素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   56 Views

オールインワンゲルの化粧下地機能で肌悩みも簡単美肌に!

「オールインワンの化粧下地機能」は「化粧下地」よりも優秀!

 

オールインワンゲルの化粧下地機能は、忙しい朝の強い味方!

 

「でも化粧下地としての効果が心配…」と、不安な人に、ぜひお伝えしたいことがあります。

 

それは、スキンケアアイテムとして優秀な「オールインワンの化粧下地機能」なら、「化粧下地」とは違ったアプローチで、日常メイクの下準備を十分に整えられるということ。

 

化粧下地や日焼け止め、ファンデーションを重ねるメイクでは、肌トラブルを引き起こすリスクがありますが、オールインワン化粧品ならその心配も無用です。

 

ここでは、化粧下地によって引き起こされる肌トラブルが、オールインワンの化粧下地機能ならカバーできる理由と、化粧下地機能ありのオールインワン最強おすすめ人気ランキングを紹介していきます。

 

 

化粧下地機能ありのオールインワン最強おすすめ人気ランキング

トリニティーライン

化粧下地機能のついたオールインワンランキング 第1位 トリニティーライン

 

保湿効果による下地機能を搭載
大塚製薬のドクタープログラムで生産
水不使用、美容液95%以上使用

 

トリニティーラインの公式サイトはこちら

 

トリニティーラインの体験談レビューはこちら

 

ユーグレナone

化粧下地機能のついたオールインワンランキング 第2位 ユーグレナone

 

化粧下地を含む10機能を搭載
ユーグレナ成分を贅沢配合
抗シワ試験に合格!効果効能試験済み

 

ユーグレナoneの公式サイトはこちら

 

ユーグレナoneの体験談レビューはこちら

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

化粧下地機能のついたオールインワンランキング 第3位 パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

 

美白有効成分が配合&化粧下地機能つき
新日本製薬から生まれたスキンケア
55種類の保湿成分も贅沢配合

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの公式サイトはこちら

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの体験談レビューはこちら

 

化粧下地で肌状態が悪化するリスク

化粧下地が原因でバリア機能の低下とターンオーバーの乱れから起こる肌トラブルが起こるリスクがあります。

 

意外かもしれませんが、化粧下地は、毎日使用し続けると肌質に悪影響を与える可能性があります。

 

疑ったことがなかったという人も、その理由を、化粧下地の役割から確認していきましょう。

 

化粧下地の役割

・肌のキメや毛穴の凸凹など、肌表面をなめらかにする

・ファンデーションのノリをよくして密着させ、肌馴染みをよくする

・化粧崩れを防ぐ

・外部刺激から肌を保護する

 

ほかにも、最近ではカラーコントロールやUVカット機能をもたせた商品が販売されています。

 

化粧下地には肌悩みを隠すための機能が多く、そのために使われている肌をコーティングする成分や合成香料、着色料などが毛穴を塞いだり肌への刺激になってしまったりしているのです。

 

毛穴の密閉や肌刺激が与える影響とは、肌を保護するバリア機能の低下や、肌の新陳代謝であるターンオーバーの乱れ。

 

バリア機能が低下すると肌内部の水分が逃げて乾燥しやすく、ターンオーバーが乱れると古い角質を排出できずに毛穴詰まりの原因になってしまいます。

 

乾燥肌はシワやたるみに発展し、毛穴詰まりは炎症を起こしてニキビへと進行していきます…

 

これはまさに肌トラブルの悪循環

 

バリア機能の低下とターンオーバーの乱れから起こる肌トラブル

乾燥肌、敏感肌、オイリー肌、ニキビ肌、年齢肌、毛穴トラブル、シミ、シワ、たるみ…

 

化粧下地を使ったメイクは、肌をきれいに見せようとするかわりに、肌本来の美しさを奪ってしまう危険性があるのです。

 

化粧下地機能ありのオールインワン最強おすすめ人気ランキングを見る!

 

オールインワンの化粧下地機能なら美肌効果で肌トラブル回避

オールインワンの化粧下地機能はしっかり保湿することで低下したバリア機能や乱れたターンオーバーを正常に整え、肌本来の強さを取り戻せるから、化粧下地をつかったメイクのリスクをカバーできる

 

「オールインワンゲルの化粧下地機能」は「化粧下地」と似たはたらきをしますが、メイク準備のための肌の整え方が違うため、化粧下地では心配だった肌へのリスクを減らせます。

 

「同じ化粧下地なのに何が違うの?」という人のために、オールインワンの化粧下地機能なら、肌トラブルを避けながらしっかりメイクの準備ができる仕組みを解説していきます。

 

メイク前の下準備にオールインワンが最適な理由

 

オールインワンの化粧下地機能は、化粧下地を薄めたものではありません。

 

ファンデーションとの密着力や皮脂崩れ対策など、化粧下地としての機能を兼ね備えた成分が配合されたオールインワンという意味。

 

ですが、成分の作用だけに頼った化粧下地とは違うのが、オールインワンの特長なのです。

 

オールインワンのメリットを活かして肌そのものをキレイに整えたうえで、メイクノリをよくしたり、肌を保護したりする役割をもっています。

 

化粧下地機能に活かせるオールインワンのメリットとは…

・保湿成分豊富で肌のキメを整えふっくらとさせてくれる

・美容成分豊富だから肌悩みケアになって素肌から美肌になれる

・肌自らの保護機能を高める

 

しっかり保湿することで低下したバリア機能や乱れたターンオーバーを正常に整え、肌本来の強さを取り戻せるから、化粧下地をつかったメイクのリスクをカバーできるのです。

 

化粧下地機能ありのオールインワン最強おすすめ人気ランキングを見る!

 

オールインワンでの肌悩みケアはメイク準備に効果的

オールインワンで自然な美肌メイクができる理由はメイク前の肌状態を整えられるだけでなく、素肌力を高められるから

 

オールインワンの化粧下地機能なら、メイク前の肌状態を整えられるだけでなく、素肌力を高められるから、ナチュラルメイクでもグッと美肌になれます。

 

オールインワン化粧品は、化粧水や乳液、美容クリーム、美容液、パックなどがワンステップで完了できる時短美容のイメージが強いですが、注目すべき特長は配合されているさまざまな美容成分。

 

肌ケア成分で、隠したいと感じている肌悩みそのものをケアできれば、隠す厚塗りメイクに時間をかける必要がなくなります!

 

オールインワンゲルに配合されていることの多い美容成分の種類から、その美容効果をいくつか紹介していきますね。

 

・乾燥肌、敏感肌

肌の乾燥や敏感肌が気になる人は、オールインワン化粧品の保湿成分に注目するのが◎。

 

アミノ酸やグリセリン、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの水分を保持する成分とあわせて、スクワラン、ホホバ油などの水分に蓋をする成分を取り入れれば、水分と油分のバランスも整います。

 

水分と油分のバランス力は、肌のバリア機能のケアにも役立って、素肌力も高まるでしょう。

 

メイク準備で肌のキメを整えるためにも、潤い成分がしっかり入ったオールインワンゲルを選ぶのがおすすめです。

 

・オイリー肌

オイリー肌だからといって過剰に洗顔してしまうと、肌の刺激になってバリア機能を低下させたり、肌の保水力を奪ってしまったりするため、肌状態はどんどん悪くなってしまいます。

 

ビタミンC誘導体や、ローズマリーエキス、チョウジエキスなど、皮脂を抑える成分配合のオールインワンを使って、ベタつき対策していきましょう。

 

・ニキビ肌

毛穴が炎症を起こして悪化するニキビ肌には、医薬部外品表示のある薬用オールインワンゲルがおすすめです。

 

抗菌、抗炎症作用のある有効成分で毛穴の炎症を抑えれば、今あるニキビだけでなく、ニキビ予防にも役立つでしょう。

 

抗炎症作用の有効成分としては、グリチルリチン酸ジカリウムなどがあげられます。

 

ニキビケア成分でニキビの凸凹や赤みをおさえることができれば、今までよりずっとなめらかで自然なメイクができるようになりますよ。

 

・シワ、たるみなどの年齢肌

しわやたるみの予防には保湿成分でのハリ弾力ケアが欠かせませんが、それ以外にも取り入れたいのがエイジングケア成分。

 

コラーゲンやエラスチン生成を促すレチノールや、強力な抗酸化作用のあるフラーレン配合のオールインワンなら、増えていく小じわやたるみケアに役立ちます。

 

・シミ

紫外線などが原因で、メラニンが色素沈着するシミの改善には、美白有効成分配合のオールインワンが効果的。

 

プラセンタエキス、アルブチンやトラネキサム酸など、美白効果の高い成分なら、メラニンの生成抑制や排出促進できるから、シミができづらい肌環境をつくってくれます。

 

ビタミンC誘導体で、つくられてしまったメラニンを還元してシミを予防する方法もおすすめです。

 

シミの悩みでは、ついついファンデーションを厚塗りしがちですが、美白成分をうまく使えばナチュラルメイクでもキレイな肌がつくれるでしょう。

 

肌悩みケアを意識した化粧下地機能つきのオールインワン選びでは、配合成分に注目することが重要です。

 

プチプラの商品が悪いとは限りませんが、高品質の成分配合の、オールインワンの選び方がメイクの仕上がりを美肌へ導いてくれます。

 

肌悩みを整えて悪化させないケアなら、肌トラブルを起こしてあれこれ買い足さなければならない低品質なお手入れより、結果的にコスパも高くなりますよ。

 

化粧下地機能ありのオールインワン最強おすすめ人気ランキングを見る!

 

肌悩み別化粧下地を使わないメイクのポイント

美肌メイクのコツは肌悩み別のおすすめポイントを意識する事です。

 

肌悩みを根本から見なおすオールインワンの化粧下地機能では、肌悩み別のおすすめポイントを意識するのが美肌作りのコツ。

 

たとえば、シミやシワを隠したいならコンシーラーを、たるみならシェーディングを併用したメイクが◎。

 

隠したいからといって、ベースメイクの前に化粧下地まで使ってしまうと、肌悩みを悪化させるだけでなく、化粧崩れの原因になるのでおすすめできません。

 

ニキビや乾燥肌、敏感肌の肌荒れ、オイリー肌を隠したいなら、オールインワンで肌質を整えることを優先するのが美肌への近道。

 

厚塗りやポイントメイクでムリに隠そうとすると、炎症や肌質が悪化する可能性が高まります。

 

どうしてもニキビの赤みを隠したい場合には、ニキビの有効成分が配合された薬用コンシーラーを使うのがいいでしょう。

 

厚塗り防止のメイクでは、UVカット機能のあるファンデーションを使えば、日焼け止めも省略できますよ。

 

以下に肌悩み別メイクのポイントをまとめますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめできないメイク…

スキンケア + 化粧下地 + 日焼け止め + ファンデーション + コンシーラー

 

乾燥肌、敏感肌、オイリー肌におすすめ…

化粧下地機能ありのオールインワン + UVカット機能ありのファンデーション

 

シミ、シワにおすすめ…

化粧下地機能ありのオールインワン + UVカット機能ありのファンデーション + コンシーラー

 

たるみにおすすめ…

化粧下地機能ありのオールインワン + UVカット機能ありのファンデーション + シェード

 

ニキビにおすすめ…

化粧下地機能ありのオールインワン + UVカット機能ありのファンデーション + 薬用コンシーラー

 

化粧下地機能ありのオールインワン最強おすすめ人気ランキングを見る!

 

「厚塗りしてないのに崩れやすい」という人に失敗しない塗り方解説

オールインワンの上手な使い方には3つのポイントがあります

 

オールインワンの化粧下地機能を使って、薄付きメイクを心がけているのに、メイクが崩れやすいという人に、オールインワンの失敗しないスキンケア方法をお伝えしていきます。

 

1.肌にすりこみすぎない

ゲルを肌に塗っている最中にモロモロしたものが出てきたら、こすりすぎのサインです。

 

摩擦は肌への刺激となって、肌状態を悪化させ、カサつきなどによるメイク崩れの原因となるため気をつけましょう。

 

2.ゲルは手のひらを使って馴染ませる

せっかくの美容成分を、こすらず角質層まで届けるには、手のひらで包むようになじませていきましょう。

 

3.オールインワンを塗ったら乾くまで待つ

オールインワンが浸透しきる前のしっとりした状態でファンデーションを塗ると、メイク崩れしやすくなります。

 

ゲルが乾くまで待ってメイクをはじめましょう。

 

オールインワンジェルがなかなか乾かない場合には、油分を軽くティッシュオフするのがコツ。

 

この3点に気をつけて化粧下地機能ありのオールインワンゲルを使っていけば、崩れづらいメイク準備が整います。

 

化粧下地機能ありのオールインワン最強おすすめ人気ランキングを見る!

 

寝る前にも使えるオールインワンの見極め方

夜でも安心して使うためには朝用やUVカット機能が備わっているオールインワンか調べるのがポイント

 

「化粧下地機能のあるオールインワンは寝る前の使用を避けるべき?」という疑問を持っている人もいるかもしれません。

 

その答えを見極めるには、朝用やUVカット機能が備わっているオールインワンか調べるのがポイント

 

日焼け止め効果があるオールインワンなら夜、寝る前に使うのは避けるべきタイプです。

 

日焼け止め効果やSPFが記載されたタイプだと「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」といったUVカット成分配合が一般的。

 

「紫外線吸収剤」は肌表面で吸収した紫外線を、エネルギーに変えて放出し、「紫外線散乱剤」は肌表面で跳ね返すことで紫外線の侵入を防ぐメカニズムになっています。

 

いずれも化学変化をさせる成分や酸化チタン、酸化亜鉛といった化学成分は、肌に必要な美肌成分とはいえず、あくまでも紫外線を防ぐのに必要な成分。

 

日焼け止め効果や白浮きを防ぐために粒子化された成分を、長時間も意味なく肌につけ続けるのは負担をかけるだけの行為となる恐れがあります。

 

寝る前も使用したいなら、朝夜どちらの使用もでき、UVカット機能がないタイプのオールインワンです!

 

「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」の成分が含まれていないタイプなら、肌に負担をかける心配は必要ありません。

 

それどころか化粧水や乳液、クリームなどに含まれている美容成分が、寝ている間もキメを整えるアプローチをしてくれるため翌朝、ふっくら柔らかな肌に仕上げてくれます。

 

起床後、寝ている間の皮脂汚れを落とせば、またオールインワンを塗って化粧下地までの準備も可能です。

 

オールインワンを正しく見極めれば、肌への負担を防ぐだけでなく、より便利で美肌ケアに取り組むことができますよ!

 

化粧下地機能ありのオールインワン最強おすすめ人気ランキングを見る!

 

「オールインワンの化粧下地機能」は「化粧下地」を使ったメイクより優秀であることを、おすすめランキングとともにお伝えしてきました。

厚塗りメイクで肌を痛めたり、化粧崩れしたりしないためにも、肌悩みのカバーに効果的なオールインワンの化粧下地機能で、素肌からキレイで自然なメイクを楽しんでくださいね!

 

化粧下地機能ありのオールインワン最強おすすめ人気ランキングを見る!

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。


ページの先頭へ

PAGETOP

close