分の衰え対策に役立って、たるみ悪化の予防に役立つでしょう。

 

「合成添加物不使用」など、無添加成分についても確認すれば、敏感肌の人でも安心なだけでなく、肌のバリア機能へのダメージを軽減できますよ。

 

バリア機能を正常化すれば、たるみに悪影響をあたえる乾燥や紫外線から、肌を保護する機能も保たれます。

 

使用感で選ぶ

スキンケアアイテムを選ぶなら、使い心地を優先したいという人も多いのではないでしょうか。

 

オールインワンゲル化粧品には、サラッとしたタイプやしっとりとしたクリームのようなタイプ、乳液のような触感のタイプなどさまざまな商品が販売されています。

 

公式サイトや口コミでは、テクスチャの説明や評判などについても確認できるでしょう。

 

自分好みのオールインワン化粧品が見つけられるよう、使用感についても事前に調べておくのがおすすめです。

 

初回購入ならではの特典があることも…

オールインワン化粧品選びで重要な、美容成分による効果や使い心地は、使ってみなければわからないというのも正直なところではないでしょうか。

 

そこで、オールインワンタイプの化粧品を選ぶのなら、美容成分や口コミの確認のほかに、実際に使ってみて決めるというのがおすすめ。

 

オールインワンジェル化粧品の中には、公式サイトから通信販売で購入すれば、特典を受けられるものもあります。

 

初回限定特典やお試しセット、全額返金保証などがある場合には、ぜひ実際に使って確認してみましょう。

 

たるみにおすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

肌のたるみを意識したオールインワン化粧品の使い方

オールインワンジェル化粧品の使い方は、手を使って肌になじませるだけ、と1ステップで簡単。

 

とはいえ、注意点にも気をつけて使えば、さまざまな効果を最大限に得られるでしょう。

 

気をつけたいスキンケア方法

注意点は2つ!

 

オールインワン化粧品の使い方で気をつけたいのが、保管や使用時の衛生管理と、肌への摩擦です。

 

・衛生管理

スキンケア前には必ず手を洗い、清潔な状態でオールインワンゲルを触るようにしましょう。

 

また、ジャータイプの容器の場合、容器の中のジェルに直接触らず、スパチュラを使用して雑菌の侵入を防ぐことが大切です。

 

・肌への摩擦

ジェルは多すぎても少なすぎてもよくないため、商品によって異なる適量を守って使うようにしましょう。

 

とくに少ない量で肌に伸ばすと、たるみに悪影響をおよぼす肌への摩擦となりかねません。

 

オールインワンの力を最大限引き出すには…

たるみ対策を紹介!

 

普段のスキンケアやお手入れ方法に気をつければ、さらにオールインワン化粧品の力を効果的に引き出せますよ。

 

・多くの肌トラブルの原因であり、たるみの天敵ともなる紫外線への対策を徹底する

・洗顔での肌刺激を減らすために、熱いお湯ではなくぬるま湯を使う

・ホルモンバランスの乱れや栄養不足を起こさないよう生活習慣にも気をつける

・顔ヨガなどで表情筋をきたえる

 

たるみにおすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

簡単ステップで手軽にスキンケアできると人気のオールインワン化粧品は、シワ、たるみ、ほうれい線ケアにも役立つアイテムであることがわかりました。

配合されている成分や使用感などからお気に入りの商品を見つけて、ぜひたるみ対策に役立ててみてくださいね。

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。


ページの先頭へ

PAGETOP

close