素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   112 Views

美白にはオールインワン?ケア方法と注目成分配合ランキング

オールインワンなら手軽に美白ができる?そもそも美白とは?

 

「美白」は肌の美しさの基準として外せない要素であり、多くの女性が透明感のある白い肌を目指して日々悪戦苦闘しているかと思います。

 

しかし、そもそも「美白」とは何なのか、どうすれば理想とする「美白」が叶えられるか、具体的に考えてみたことはあるでしょうか?

 

そこで今回は、「目指すべき美白」とは何なのか、どうやって叶えるのかについて説明した上で、オールインワンタイプの化粧品のメリットについてお話します。

 

 

美白ケアにおすすめオールインワンランキング

シミウス

美白におすすめの洗顔石鹸ランキング 第1位 シミウス

 

シミの悩みを徹底研究した美肌ジェル
美白有効成分プラセンタエキスが高濃度配合
ダブルクリスタル製法で美白マッサージも可能

 

シミウスの公式サイトはこちら

 

シミウスの体験談レビューはこちら

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

美白におすすめの洗顔石鹸ランキング 第2位 パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

 

シミやくすみの元を抑える美白有効成分アルブチン配合
肝斑のケアに役立つ有効成分トラネキサム酸も厳選
角質層まで届ける浸透力!スムーズアプローチ処方

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの公式サイトはこちら

 

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェルの体験談レビューはこちら

 

フレキュレル

美白におすすめの洗顔石鹸ランキング 第3位 フレキュレル

 

シミ・そばかすの集中ケア向けオールインワン
メラニン抑制と排出のWケアができる成分配合
有効成分が配合された医薬部外品の薬用タイプ

 

フレキュレルの公式サイトはこちら

 

フレキュレルの体験談レビューはこちら

 

 

目指すべき美白肌とは?

一般的に、美白を妨げる要因としてはくすみとシミがその代表格として取り上げられます。

 

つまり、目指すべき美白肌とはくすみとシミのない肌のことであり、その原因や成り立ちの理解が美白の第一歩になるのです。

 

くすみのない肌

くすみとは「肌の明度が低下した状態」

 

肌がくすむと、なんとなく顔色が悪く疲れたような印象になり、見た目年齢がぐっと上がってしまいます。

 

では、あなたは「くすんだ肌」と聞くと、具体的にどんな状態、どんな肌を思い浮かべますか?

 

実は「くすみ」には医学的な定義がなく、多くの人は明確に「これ」とは言えないままなんとなく「透明感が失われたり白さがなくなった状態」を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

しかし、肌の透明感や白さが損なわれる原因はくすみ以外にもたくさんあり、場合によってはシワ・たるみによる陰影や毛穴の広がり、化粧ノリ、シミなども要因となります

 

そこで、あらためて「くすみ」とは何なのかを考えると、それは「なんらかの原因によって肌の明度が低下した状態」だといえるでしょう。

 

さらに、くすみをその原因によって細かくみていくと、メラニンが蓄積してできたメラニンぐすみ、血行が滞ってできる血行不良ぐすみ、乾燥によって角層が毛羽立つことで表れる陰影ぐすみにわけられます。

 

つまり、くすみのない肌を目指す場合、メラニン、血行、乾燥の3つの要素に着目しなければならないというわけですね。

 

シミのない肌

シミも多種多様!原因も対策も異なる!

 

シミは年齢肌に見られるトラブルとしてはポピュラーなものですが、一口にシミといってもいろいろな種類があります。

 

当然シミの種類によって原因や対策、解消方法も異なるため、シミのない肌を目指すのであれば自分を悩ませるシミの正体についても知っておく必要があるでしょう。

 

・老人性色素斑

紫外線や老化が原因であり、もっとも一般的であると同時に、多くの人が「シミ」と聞いて思い浮かべるもの

 

・炎症性色素沈着

摩擦や傷、ニキビなど、肌がダメージを受けてできた炎症がそのまま色素沈着して残ってしまったシミ

 

・雀卵斑(そばかす)

遺伝的要素や肌質が大きく影響するシミで、色白の人に多く、鼻まわりを中心に10代からできはじめる

 

・肝斑

女性ホルモンの影響で表れるシミであり、妊娠・出産や更年期、ピルの服用といったタイミングでできやすい

 

・脂漏性角化症

紫外線の影響と角質層の異常によってできるイボ状のシミであり、老人性色素斑からできる場合もある

 

この中でも、炎症性色素沈着や初期の老人性色素斑であれば、通常の美白ケアでも十分改善をのぞむことができるでしょう。

 

根が深い老人性色素斑や雀卵斑、脂漏性角化症の治療にはレーザ照射が有効であり、肝斑は美白ケアに加えてトラネキサム酸や漢方などの内服薬が有効だといわれています。

 

美白におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

美白を目指す基本的な3つの方法

それでは、くすみやシミのないクリアな素肌をつくるには、具体的にどうしたらいいのでしょうか?

 

蓄積したメラニンの排出

保湿ケアとピーリングが効果的

 

メラニンが原因のシミやくすみを消すには、蓄積したメラニンそのものを排出させるのが一番。

 

そもそも、メラニンは放っておいてもターンオーバーによって垢として古い角質とともに排出されます。

 

言い換えるなら「メラニンが蓄積している=ターンオーバーが滞っている」ということであり、肌機能が衰えている証拠。

 

その肌機能を取り戻すなら、まずは普段使っている基礎化粧品を見直してみるといいでしょう。

 

一部では「保湿はシンプルなものを大量に使うのが一番」「最低限の成分で肌本来の力を鍛える」なんていう説もありますが、弱った肌は高機能の成分でしっかり保湿した方が確実です。

 

また、ターンオーバーの促進には、ピーリイング化粧品の使用も効果が大きくおすすめです。

 

入念な保湿ケアと定期的なピーリングによって古い角質をしっかり取り除けば、肌機能を取り戻す近道になります。

 

肌機能が回復すれば乾燥や血行不良も改善し、血行不良ぐすみや陰影ぐすみもケアできるでしょう。

 

美白化粧品の活用

自分の肌に合った美白化粧品を選んで

 

スキンケアアイテムを美白専用のライン、いわゆる美白化粧品に切り替えるのも効果的な方法ですね。

 

美白化粧品とは美白有効成分配合の医薬部外品のことで、ある程度の効果効能を期待できます。

 

注意したいのは、その作用のほとんどがメラニンの生成をあらゆる角度から阻害するものである点。

 

本来、メラニンは肌を守るために作られる色素であり、メラニンが作られること自体は自然な現象であって悪いことではありません

 

その自然の働きに反するため、美白有効成分はやや刺激が強いものが多く、肌との相性確認が必須になります。

 

敏感肌や乾燥肌の人、肌トラブルを抱えている人が美白化粧品を選ぶ際は、とくに慎重になるようにしましょう。

 

美白の基本は予防

毎日の「予防」の積み重ね

 

メラニンを排出するターンオーバーの周期は、健康な20代の肌で約28日であるといわれています。

 

メラニンを完全に排出するには何周期もかかるため、くすみもシミも、一度できてしまうと消すまでにはどうしても時間がかかり、比例してお金もかかるということですね。

 

そのため、もっとも効果的かつ基本的な美白方法は、ずばり「予防」であるといえるでしょう。

 

日焼け止めを使った紫外線対策は季節を問わず一年中行い、春から夏にかけての紫外線量が増える時期は帽子や日傘、サングラスもプラスしましょう。

 

また、美白化粧品もシミ・くすみができてから使ったりスペシャルケアとして取り入れるのではなく、毎日使うものだと考えてください。

 

加えて、普段から肌にかけるダメージ……たとえば、メイクやスキンケア、肌ケアタイムの摩擦や刺激は最小限に抑えるようにしましょう。

 

予防的なケアは新たなメラニン発生を防ぐだけではなく、今あるシミやくすみを濃くしないためにも有効です。

 

美白におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

代表的な美白有効成分

ここでは、美白化粧品に配合される美白有効成分の一部を、その作用とともに簡単に紹介します。

 

ただし、以下の成分は効果が保証されているものの医薬品のように強い作用があるわけではなく、毎日コツコツと根気よく使うことが大事であると忘れないでください。

 

ビタミンC誘導体

美白といえばビタミンC!

 

本来肌なじみが悪いビタミンCを肌に浸透しやすくしたもので、肌の中ではただのビタミンCとして働きます。

 

チロシナーゼという酵素の働きを抑えることで、メラニンをつくるメラノサイトそのものの働きを阻害するほか、すでにできてしまったメラニンを還元して色を薄くする作用が特徴的

 

予防だけではなくすでにあるシミ・くすみに効果的な成分ですが、いくつかの種類があり、浸透率や刺激性、効果の大きさが異なる点に注意したいですね。

 

アルブチン

別名は「ハイドロキノン誘導体」

 

もともとはコケモモから抽出された成分で、糖とハイドロキノンからつくられる美白有効成分です。

 

とはいえ、ハイドロ菌とは全くの別物であり、チロシナーゼの活性を抑えてメラニン生成を阻害するため、シミやくすみの予防に効果的だといえます。

 

濃度が高いと刺激になることもあるといわれていますが、その作用はハイドロキノンよりははるかに穏やかです。

 

ハイドロキノンとは美容皮膚科などで処方される薬剤で、別名を「肌の漂白剤」といいます。

 

欧米ではとてもメジャーな成分ですが、肌への刺激性が懸念され、当初日本では厚生労働省が使用を認可しませんでした。

 

現在は化粧品への使用を認められていますが、安全性に対するデータの提出が必須であり、実際にハイドロキノンを使用しているメーカーは少ないのが現状です。

 

トラネキサム酸

肝斑の改善にも効果的

 

通常、肌が紫外線や刺激などを受けると、ダメージから肌を守るためにメラニン生成の指令が出ます。

 

トラネキサム酸はこの指令そのものを止める作用があり、メラニン生成を根本から断ち切るのです。

 

もともとは抗炎症成分だったため美白作用だけではなく炎症を抑える力もあり、ニキビ肌の鎮静や炎症性色素沈着の予防も期待できるでしょう。

 

リノール酸S

美白作用だけではなく保湿性もあり

 

植物油から抽出される成分で、メラニンの排出を促す作用と、チロシナーゼを分解することで成熟を阻害し、メラノサイトの働きを阻害する作用があります。

 

すでにできてしまったシミ・くすみの対策はもちろん、予防にも効果的だといえるでしょう。

 

また、脂肪酸であることから保湿作用も期待でき、抗炎症作用ももっているので、広くすすめられる成分ですね。

 

コウジ酸

抗糖化でアンチエイジングも

 

日本人にはなじみ深い、味噌や醤油などに含まれる麹菌からつくられた成分で、チロシナーゼの働きを阻害します。

 

予防はもちろん、今あるシミ・くすみがこれ以上黒くなるのを防ぐことも可能というわけですね。

 

また、タンパク質を変性させてシワやたるみを招く「糖化」を抑える力(抗糖化作用)もあるといわれており、エイジングケア成分としても働きを期待できるでしょう。

 

カモミラET

くすみのケアに効果あり

 

カモミールに含まれている成分で、抗炎症作用とメラニン生成の指令を止める作用があります。

 

また、保湿性、血行促進作用、抗酸化作用があることもわかっており、「カミツレエキス」という名前で化粧品にもよく配合されていますね。

 

シミやメラニンぐすみだけではなく、血行不良ぐすみや乾燥による陰影ぐすみのケアにも効果的でしょう。

 

美白におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

美白ケアならオールインワンのゲル化粧品がおすすめ

確実な美白を望むなら、ケアは常に予防的に、継続して長くコツコツと行わなければなりません。

 

なんだか気の遠くなる話ですが、実はオールインワンゲルならそれが楽々かなえられるのです。

 

ここでは、なぜオールインワンタイプの化粧品が美白ケアに効果的なのか、その理由を4つ紹介しようと思います。

 

時短ケアだから毎日楽々

最小限の手間で十分な保湿ケア

 

化粧品は毎日使うものだからこそ手軽さが大事であり、いくつもの複雑な工程を経なければならないケアだと習慣化する前に挫折してしまうことも……。

 

けど複数の工程が1ステップに短縮されたオールインワンタイプなら、面倒も苦もなく、毎日楽々、ずっと続けられるのです。

 

ただし、ブースターに化粧水、乳液、美容液、マッサージクリーム、化粧下地、日焼け止め、パックなどなど……1つであまりにたくさんの役割をこなすものは、それだけ一つ一つの働きが小さくなるため、避けた方が無難。

 

化粧水・乳液・美容液(・クリーム)といった、基本的な保湿ケアをこなすものがちょうどいいでしょう。

 

コストダウンで長く続けられる

オールインワンならコスパよし!

 

美白化粧品といっても種類はさまざまですが、ラインで揃えるとかなり高額になることも多く、メーカーやブランドによっては2万を平気で超える場合も……。

 

もちろんプチプラのアイテムもたくさんありますが、薬用化粧品でなかったり、配合成分が少ないことがほとんどです。

 

でも、オールインワンなら多少値が張ったとしても1アイテム分の価格で済むので、かなりのコストダウンが可能

 

その分継続して長く使用できますし、また、少しだけ高価格のもの購入しても、お財布へのダメージは少なくて済みますよね

 

「続けたいけど、金銭的にキツい……」なんていう切ない事態を避けるためにも、コスパのいいオールインワンがおすすめです。

 

ゲルだから肌にノーダメージ

肌への刺激を抑えて美白効率アップ

 

ジェル状の適度に緩いテクスチャなので、肌への摩擦を限りなく小さくすることができます

 

また、化粧水・美容液・乳液・クリーム……と肌にいくつも塗りこむより、オールインワンを1回塗るだけで済むなら、それだけ肌への刺激は少ないということ。

 

これは炎症性色素沈着の予防に効果的であるだけではなく、すでにあるシミやくすみの悪化を抑えるのにも役立ちます

 

ゲル特有の使用感こそ美白に最適であり、だからこそオールインワンは美白に向いているのです。

 

オールインワンゲルの保湿が美白ケアにも

抜群の保湿効果であらゆるトラブルをケア

 

とろみのあるゲルタイプは肌表面にしっかり密着するため、保湿効率がアップし、肌の潤いをしっかりキープできます

 

乾燥をしっかりケアすることは肌機能の正常化に繋がり、ターンオーバーを整えるのに役立つでしょう。

 

つまり、オールインワンゲルだからこその保湿力がメラニン排出に役立ち、メラニン蓄積予防とシミ・くすみの改善に効果的というわけなのです。

 

乾燥はあらゆる肌悩みの原因にもなるので、シミやくすみ以外の悩みを抱えている人にもオールインワンはおすすめですよ。

 

美白におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

美白のためのオールインワンゲルの選び方

オールインワン化粧品にもいろいろな商品がありますが、では具体的にどういうものを選べばいいのでしょうか。

 

レビューや口コミ、人気評価、肌との相性なども大切ですが、ここではそれ以外に確認するべき3つのポイントについてお話します。

 

美白成分

期待する効果は?成分をしっかり確認

 

配合されている美白成分は自分の今の悩みに合っているかどうか、全成分表示をよく確認し、配合成分をチェックしましょう。

 

すでにあるシミやくすみにアプローチしたい場合、ビタミンC誘導体やリノール酸がおすすめです。

 

また、予防として使いたいならアルブチンやトラネキサム酸、肌が炎症や赤みを起こしやすいならカモミラETもおすすめ。

 

強い抗炎症作用をもつグリチルリチン酸ジカリウムが一緒に配合されているものを選べば、炎症性色素沈着の予防や赤ら顔のケアにも役立つでしょう。

保湿成分

保湿性は十分?おすすめはセラミド

 

ふっくら潤ったモチモチ肌はくすみやシミが目立ちにくくなるため、保湿成分の確認も欠かせません。

 

水分を角層で挟み込むヒト型セラミドは、肌にもともとある成分なので刺激がなく、肌の水分量をアップさせるのにもっとも効果がある成分です。

 

また、コラーゲン(水溶性コラーゲンや加水分解コラーゲン)やヒアルロン酸(ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸など)も、保湿成分としては鉄板といっていいですね。

 

どちらも、保湿性だけではなく弾力とハリを蘇らせる作用があるため、エイジングケア成分としても優秀です。

 

その他、植物エキスやローヤルゼリーエキス、スフィンゴ糖脂質なども優秀な保湿・整肌成分といえるでしょう。

使用感

摩擦が少ないテクスチャを選んで

 

購入前に、実際に肌に塗ってみて、重さや伸び、刺激性など、使い心地をしっかり確認しておきましょう。

 

肌機能を取り戻すためには優しいマッサージによる血行促進も効果的なので、マッサージしながら塗り広げられるものを選ぶといいですね。

 

もちろん、マッサージの際に肌に摩擦を与えるほど固いもの、逆にサラッとしすぎているタイプはNG。

 

固すぎずゆるすぎず適度にとろみがあり、肌に広げながら自分自身がリラックスできるものを選んでください。

 

美白におすすめオールインワンジェル化粧品ランキングを見る!

 

「美白」は漠然として曖昧になりがちですが、しっかり目指すべき目標を定め、適したアプローチすることで確実に効果を得られます。

そして、その効果を高めるためにおすすめしたいのが、オールインワンタイプのゲル化粧品。

もし美白について真剣に悩んでいるなら、ぜひオールインワンを検討してみてくださいね。




この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。


ページの先頭へ

PAGETOP

close