素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   142 Views

そばかすケアに効果的な化粧品とは?オススメの成分も紹介

そばかすケアにはオールインワン?効果的なケアと成分とは?

 

女性を悩ませる厄介な肌悩みのひとつといえば、見た目年齢を大きく左右してしまうシミ。

 

なかでもそばかすは肌の明るさに影響するし、ポイントケアも難しく、通常のシミとはひと味もふた味も違う、まさにくせ者です。

 

そこで、今回はそんなそばかすケアの方法のひとつとして、オールインワンタイプの化粧品を提案します。

 

「そばかすをなんとかしたい!」「効果的な化粧品を探している!」という人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

そばかす対策におすすめオールインワンランキング


フレキュレル

そばかす対策におすすめのオールインワンランキング 第1位 フレキュレル

 

シミ・そばかすの集中ケア向けオールインワン
メラニン抑制と排出のWケアができる成分配合
有効成分が配合された医薬部外品の薬用タイプ

 

フレキュレルの公式サイトはこちら

 

フレキュレルの体験談レビューはこちら

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

そばかす対策におすすめのオールインワンランキング 第2位 パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

 

シミやくすみの元を抑える美白有効成分アルブチン配合
肝斑のケアに役立つ有効成分トラネキサム酸も厳選
角質層まで届ける浸透力!スムーズアプローチ処方

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの公式サイトはこちら

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの体験談レビューはこちら

 

シミトリー

そばかす対策におすすめのオールインワンランキング 第3位 シミトリー

 

そばかすの黒色化を防ぐシミ対策
保湿と美白を兼ね備えた徹底ケア
フラバンジェノールを厳選配合

 

シミトリーの公式サイトはこちら

 

シミトリーの体験談レビューはこちら

 


 

知っておきたいそばかすのこと

そばかすはシミの仲間のひとつに数えられることもありますが、発生原因にやや特殊性があり、普通のシミとは一線を画す肌トラブルだといえます。

 

ここでは、そんなそばかすの原因や、適したケア方法について簡単に触れていきましょう。

 

そばかすってどういうもの?

そばかすの特徴はいびつな形

 

そばかすは別名を雀卵斑(じゃくらんはん)といい、これはそばかすをよく見ると一つ一つが丸ではなく角張ったいびつな形をしていて、雀の卵の模様に似ているから。

 

比較的色白の人に見られやすく、鼻の付け根から頬にかけて、あるいは顔全体に広がるように表れます。

 

人によっては顔だけではなく、デコルテや背中などにもそばかすができることがありますね。

 

早い人は10歳くらいから目立つようになり、欧米だとチャームポイントになることもあるようですが、日本ではコンプレックスとして扱われることが多い傾向があります。

 

そばかすはどうしてできるの?

そばかすの正体はメラニン!ただし、その原因は2通り

 

そばかすの正体はメラニンという黒い色素で、この点については普通のシミとまったく変わりません。

 

ただ、通常は肌を守るために作られるメラニンですが、そばかすにおいては必ずしもそうじゃないこともあるのです。

 

以下にそばかすを大まかに2種類に分けたので、自身のそばかすがどちらのタイプなのかを確認してみてください。

 

肌へのダメージによってできるそばかす

紫外線や摩擦などの肌ダメージによって、メラニンをつくるメラノサイトが活性化することでできるそばかす。

 

ダメージは歳とともに蓄積するものなので、大人になってから、あるいは年齢を重ねることで目立ちやすくなる傾向があります。

 

とはいえ、このタイプのそばかすはよくあるシミと同様、紫外線対策や一般的な美白ケアが有効

 

毎日コツコツとケアを継続することで、ある程度薄くしたり、事前に予防することも可能です。

 

厄介な先天性のそばかす

驚くべき事に、そばかすには先天性タイプのものがあり、これが普通のシミと異なり厄介だと言われるゆえんです。

 

先天性のそばかすは思春期あたりから目立つようになり、紫外線を浴びることで悪化します。

 

先天性とはつまり体質や遺伝的な影響によるものなので、一般的な美白ケアでは改善するのが難しいのも困りものです。

 

よって先天性のそばかすの場合、これ以上増やさない・これ以上濃くしない、という2点がセルフケアの目的となります。

 

そばかすのケア方法は?

そばかすケアの基本はメラニンの生成阻害と排出促進

 

そばかすを予防・改善するにはいかにメラニンを肌の中に存在させないかが重要であり、そのためには2つのアプローチが有効です。

 

メラニンをつくらないケア

まず一つ目はメラニンをつくらない、そして増やさないケアであり、そのためには普段から意識して肌へのダメージを減らすことが重要

 

日焼け止めや日傘、帽子、サングラスなどを使って紫外線から肌を守ったり、普段の生活の中で肌への摩擦を極力減らすように意識しましょう。

 

また、美白ケアに特化した化粧品を使い、配合されている美白成分の働きによってメラニン生成システムそのものを阻害するのも効果的ですね。

 

メラニンを排出するケア

二つ目は、できてしまったメラニンを沈着する前にターンオーバーによって古い角質とともに排出するケアです。

 

といっても、ターンオーバーは肌がもともと持っている機能なので、正しいスキンケアで肌状態を正常に整えることができれば、メラニン排出はきちんと促されるでしょう。

 

ただし、沈着してしまったメラニン色素の排出は一筋縄ではいかず、根気よくケアを続けなければいけません。

 

適度なピーリングやターンオーバー促進作用のある美白化粧品を使用すれば、そのサポートになるでしょう。

 

そばかす対策におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

そばかすケアにおすすめの成分

そばかすケアに必要なのは、肌本来の力を正常化して底上げしつつ、メラニン生成の過程に働きかけること。

 

それが可能な成分として、ここでは保湿成分と美白有効成分についてそれぞれ説明します。

 

保湿成分

肌状態を整えるスキンケアの基本成分

 

肌機能を正常に整えるために欠かせない成分で、肌が十分な水分をもつことであらゆるトラブルを防ぐことが可能になります。

 

みずみずしくハリのある肌をつくるためにも必要不可欠で、肌状態がゆらぎがちな若い世代はもちろん、エイジングを意識した世代も重点的に補給するべきだといえるでしょう。

 

また、角質を柔軟にすることでメラニンを含んだ古い角質を除去しやすくする効果も期待でき、そばかすケアの強い味方になります。

 

今回は数ある保湿成分の中から、とくに優秀でおすすめの成分3つについて作用や機能を紹介しましょう。

 

・セラミド

肌が水分を保つための3要素のひとつである細胞間脂質の1種で、水になじむ親水基と油になじむ親油基を持ち合わせているため、水分を挟み込んでしっかり保持します。

 

いくつか種類がありますが、セラミド1やセラミド2、セラミド3のように、数字がついているものがおすすめ。

 

刺激がないので敏感肌の人でも安心して使え、肌バリアを強化してさまざまな肌トラブルを防いでくれます。

 

・ヒアルロン酸

保湿と吸湿作用をもち、1gで2~6リットルの水分保持力があるといわれる優秀な成分です。

 

水に溶かすととろりとしたテクスチャーになり、肌への密着度も高く、バリア機能のサポートやキメの回復・維持に働きます。

 

・コラーゲン

肌馴染みがよくサラッとしていて、皮膚や髪の表面でしなやかな保護膜をつくる保湿性の高い成分。

 

本来は水に溶けにくい成分なので、化粧品には水溶性コラーゲン、あるいは加水分解コラーゲンとして配合されます。

 

美白成分

美白有効成分なら一定の効果を期待できる!

 

美白作用がある成分は数多くあり、とくに植物エキスには穏やかながら美白作用を認められているものがたくさんあります。

 

おすすめなのは、厚生労働省に効果・効能を認証された、いわゆる美白有効成分といわれるもの。

 

主な作用はメラニン生成システムに作用したりメラニン排出に働きかけたりすることで、美白有効成分配合の薬用(医薬部外品)化粧品を継続して使い続ければ、透明感のある素肌を目指すことができるでしょう。

 

今回はいくつかある美白有効成分の中から、比較的頻繁に化粧品に配合されるものをピックアップしてみました。

 

・ビタミンC誘導体

肌への浸透をよくしたビタミンCで、メラノサイトを活性化させるチロシナーゼ酵素の働きを阻害するほか、強い還元作用によってメラニンそのものの色を薄くすることができます。

 

皮脂分泌抑制作用や強い抗酸化作用をもつため、美肌をつくるには欠かせない成分ともいえるでしょう。

 

・アルブチン

ハイドロキノン誘導体と呼ばれることもある成分で、チロシナーゼの活性を阻害することでメラニン生成の予防が可能。

 

ただし、配合濃度によっては肌に刺激を与えることもあるので、敏感肌の人や乾燥肌の人は注意が必要です。

 

・トラネキサム酸

肌がダメージを受けた際に発せられるメラニン生成の指令そのものを阻害します。

 

もともとは抗炎症成分なので、ニキビなどの肌荒れを沈静化させる効果も期待できるでしょう。

 

・リノール酸S

植物油から抽出される成分で、チロシナーゼの成熟阻害・分解促進をし、さらにメラニンの排出を促進します。

 

・エラグ酸

チロシナーゼの働きを阻害してメラノサイトの働きを抑制する、イチゴ由来の成分です。

 

・カモミラET

カモミールから抽出した成分で、トラネキサム酸と同じく抗炎症作用をもち、メラニン生成の指令を阻害します。

 

・プラセンタエキス

多くのビタミン類に加えてアミノ酸、ミネラル、コレステロール、酵素、デオキシリボ核酸などを含んだ成分。

 

保湿効果に加えて皮膚細胞の活性化と血行促進、代謝促進効果があり、ターンオーバーを促してメラニン排出を促します。

 

また、加齢によるさまざまな肌トラブルにもアプローチできるため、アンチエイジング化粧品にも頻繁に使われるのが特徴です。

 

そばかす対策におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

そばかすケアに効果的な化粧品は?

ライン使いすれば水性成分も油性成分も補給できる!

 

そばかすケアにおすすめの成分には、水に溶けやすい水溶性(水性)成分もあれば、その逆の油溶性(油性)成分もあります。

 

水溶性成分を肌に補給するのであれば化粧水のような水ベースのアイテムがいいし、油溶性成分であれば乳液やクリームがベスト。

 

つまり、一概に「○○の化粧水がいい!」や「●●の美容液が一番」とはいえないわけですね。

 

となると、化粧水から美容液、乳液、クリームと、一通り揃った美白シリーズをライン使いするのがひとまず間違いなし、ということなります。

 

「スキンケアアイテムの中では美容液が一番効果的なのでは?」と不思議に思う人もいるでしょう。

 

一般に、美容液とは訴求成分を多めに配合したアイテムのことを指し、その形状はさまざま。

 

化粧水状のものもあれば、乳液、クリーム、ジェル状のものもあり、テクスチャーによる分類はされていません。

 

それどころか、化粧品の種類別名称はメーカーが自由につけられるため、美容液にはハッキリとした定義づけもないのが現状。

 

よって、あるメーカーの化粧水のほうが違うメーカーやブランドの美容液より訴求成分が多い、なんていうことも実はよくあることなんです。

 

そばかす対策におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

オールインワンゲルなら1つでOK

ライン使いはコストと手間がかかる……だからこそオールインワン!

 

大前提として、セルフで行う美白ケアにはあまり速効性を期待できないということを覚えておきましょう。

 

なぜなら、そもそもターンオーバーは健康な20代の肌で28日間もかかるものであり、これは年齢とともに延びていくから。

 

美白ケアに本気で取り組むなら、年単位で継続していくことを覚悟しなければならないでしょう。

 

とはいえ、美白化粧品はラインで揃えるだけでもなかなか高額になるし、それを継続するとなると手間もコストもかなり大きなものになります。

 

もちろんそれが苦ではない人ならいいですが、「面倒は嫌」「なるべくコストは抑えたい」という人には、オールインワンタイプの美白ケアアイテムがオススメ。

 

複数のアイテムの役割が1つに集約されているオールインワンならコストを抑えられるし、手間もないので継続しやすく、長い目で見れば効果を得やすいといえます。

 

また、10代や20代の比較的若い世代なら効果が出るのも早いですし、今後に備えて予防美白として使うのにもオールインワンはぴったりです。

 

「オールインワンはコストを抑えられるといっても、やっぱり美白アイテムは高額な方が効果も大きいのでは?」

 

その考えは必ずしも間違ってはいませんが、かといって正解とも言えない、難しい問題です。

 

全体的な傾向として、美白化粧品は高額なアイテムが多く、これには有効成分の配合濃度や質、独自成分や特別な製造技術の有無などが関わっています。

 

そのため、化粧品そのものの質や効果が値段と比例することも少なからずありますが、美白ケアにおいて一番大切なのは続けやすさと肌との相性。

 

最近はプチプラでも美白化粧品があるし、高額商品が並ぶ美白化粧品の中では美白オールインワンジェルもプチプラといえるでしょう。

 

値段・手間・肌との相性、何を重視するかは個人差もありますが、一概に価格が安い=効果が小さいとは限らないことを覚えておいてください。

 

そばかす対策におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

そばかすケアにおけるオールインワンの選び方は?

では、数ある美白オールインワンの中からどうやって自分に合ったものを選びとればいいのでしょうか?

 

ここではそばかすケアに焦点を当てたオールインワン化粧品の選び方について、着目するべきポイントを3つ紹介しようと思います。

 

ポイント1そばかすケアに特化したもの

そのアイテムの特徴をチェックすればわかりやすい!

 

美白オールインワンアイテムにもいろいろなものがあり、形状だけでも、ジェル、クリーム、乳液タイプとさまざま。

 

選択肢が多すぎて混乱してしまいますが、シンプルにそばかすケアに特化したものを選ぶのがわかりやすいでしょう。

 

たいてい、どんなアイテムも特徴付けのひとつとして『何に効果的か』を公式サイトやパッケージでアピールしています。

 

シミやくすみ、シワ・たるみに比べるとそばかすケアに特化したものはやや少ないため、選択肢はぐっと狭まるはずです。

 

ポイント2美白有効成分がきちんと配合されているもの

求める効果を得られるかしっかりチェックしよう!

 

美白有効成分がしっかり配合されているか、配合されているならどんな成分で、どんな作用があるかも確認しましょう。

 

今あるそばかすにアプローチしたいのであれば、メラニン還元作用があるビタミンC誘導体や、メラニン排出促進作用のあるリノール酸。

 

これ以上そばかすを増やしたくない、濃くしたくない人は、メラニン生成を阻害するアルブチンやトラネキサム酸などが配合されたものを選ぶといいですね。

 

また、肌状態を正常に保ちターンオーバーをしっかり働かせるためには保湿力も重要です。

 

上記の美白成分配合に加えて、セラミドなどを配合した高保湿タイプのオールインワンが理想ですね。

 

ポイント3不安なく継続使用できるもの

安心して使い続けられるように情報収集を!

 

オールインワンゲルに限らず、化粧品選びにおいては「継続使用できるかどうか」が一番大事なポイントです。

 

継続使用するためにはコストや手間も大事な判断要素ですが、一番に注目するべきは肌との相性。

 

安心して使えるように低刺激・無添加タイプを選んだり、それでも不安であれば返金保証がついているもの、あるいはお試し用サンプルやトライアルセットがあるものを選ぶといいでしょう。

 

また、口コミレビューやレポートブログなどで情報を収集するのも、賢い選択のひとつですね。

 

そばかす対策におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

市販のアイテムでも太刀打ちできない場合は……

しつこいそばかすや先天性のそばかすのケアは専門家に頼ろう

 

美白オールインワンジェルの効果を高めたいのであれば、ケアを継続すると同時に、食事や睡眠などの生活習慣もしっかり正しましょう。

 

とはいえ、体質やそばかすの根の深さによっては期待する効果を得られないこともあるし、市販品と肌との相性がいまいちでケアを長く続けられないケースもありますよね。

 

セルフケアではどうにも太刀打ちできない……、そんなときは美容皮膚科や美容外科で相談してみては?

 

美容皮膚科では専門家目線でケアのアドバイスをもらえるほか、そばかすの状態に適した治療法を提示してくれます。

 

そばかすケアの施術にはケミカルピーリングやレーザー照射などがあり、とくにレーザーは先天性のものにも有効

 

最近は美容皮膚科や美容外科の数もかなり増え、相談だけなら無料のクリニックも多いので、一度検討してみてはどうでしょうか。

 

そばかす対策におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

普通のシミとは少し違い、場合によってはセルフケアでは綺麗に消すことができないそばかす。

そんなそばかすだからこそ、ケアは理論にもとづいて確実に、自分に合った正しい方法を選ばなければなりません。

それを実現する方法のひとつとして、ぜひオールインワンタイプのアイテムを検討してみてくださいね。

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。


ページの先頭へ

PAGETOP

close