素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   108 Views

シミに効くオールインワンはどれ?厳選おすすめランキング

シミ対策に適したアイテムはオールインワン化粧品だった!?

 

気になるシミをなんとかしたい場合、美白製品でケアをするのはもはや常識ですが、より効果を期待できるアイテムとしてオールインワンゲルの使用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

今回はシミのメカニズムについて説明しつつ、シミケアの新常識としてオールインワン化粧品の使用を提案したいと思います。

 

なぜオールインワンがおすすめなのかはもちろん、オールインワンの効果をさらに高める方法についても説明しますね。

 

 

シミに効くおすすめオールインワンランキング

シミウス

美白におすすめの洗顔石鹸ランキング 第1位 シミウス

 

シミの悩みを徹底研究した美肌ジェル
美白有効成分プラセンタエキスが高濃度配合
ダブルクリスタル製法で美白マッサージも可能

 

シミウスの公式サイトはこちら

 

シミウスの体験談レビューはこちら

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

美白におすすめの洗顔石鹸ランキング 第2位 パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

 

シミやくすみの元を抑える美白有効成分アルブチン配合
肝斑のケアに役立つ有効成分トラネキサム酸も厳選
角質層まで届ける浸透力!スムーズアプローチ処方

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの公式サイトはこちら

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの体験談レビューはこちら

 

フレキュレル

美白におすすめの洗顔石鹸ランキング 第3位 フレキュレル

 

シミ・そばかすの集中ケア向けオールインワン
メラニン抑制と排出のWケアができる成分配合
有効成分が配合された医薬部外品の薬用タイプ

 

フレキュレルの公式サイトはこちら

 

フレキュレルの体験談レビューはこちら

 

 

シミができるメカニズム

シミに効果的なケアを考えるためには、その原因や成り立ちをきちんと知るのも大事です。

 

そこで、ここではシミが発生する3つの原因と発生メカニズムを簡単にまとめてみました。

 

シミの原因は?

シミの原因は老化や紫外線だけじゃない!

 

シミの正体はメラニンという黒い色素が蓄積したものですが、そもそもメラニンは誰でも持っていて、本来は肌を守るためにつくられる必要不可欠なものです。

 

つまり、肌が「危険」に晒されたときにつくられるものであり、この「危険」こそシミの原因のひとつであるといえるでしょう。

 

また、通常であればメラニンは放っておいてもターンオーバーによって古い角質、別の言い方をするなら垢と一緒に排出されます。

 

しかし、ターンオーバーがなんらかの要因によって滞ると排出されずに肌に蓄積し、いずれシミとなるのです。

 

以上を踏まえると、メラニンの蓄積であるシミの原因は以下の3つが主なものだといえるでしょう。

 

・老化

人間の体は歳を重ねることによってあらゆる機能が衰えていき、それは肌細胞も例外ではありません。

 

肌のバリア機能や水分保持力といった基本的な機能が低下し、代謝が下がってターンオーバーの周期も徐々に伸びていきます(いわゆる年齢肌)。

 

するとメラニンの排出も滞るようになり、少しずつ蓄積して最終的にシミになってしまうのです。

 

・活性酸素

紫外線や大気汚染、ストレス、喫煙習慣、乱れた食生活や睡眠不足などによって肌がダメージを受けると、細胞や組織を破壊する活性酸素が発生します。

 

メラニン色素はこの活性酸素によるダメージを引き受けることで、肌を守っているのです。

 

とくに紫外線による肌ダメージは大きく、メラニンがつくられるもっとも大きな要因だといえるでしょう。

 

・その他

メラニンがつくられる要因、つまり肌がダメージを受けたり、ターンオーバーが滞る理由はほかにもいくつかあります。

 

たとえば、強く擦ったり叩いたりするマッサージやスキンケアは、たとえ肌のためにやっていたとしても、やりすぎればダメージにしかなりません。

 

また、女性にとっては切り離せないホルモンバランスもメラニンの生成と排出に影響します。

 

というのも、排卵期に分泌がピークになるエストロゲンは肌の潤いを増して肌機能を高めますが、生理前に分泌が増えるプロゲステロンはメラニン生成を活発化するからです。

 

メラニン生成からシミ発生までのメカニズム

メカニズムを解明すれば対策が見える!

 

シミの正体がメラニンの蓄積であることはわかりましたが、具体的にどのようにしてメラニンが生成されるのでしょうか?

 

以下は、肌がダメージを受けてからメラニンが生成され、蓄積するまでの簡単な流れです。

 

1、紫外線や摩擦といった肌へのダメージ、ストレス、睡眠不足、喫煙などで活性酸素が生成される

 

2,メラニン生成の指令となるプラスミンという情報伝達物質が産生され、メラノサイトが活性化する

 

3,メラノサイト内のチロシンがチロシナーゼという酵素によって酸化を繰り返し、メラニンとなる

 

4、メラニンはメラノサイトから放出され、表皮細胞に受け渡されるが、ターンオーバーによって排出されなかったものが蓄積する

 

上記の4つの段階が少しずつ進行してメラニンはやがてシミになり、そして徐々に濃くなっていきます。

 

逆に考えれば、4つの段階のどこかでその働きを阻止できれば、シミの発生を防ぐことも可能なのです。

 

シミ対策におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

消せないシミもある?シミの種類とは

あなたのシミはどれ?特徴から判断!

 

一口にシミといっても実はその種類はさまざまで、場合によっては形状も異なり、とても特徴的なシミもあります。

 

今回は代表的な5つのシミについて簡単に説明するので、自分の気になるシミの正体を考えてみましょう!

 

老人性色素斑……もっとも一般的かつ多くの人が悩むシミであり、紫外線や老化が原因で表れる

 

炎症性色素沈着……ニキビや傷、摩擦や衝撃などによる炎症がそのままニキビ跡・傷跡としてシミになったもの

 

肝斑……女性ホルモンのバランスが乱れて表れるシミであり、妊娠中や出産後、更年期などに見られやすい

 

脂漏性角化症……角質層の異常と紫外線によってできるシミで、イボ状だったりやや盛り上がっているのが特徴。

 

花弁状色素斑……名前の通り花びらのようないびつな形をしたシミで、顔よりも日焼けしたボディによく見られる

 

シミといえばそばかすもポピュラーですが、そばかすは遺伝的要素および肌質が原因であり、ほかのシミとは大きく異なります。

通常の美白ケアでは消すことが難しく、これ以上濃くしないように対策するのが精一杯であり、綺麗に消したい場合はレーザー照射が確実でしょう。

 

シミ対策におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

シミの改善と予防を望むなら長期的なケアを

シミ対策において短気は損気!

 

できてしまったシミを改善したい場合、メラニンを還元するか、あるいはターンオーバーを促進して排出するしかありません。

 

しかし、これは言葉ほど簡単なものではなく、根気をもって地道にケアを続けるのが大前提。

 

メラニンの還元もターンオーバーによる排出促進も数ヶ月で効果を得られるものではなく、それこそ年単位で向き合う覚悟をしなければなりません。

 

また、シミを予防するのであれば、常にシミを意識した対策と美白ケアが必須となります。

 

たとえば、美白化粧品を使うほか、紫外線対策をしたり肌への刺激を最小限にしたり、ホルモンバランスを意識したり。

 

肌状態を理想的な状態で維持することも大事であり、「何か起こってからケアする」のではなく「起こらない状態を維持するケア」をずっと続ける……これが予防美白なのです。

 

シミ対策におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

シミにアプローチするならオールインワンゲル【3つの理由】

改善するにも予防するにも厄介なのがシミですが、そんなシミ対策にこそオールインワンがおすすめ。

 

「なんでシミにオールインワン?」「オールインワンジェルの何がそんなに優れているの?」

 

そんな疑問に答えるために、シミへのアプローチにオールインワンが向いている理由を3つ挙げたいと思います。

 

理由その1:美白有効成分がシミの原因にアプローチ

効果が保証されている美白有効成分とは?

 

最近は美白有効成分を配合した、医薬部外品のオールインワン化粧品がとても増えています。

 

美白有効成分の働きとしては、メラニン生成を止めたりチロシナーゼの働きを阻害したり、メラニン色素を還元したり排出を促したりとさまざま。

 

有効成分は厚生労働省に一定の効果を認められたものなので、自分のシミ状態に応じた美白作用があるものを選べば、ある程度の結果を期待できるでしょう。

 

また、美白成分以外の美容成分が含まれたものを選べば、気になるほかの肌トラブルにアプローチすることも可能です。

 

【美白有効成分の作用と対応する成分例】

 

チロシナーゼ阻害(シミ予防に効果的) ……ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、リノール酸S

メラニン生成指令阻害(シミ予防に効果的) ……カモミラET、m-トラネキサム酸

メラニン排出促進(シミ改善に効果的) ……リノール酸S、エナジーシグナルAMP

メラニン還元(シミ改善に効果的) ……ビタミンC誘導体

 

理由その2:手軽な保湿で毎日コツコツ手入れができる

長期ケアにおいて手軽さは重要事項!

 

オールインワンの美白ジェルなら化粧水や乳液、クリーム、美容液など、複数のスキンケア工程が1ステップで済みます。

 

加えて、ジェルゆえに肌への密着度が高く、成分がじっくり浸透するため保湿効果は抜群で、使い続ければ肌の水分量が保たれて肌機能回復の後押しになるでしょう。

 

肌の代謝であるターンオーバーが正常化すれば、蓄積したメラニンも少しずつ排出させることができます。

 

もちろん、一朝一夕ではかないませんが、オールインワンなら手軽なので、毎日のケアの積み重ねもそれほど苦にならないはずです。

 

また、1ステップだけなので、摩擦や成分による肌への直接的な刺激・負担も少なく、敏感肌の人にも最適だといえますね。

 

保湿成分をしっかりチェックし、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど保湿力の高い成分配合のものを選べば、乾燥肌の人でも満足できるでしょう。

 

理由その3:コスパよしでケアを長く継続できる

低コストだから早めに使い始めて長く続く!

 

いわゆる美白化粧品・美白コスメは市場にたくさん溢れていますが、高い効果を期待できるものほど高額になりがち。

 

美白美容液や美白化粧水1本でも結構な値段になりますし、乳液、クリーム、シートパック……ラインで揃えると驚くほどの金額で、長く継続するのが難しい場合もありますよね。

 

しかし、オールインワンならジェル1つでスキンケアが完了するので、その分コストを抑えることができます

 

これこそオールインワンが人気の理由のひとつであり、比較的若い世代からも支持される要因。

 

つまり、早い段階で予防としても使えるし、その後何年も使い続けることができるというわけなのです。

 

シミ対策におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

オールインワンゲルの効果を高めるためには?

オールインワンがいくら美白効果を期待できるとはいえ、ただ毎日淡々と使っていればそれでいいわけではありません。

 

ここでは、オールインワンの効果をより高めるために忘れてはいけないポイントを3つ取り上げます。

 

日々の紫外線対策

紫外線ケアを習慣化しよう!

 

紫外線はシミをつくるもっとも大きな要因であり、季節を問わず1年中私たちに降り注ぐもの。

 

せっかく美白効果のあるオールインワンジェルを使っていても、紫外線に対して無防備に肌を晒していては意味がありません。

 

つまり、1年を通してしっかり紫外線対策をすることが大前提で、うっかり日焼けには十分注意しばければいけないのです。

 

外出するときは短時間でも日焼け止めを塗ったり、帽子やサングラス、日傘を併用したり、室内にいても窓の近くに長時間いるのは避けるようにしましょう。

 

食事バランス

健康な肌は健康な食事から!

 

私たちが体を健やかに保っていられるのは、毎日の食事から得られるエネルギーや各種栄養素の力がかなり大きいといえます。

 

それは当然肌にとっても例外ではなく、もしあなたが過度なダイエットや偏食をしているなら、すぐに改めるべきでしょう。

 

毎日3食バランスのいい食事をして、糖分や油分を控え、野菜や果物から活性酸素に対抗する抗酸化物質を積極的に摂取する

 

これらを意識するだけで、たとえシミが消えるような大きな効果は得られなかったとしても、シミ発生を予防する力強いサポートになります。

 

睡眠習慣の改善

肌は寝ている間に育つ!

 

睡眠はホルモンバランスを整えて肌を修復するための重要な時間であり、これが不十分なうちは美白など不可能だと思った方がいいでしょう。

 

もちろん、オールインワンゲルでケアし、紫外線を遮断したり食事に気を付けたりなどの美白ケアも大事ですが、それらの成果がでるのはほとんど睡眠中です。

 

質のいい睡眠によって成長ホルモンや女性ホルモンの分泌が誘発されれば、肌機能が正常化します

 

そして、バリア機能や水分保持力、肌の代謝が正常化し、メラニンの生成阻害や排出が促されるのです。

 

また、たっぷり眠れば副交感神経が優位になってストレスも和らぎ、体の内側から健やかになるでしょう。

 

シミだけではなくニキビやシワ、たるみ、毛穴の開きなど、あらゆる肌悩みを解決するなら、しっかり睡眠をとるように意識してください。

 

シミ対策におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

美白用オールインワン化粧品を使うときに注意したいこと

忘れて欲しくない3つのポイントとは?

 

お手軽に使えるオールインワン化粧品ですが、使うときにはいくつかの注意点があります。

 

まず一つ目は、オールインワンはジェル状なので、界面活性剤が多く配合されている点です。

 

使用感をよくしたりプルプルした感じを演出するため、シリコンやカルボマーといった添加物が配合されることもあり、場合によっては肌に刺激になる可能性があります。

 

二つ目は、薬用美白成分は肌の乾燥を促したり、刺激性をもつものがやや多いという点です。

 

たとえば、ビタミンC誘導体は乾燥を招く可能性があるため高保湿成分が配合されたものを選ぶべきですし、アルブチンは配合量によっては刺激になることがあるため敏感肌・アトピー肌の人は避けなければなりません。

 

三つ目は、パーツごとに保湿ケアを調整しなければならない混合肌の人の場合、あまり合理的ではない可能性があるという点

 

以上から、オールインワンを購入するときは事前に肌との相性をしっかり確かめたり、パッチテストをするのが理想だといえます。

 

同時に「高い効果を期待できる=刺激が強いのは当たり前」という事実を忘れないようにし、たとえ人気商品で口コミ評価が高くても、美白美容成分や保湿成分、商品特徴はしっかり確認してください。

 

また、使用中に肌に異常が表れたらすぐに使用を中断し、必要であれば皮膚科を受診しましょう

 

シミ対策におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

美白対策は長期で挑まなければならず、効果のたしかさはもちろん、コストや手間も重要な要素となります。

その点、オールインワンなら手軽かつ低コストで、ケアを積み重ねれば透明感のある美肌を手に入れることも夢ではありません。

シミにお悩みの人は、ぜひオールインワンタイプの美白化粧品を検討してみてくださいね。

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。


ページの先頭へ

PAGETOP

close