素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   67 Views

乾燥肌におすすめ保湿オールインワンゲル化粧品ランキング

肌トラブルの原因?!乾燥肌に悩まないためのオールインワン化粧品ランキング

 

シミやシワと違って、「肌が乾燥しているような…」とぼんやりした肌悩みになりがちの乾燥肌。

 

そのせいか、「スキンケアをしっかりと行っていたら、いつかは治る」と考えていませんか?

 

乾燥肌は、シワやニキビといったその他の肌トラブルの原因になってしまう可能性が高いので、しっかりとした保湿ケアをしていくことが大切です!

 

ここでは乾燥肌の改善と予防に役立つするスキンケアや、乾燥肌の原因について紹介します。

 

 

乾燥肌におすすめのオールインワンランキング

フィトリフト

保湿におすすめのオールインワンランキング 第1位 フィトリフト

 

潤い力を高めるフィト発酵エキス配合
ヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタより優れたケア
他のオールインワンと違い潤いキープ力は8時間

 

フィトリフトの公式サイトはこちら

 

フィトリフトの体験談レビューはこちら

 

トリニティーライン

保湿におすすめのオールインワンランキング 第2位 トリニティーライン

 

大正製薬グループのドクタープログラムが開発
水を一滴も加えず美容成分は95%以上
従来品と比べてセラミド成分は55倍の配合

 

トリニティーラインの公式サイトはこちら

 

トリニティーラインの体験談レビューはこちら

 

メディプラスゲル

保湿におすすめのオールインワンランキング 第3位 メディプラスゲル

 

水分を逃がさず溜め込む肌の貯水力に注目
ほぐして届け、包み込む本格的な保湿ケア
配合された美容成分は業界トップクラスの66種類

 

メディプラスゲルの公式サイトはこちら

 

メディプラスゲルの体験談レビューはこちら

 

 

乾燥肌向けオールインワン化粧品の選び方

乾燥肌だからといって、ただ保湿に注視したスキンケアをすればいいというわけではありません

 

熱いものを食べるとき、上辺だけをフーフーしても中身は熱いまま、そのまま食べると火傷します。

 

それはスキンケアも同じで、一時的に潤っている感じがしても乾燥肌の原因にアプローチしていなければ、いつまでたっても乾燥肌に悩まされるでしょう。

 

ここでは乾燥肌のお手入れができる、オールインワンゲル化粧品の選び方に役立つ5つのポイントを紹介します。

 

肌バリアを強化してくれる成分

肌バリア機能低下による肌への影響

 

肌が乾燥する原因のひとつに、肌バリア機能の低下による肌の水分が蒸散していることが考えられます。

 

そして肌バリア機能が低下する原因は、角質細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)、皮脂膜という三大保湿因子の不足

(三大保湿因子がどのような役割をはたしているのかは「どうして乾燥肌になるの?」をお読みください)

 

そこで不足している三大保湿因子を補い、肌バリア機能を高めてくれる成分を紹介します。

 

角質細胞間脂質を補う成分

角質細胞間脂質を補うには、セラミドを補給することがいちばん効果的です。

ただしセラミドなら何でもよいというわけではなく、人の体内に存在するヒト型セラミド配合の商品を選ぶのがもっとも美容効果が期待できるでしょう。

 

ヒト型セラミド

セラミド2、セラミド6、セラミド6Ⅱ

 

NMF(天然保湿成分)を補う成分

NMFの約40%を占めるアミノ酸は、保湿成分の中でもとくに肌バリア機能を高めるといわれているので積極的に補っていきましょう。

 

アミノ酸(一部)

アスパラギン酸Na、アラニン、アルギニン、グルタミン酸、ロイシン

 

皮脂膜を補う成分

皮脂そのものを補うことはできませんが、皮脂に似た成分で皮脂膜を補うことは可能です。

 

皮脂に似た成分(一部)

スクワラン、ホホバオイル

 

乾燥肌におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

肌に潤いを与える成分

保湿成分の3つのタイプ

 

よく基礎化粧品を使用している人は、「化粧水でしっかり水分補給して、乳液でフタをしているから大丈夫」と言われていますが、実はこれ間違ったスキンケアかもしれません・・・。

 

肌のうるおいを保つには、水分を抱え込んだら離さないセラミドがいちばんですが、それだけでよいというわけでもありません。

 

保湿成分の特徴をつかみ、自分の肌に適した保湿成分を選びましょう。

 

保湿力No1 水分を挟み込む

水分を挟み込み、一度捕まえたら離さない保湿タイプの中でもいちばん保湿力の強いタイプです。

セラミド、スフィンゴ脂質、水素添加大豆レシチン、ステアリン酸

 

保湿力No2 水分を抱え込む

角質層にとどまり、湿度が下がってもそのまま水分をキープできるのが特徴で、人気のある成分がラインナップされています。

ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、ヘパリン類似物質

 

保湿力No3 水分をつかむ

水分を吸湿するのが特徴ですが、水分が少なく空気が乾燥した冬場では十分に効果を発揮できません

NMF(天然保湿因子)、PG(プロビレングリンコール)、グリセリン

 

乾燥肌におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

低刺激で安心できる成分

添加物は全部ダメというわけではない。

 

基礎化粧品についての情報を収集していると、必ずヒットするのが「低刺激であること」のフレーズ。

 

サイトの中には、防腐剤も含めて添加物は一切ダメだと伝えていることもありますが、私の考えは違います

 

スキンケアアドバイザーになるまでは私も同じ考えでしたが、正しい知識を学んでいくうえで、必要悪もあるのだと学びました。

 

もし防腐剤入りの食品とそうでない食品があれば、私でも防腐剤なしの食品を買うと思います。

ですが、それは食品というジャンルで、買ったその日に食べきることができるからです!

 

しかし使いきる目安が1か月のオールインワンゲル化粧品の場合、本当に防腐剤なしで品質に問題が生じないのか不安です…。

 

オールインワンゲル化粧品に配合されている添加物には、意味があります。

 

ただその成分は本当に必要なのか、その役割は刺激性の低いほかの成分では代用できなかったのか、ということを見極める必要はあるでしょう。

 

気をつけたい成分

フェノキシエタノール、パラベン、サリチル酸、アルコール(エタノール)

 

上記で挙げた成分の安全性は確認されてはいますが、やや刺激性を否めないところもあります。

配合されていてはダメということはありませんが、使用後にヒリヒリするようなことがあれば、使用は控えたほうがよいかもしれません。

 

また成表示一覧を確認したときに、気をつけたい成分が上位に記載されていたら、それは配合量が多いということ。

乾燥肌は肌バリア機能が弱まり刺激を受けやすいので、そういう商品は見合わせたほうがいいかもしれません。

 

乾燥肌におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

季節や肌質によって使い分ける

オールインワンタイプ別 油分量と水分量

 

乾燥肌の人なら、「夏はあまり気にならないけれど、冬になったら粉がふいて化粧ノリが悪くなった」なんて経験したことあるかもしれません。

 

これは、夏の間は皮脂と汗の分泌が活発になって十分な皮脂膜が生成されて、肌の油分と水分のバランスが健康肌に近づくから。

 

いっぽう冬になると皮脂と汗の分泌も少なくなり、皮脂膜が不十分になって肌内部の水分が蒸散してしまいます。

 

ですから、油分が不足しがちな冬は油分が多めのオールインワンクリームタイプ、夏はさっぱりとした使用感のオールインワンジェルタイプというように、季節や肌質で適したオールインワン化粧品を選ぶことが大切です。

 

乾燥肌におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

価格帯で選ぶ

3,000円ぐらいのオールインワンゲル商品をおすすめします!

 

最近ではプチプラコスメが流行しているようで、女性誌でも「ドラッグストアで買えるプチプラコスメ」特集が組まれていることがあります。

 

私自身、コスメは高いほうがよいとは考えていませんが、「プチプラもどうなのだろう」というのが本音。

 

というのも、メーカーも慈善事業ではないので、材料費を割る価格設定はありえません。

つまりプチプラコスメは、適正価格帯の化粧品に比べて安価な材料を使っているということです。

 

オールインワンゲル化粧品なら、3,000円ぐらいを目安にすれば、質のよい原材料が配合された商品に仕上がっているといえるでしょう。

(もちろん、売上至上主義のメーカーもあるため「絶対に大丈夫」とは断言できません)

 

セラミドひとつをとっても、プチプラでは擬似セラミドが使用されており、適正価格帯だとヒト型セラミドが使用されていることが多いですね。

 

乾燥肌におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

こんな症状があれば乾燥肌かも!

えっ?もしかして乾燥肌なの?

 

自分の肌はどのタイプなのかわかからないという声、意外に多いので、「こんな症状があれば乾燥肌かも」というチェックポイントを紹介します。

 

・小ジワが目立ってきた。

・スキンケア後、10分ほど経過すると肌がつっぱってくる。

・肌がカサカサしたり、赤みがある。

・肌がゴワゴワ(角質肥厚)している。

 

こんな症状があれば、乾燥肌を疑ったほうがいいかもしれません。

 

乾燥肌におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

どうして乾燥肌になるの?

肌が乾燥する原因は、三大保湿因子といわれる角質細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)、皮脂膜が不足してバランスが崩れることです。

 

では、三大保湿因子のそれぞれが、どのような役割を担っているのかを見てみましょう。

 

角質細胞間脂質

角質細胞間脂質とは?

 

角質細胞が20層ほど積み重なっているのが角質層で、その角質細胞と角質細胞のつなぎの役目をしているのが角質細胞間脂質です。

 

たとえばハンバーグを想像してみてください。

ハンバーグのつなぎが不十分だった場合、焼いたときに肉がそぼろのようになったり、肉汁が外に全部出てしまって美味しくありません。

 

肌も同じで、角質細胞脂質が役割を十分にはたしてくれないと、肌内部の水分はどんどん外へ蒸発して、肌を乾燥させてしまうのです。

 

 

NMF(天然保湿因子)

NMF(天然保湿因子)とは?

 

角質層の水分(うるおい)をキープしているのが、NMF(天然保湿因子)です。

 

NMFの40%はアミノ酸、配合割合の多い順にピロリドンカルボン酸(PCA)、乳酸塩、尿素、ミネラル塩類、有機酸といった成分で構成されており、乾燥している肌はアミノ酸とピロリドンカルボン酸が大きく不足しています。

 

そしてNMFが不足すると、水分を取り込むことができない、または取り込んだ水分も抱え込む(キープする)ことができないので、肌の乾燥につながります。

 

 

皮脂膜

皮脂膜とは?

 

皮脂膜とは、皮脂と汗が混ざり合うことによって作られる、人間が生み出す天然のクリーム。

 

皮脂膜の役割はふたつ、“外部刺激から肌を守ること”と、“肌内部(角質層)の水分蒸散を防ぐこと”です。

 

つまり皮脂や汗が不足して皮脂膜が十分に作られていないと、肌は水分不足に陥り乾燥肌になってしまいます。

 

冬に肌が乾燥しがちになるのは、夏場に比べて皮脂の分泌がないこと、また外気に晒されて冷えた肌は皮脂膜を作りやすい環境ではないことが挙げられるでしょう。

(皮脂膜がつくられやすいのは、35~36度だといわれています。)

 

 

乾燥肌におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

オールインワンだけで保湿ケアできる?

オールインワン化粧品は水分と油分がベストバランスで与えられる!

 

ライン使いなら、美容液で保湿ケアをした後に乳液やクリームで油分を補うというのが定石。

 

「本当にオールインワン化粧品ひとつで乾燥簸をケアできるのか」と不安になる気持ちもわかります。

 

たしかにひと昔前のオールインワン化粧品は、時間ケアできる使い勝手のよいだけの基礎化粧品だったかもしれません。

 

ですがオールインワン化粧品の需要は年々高まっており、発売される種類も増えてきています。

 

もちろん種類だけでなく、メーカー毎に独自技術を駆使して肌悩みを解消してくれる有効成分を配合し、効果を高め、浸透力や保湿力もすぐれた商品が発売されるようになってきました。

 

とくに乾燥肌の場合は水分と油分のバランスが崩れたり、角質層に必要な成分が不足していることが多いのですが、オールインワン化粧品は水分と油分のバランスにすぐれていますし、何よりセラミドなど乾燥肌が本当に必要としている成分配合をしている商品が多いのです!

 

ライン使いの場合、水分は化粧水と美容液、油分は乳液やクリームとスキンケアアイテムが異なっているからか、適切なバランスで使用するのは難しいという声も聞きます。

 

乾燥肌におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

乾燥肌に役立つオールインワンの使い方

3つのポイントを実行しただけで、美容効果が変わる?

 

オールインワンゲル化粧品の悪い口コミをチェックしてみると、多くが「保湿力不足」を訴えています。

 

ですがこの悪い口コミ、オールインワンゲル化粧品を使うときに、3つのポイントに気をつけただけで「保湿力がすごい」という評価に変えることができるかもしれません!

(パッケージなどにある使用方法を守ることが大前提です)

 

1.入浴後できるだけ早く使用する

オールインワン化粧品を使用するタイミングは入浴後、早ければ早いほどよいでしょう。

 

なぜなら、入浴後で体が温まって血行がよくなっているため、浸透率もアップするからです。

 

2.乾燥する部位がなるなら重ね塗りをする

もともと肌は部位によって皮脂の分泌量がことなるので、顔全体に同じ量を使用していたのでは不十分なことも・・・。

 

目元や口元など、皮脂が分泌されにくい部位については重ね塗りするとよいでしょう。

 

3.夜は多めの量をハンドプレスで丁寧に浸透させる

夜のお肌は日中の紫外線やストレスなどでボロボロ、そのケアのため夜はオールインワンゲル化粧品を多めに使用するのがおすすめです。

 

また浸透させるには、こすりつけて塗るのではなく、温かい手のひらでやさしくプッシュして浸透させる“ハンドプレス”を行いましょう。

 

乾燥肌におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

乾燥肌は、ただ配合成分に潤い成分が入っていればいいというわけでなく、セラミド配合など、本当に必要な成分かどうかがポイント。

この記事を読んで、「購入時は成分表示一覧を確認してみよう」と思ってもらえたなら嬉しいです。

乾燥肌から透明感あるうるおい肌にチェンジした自分を想像し、スキンケアに取り組んでください!

 

乾燥肌におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。


ページの先頭へ

PAGETOP

close