素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
素肌きらり-30代からの美しさを追求・お肌の悩みに答えるサイト
更新日:   52 Views

アスタキサンチンジェルで肌悩みケア~老け顔予防できる理由

アスタキサンチンジェルで効果的にエイジングケア

 

年齢に伴う肌悩みが気になりはじめたら、基礎化粧品選びの選択肢として、アスタキサンチンジェルについても知っておきたいという人は多いでしょう。

 

テレビCMでも見かけることもあり、「なんとなくエイジングケアにはよさそうだけど、どんな効果があるのかまでは知らない」という人もいるかもしれません。

 

ここでは、アスタキサンチンジェルの効果や、老け顔予防できる理由について紹介していきます。

 


 

アスタキサンチンジェルとは

「アスタキサンチン」という成分が配合された、ジェル状のスキンケア化粧品。

 

アスタキサンチンジェルは、名前の通り「アスタキサンチン」という成分が配合された、ジェル状のスキンケア化粧品。

 

アスタキサンチンという成分は、鮭やイクラ、エビ、カニなどに含まれる天然の赤い色素「カロテノイド」の一種です。

 

鮭などの赤い海産物は、厳しい自然環境から自らを守るために、アスタキサンチンの力を借りて命をつないでいます。

 

その生命力の源であるアスタキサンチンは、化粧品メーカーだけでなく美容皮膚科専門化粧品もつくられるほど、人にも高い効果が期待されているのです。

 

 

期待できる効果は抗酸化作用と皮脂コントロール力

アスタキサンチンジェルに期待できる効果効能はズバリ、抗酸化作用と皮脂コントロール能力。

 

「言葉だけは聞いたことがあるけどどんな効果なのかイマイチピンとこない」という人のために、それぞれの効果が肌に与える影響についてお伝えしていきます。

 

抗酸化作用

「アスタキサンチン」の抗酸化作用

 

アスタキサンチンの最大の特長ともいえるのが、その「抗酸化作用」の強さです。

 

抗酸化作用とは、肌の老化からくるシミ、シワ、たるみをはじめ、さまざまな病気のもとともなる「活性酸素」を消し去るはたらきのこと。

 

アスタキサンチンの抗酸化力は、ビタミンCの6,000倍、ビタミンEの1,000倍、コエンザイムQ10の800倍といわれるほど優秀で、肌の老化から私たちを守ってくれます。

 

アスタキサンチンで活性酸素対策すれば、肌が老化していくのを防ぎ、シミ、シワ、たるみケアできるでしょう。

 

皮脂コントロール

「アスタキサンチン」の皮脂コントロール能力

 

アスタキサンチンには、肌の水分量を増やし、皮脂量を減少させるはたらきがあります。

 

これは、肌の水分量と油分量のバランスを整えて、バリア機能の低下を予防できるということ。

 

肌はバリア機能が低下すると、うるおい不足や過剰な皮脂分泌を起こして、乾燥肌、敏感肌、オイリー肌、混合肌、ニキビ、毛穴トラブルなど、さまざまな肌トラブルを起こしてしまいます。

 

アスタキサンチンを取り入れる毎日のスキンケアは、バリア機能を強化しながら、根本的な肌トラブル対策に有効です。

 

 

老け顔の原因は活性酸素・乾燥のツートップ!?

アスタキサンチンジェルが、優秀なアンチエイジング効果を発揮するといわれる理由は、老け顔の原因にあります。

 

老け顔の原因とは、活性酸素と肌の乾燥

 

そこで、活性酸素と肌の乾燥がおよぼす肌トラブルから、アスタキサンチンが老け顔予防に役立つ仕組みを解説していきます。

 

活性酸素による肌への影響

老化や万病のもと…活性酸素は肌サビを起こさせシミやシワ、たるみなどの肌の機能を狂わせたり、細胞の生まれ変わりを手助けする酵素の働きを邪魔して老化を加速させます。

 

活性酸素は、私たちが呼吸や食事をする時などに、酸素が変化してできる化合物。

 

活性酸素が増加する原因には、紫外線や食品添加物、ストレスなどがあげられ、その存在は私たちの生活と切りはなすことができません。

 

活性酸素は増加すると、正常な細胞を攻撃し、酸化させてさまざまな病気や老化を引き起こす厄介者…。

 

活性酸素のからだへの影響

肌の老化、アトピー性皮膚炎、白内障、関節リウマチ、動脈硬化、心筋梗塞、がん、アルツハイマー型痴呆症など

 

体内では通常、抗酸化酵素という物質が、発生した活性酸素を消去していますが、抗酸化酵素は加齢によって減少してしまいます。

 

そのため、年齢とともに日々増え続ける活性酸素の除去が間に合わなくなり、からだに影響をおよぼしてしまうのです。

 

活性酸素による肌への影響は、肌細胞が酸化して起こる「肌サビ」とも呼ばれる現象で、肌サビが起こると、シミやシワ、たるみなどの肌トラブルが表面化してきます。

 

そこで思い出したいのが、アスタキサンチンの高い抗酸化作用。

 

アスタキサンチン配合ジェルの抗酸化作用なら、活性酸素を消去できるので、シミ、シワ、たるみ改善に効果的なのです。

 

活性酸素とシミの関係

シミの原因のひとつが活性酸素。メラニンの色素の黒色のユーメラニンが活性酸素を除去する際に色素沈着を起こしてシミを作ります。

 

シミといえば、紫外線などによるメラニン色素の沈着が原因で発生するのは、よく知られている事実です。

 

ですが、メラニン色素が活性酸素に深くかかわっているのは、知らない人も多いのではないでしょうか。

 

メラニン色素には2つの種類があり、1つ目は活性酸素をつくりだしてしまう黄色から赤色のフェオメラニン、2つ目が活性酸素を除去する黒色のユーメラニンです。

 

フェオメラニンは、シミにはなりませんが活性酸素を発生させ、ユーメラニンは、活性酸素を消去しますが色素沈着を起こしてシミをつくります。

 

ここで、活性酸素とシミの関係を読み解くために注目したいのが、2つのメラニンのはたらき。

 

紫外線を浴びると、フェオメラニンは活性酸素を大量につくりだしてしまいます

 

すると、肌は活性酸素から自らを守ろうと、活性酸素を消去するはたらきをもつユーメラニンを生成するのです。

 

この流れだけに注目すると、「活性酸素を消去するユーメラニンは肌にやさしい物質」だと感じる人もいるかもしれません。

 

ですが、忘れてはいけないのが、黒色の色素であるユーメラニンは、増えすぎると色素沈着を起こすシミの原因であるということ。

 

これにより、紫外線を浴びるとフェオメラニンが活性酸素を大量発生させ、活性酸素が大量発生するとユーメラニンが増えて、シミの原因になるという関係性が見えてきます。

 

活性酸素を増やさない対策をすれば、ユーメラニンが過剰につくられるのを防いで、シミ予防に役立つでしょう。

 

活性酸素とシワ、たるみの関係

活性酸素は肌のハリや弾力を作り出す繊維芽細胞にダメージを与える為、肌のハリや弾力を保つことができなくなり、シワやたるみができる原因になります。

 

活性酸素は、肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞にもダメージを与えます。

 

線維芽細胞は肌のハリや弾力に欠かせない存在で、ダメージを受けるとしなやかな肌を維持できません。

 

肌にハリや弾力が失われると、シワやたるみにつながり、一気に老け顔に…

 

シワやたるみの年齢肌には、活性酸素を除去して細胞を守るケアが欠かせないのです。

 

乾燥による肌への影響

乾燥によるうるおい不足がつづくと、肌がしぼんでハリや弾力が損なわれ、老けた印象の肌状態を招いてしまいます

 

季節や環境、紫外線などでなにかと乾燥しやすい肌ですが、乾燥を放っておくと、「気づけば老け顔になっていた」なんてことにもなりかねません。

 

というのも、乾燥によるうるおい不足がつづくと、肌がしぼんでハリや弾力が損なわれ、老けた印象の肌状態を招いてしまうのです。

 

アスタキサンチンジェルで皮脂コントロールができれば、肌の油分と水分のバランスがとれるから、根本的なカサつき対策に役立ちます。

 

乾燥肌と敏感肌の原因

肌は乾燥が進むとバリア機能が低下し、水分蒸発や外部刺激から肌を保護できなくなってしまうため、乾燥肌や敏感肌を原因にもなります。

 

肌は乾燥がすすむと、バリア機能が低下し、水分蒸発や外部刺激から肌を保護できなくなってしまいます。

 

バリア機能の低下によって、水分保持やダメージからの保護ができなくなった肌は、慢性的な乾燥肌へと発展しやすい状態に。

 

さらに、普通肌なら問題ない刺激にも、敏感に反応して肌荒れを起こすことも考えられます。

 

しぼんだ肌をつくらないためには、皮脂コントロールで水分量と油分量のバランスを整えるのが肝心

 

バランスの整った肌なら、バリア機能も正常にはたらき、乾燥肌や敏感肌による肌のしぼみ予防に役立つでしょう。

 

 

アスタキサンチンはサプリよりジェルがおすすめ

飲むより塗る!
アスタキサンチンはジェルがおすすめです。理由はサプリなら毎日飲むという習慣を付けなければいけませんが、ジェルなら今使っているスキンケアアイテムを置き換えるだけで済むからです。

 

アスタキサンチンには、サプリやドリンクなど、飲むタイプのものも販売されています。

 

飲むタイプのアスタキサンチンは、肌のほかにも全身の活性酸素にアプローチして、疲労回復や活性酸素にかかわる病気予防への効果が期待されています。

 

そこで「からだにもいいなら、飲むタイプも検討したい」という人もいるかもしれません。

 

ですが、今の日常生活に「毎日飲む」という習慣をプラスしなければならず、面倒に感じたり高くついたりするデメリットがあります。

 

アスタキサンチンジェルなら、毎日のスキンケアに取り入れ、今使っている化粧水や乳液、美容液、クリームと置きかえるだけ。

 

今使っているスキンケアアイテムとの置きかえなら、お財布にもやさしいし、飲み忘れや面倒くささもなく便利です。

 

肌悩みでアスタキサンチンを取り入れたいのなら、アスタキサンチン配合ジェルを使うのがおすすめだといえるでしょう。

 

 

アスタキサンチン配合ジェル

「アスタキサンチンジェルが肌にいいのはわかったけど、どんな商品があるのかわからない」という人のために、化粧品紹介も行っていきます。

 

富士フイルム アスタリフト ジェリー アクアリスタ

富士フイルムから販売されているアスタキサンチンシリーズ「アスタリフト」の「ジェリー アクアリスタ」

 

富士フイルムから販売されているアスタキサンチンシリーズ「アスタリフト」の中からゼリー状美容液「ジェリー アクアリスタ」の紹介です。

 

フィルムメーカーとしておなじみの富士フイルムですが、その高い技術力で、ナノアスタキサンチンやヒト型ナノセラミドを独自開発

 

ふたつの成分を取り入れたアスタリフトのジェリーアクアリスタで、弾力とうるおいのある肌づくりを実現しています。

 

ナノアスタキサンチンに含まれるリコピンは、アスタキサンチンをバックアップして、ハリや弾力にアプローチ。

 

さらに、人の肌と同じ構造のヒト型ナノセラミドは、角質層までしっかり潤いを届けてくれるので、年齢肌の悩みを徹底ケアしてくれます。

 

商品情報

商品名…ジェリー アクアリスタ

容量・価格…60g 12,960円(税込)

容量・価格…40g 9,720円(税込)

 

コーセー グレイスワン 濃潤リペアジェル EX

50歳からのエイジングケアをテーマとした「グレイスワン」のオールインワンジェル「濃潤リペアジェル EX」

 

50歳からのエイジングケアをテーマとした「グレイスワン」のオールインワンジェル「濃潤リペアジェル EX」。

 

オールインワンジェルだから、1品で化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、マッサージ、アイクリーム、ネッククリームを叶えられる嬉しい商品です。

 

ネットの口コミでも保湿力、コスパともに高評価。

 

アスタキサンチンのほかにもコラーゲン、3種のヒアルロン酸、シアバターS、ザクロエキス、ローズエキス、ローズヒップオイルなどで潤いとハリをサポートしてくれます。

 

商品情報

商品名…グレイスワン 濃潤リペアジェル EX

容量・価格…100g 1,649円(参考価格)

 

DHCアスタキサンチン ジェル

DHCから発売されているアスタキサンチン化粧品「DHC アスタジェル」という美容ジェル

 

DHCから発売されているアスタキサンチン化粧品が、「DHC アスタジェル」という美容ジェル。

 

ナノ化されたアスタキサンチンを角層まで届けるほか、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、プラセンタなどの保湿成分も豊富だから、ハリや弾力の不足した肌や、乾燥肌を潤します

 

DHCアスタジェルはローション後に使うタイプのアイテムですが、よりアスタキサンチンの効果を実感したい人は、シリーズをセットで使うのもいいかもしれません。

 

無香料、無着色、パラベンフリーの無添加処方で、肌への負担にも配慮されています。

 

商品情報

商品名…DHCアスタキサンチン ジェル

容量・価格…80g 4,860円(税込)

 

 

アスタキサンチンジェルの注意点

老け顔対策として万能にも思えるアスタキサンチンジェルですが、使用には注意したい点もあります。

 

アスタキサンチンジェルの注意点を事前に知って、より効果的なエイジングケアに役立てていきましょう。

 

甲殻類アレルギーならアスタキサンチンの種類に注目

甲殻類アレルギーの人は、オキアミ由来のものを避け、ヘマトコッカス藻由来のものを選ぶといい

 

甲殻類アレルギーの人にとっては、エビやカニなどに含まれるアスタキサンチンが、自分の肌にも使えるのかどうかは気になるところでしょう。

 

それを見極めるためには、アスタキサンチンジェルに配合されているアスタキサンチンの種類が、甲殻類の生物由来かどうかを確認するのが肝心。

 

というのも、アスタキサンチンの中には、「オキアミ」という甲殻類の生物由来のものが使われていることがあり、オキアミ由来のアスタキサンチンジェルを甲殻類アレルギーの人が使うと、症状が出てしまう場合があるのです。

 

他にもアスタキサンチンジェルには、「ヘマトコッカス藻」という海藻由来のものが使われている商品もあります。

 

甲殻類アレルギーの人は、オキアミ由来のものを避け、ヘマトコッカス藻由来のものを選ぶといいでしょう。

 

アレルギーのチェックも含め、新しい化粧品を使用する前には、パッチテストで肌荒れしないことを確認するのもおすすめです。

 

パッチテストの方法

1.二の腕の内側にアスタキサンチンジェルを塗る

2.24時間後に赤みやかゆみ、肌荒れを起こしていないかどうか確認する

 

より安心してアスタキサンチンジェルを使用するために、パッチテストで肌への影響を確認しておきましょう。

 

今あるシミ、シワ、たるみは消せない

アスタキサンチンという成分は、できてしまったシワ改善や、シミへの美白効果があるわけではありません。消すのではなく、メラニン色素やハリ、弾力に作用して、シミ、シワ、たるみを防いでいくのが目的

 

アスタキサンチンという成分は、できてしまったシワ改善や、シミへの美白効果があるわけではありません

 

消すのではなく、メラニン色素やハリ、弾力に作用して、シミ、シワ、たるみを防いでいくのが目的なのです。

 

できてしまったシミ、シワ、たるみにはたらきかけるスキンケアアイテムが気になる人は、シミへの有効成分や、保湿効果の高い成分配合のオールインワン化粧品も選択肢に入れてみるのもいいでしょう。

 

オールインワン化粧品なら、美容成分豊富で美肌効果も高いから、アスタキサンチンとは違ったアプローチで老け顔対策できますよ。

 

→シミにおすすめのオールインワンジェル

 

→シワ、たるみにおすすめのオールインワンジェル

 

 

アスタキサンチンの抗酸化作用や皮脂コントロール力なら、効果的にエイジングケアできます。

老け顔に悩む女性の味方、アスタキサンチンジェルで、シミ、シワ、たるみなどの年齢肌を予防していきましょう。

できてしまったシミ、シワ、たるみなら、美容効果の高いオールインワン化粧品もおすすめです。

 

この記事を書いた人

スキンケアアドバイザー 松本美香

この記事をシェア

【肌トラブル、ひとりで悩まないでください!】

コメントには、自由なご意見をお待ちしております。
もし肌トラブルに悩んでいる方で、「より詳細な話を聞いてみたい。」というのであれば、ぜひお聞かせください。
以下はスキンケアアドバイザーとして、意見を求められたときにお聞きしていることです。
もちろん全てに回答していただく必要はありませんが、現状を知ることでより的確なアドバイスができるかもしれません。

質問事項

①悩んでいる肌トラブルは何ですか?
②目標(いつまでに、どうなりたい)
③いつから悩んでいるか?そのきっかけはあるか?
④ポイントメイク落とし
 使用している商品、お手入れの強さ、コットンの使用有無など
⑤クレンジング方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑥洗顔方法
 使用している商品、お手入れの強さや時間、洗う順序
⑦化粧水
 使用している商品、量、お手入れ方法(コットンやハンドプレス)
⑧美容液・乳液・クリーム
 使用している商品、量
⑨日焼け止め
 使用している商品、SPF、PA、量
⑩朝と夜のスキンケア
 朝と夜のスキンケアで異なる点があれば
⑪ライフスタイル
 ・睡眠
 ・ストレス有無
 ・生活環境(冷房の有無・窓際での活動など)
 ・水分補給
 ・便通
 ・嗜好品(お酒や喫煙など)
 ・外での活動時間
 ・病歴

QAサイト(ヤフー知恵袋や教えてgooなど)のようにメールアドレス(サイトにはアドレスは公開されません)を入れていただければ、
スキンケアアドバイザーから回答した時に回答の通知がメールアドレスに届くようになっております。
※回答がついたか再びサイトに訪れなくても回答したら通知される仕組みです。

≫当サイトに寄せられたコメント(質問と内容)一覧をみる

お気軽にコメントをどうぞ。


ページの先頭へ

PAGETOP

close